「飛び立つ技術」

  千田琢哉
『何となく20代を過ごしてしまった人が
30代で変わるための100の言葉』
より。






「やがて背中の荷物は翼となって

 あなたは飛躍する時がやってくる

 長い間飛躍したかったら存分に荷物を

背負っておくことだ」


                                         by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『あなたの背中に荷物が背負わされているのは頑張っている証拠。
 頑張っていない人には何も背負わせてもらえない。

 背中に背負った荷物が重ければ思いほどあなたの脚力が鍛えられる。』
と。




名言ですね。



逃げ回ってばかりで何も背負っていない人は、
飛び立つための脚力が弱いため少ししか飛べない。
むしろ飛び立つことすらできないかもしれない。

けれどそれは自分が一番わかっていることなので
飛ぼうとも思わない。

一生、現状維持で幕を閉じる。


一方
今頑張ってたくさんの荷物を背負わされている人は
脚力が鍛えられる。

そして、いざ飛び立とうと思った時にいつでも飛び立てる。
その自信もあり、夢も広がる。



僕らは、その飛び立つための「」を
今、鍛えなければならない。






「自分のだけで飛ぶなら、鳥は高く舞い上がることはできない」


                        byウィリアム・ブレイク



高く舞い上がるためには人間も同じかも知れません。


もちろん自力で飛ぶことができなければ
高く舞い上がることもできません。



【一文字名言に転換】




「閃く方法」

  千田琢哉
『何となく20代を過ごしてしまった人が
30代で変わるための100の言葉』
より。






「発想力が豊かだというのは

ある日、突然何かひらめくのではなく

日常の裏側を覗くことだ」


                              by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『世間体という表ばかりを見ていながら
 大切なことを見落としてはいないだろうか?

 あなたから世間体を外した裏側には何が残されるのか?

 あの日、学校のテストの裏に描いた落書きこそが
 自分の本当に好きなこと』
と。




「自分の本当に好きなこと」




つまり、
本当はやってはいけない事だけど
ついついやってしまったことが
その人にとって一番ポテンシャルが発揮できること。


世間体を無視して自分がのめり込んだことこそが
発想力を生み出すんだと千田さんは言います。


普段の試行錯誤の努力があって
その上、日常の裏側を覗くことができた時
ひらめきが生まれる。




あの偉大なエジソンも言います。


「天才とは99%の努力と1%の閃き」
と。



「努力前提」があって「ひらめき」があるのは不変です


日常の「」つまり「非日常」。




【一文字名言に転換】


「決める方法」

  千田琢哉
『何となく20代を過ごしてしまった人が
30代で変わるための100の言葉』
より。






「判断は論理的に、決断は感情的に」

                              by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『判断は周囲に相談したり情報収集したり納得いくまでやる。
 その道のプロの判断は必ず一致する。

 決断とは判断した複数の選択肢の中からいずれか1つに絞り込むこと。
 プロから見て正しい選択肢を捨てる作業でもある。

 判断の基準は好き嫌いという感情で決めていい。

 多数決で決めてはいけない。』
と。


論理的に行ったものを「判断」。

その判断の中の選りすぐりが「決断」。

そしてその決断の基準は「好き嫌い」。




言ってしまえば

「人生、決断の毎日」です。

日々、様々な情報が入れ替わり立ち替わっています。

そんな中から取捨選択し、判断する。



こうしている間にも
無意識的に判断し、決断しているのです。



その決断の基準はあくまでも自分の「好き嫌い」。


自分の「好き嫌い」で生きていける。

こうしてみると
それだけ僕らは恵まれていることに
気づかされます。


日々感謝です。



「感情」に生きれば後悔はない。




【一文字名言に転換】







「望まれてリーダーになる方法」

  千田琢哉
『何となく20代を過ごしてしまった人が
30代で変わるための100の言葉』
より。






「聞かせる人ではなく聞く人」

                              by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





千田さん曰く、
『リーダーといえば部下に指示を出して
 自分の言うことを聞いてもらう人だ、という誤解がある。

 リーダーというのは言うことを聞いてもらう人ではなくて
 聞いてあげる人。

 人の話を聞き続ける人が最終的に望まれたリーダーになる。』
と。




ただのリーダーは
部下の話を遮って大声を張り上げる。

ひたすら自分の話を聞かせることが任務だと
思っているのでよくしゃべる。

千田さんが言うように
「聞く人が真のリーダーになれる」と。


「話し上手」より「聞き上手」の方が
好感をもたれる割合が高いのは言うまでもありませんが、

それを実際行っている人の割合が少ないのも
言うまでもありません。


徹底して人の話を聞く。


耳を立て、相手の目をみて、うなずいて・・・

正に「聴」くということです。





【一文字名言に転換】











本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ