「本質的な回答のしかた」

  001_convert_20120505075938.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『昔から女性が男性によく聞く質問に
 「私のこと、どれくらい好きなの?」というのがある。

 「シャワーを浴びなくても、
  キミのお尻の穴を舐められるくらい好きだよ。」
 と即答できたら、かっこいいと思うのだが。

 男女ともに、正体は変態のはずだから。』
 
                 ―本文抜粋


どんなに顰蹙を買われても、二人だけの世界があれば
もう充分なのかもしれません。

世間体を気にして楽しめないのなら
それは本物の愛ではないし、周りのために
一緒になった証拠。

二人の間だけ笑い合えるような関係が
本質的な関係だと思います。




「本質と存在の融合が最高度に実現されるのは、
 まさに愛を通してのみである。 」

                 byプラトン



逆を言えば、本質を表現するためには
「愛」がなければならないのだと思います。

これはすべてに共通することではないでしょうか?





「君さえいれば世界中を敵に回してもかまわない」


よくあるセリフですが、逆に言えば

「二人以外はみんな敵、周りは敵だらけ」
ということです。


実際そうはならないと思いますが、
それくらい覚悟があるという表れだと思います。



【ヒトコトメイゲン】


「成功を紐解くカギ」

  001_convert_20120503172749.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『矛盾しているものが人を幸せにすることだってある。
 
 その証拠に矛盾を頭から否定し続けてきた人は、
 お勉強はできても豊かにはなっていない。』

          
                 -本文抜粋


そして千田さんはこう言います。

「矛盾を含めた、ありのままを非ロジカルにインプットし、
 ロジカルにアウトプットできるように努めよう。」と。


つまり、成功を紐解くカギは「矛盾」を「非矛盾」にする。
問題やサービスを「両立、統一」させてしまうことです。


理にかなっていないこととされる非常識を
常識に変えていくことでもあります。

そんな自分流の模範解答を創ってしまえばいいのです。


時代、国、文化によって「常識」は変わります。
いかに常識というものを外せるか、それだけです。





「常識と非常識がぶつかり合ったときに、
 イノベーションが生まれることがあるんです。」

                   by井深大





「常識」と「非常識」のアウフヘーベン。
人間の常識ではタブーとされることへの挑戦が
いつも時代を発展させてきた。





【ヒトコトメイゲン】



「言葉の力に気づく方法」

  5+001_convert_20120502201547.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『「お金なんて」と綺麗事を言っていると、
 本当に貧乏になるように周囲から応援される。』

                -本文抜粋

「言ったことは現実になる」


言葉というのは時として
薬にもなれば毒にもなります。
 
いい言葉はいい感情を生み、
悪い言葉は悪い感情を生みます。


言ったこと、言われたこと。
冗談でもまじめでも。

あなたの脳は素直にそれを受け入れます。
そして周りにいる人達の脳も素直にそれを受け入れます。

いつしか
その言ったことが現実となるのです。

その事実を知った上で
迷った時、倒れそうになった時に
自分を正しい方向に導く「言葉」を持っているのと
持っていないのとでは、人生において
明らかな差が出ます。




人間は放っておくと、ついつい
悪いことに目がいってしまいます。

あなたは無意識に悪愚痴やグチを言っていないでしょうか?

これは意識して注意しなければなりません。

健康に気を使うようなものです。




「置かれるべき場所に置かれた言葉の威力は絶大だ。」

                        byボアロー



大事な言葉に反応できる自分もいて
はじめて言葉に力が宿ります。

私がいて、あなたがいて、
言葉がある。




「お金の必要性を知る方法」

  001_convert_20120502081705.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『お金が嫌いだという人間を信用してはいけない。
 
 ダメなのはお金がすべてだと妄信してしまうことであって
 お金そのものではない。
 お金はないよりあったほうが断然幸せに近づきやすい。』

                     -本文抜粋



「地獄の沙汰は金次第」と言われますが、

「この世の沙汰も金次第」です。 


お金がこの世のすべてではありませんが
お金があれば幸せになれるのは周知の事実。


お金があっても幸せじゃない人はいますが、
お金がまったく無くて幸せだという人はいません。

お金をたくさん持っていて幸せな人もいれば
お金はあまりないけど幸せという人もいます。


「幸せ」と「お金」の関係は
バランスでもなく
比重でもなく、距離でもありません。

でも切り離せない関係です。




「かねが人生のすべてではないが、
 有れば便利、無いと不便です。
 便利のほうがいいなあ。」

      by相田みつを





お金は「可能性」を広げるアイテム。

お金がなければできないことはたくさんあります。

お金を稼ぐことはやはり必要なことです。


【ヒトコトメイゲン】


「いい人間関係を保つ方法」

  001_convert_20120430193830.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『一度紹介してもらった人間は、
 次から紹介を当り前と思うようになる。
 
 紹介が出なくなると、ポイ捨てだ。』

                -本文抜粋


人は感謝を忘れる生きものです。

「感謝の記憶力」というものがめっぽう弱い。

そして一度、甘いものを食べてしまうと
ハードルが低くなったのか、
それが当り前のように感じてしまいます。

そして次がなくなった途端に、
何を履き違えたのか、恨みすら買うようになる。


千田さんは言います。
「立場をわきまえてもらうため躾をする。」


そう、
どんな間柄にも「水の如し関係」でなければ
なりません。




「水の如し関係」とは

荘子の言葉で
「君子の交わりは淡きこと水の如し、小人の交わりは甘きこと醴の如し」

意味は
大物、偉い人達の付き合いは水のようにさっぱりとしているが
小物同士の付き合いは、まるで甘酒のように甘く、ネトネトした関係で
一時的には親密に見えても、長続きせず、破綻しやすいもの。





どんなに親しい中でも依存し過ぎると破綻を招きます。
「着かず離れず」の距離が大事だと思います。


常に感謝を感じる心があれば
このような関係にはなりません。



【ヒトコトメイゲン】



本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ