「負けまくったら」

  千田琢哉名言 20



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『全力を出し切っても敵わない相手がゴロゴロいることを
 人生の早い段階で知っておくことは大切なことだ。』

                  -本文抜粋



最終的に自分の得意分野で勝つためには、
早くに「負け」を知っておくことだといいます。


学校は何のために通うのか、
疑問に持った人は多いはず。


「いい大学に出て大きい会社に入るため…」
「みんなが行ってるから…」


そんな小さな理由ではありません。



千田さんは言います。
「学校は負けを学ぶために通っている。
 負けが分かれば自分の長所だけに集中できるからだ。」



自分の負けの分野を努力して克服するのは
「報われない努力」

人の何倍も努力して苦手を克服しても
それは長所にはなりません。
それは平均か、もしくは短所のままです。





「『負けたことがある』というのが、いつか大きな財産になる」

                  by堂本五郎(漫画スラムダンク)





負けは負けでいいのです。

その事実を知るほうが何百倍も大事だから。

自分の得意分野を発見するきっかけになります。








【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 20 (2)

「恋愛と仕事で悩んだら」

  千田琢哉名言 19


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『仕事と恋愛のどちらか一方を充実させるよりも、
 両方充実させるほうが簡単な上に長期的に幸せになれるのだ。

 どちらか一方が充実してくると、
 必ずもう片方も充実してくる。』

                 -本文抜粋



「二兎追うものは一兎も得ず」
という言葉があります。



同時に二つ事をしようとすると、
どちらも成功しないという意味ですが



果たして、本当でしょうか?



逆を言えば、
二兎追わないものは一生、二兎得ることはないということ。
二兎追った者だけしか、二兎得ることはできないということ。




千田さんはこう言います。
「二兎追うものは、二兎も三兎も得るのが現実だ。」


恋愛と仕事は両立できないと言われますが、
果たして、本当でしょうか?


恋愛がうまくいけば仕事にも力が入るだろうし、
その逆もまた然り。


そこには密接な関係があるといいます。



どちらもバランスを取って底上げしていくものなのです。





「1つのドアが閉まれば、もう1つのドアが必ず開きます。
 それはバランスをとるための、自然の法則なのです」

                byブライアン・アダムス





何事も
切り離して考えるからバランスを崩します。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 19 (2)

「親友が欲しいと思ったら」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+(20)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120808071950


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『本物の友人に一日も早く出逢いたかったら
 方法は一つだ。

 自分が大好きに生きることだ。』

              -本文抜粋

 


私には親友と呼べる人がいない…

そんな悩みを抱えている人が現代には多いようです。


世間体を気にしたところで
「本物の友人」は現れません。



千田さんは言います。

「大好きに生きていると大好きな人に出逢える」



自分が大好きに…つまり本音で生きていると
あなたと建前で付き合ってる人間が去っていきます。


そこに残ってくれた人が「本物の友人」です。



本音で生きる、ただそれだけのことなのです。



必要なのはちょっとした勇気。




「最も大切なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。
 自分の本当になりたい姿を知っているのは、
 自分の心と直感なのだから」

             byスティーブ・ジョブズ







「本音で生きる」

人生において、
これほど理にかなった成功方法はありません。





【ヒトコトメイゲン】


001_convert_20120809065020.jpg


「悪口を言いたくなったら」

  千田琢哉名言17 (2)


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『悪口というのは関わる人すべてに悪口菌を感染させていくのだ。
 
 麻薬の常習犯と似ていて一度このサイクルにはまったら抜け出すのが
 大変だ。』

                -本文抜粋





不満や悪口を言うとスッキリする。

誰もが経験するこの感覚。


根本は、
自分を認めてもらいたくて愚痴を言います。


他人にわかってもらうと安心するのです。


けれど、それは一瞬の解決にしかなりません。


自分を変えない限り、不満は無くならない。


千田さんは言います。

「不満は浄化する」



不満は吐き出さずに
好きなことをする行動力に転換する。

それが「浄化」するということ。



「浄化」。


いい響きです。





悪口は「タバコ」みたいなものです。

その一瞬は快楽を得ますが、その後は
また吸いたくなる。

やめない限り、永遠と吸いたくなる。

健康被害の自覚症状も少ないので、
気がついたころには手遅れ。



悪口や愚痴もやめない限り、
また言いたくなる。

言うと運が逃げる。

そしてまた言いたくなるスパイラルに堕ちます。


一瞬、一瞬で満足感を得てしまうので
大きな目標を達成できないのです。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言17

「本の選び方」

  千田琢哉名言16 (2)



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『つまりあなたに必要な本が向ってきてくれているのだ。

 自分に必要なメッセージは発信しているタイトルが
 目に飛び込んでくる。』

                -本文抜粋



本屋に行きました。

そして、本を選びます。

いいなと思って、自分の意思で選んだ本。


しかし、千田さんは言います。

「あなたが一方的に本を選ぶというより、
 本もあなたを選んでいる」


数万冊の中から、
その一冊を選ぶのだから、
必要な本がこちらに向かってきているということ。


本は「五感」で選んでいるのです。


そう考えると、
本との出逢いは必然なのかもしれません。


出逢うベくして出逢っている…




そしてそこから繋がる縁もあります。


こうして千田さんのホームページに載せて
頂けたのも「本」があったから。

「本」が無かったら、
このたくさんの「気づき」とも一生出逢えなかった…


すべてに感謝です。





「読書の時間を大切にしなさい。
 一冊の本との出会いが
 あなたの生き方を変えてくれることだってあります」

           byジョセフ・マーフィー






すべて偶然の積み重ねで、今があるように思えますが、

「あの日、あの本屋に入らなかったら…」

「あの時、本が必要になるような出来事がなかったら…」

ほんの少し歯車が狂っただけで、人生は180度変わる。

現在から過去を振り返ると、
とても偶然で割り切れない何かがあったとしか思えないのです。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言16

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ