「なるほど」

  001_convert_20111223195538.jpg
001_convert_20111223195722.jpg
001_convert_20111223195859.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。


『「ああ、あの挫折はこのためにあったのだ」
 
ということがすべてジグソーパズルのように

 一枚の絵になってくるのが最初からわかっていれば
 
あなたは挫折を挫折と感じなくなるはず』




千田さん曰く、
『人生の幸せの種は蝉の一生のようなもので
 大半が地中の真っ暗で誰にも見えない所で時間をかけて
 育っていく。

 すべてが例外ではなく必要な出来事で必要なタイミングで
 起こっていたことに感謝する日が必ずくる。

 だから挫折から逃げてはもったいない。』
と。




確かに。

失敗したり、挫折を味わったり
その時は人生最悪の悲劇と感じます。

けれど後々、傍観してみると
「あの時があったから、今があるんだ」
と感じられます。

あのときの事が
今の自分を作り出していると。


未来を予測することはできません。

よくなるかどうかなんてわかりません。

けれどその挫折一つ一つは
千田さんの言う、
「ジグソーパズルの一枚、一枚になる」
と。

そう「挫折」とは
幸せのジグソーパズルを完成させる
無くてはならない必要な1ピースだったのです。


…そう考えてさえすれば
これから起こることなんてすべて夢の一部。


すべて自分の為のありがたいこと。


ただひたすら自分を信じて
向かっていくだけです。







追伸

西の国のほうにこんなことわざが…




「何も知らぬことは最も幸福である」




人の考え、価値は千差万別。


だからおもしろい。

「はい!消えた~」

  001_convert_20110916075244.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


千田琢哉著『死ぬまでに仕事に困らないために20代で出逢っておきたいおきたい100の言葉』より。

「遅い決断は

 どんなに正しくてもすべて不正解」



千田さん曰く、
『決断には「正しい決断」と「誤った決断」が
 あるのではない。
 
 「スピーディな決断」と「スローな決断」が
 あるのだけだ。

 「スピーディな決断」で誤っていたとしても
 軌道修正する時間がある。
 
 「スローな決断」をしたら途中で気づいたとしても
 軌道修正する時間がない。

 おまけに期限があったら間に合わない』
と。

慎重に慎重を重ね過ぎても
時間切れになってしまったら元も子もありません。
すべてがパーです。

またその悩んでる時間でもっといいやり方が
見つかる可能性もあります。

「時間は有限」

皆がよく勘違いしてしまうのは
「時間がある限り…」と思うことです。

けれど本当は
「時間の限りがある」なのです。

「遅い」というのは
どこの世界でも命取りになるのです。

「ほめおすたしす」

  001_convert_20110912071955.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


「人間は迷う時間が長ければ長いほど

 最終的に現状維持を選ぶようにできている」


千田さん曰く、
『「決断」の特性に
時間をかければかけるほど
「やっぱりやめとくか」を選んでしまう。

だから決断に時間をかける人は
何年たっても進化することなく
ただ老けこんでゆくだけ』
と。

人間の体には「ホメオスタシス」という
機能があります。

「現状維持機能」といい、
人が居心地の良さを感じる一定のレベルに
保つ機能です。

例えると
『テストの成績がいつも50点の子がいます。
 この子が何かのきっかけで100点取ったとします。
 するとこの子は何か居心地が悪く感じ
 次のテストの時にはまた50点にもどってしまいました』

このように
何か居心地の悪さを感じまたいつものレベルに
戻してしまう、それが
「ホメオスタシス」の力です。

千田さんの言葉にあるように
「最終的には現状維持を選ぶ」
というのはそれがさせているのだと思います。

人生を変えたければ
即断し、即行動する。

後のことはそれから考えればいい。
むしろやりながら考えればいい。

「決」

  001_convert_20110911161602.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。



「あなたが歩んできた人生というのは

 他でもないあなたが下した決断の

 集大成だ」


人生は選択の連続でできています。

自分という人間はもちろんのこと、
生活、仕事、自分の周りの環境というものは
すべて自分の下した選択の結果です。

今の生活が気に入らなくても
今の仕事が気に入らなくても
それが自分の集大成。

誰のせいにもできません。
(したところで何も変わりませんが…)

もしその人生が嫌で変えたいと思うなら
勇気をもって一つずつ目の前の「決断」を
変えていくことだと千田さんは言います。

「楽な方」に逃げずに、
将来の自分に投資するような
選択をすることだと思います。

選択肢は日々様々です。
「上司の誘い」や「酒の誘惑」「週末のゴルフ」
と迷うこともしばしば。

「断る」事を「決め」なければ
それは「決断」にならないのだと思います。
 

「大っ嫌いだけど大好き」

  001_convert_20110910075459.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
南青山在住。


「『…だから好きは愛していない』

「『…なのに好きは愛している』」


「…だから好き」というのは
「…という好条件」だから好きということ。

年齢や学歴、年収などを判断したうえで
「好き」ということ。

それではあまりに夢が小さいと
千田さんは言います。

「…なのに好き」というのは
数えきれないほどたくさんの短所があるのに
それでも、なお好きということ。

人を愛するということは、
嫌いになろうと頑張っても嫌いになれない状態のこと
と千田さんは言います。



まったくその通りで
人間、長所だけの人なんて存在しません。
短所だけの人も存在しません。

「長所」「短所」の数で好きや嫌いになるのは
本当の愛ではありません。

「この人は色々あるけど…でも好き」
というのが本当の愛です。

「愛」という字には
「心」と「受」という文字があります。

「相手を受け入れる心」

受け入れても、なお好きというのが
本当の愛ということだと思います。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ