「サービスの価値」

  千田琢哉名言 31


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田琢哉曰く、
『サービスの価値>価格
 と感じた瞬間が「ありがとう」と伝えたくなる瞬間だろう。』

                      -本文抜粋




「サービスの価値>価格=感動」


これは人類が存在する限り不変の法則だと思います。



価格が高いからといって
必ずサービスの価値が上回るとは限らず、
価格が低いからといって
必ずサービスの価値が下回るわけでもありません。



別れ際にお客様が満足してくれたかどうか、
それだけなのです。




自己満足の独りよがりではそこに気づきません。


提供しているサービスが価格を上回ることを常に
考える必要があるのです。



「ありがとう」


お金持ちとして成功するには「ありがとう」という言葉を

「言うこと」
「言われること」です。



「ありがとう」は魔法の言葉です。





「神にただ、『ああしてください』『こうしてください』
 と願い事をするだけではいけない。
 自分の今の状態から幸せを考えもしないで、もっといい状態を得たいと
 欲望だけをぎらぎらさせている人が多い。
 今生かされていることへの感謝の気持ちを持たないと。」

                    byフジ子・ヘミング




まずは感謝というスタートラインに立つこと。
そこからすべて始まります。







【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 31 (2)

「嫌な空気」

  千田琢哉名言 30



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田琢哉曰く、
『医師側に感謝の気持ちが薄い病院は、例外なく倒産の
 憂き目にあっているのは周知の事実である。
 
 結局お客様接する機会の多い組織の末端が、
 お客様に傲慢な態度を取ってしまう。』

              -本文抜粋



「音」は空気を媒体として発生する「波」です。


水たまりに石を落とすと、
落下した地点から丸い形をした波が次々と広がっていくような
イメージです。


空気を振動させて伝わる、
これが「音」の伝わる仕組みです。




その音は「組織のトップ」。
そして空気は「部下」。



そう考えると
病院に限らず、組織のトップの傲慢な態度によって
下の社員のやる気が削がれてしまう。


それが波及し
お客様接する末端の社員までもが
お客様に対し傲慢な態度を取ってしまう。


組織の斜陽化の原因です。



結局、そのしわ寄せは発生もとの
トップに返ってきます。



環境によって影響されるし、
自分が発するものは必ず周りに伝播する。

人間もいわゆる1つの「媒体物」として考えられます。






「正しさは伝染らないけど、楽しさは伝染る。」

                     by森毅





いくら正論を唱えても、「楽しさ」には勝てない。
究極はそこなんですね。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 30 (2)

「憧れの人がいたら」

  千田琢哉名言 29


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田琢哉曰く、
『お金持ちは打ち合わせ場所にとことんこだわる。
 間違っても、噂好きが集うような安っぽい場所を
 選んではならないのだ。』

               -本文抜粋





「お金持ちは打ち合わせ場所にこだわる」


なぜだろうか?


「人は空間に影響されてしまうものだから」




安っぽい場所にはそれにふさわしい人が群がる。


自分の能力がいくら高くても
その空間に身を置いた瞬間にその集団の一員になってしまう。


正に
「朱に交われば・・・」である。


逆を言えば、
「環境でコントロールできる」ということ。


自分が多少無理してでも、
憧れの人が集うような場所で生活してみることです。








「快適な気分にひたれる空間をあなた自身の手でつくりだしていきなさい。
 そうすることによって、あなたは幸運をひきつけることになります。」

  
                        byジョセフ・マーフィー






エネルギーは高きから低きに流れるように
その空間に人間は左右されてしまいます。


自分を高めたかったら、
エネルギーの高い場所に身を置くことです。



現状のほうが居心地がいいのなら
いつまでもエネルギーは低いままです。








【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 29 (2)

「お金持ちになっていくルール」

  千田琢哉名言 28



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田琢哉曰く、
『お金持ちというのは多くの人に応援された結果だ。
 つまり応援されない人はお金持ちにはなれない。』

                 -本文抜粋




ビジネスとは周りにいる人によって支えられている。

商品を企画する人。
商品を一緒につくっていく人。
商品を売っていく人。
売った後にサービスをしていく人。
それを買ってくれるお客様。


どんなに優秀な人でもその「人」が
いなければ成功することはできないのです。


「僕は偉いんだ」「僕はすごいんだ」
と一人叫んでもお金持ちにはなれない。


周りに支えられて始めて成立するのです。





千田さんは言います。

「お金持ちというのは多くの人に応援された結果だ。」




物凄く基本的なことなのに
人はそれを忘れてしまうものなんですね。






「人という字をよく見てみろ。
 人と人が支えあって出来てる訳ではないぞ。
 大きい方が小さい方に寄っかかってんだぞ。」

                by藤岡藤巻




物の見方ですべて変わる。

1度、角度が違うだけで結果は180度変わってくることも。

おもしろいといえばおもしろい。

悲しいといえば悲しい。




【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 28 (2)

「なんかうまくいかないと思ったら」

  千田琢哉名言 27



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田琢哉曰く、
『いかにして人にもてるかを突き詰めて考えると、
 それは言葉の力であることに気づかされる。』



「発する言葉とタイミングが重要」
と千田さんは言います。


そのタイミングとは
たとえばリクライニングを大きく下げる時。

このとき振り返って会釈をする。


これがお洒落なタイミング。


新幹線や飛行機に限らず、
エレベーター内や街を歩いている姿も必ず誰かに見られている。

その一瞬で決着がついてしまうのです。


「微差」が「大差」になります。







「普通の人が10回するところを成功する人は11回する。
 その差はわずか1割。1回は神様へのチップだ。」

             by中谷彰宏






ほんのわずかな差で、成功するか否かが決まる。

そこに気づけるかどうかなのだと思います。



千田琢哉名言 27 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ