「浮気」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 172


千田琢哉著
『「我慢」と「成功」の法則』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「パートナーの浮気解決方法は自分モテるようになること」

あなたがモテモテなのに、浮気をしないでいたら
パートナーは居てもたってもいられず、
あなたのところに戻ってくる。

どんなにつきあいが長くても、
どんなに慣れ親しんでマンネリだとしても、
お互いがお互いを求め合っている限り終わりはない。

求め合うにはやはり自分が輝くこと。

自分が輝くことが相手のためであり、
相手も釣り合うようにそれに答えようとする。

モテようとするのは息をするのと同じくらいの
動作なのだと思います。

吸って吐いて、吸って吐いて・・・










浮気された妻(夫)は「夫(妻)にそれを仕向けた」と解釈できます。
なぜなら夫婦という親密な関係にあっては
一方の思考や行動は、他方の思考や行動の反映でもあるからです。


              byジョセフ・マーフィー









いわゆる「念」というものです。

自分が「あの人は浮気する」と念じたから相手が浮気をした。

自分の思いが相手に伝わると言うことです。

相手もそれに答えようとする。

相手は自分を映す鏡だから。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 172(2)

「a role」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 171


千田琢哉著
『「我慢」と「成功」の法則』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「親を長生きさせたかったら心配をかけておくこと」

普通に考えたら、「逆でしょ!」となります。

「親に心配かけてはいけない」と思うのが子心。

けれど、千田さんは
「それ逆!」と言います。

心配かけた方が長生きするのだと。

確かに、動物でも人間でも機械でも
役割を終えると、朽ち果てていくものです。

心配をかけ、まだ役割が終わってないと思うと
生命力が漲ってきます。

親から見たら子供はいつまでたっても子供。

子供も子供でいる役割を果たしていると親は必然的に長生きになる。

双方の役割があって存在できるものはこの世にたくさんあります。








私たちは巨大な宇宙のオーケストラの一員です。
そのオーケストラでは生きている楽器の一つ一つが
欠くべからず役割を持って補充しあい
調和して全体を奏でているのです。

              byアラン・ブーン









みんな必要があって存在し、調和している。

たとえそれが悪だとしても。

無くてよいものもあれば、無ければならないものもない。

皆、人によって変えられ、自分もまた人を変えているのです。





【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 171(2)

「ゾンビ人生」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 170



千田琢哉著
『「我慢」と「成功」の法則』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

家庭のせいにして夢をあきらめる人は多い。

「家族がいるから・・・」

「生活があるから・・・」

その後に続く言葉は「できない」となる。

これは夢をあきらめる口実にしかなりません。

千田さんは言います。
「家族のせいにして夢をあきらめたところで、あなたはご臨終だ」
と。

そう、
逆に口実に利用された家族はいい迷惑。

本当は勇気がなくて諦めた。

本当はビビってしまって諦めた。

自分の面子を守るために家族を引き合いにしては
ご臨終です。

家族も死んだ魚のような目をしているお父さんより、
水を得た魚のようなお父さんのほうが、
見てて気持ちいい。

たとえお金がなくても。








人間の心というものは、活動が止まってしまうと
雑草が生えるものだ。

           byシェークスピア











この世のすべてのものは役割を終えたと途端に
滅んでいきます。

人間も動物も自然も。

人生も生き生きしているか、死んでるかの
どちらかしかないのだと思います。

目的なく、さまようゾンビにはなりたくありません。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 170 (2)

「天国的」「地獄的」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 169


千田琢哉著
『「我慢」と「成功」の法則』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「私はいい行いをしているから天国へ行く。」

「そんなことばかりしていると死んだら地獄へ落ちるよ!」

千田さんは言います。
「わざわざ死ななくても生きている間に
 天国、地獄は存在している」と。

そう、自分で天国の人生か地獄の人生か
すでに選択してるということです。

「つらい人生だ」と思えば地獄人生。

「楽しい人生だ」と思えば天国人生。

単純だが真理はそこにある。

そしてすべて自分で決められる。

自分で人生を地獄にしている人。

自分で人生を天国にしている人。









もしあなたが決断を選択しないなら
あなたは、いっそう選択につきまとわれる。
 
                 byニール・パート








選択しないことが一番つらい人生。

そこには自由がないから。

選択できないことも、選択しないことも
実は同じ。

人間は自由になるために生まれてきた。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 169 (2)

「人生は自己満足のためにある」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 168


千田琢哉著
『「我慢」と「成功」の法則』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
これは人生における最高の教え。

何も恋愛に限らず、仕事だってそう。

幸せになりたければ安定を求め天国へ行くような仕事よりも、
自分の好きな仕事、本命の仕事をして地獄へ落ちる方がいい。

どんな道のりでもいい。

人生の最後の最後の瞬間に満足できるか?

笑えるか?

生きていてよかったと思えるか?

それだけなのです。

何が正解で何が不正解ではなく、
自己満足できるか否かなのです。

「後悔あとに立たず」と言う言葉は
人生の最後の瞬間のためにある言葉だったのです。

このときばかりは、あとに立ちません。









人生とは後悔するために過ごすものである。

              byタモリ








真っ向勝負。

後悔ばかりするほど、やりたいことだらけの
人生と言うのもそれはそれでいいと思う。

想いを馳せるだけ満足ならそれはそれでいい。

やはり自己満足の世界なのですから。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 168 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ