「2度目の死」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 187


千田琢哉著
『あなたが落ちぶれたとき手を差しのべてくれる人は友人ではない。
すべての人間関係を成長に変える70のルール』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「死」・・・
命が無くなること、無くなった状態。生命活動が止まること。
人間の死の定義は文化圏、時代、分野などにより様々である。
              (ウィキペディアより抜粋))


千田さんは言います、
「人は2度死ぬ。1度目は肉体が滅んだとき
 2度目はこの地球上のすべての人の記憶から
 あなたという存在が消え去った瞬間。」と。

「肉体が滅んだとき」と「忘れ去られた」時が人間の「死」。

「忘れ去られた」ということは存在しなかったの一緒。

2度目の死が我々人間にとって「本当の死」なのかもしれません。

歴史に名を残した偉人は永遠に語り継がれる。

皆の記憶の中で生きているということ。

「記憶」とは存在意義でもあるのだと思います。










生は偶然。死は必然。

      金子大栄







死は必ずやってくるもの。

2度目の死も必ずやってくるもの。

その対策は今しかできない。

今、この瞬間。




【追伸】

「人間の死の定義は文化圏、時代、分野などにより様々である。
              (ウィキペディアより抜粋)」
ということは、
死に対しては誰がどう決めてもいいということかと。

「死の定義」なんて本当に死ななければわからない。

誰もわからない。

「死」とは自分で決めるものなのかもしれません。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 187 (2)

「グサっとくる言葉」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 186


千田琢哉著
『あなたが落ちぶれたとき手を差しのべてくれる人は友人ではない。
すべての人間関係を成長に変える70のルール』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「他人の過小評価と自分の過大評価」

グサっときた人は正直者です。

グサっとこない人は感性が鈍化しています。

人間はどこまで言っても、他人を軽んじてしまい、
自分に自惚れてしまう生き物なのです。

これも人間の本能だから受け入れなければならないもの。

自分を好きにならなければ生きていくことは不可能だから。

自分中心だから他人のことはわかりにくい。

だからこそここで気づくべきなのです。

「そんな自分だからこそもっと謙虚でいなければならない」

「そんな自分だからこそもっと他人をわからなければならない」

無意識でいることを意識しながら生きなければと思います。











過小評価するより過大評価する方が
判断力の欠如を完璧に暴露してしまう。

            byニーチェ









みんな自分をわかっているようで
一番わかってない存在なのかもしれません。

いや、
「わかろうとしていない」と言うほうが正しいのかもしれません。

グサっとくることを日常の中から探さないといけないみたいです。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 186 (2)

「事故は未然に防ぐ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 184


千田琢哉著
『あなたが落ちぶれたとき手を差しのべてくれる人は友人ではない。
すべての人間関係を成長に変える70のルール』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「愛情とは記憶力」

THE名言です。

確かに人は何かされた時、愛情を感じます。

その場では感謝の気持ちでいっぱいで
「お返しに何かしてあげたい」と心から思います。

「好意の返報性」が働きます。

けれど、何日か過ぎると愛情どころか
されたことすら忘れてしまいます。

「薄情な奴だ」と聞こえてきそうですが、
それはあなたも同じ。

人間の本能だから防ぎようがないのです。

事故みたいなもの。

だからこそ、この名言の如く、
愛情以上に「愛情の記憶力」が大事に
なってくるのです。









良い記憶力はすばらしいが、
忘れる能力はいっそう偉大である。

         byハバート    










だからこそ覚えてくれていたことに価値がある。

「忘れる」ということは存在しなかったのと一緒だから。

愛情こそ記憶力。

感謝こそ記憶力。

皆忘れてしまう前に・・・

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 184 (2)

「無関心」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 183


千田琢哉著
『あなたが落ちぶれたとき手を差しのべてくれる人は友人ではない。
すべての人間関係を成長に変える70のルール』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「好きな人に嫌われるのが一番つらい。」

と思いがちですが、黒幕は違いました。

黒幕は「無関心」です。

腹が立つことはまだ関心がある証拠。

直してほしいと願う気持ち。

本当に嫌いで決別したかったら
無視してその人の前から消えてしまう。

その怒る労力や時間の方が無駄だと思う。

これは人間関係に限らずすべてに言える。

「政治」にしたって「会社」にしたって
「ここが悪い」「そこを直した方がいい」
と言っているほうがまだいい。

「無関心」こそ危険なのです。










恋の悲劇は死でも別離でもない。
それは無関心である。
 
          byモーム










無関心と言うことは存在しないのと一緒。

存在しないと言うことはひょっとしたら
「死」よりも怖いことかもしれません。

死んでも皆の記憶に生きている人は
ごまんといる。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 183 (2)

「無難な人生」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 182


千田琢哉著
『あなたが落ちぶれたとき手を差しのべてくれる人は友人ではない。
すべての人間関係を成長に変える70のルール』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

いつしか計算高くなってしまった・・・

いつしか傷つくのが怖くて無難な恋愛ばかりしていた・・・

いつしか勇気が無くて本命に告白できなかった・・・

あの頃の勢いはいつしか無くなってしまった・・・

当時。若さ故、怖いものは無かった・・・

それ故、失敗も多かった。

そんな苦い思い出から少しトラウマになる。

トラウマと言ってしまえばそうなってしまうが
少なからず抵抗というものを感じる。

これは人間の防衛本能。反射的なもの。

そして今、現在・・・

千田さんは言います。
「2番目に好きな人の天国より本命との地獄」

はっと気づかされる。

こんなに臆病になっていた自分に。

いつしか臆病とも思わなくなっていた自分に。

「2番目に好きな人の天国より本命との地獄」

もしかしたら本命とは地獄にすら行けないかもしれない。

けれど自分の人生、最後の最後の瞬間に
「冒険してよかった、悔いはない」と思うか
「もっと冒険すればよかった・・・」と思うか。

「本命アタック」したかどうかで
人生の満足度は180°変わってくるのです。









満足できる人生を送れるかどうかはすべて君次第だ。
これはリハーサルだなんて思わないこと。
これが本番だ。

         byジェームス・ヤング








今日の千田名言は
恋愛にだけ言えるものではありません。

仕事、結婚、子供、何に対しても言えることです。

そう、どれだけ本気で向き合えたかどうかなのです。

人生は一度きり、「本命アタック」すべきです。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 182 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ