「ライバルに勝つ方法」

  001_convert_20120415201916.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。



自分の圧倒的勘違いを世の模範解答にした人を
「成功者」といいます。


だから競争率はいつも1.0倍なのです。

競争相手は自分だけです。


まさに『ブルーオーシャン』。


『ブルーオーシャン』とは
競争の激しい既存の市場で戦うのではなく、
未開拓で新たなマーケットへ進出することを
提唱した経営戦略論のこと。

競争の激しい市場を
『レッドオーシャン』といいます。


ブルーオーシャンは未開拓なので
競争もなく、高利益、そして
自分が先駆者となれます。

ライバルは自分だけです。




「俺のライバルは明日の俺だ。過去の俺とは戦わない。」

                by松本人志




ライバルは自分以外いないのが前提で
更に過去の自分とは戦わない。
常に未来の自分と戦う。
気がついたら、自分がパイオニアになっていた…




【ヒトコトメイゲン】



「小粒回避法」

  001_convert_20120414203729.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。


千田さん曰く、
『ふて腐れている時間は、
 生きているのではなく死んでいるのだ。

 ふて腐れている時間があるのなら、
 もっと生きたい人に時間をプレゼントしたい。
 
 ピカソやダヴィンチ、モーツアルトといった
 天才たちにもっと長生きしてもらいたい。』

                  -本文抜粋


子供ならまだかわいげがありますが、
ふて腐れている大人ほど不要なものはありません。


いい年こいたおっさんが
「不公平だ!」「全然わかってくれない!」
と不平不満をまき散らす。


ふて腐れたところで自分がより小粒になっていくだけで、
「結果は自分が物語っている」
としか言いようがありません。


千田さんは言います。
「死んでいるのと同じだ」と。


確かに
時間だけは誰にでも平等に与えられています。


「あなたは人々に貢献できなかったから
 寿命を10時間減らします」

「あなたは人々に多大な貢献をしたので
 寿命を100時間増やします」

・・・とはできません。



腐った時間も、パチンコした時間も、
愚痴を言った時間も、ダラダラ酒を飲んだ時間も、
同じく「時間」=「寿命」なのです。






「人生にはふ二つの形態しかない。
 腐っているか、燃えているか。」

        byゴーリキー




腐っている時間をなるべく減らすこと、
自分をコントロールすることが成功への道です。



【ヒトコトメイゲン】


「ビックになる方法」

  001_convert_20120414080110.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。



すごくおもしろい名言です。


尊敬する人物

「自分」

といえる状況。


まずその状況を創れるくらいの人物なることが
前提ですが、


ゴールを頭の中に描くことはとても重要なことだと
言われています。



その夢や目標を定めることを
「ゴールセッティング」
と言います。


成功本の元祖『思考は現実化する』ナポレオンヒル著では
「あなたが達成したいと思っている願望を
 実現する『最終期限』を決めること」

と定義されています。


つまりは
「いつまでに何をどうやって実現すべきか」というように
その内容は具体的であればあるほど良いとされています。



「具体的に決めなければならない。」
と言われると何だか気が遠くなります。



けれど
「ゴール」さえ、ちゃんと定まっていれば
自ずとそこへ向かうのではないかと思います。



具体的にどうしたらいいかは
ゴールに向かっている途中でわかってくるもの。



まずは
「ゴールセッティング」です。



【ヒトコトメイゲン】


「過去を変える方法」

  001_convert_20120412213945.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。


千田さん曰く、
『多くの成功者たちの人生は、
 決して順風満帆ではなかったというのは
 周知の事実だ。

 中には投獄されたい人もいるし
 夜逃げの経験も珍しくない。

 だがその後圧倒的な実績を残してしまえば
 過去の事実はすべて美談となる。』

               ―本文抜粋



「過去は変えられない」

でも

「過去は上書きすることができる」



起こってしまった事実を変えることはできませんが
解釈の仕方は変えることができます。


「あのつらい経験があったこそ、今の自分がある」


そのつらい過去こそ、
未来に成功するための必要な材料だったのです。



意味のないものに意味を与えるのも
その人の解釈一つです。


人間の役目って「出来事に意味づけ」することだと思います。





「人生とは、
 生涯をかけて自らが存在することの意味を探求する営みである。」

                   
                     by作者不詳




そう考えると
いかに僕らが「先入観、固定観念、既成観念、思い込み」
などを持っているかがわかります。

そしてそれが自分の行動をどれだけ規制しているかがわかります。




【ヒトコトメイゲン】


「優柔不断を無くす方法」

  001_convert_20120411202829.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。


千田さん曰く、
『何かを購入する際に、どちらを選ぶのか時間をかけて
 迷いに迷う人がいる。
 
 それが住宅や車であれば迷うのもわかるが、
 本で迷うのはもったいない。

 本は安価だし得るのも大きいのだから、迷った場合は
 ぜひ両方とも買うことだ。』

                -本文抜粋



どちらにしようか迷った時は
「A&B」という選択肢も考えてみるというのは
おもしろいです。




何かを購入する時もそうですが

「Aもやってみたいけど、Bもいいな・・・」
というとき

「両方やってしまう」というのを選択肢のうちの一つにすると
また人生が変わると思います。




「二兎追うものは一兎も得ず」


といいますが、あえて
両方追ってみるものおもしろいと思います。
きっと新しいものが生まれます。



もっとおもしろいのは
「対極のモノの組み合わせ」です。



千田さんの言う
普通には考えつかない組み合わせ。

「静と動」「強と弱」「濃と淡」
「光と陰」「大胆さ繊細さ」
「正解と不正解」



両方とも選んでしまうという選択肢。



「それはできないだろう…」と思えるものほど
価値のあるものが生まれます。



まさにタブーへの挑戦。

【ヒトコトメイゲン】



本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ