「フラット」

  千田琢哉名言 111


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『不器用でも愛される自分ブランドを磨く50の言葉』より。





千田琢哉曰く、
『デート中ににわか雨に襲われても、
 傘を差すことによって2人は急接近できる。』

                       -本文抜粋




『「辛」と「幸」は人生の相合い傘』

相変わらず名言ですね。

2つとも一緒になってはじめて意味を持つものであり
1つでは成立しません。

融合することで「生きている」事を実感します。

人生はこの「辛」と「幸」とが
互いに寄り添ったり、離れたりの繰り返し。

逆境によってこそ2つは接近し意味を
感じられるのだと思います。






「逆境におかれると、
 脳は自分の欠点さえも長所に変えて乗り越えようとする。」

                   by茂木健一郎









逆境に置かれた状況で2つは1つなり、
「辛」も「幸」もなくなる。

そこにはフラットな自分がいるだけ。

フラットな自分だからこそ
欠点は欠点でなくなる。

「幸」と「辛」は気づきの言葉だったのです。



【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 111 (2)

「一卵性双生児」

  千田琢哉名言 110



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『不器用でも愛される自分ブランドを磨く50の言葉』より。





千田琢哉曰く、
『辛い経験から逃げていては、本当の幸せを享受することは
 不可能だ。』

                       -本文抜粋




辛い経験をしたからこそ、幸せを感じられる。

辛い経験がなく、幸せばかりだったら、その幸せが当り前になって、
小さな事でも幸せ感じられなくなってしまう。

幸せとは「なるもの」ではなく、「感じるもの」。

千田さんは言います。
「一度もふられなかった人生は生きたことにはならない。」と。

逃げていては、本当の良さに気づけません。

『「辛」と「幸」は一卵性双生児』

これぞ名言です。

根本は一緒のもの。切っても切れないし、
片方だけでも成立しないということです。









「不幸せの練習には家庭しかない。」

           by武田鉄矢







恵まれた環境が当り前と感じる。

恵まれていない環境が当り前と感じる。

どちらにしても
当り前だと感じれば、気づけない。

その枠から跳び出さなければ
いつになっても気づけない。

気づかない人生が幸せか?

気づいて苦悩する人生が幸せか?

可もあり、不可もあるのが人生です。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 110 (2)

「モテ」

  千田琢哉名言 109


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『不器用でも愛される自分ブランドを磨く50の言葉』より。





千田琢哉曰く、
『今いる場所でモテない人は、
 自分のモテなさを必死でごまかすために
 原因を自分にではなく他人に求めようとする。』
                       -本文抜粋





モテない原因を他人に求めるからモテない。

モテないのは自分の心持次第。

確かにそうだと思います。

「かわいい子が全然いない。」という奴ほどモテません。

本当は気になる子がいるのに
勇気がないから「いない」という。

それが「モテナイ秘訣」。

自分の弱さを他人のせいにする気持ちが
「モテナイ秘訣」。






「あなたはたぶん臆病で恥ずかしがり屋でしょう。
 
 しかし、あなたが異性にモテないのは、
 臆病のためでも恥ずかしがり屋のためでもありません。
 
 あなたはモテないから臆病で恥ずかしがり屋になったのです。」

                    byJ・マーフィー   






「モテ」には先天的なものと、後天的なものがあります。

先天的とは生まれもっての「外見」などです。

後天的とはその人が「歩んできた人生」そのものです。

千田さんは言います。
「20代までは親からもらった外見で輝ける。
 30代はそれまで歩んできた人生で決まる。」と。

20代までは先天的。
30代からは後天的。

人生の4分の1が先天的。
人生の4分の3が後天的ということです。

後天的の人生が圧倒的に長い。

自分のしてきた努力の賜物だから
一層の魅力を与えます。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 109 (2)

「他人は自分」

  千田琢哉名言 108


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『不器用でも愛される自分ブランドを磨く50の言葉』より。





千田琢哉曰く、
『他人を批判しなくなったら
 自分が満たされてきた証拠。』
                       -本文抜粋




自分の言った言葉。

一番最初に伝わるのは目の前にいる相手ではありません。

「自分」です。

言葉とは一度自分というフィルターを通して
はじめて目の前にいる相手に伝わります。

つまり、出る言葉とは「自分そのもの」なのです。

果汁100%搾りたての自分の言霊。

特に相手を批判する時は、
自己紹介をしているようなものと
千田さんは言います。

自分の満たされない感情や実力を
人のふんどしで相撲を取るのです。

それこそ自己紹介。

「あの人はここだダメなんです。」

「あの人」ではなく「自分」だったのです。






「いかなることにおいても、
他人や境遇、環境のせいにすることはやめなさい。」

                byJ・マーフィー







自分に起こるすべてのことは
自分が原因によって起こること。

だからと言って反省するというより、常に
「ではどうしたらいいか?」と自問自答することが大事。

常に「ポジティブ受信」でいることが大事です。






【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 108 (2)

「超過人生」

  千田琢哉名言 107



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『不器用でも愛される自分ブランドを磨く50の言葉』より。





千田琢哉曰く、
『過剰サービスを続けると次第にお互い緊張感も敬意も
 なくなるから長続きしない。』
                       -本文抜粋


「超過は不足より遥かに醜い」

ハッと!?する名言です。

今まで逆のことをしていたから
自責の念にかられました。

むしろ、
過剰のほうが相手は喜ぶものだと思っていたことに
針のムシロに置かれた状態です。

そう、数や量で人を圧倒する時代、
そんな時代はとうに終わっているからです。

今や
本質、中身で人を圧倒しなければならない時代です。

千田さんは言います。
「名残惜しい人になれ」と。

そう、
「不足」くらいを目標に
「名残惜しさ」を与える。

すると相手は再び会いたくなるのです。

もちろん、
それまでの「中身」も重要ですが。

少しの「遊び」の部分を残すことが
美しいのです。







「すべてのニーズを完璧に充足させることが、
 人間にとって本当にいいことなのだろうか。
 多少の「もの足りなさ」があって、それを
 工夫しながら埋めていくようなことが、
 人間の営みとしては健全なのではないか。」

                by山藤章二






車のブレーキの「遊び」。

「遊び」が無ければ、ドライバーがくしゃみをしたり、背中がむずむずした、
とかいう些細な動作が急ハンドルや急ブレーキに直結してしまう。

運転者のストレスを軽減するために設けられた装置だそうです。

いきなりブレーキがきいてしまっては危険なので。

人間も完璧すぎては近寄りがたい、
少し物足りないくらいが近づきやすいのです。






【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 107 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ