「番狂わせ法」

  001_convert_20120329212919.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。



巻末の
『迷った時君を勇気づける言葉』です。



「なんであいつばかりが評価されるんだ…」


千田さんは言います。

「組織の評価はオセロゲーム」と。


そう、
「オセロゲーム」だから
評価なんて、あってないようなもの。
翻弄されて当たり前。


さっきまで優位だったのが
今はもう劣勢に立たされている。


また、そう思い込んでおる場合もある。


だからこそ
最後にひっくり返す力を「黙って」つけておく。


「黙って」というのがポイント。
口から発散してはいけない。


最後の最後で大番狂わせ。






かれこれ、10年くらい前にラジオで聞いた言葉を
今も覚えています。



「仕事とは常に矛盾である。」


当時はすごく納得していたと思います。


…今も変わりはありませんが、
そんな矛盾の中だからこそ
いいものが生まれるのではないかと思います。



残された道は
淡々と力をつけておくこと。


それだけ。








【ヒトコトメイゲン】


「凹んで立ち直る方法」

  001_convert_20120328205223.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。



巻末の
『迷った時君を勇気づける言葉』です。




「凹む」原因は様々。

「仕事で凡ミスをした」
「上司に叱責された」
「濡れ衣を着せられた」
「恋人にふられた」
「財布を落とした」




千田さんは言います。
「凹んだ分だけ笑顔が美しくなる」と。


「凹んで立ち直る」というのは
人間の成長幅が一番広いのではないかと思います。





「筋トレ」がいい例です。

筋肉に負荷をかけると筋繊維が破壊されます。

そして破壊された筋繊維が治癒されると
以前よりも増して強く太くなります。


これを「超回復」と呼んでいます。



精神的な部分も「超回復」があるのではないかと
思います。


凹んだ後、「立ち直る」というのがポイントです。






「涙の数だけ強くなれるよアスファルトに咲く花のように」

                    by岡本真夜




凹んだり、涙を流したり。


振り子がマイナスに振れた分、
今度はプラスの方へ振れます。
それも勢いをつけて。



【ヒトコトメイゲン】



「成功習慣2」

  001_convert_20120327212051.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。



千田さん曰く、
『成功が継続するか否かというのは 
 結局たった一つのことができるか否かの違いだった。

 後始末ができること。

 ただそれだけの違いだった。』

             -本文抜粋



子供の頃に公園の砂場で気づかされたこと。


「後始末ができる習慣」が
継続して成功するための秘訣。


成功するためのヒントは
子供の頃に教わったこと、夢中だったことです。


人間の一番の根本的な部分だと思います。


それが大人になると
できない人がいかに多いことか。


自分はできていると思いたいのが大人で
できていないけどできていると思わせたいのが
大人です。


ただ「素直になる」
その一言に尽きます。




「口説くのではなく、魂を素直に語ることだ」

             byジャック・ケルアック



いくら取り繕っても魂の素直さには勝てない。

どんな状況でも言える事だと思います。

素直であるが故、人の意見を聞き入れる。
素直であるが故、すぐに実行することができる。





【ヒトコトメイゲン】



「成功習慣」

  001_convert_20120327084711.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。



千田さん曰く、
『世の中には成功が一瞬で終わった人と
 継続して成功し続けている人がいる。

 成功が一瞬で終わる人は
 ホテルのチェックアウト後の部屋がとても醜かった。
 掃除係の人が溜め息をつくのが目に浮かんだ。

 成功が継続している人は
 チェックアウト後の部屋がとても美しかった。
 あたかも部屋には誰も宿泊していなかったのように。』


                    -本文抜粋




成功するか否かは
「後始末ができること」

それだけだと千田さんは言います。



「習慣」というのは人生を左右する力があって
よい習慣を実行できるかどうかで
未来が決まります。


ヒンズー教の教えにもあるように


『心が変われば、態度が変わる
 態度が変われば、行動が変わる
 行動が変われば、習慣が変わる
 習慣が変われば、人格が変わる
 人格が変われば、運命が変わる
 運命が変われば、人生が変わる』



実行できるかどうかが未来を決める。


心が変わっても、態度が変わっても
行動できなければ何も変わりません。


一見、
全く関係のないような小さなことが
できるかどうかなのです。



「バタフライエフェクト」

複雑系の世界で使われる用語で
「蝶」の羽ばたきのような小さな要素すら
将来の気候変動のような大きな変化につながるという
考え方。


見落としてしまいそうな
どんな小さなことすら、影響力はあるのだと。

すべては一本の線のように
繋がっているのだと思います。




追伸

先のヒンズーの教えのですが

『心が変われば、態度が変わる
 態度が変われば・・・
 
・・・運命が変われば、人生が変わる』



そして自分が思ったのは

運命が変わればまた
心も変わって、態度も変わって
行動も変わって・・・と
そして人生が変わる。


何となく
人は大なり小なりこのサイクルの中で
生きているのではないかと思います。





【ヒトコトメイゲン】



「気持ちよく生きる方法」

  001_convert_20120325232155.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。



千田さん曰く、
『人間関係を難しくしているのは、
 大人はみんな天邪鬼だということだ。

 好きなものを嫌いだといい
 嫌いなものでも好きだと嘘つくことは多い。
 

 嫌いな人は努力して好きにならなくていい。』

                  -本部抜粋



挨拶など最低限のこと以外は
きちんとこなして後は無関心でいい。


がんばっても好きになれないものは
好きになれない。



カナダのトロント大学のカレン・ディオンによると

「独立心」が「魅力」をつくるというデータがあり、
魅力的な人は独立心があって他者にあまり依存しない 
生き方をしているという。

  
他人に振り回されてばかりいる人は魅力を感じられない。
ということです。


ある程度の村社会は必要ですが
村社会に依存している人は人として弱いのです。


「苦手、嫌い」を克服するための時間は是非
「得意、好き」の時間に割り当てたいと思います。


好きなことをして好きな人と居るのがいい。




「力を借りることは、弱さを作り出す」

             byスティーブン・R・コヴィー
         



人に依存した生き方は
その人の人生を歩まざる負えなくなる。






【ヒトコトメイゲン】



本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ