「最近、ゆでガエルになってるなぁと思ったら」

  001 - コピー - コピー (3) - コピー


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『つまり無意識のうちにお金持ちである成功者たちの
 真似をすることによって、自然にお金持ちになっていきやすい
 準備が整ってくるのだ。』


              -本文抜粋



「お金持ちになりたかったら
 お金持ちと付き合うようにするといい」
と千田さんは言います。


単純明快ですが、
それはなぜか?


それは無意識のうちに
「成功者の思考」になっていくからだといいます。


つまりは
水が高きから低きに流れるように、
高いエネルギーの持ち主の集まる所にいれば
低いエネルギーの自分が自然と高くなっていく
ということです。




「お金持ちになりたいけど、
 なかなか行動に移せないんだよな…」
という人は多いはず。


現状に満足してしまっている状態か、もしくは
現状に慣れてしまっている状態なのだと思います。


心地よい状態というのは、
成長していない証拠です。




「あなたの成長は、居心地の悪さから来るものなのです。
 あなたの成長は、居心地の悪さをどれだけ居心地良くするか」

                   byマイケル・ボルダック






最悪なのは
「居心地の悪さに慣れてしまうこと」


『ゆでガエルの法則』です。





【ヒトコトメイゲン】


sennda1.jpg

「給料が少ないと感じたら」

  001 - コピー - コピー (2)



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『月給20万の人は平日1日1万円ぽっきりで
 雇われているという意味では、
 アルバイトとなんら変わりはない。
 
 なけなしの1万円を1日当たりの勤務時間で割ったら
 単純に時給が出るではないか。』

                 -本文抜粋



今日も気づきの言葉に出逢えました。


確かに、
サラリーマンや公務員は成果を出さなくても
毎月給与がもらえます。

責任があろうが、なかろうが毎月もらえます。

その点から考えると
アルバイトと変わりありません。

時給換算したか月給換算したかの差です。


本当の完全成果主義で仕事をしている人には
遠く足元にも及びません。



千田さんは言います。
「営業目標を達成できなくても
 なんら変わりなく給与が支払われている限り、
 責任があるとはいえないと考えるのがプロの考え方なのだ。」と。


責任感もなく腐ってダラダラ仕事をしているような人間に
お金は集まってこないのは言うまでもありません。





「あらゆることの責任は自分にある。」

           byスティーブン・R・コヴィー




全部が「責任、責任」というと重くなってしまいます。

けれど、
「責任を感じること」と「負い目を感じること」を
イコールとしてはいけません。


「自分に非があった。ではどうするか?」
という考え方にするのです。







【ヒトコトメイゲン】


「『パッとしないなぁ』と思ったら」

  001 - コピー - コピー (2) - コピー

千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『あなたの友人5人を思い浮かべる。
 5人の将来性はあなたの将来そのもの。
 
 将来のあなたの姿は5人の平均値になる。』




いつも5人を批判していたそこのあなた。

「いや、俺は違う!」と思ったあなたこそ
見事に5人の平均値です。



これが客観的に己を知ることと言います。



「類は友を呼ぶ」や「朱に交われば赤くなる」
というように、同じ空間、場所にいる人間は
同調してしまうのです。



エネルギーが高いところから低いところに
流れてしまうのと一緒で、
能力の高い人間と能力の低い人間が同じ空間にいたら、
能力の高い人間は能力が下がり、
能力の低い人間は能力が上がります。

平均すると同じくらいになるのです。




そして千田さんは言います。

「解決方法は今すぐその5人組と縁を切ること。
 その5人組から飛び出して成功し、
 その5人がかけがえのない存在だったら、
 その時に引っぱり上げてやればいい。」と。


「裏切り者」と顰蹙を買うかもしれない、
けれど、誰かがいった言葉で
「改革には痛みが伴う」のです。



まずは事実を受容しなければなりません。




【ヒトコトメイゲン】

001.jpg

「遅刻をしてしまったら」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120720214938


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『遅刻の常習犯は人生の目標にも遅刻するから、
 夢は永遠に夢のままだ。
 夢を語るだけで、人生の幕を閉じる。』

               -本文抜粋


約束の期限ギリギリを目指す人は、
最初から心のどこかに「遅刻してもいいか…」
という気持ちがあります。


遅刻しない人というのは、あらゆる想定をして
間違いなく間に合うような段取りをする。



遅刻魔は慢心があるがゆえ
すべてにおいて遅刻する。

人生の目標にしても遅刻することで
達成から遠のく。



遅刻がなぜいけないのか?


それは
「時間は命だから」です。

千田さんは言います。
「時間を大切にできる人は、命を大切にできる人」と。


命を大事に扱ってくれる人に、人が集まるのは
当然のこと。

自他共に幸せになれるのです。




『「時間厳守」「時間尊守」というより
 「時間死守」です。』


          byゆうそ






「遅刻はしてはいけません」と学校で習いました。
その時は
「先生に怒られるから」「皆に迷惑をかけるから」
とその罪の重さに気づいていませんでした。


本当のところは、
「自分の命とその周りにいる人の命を奪っていた」のです。







【ヒトコトメイゲン】



「親友の見分け方」

  001 - コピー - コピー (11)


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『親友というのは相手がどんな状況になっても、
 きちんと相手の価値を認められる存在だ。』

                -本文抜粋

「親友」とはどんなにケンカしても
固い絆がある。

そして、世界中を敵に回しても最後の最後まで
相手のことを信じてあげられる存在です。


友人と親友の違いはそこにあるといいます。



そして千田さんは言います。

「時代が変われば解釈も変わる」

確かにその通りです。



世の中から見た相手の価値と
自分から見た相手の価値はまったく違うもの。


傍から見たら馬鹿げていても
本人たちは大真面目でやっていること。

それでいいと思います。



解釈なんてあってないようなもの。
自分で解釈したものが現実です。






「友人はロジカルで打算的に、
 親友は直感で損得抜きにつくるからではないか。」


               by千田琢哉


 


自分の魂が叫んでいることを信じるのは
自分が一番自分らしくいられる、
「生きる」ということだと思います。


              


【ヒトコトメイゲン】


本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ