「辛くなった時の対処法」

  001+-+繧ウ繝斐・+(10)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120618111453



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『はじめて部下ができた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『人間というのは本当に面白い生き物で、
 体で表現したことは、
 そのまますぐに内面に反映されていく。』

           
              -本文抜粋



人は辛くなると、うなだれてしまいます。

リーダーとて人間、
うなだれてしまう時はあります。

しかし、リーダーとして存在するのは事実。
うなだれていては状況は変わりません。



千田さんは言います。
「辛いときこそ、顔を上げる。」と。


心は辛くても、体で表現するということです。

嘘でもいいから、元気な態度をとる、
すると次第に心まで元気になっていく。

単純といえば単純ですが、それが人間です。


「辛くなったら、顔を上げる。」

いたってシンプル。




「うまくいっていないときに、
 頑張ってポジティブな言葉を使うというのは
 とても難しいのですが、
 使っているとだんだん言葉に状況が
 引っぱられていくように感じます。」

               by山田玲子



そう考えると、
気分というのは自分でコントロールできる。

自分が望めば、その気分になれるということです。

外部からの刺激は関係ないのかも知れません。




【ヒトコトメイゲン】



「部下を怒鳴りたくなったら」

  001+-+繧ウ繝斐・+(9)+-+繧ウ繝斐・_convert_20120617074412


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『はじめて部下ができた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『自分のために怒鳴っているのだから、
 相手の心には決して響かない。

 人は同じ相手から怒鳴られ続けても、
 効果が薄くなっていくだけ。』

              -本文抜粋



怒鳴るというのは相手の為ではなく、
自分の為だという事実を受け入れなければならない。


怒鳴っても相手は心を閉ざしてしまうだけ。


人間は、アナログにできているので
理性より先に感情が表立ってしまう。


いくら正論を唱えたところで、
頭に入らないばかりか、反発心すら出てきてしまう。


怒鳴ってスッキリするのは本人だけ、
というのは誰もが知っている。

だから相手の心に響かない。


千田さんは言います。
「怒鳴りたくなったら、深呼吸して一回だけ我慢する」

すると周りの
一回怒鳴るのを我慢できない人に必ず怒鳴られるからだ。

それは監督責任を放棄しているのでなく、
他の誰かに怒鳴られることで心底気づかすことができる
と。


もちろん、部下の注意すべき点は気に留めておくのが前提。


このように人の心は、1+1=2にはならない。

ネコのように
無理に捕まえようとすれば、するりと逃げてゆき、
放っておき、気がつくと自分の膝の上にいたりする。

 





【ヒトコトメイゲン】



「部下のモチベーション上がる方法」

  001+-+繧ウ繝斐・+(9)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120615200619


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『はじめて部下ができた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『陰口は本人の耳に入るという事実を思いだすことだ。
 
 陰口が必ず本人に伝わるとすれば、
 陰で褒め続けても相手の耳に入るということだ。』


                 -本文抜粋

どんな会社でも
「陰口」は日常茶飯事と言っていいほど、
行き交っています。


本人は意識していないけれど、
傍から見たら陰口になっていることがあります。

こういう自覚のない罪が一番質が悪い。


そして千田さんは言います。

「陰口は必ず本人の耳に入る」と。

どのみち伝わるのなら
直接言ったほうがいいような気もしますが…


直接言えない原因としては
自分の「立場」によるものだと思います。

立場が弱かったり、自分の立場を危険にさらしたくない。
といったもの。


陰口を言う心理としては
相手に「伝わる、伝わらない」とは別に
そこでストレスを発散しているだけ。

自分の中のモヤモヤ、イライラを外に出して
解消しているだけだと思います。



そんな百害あって一利なしの「陰口」とは反対に、
「陰褒め」の効果は、てきめんだと千田さんは言います。


直接褒められるより、第3者を通しての
「褒め」は一気にモチベーションが上がります。

言った方、言われた方、共に咲くことができます。



「もし人の悪口を言うならば、自分に返ってくることを予期せよ。」
          
                      byプラウタス




「その逆もあり、ということも予期せよ」
 
           byゆうそ





【ヒトコトメイゲン】



「部下を説得する方法」

  001+-+繧ウ繝斐・+(8)+-+繧ウ繝斐・_convert_20120614202648



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『はじめて部下ができた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『人はみんな、説得されるのが大嫌いだ。
 
 なぜなら人間にとって、自由ほど尊いものはなく、
 自由を奪われるほどの苦痛はないからだ。』

    
                 -本文抜粋


 
説得されるということは、自由を奪われるということ。

人は基本的に説得されるのを嫌がります。

反対に自分から気付いていくことは大好きです。



千田さんは言います、部下に気づかせるポイントは
「初めから教え過ぎないこと、
 最低限のポイントを一つだけ教えて、
 後はやらせてみること」だと。


ちょっと手を差し伸べて、後は自分でやらせる。

確かに、
教え過ぎもよくないし、まったくの放置もよくない。

まさに
「着かず、離れず」の距離ではないでしょうか?





『人を説得する秘訣は、教えないふりをして相手に教え、
 相手が知らないことは
 「忘れていたのだろう」と言ってやることだ。』

              byチェスター・フィールド-




その、さりげなさを演出する上司に部下は虜になります。




【ヒトコトメイゲン】


「部下が自然とついてくる方法」

  001+-+繧ウ繝斐・+(8)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120613205548


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『はじめて部下ができた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『部下が最低最悪の状態のときに、あなたがそばにいてくれることを
 イメージできる存在になっているか。

 いざとなった際の覚悟というのは、
 必ず部下に伝わるものである。』
 
                      -本文抜粋


「本音と建前」という言葉がありますが、
人は「本音」が出るのは「際」だといいます。

いざとなった時の行動が「本音」ということです。

いつもは「いざとなったら助けてやる」と景気のいいことを言い、
最悪の状態になった時、知らぬ存ぜぬ「何もしない」。

これぞ正しく「本音と建前」。



僕が思ったのは
「建前」とは口で言ったこと。
「本音」とは行動したこと。
ではないかと思います。


絶体絶命のピンチの時の
「際」にこそ人間性がむき出しになるのです。






「やむをえない場合には、
 最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。」
 
              byデール・カーネギー



普段から、
いざとなった時の覚悟ができている者は強い。







【ヒトコトメイゲン】


本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ