「質疑応答2」

  千田琢哉名言 100



千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉セミナー
『21世紀を勝ち抜くビジネス・経営セミナー
 人生を変えるために必要なたった一つのこと。』
より。



[質疑応答編]


千田琢哉曰く、
『挫折と感じたことはないんですね。』





また「!!?」です。

これは強がりでもなんでもありません。
正確には、覚えていないそうです。

けれど失敗は人の倍はしてきたそうです。



千田さんは、大学時代に一万冊を超える本を
読破しました。

その中で人のこれ以上ない失敗談や挫折を
知っていたので、それ以下の事が現実で起きても
動じなかったのです。


「あの偉人の失敗に比べれば微々たるもの…」


もちろんその解決策も知っていたのだと思います。


だからこそ
「挫折」を「挫折」と感じたことはなかったのだと
思います。





「成功」に関して「上には上がいる」と言いますが、
「失敗」に関しても「上には上がいる」と言うのですね。


むしろそっちのほうが重要なのかもしれません。


「成功談」より「失敗談」。






「失敗と書いて成長と読む。」
     
          by野村克也

(因みにこの野村さんの名言は
 事実を曲げて無理やり、「成長」と読むのではなく。
 失敗は失敗と受け入れた上で「成長」と読ませるのが
 いいところだと思います。)









挫折は挫折として一度飲み込んでおく、
そして成長に転換する。

そのサイクルです。


失敗した「ふり幅」だけ
成功に近づける。


【追伸】
成功談の本はビジネス書コーナーに行けば
たくさんあります。
けれど失敗だけを集めた本はなかなかないと思います。


歴史に名を残すような偉人、
現代の偉人の失敗談だけを集めた本。

ジャンルはビジネス書として
露骨に「失敗談」を集めた本。


そんな本があればな…
と思う今日この頃です。

「質疑応答」

  千田琢哉名言 99



千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉セミナー
『21世紀を勝ち抜くビジネス・経営セミナー
 人生を変えるために必要なたった一つのこと。』
より。



[質疑応答編]


千田琢哉曰く、
『夢は叶ったので、今の夢は
 「今の夢が継続できること」。』






!?


ハッとしました。


夢を叶えた男はやはり違うなと。


ハッと気づかされました。


夢は叶ったら終わりじゃないんだと。



「夢は継続するもの」と。




つまり夢は見続ける事ができなければ
それこそ一炊の夢で終わります。


「何事も継続」と言いますが
これは本当のことなんですね。



人間は確実に死を迎えます。
いつ死ぬか分からないからこそ
「継続」対する執念というのは強いのかもしれません。


本能的にそれを解かっているから、
「継続」することにこだわるのです。








「継続は力なり」

     byことわざ






千田さんの名言を聞いてから
このことわざの重みと意味が
理解できるようになりました。


今までは何か呪文のように唱えるだけで
感覚としては理解していなかったのかも知れません。


この名言と出逢えただけでも大きな収穫です。



「ゴメン」

  千田琢哉名言 98



千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉セミナー
『21世紀を勝ち抜くビジネス・経営セミナー
 人生を変えるために必要なたった一つのこと。』
より。



[模範解答とは逆のハチブンノイチ]


千田琢哉曰く、
『本当の幸せとは「ごめんなさい」の中にある。』





人間関係が壊れる時というのは
「ありがとう」という感謝が足りない時…

ではない。


その逆の「ごめんなさい」が言えない時に
人間関係は壊れると千田さんは言います。



「ありがとう」は言いやすい。けれど
「ごめんなさい」となるといきなり
ハードルが高くなる。

子供も「ありがとう」は言える。
「ごめんなさい」はなかなか言えない。

これはもう、自己防衛本能です。

反射的に自分を守ろうとするもの。


「本能だからしょうがない」ではなく、
そこからどうするかが人間性なのです。





「心からあやまれば、奇跡だっておこると思うわ。」
  
               byマーシー





「ごめんなさい」は魔法の言葉です。







【追伸】
千田さんがこの話の中でさらっと言った言葉が
今も頭の中に残っています。

「『ごめんなさい』が言えないことが
 今の日本を悪くしている。』


確かに!!


政治家もそう、東電もそう、
医師もそう、みんなそう。

「ごめんなさい」が一番言えない。

それが状況を悪化させている。



「ごめんなさい」で済むと言ったら
語弊を招きますが、
言うのと、言わないのとでは
雲泥の差です。


【追伸2】
「ありがとう」とは逆の
「ごめんなさい」に幸せはあるんですね。

「続ける」

  千田琢哉名言 97



千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉セミナー
『21世紀を勝ち抜くビジネス・経営セミナー
 人生を変えるために必要なたった一つのこと。』
より。



[模範解答とは逆のハチブンノイチ]


千田琢哉曰く、
『続けられる人というのは
 いつでもやめる覚悟がある人。』




これも名言です。


どうしたら毎日続けることができるのか?

それは
いつでもやめられると覚悟できているか否か。



「やめる覚悟がある」というのは
逆を返せば「我慢しない」ということ。


我慢強くないから続けられるのです。


単純に「したいからする」ということなのです。




そして千田さんは言います。

「まじめな人は続けられない。」と。

続けたい事というのは、
意識して、真面目に取り組まなくても
続けられる事。


我慢したり、眠いのにやらなければならない事というのは
「gihted」ではないのです。




「仕事は楽しんで続けるのが鉄則である。
 どんな仕事も天職になる。」

          by宇野千代




「続けなきゃ」と義務的になったら
もはや「gihted」ではない。



好きなら続くし、
嫌なら続かない。

シンプルな話です。


【追伸】
「続けよう!」とは逆に幸せはあるんですね。


「批判」

  千田琢哉名言 96



千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉セミナー
『21世紀を勝ち抜くビジネス・経営セミナー
 人生を変えるために必要なたった一つのこと。』
より。



[模範解答とは逆のハチブンノイチ]


千田琢哉曰く、
『批判している人は自己紹介しているようなもの。』






「批判は自己紹介」


これまた名言です。


千田さん曰く、
「批判をしている人は、
 自分の自己紹介をしているようなもの。
 
 批判する人は
 自分が言われたくないことを他人に言う。」と。



正鵠を射りました。


確かに。

ケンカの時もそう、
相手が一番傷つくことを言いたい。

だから自分の中で
「これを言われたら一番傷つく」ことを言うはずです。


つまり
自分の言われたくない言葉が
本人の口からそのまま出てくるということです。




果汁100%ですね。








「批判ばかり受けて育った子は批判ばかりします。」

               byアメリカインディアンの教え






きっとその子は愛情不足だと思います。

相手に対する批判は自己紹介であり
話を聞いてくれないという愛情不足から
きているものだと思います。

自分のことを知ってほしいから
批判するのかも知れません。


【追伸】
「批判する人生」とは逆に幸せはあるんですね。
 

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ