「たわごと」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 226




千田琢哉著
『その人脈づくりをやめなさい』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
人間性というのは、
お金を稼ぐ過程で磨かれていく。

壁にぶつかりながら、それを乗り越えるたびに磨かれていくもの。

お金が稼げないのに人間性だけ磨くことはできない。

逆に人間性がないのにお金を稼ぐのは犯罪になってしまう。

「人間性」「お金を稼ぐ」2つで1つ、
どちらも磨かなくてはならない。

仕事能力を高めることで「人間性」も「お金を稼ぐ能力」も
一緒に高めることができる。

仕事能力を高めるためには、一人の時間を大切にすること。

その一人の時間で実力を高める。

実力が高まれば、自然と出逢う人のレベルも上がっていく。

「人脈術」とは「自分術」だったのです。











孤独の中でしか自分自身を、豊かに深めていくような
濃密な時間は得られない。

            by斎藤 孝










まずは群から抜け出すこと。

抜け出すと膨大な時間が生み出される。

「個」を高める時間。

高まった「個」により、他の高まっている「個」との
真の出逢いがある。

孤独を求めると、逆に孤独でなくなるのかもしれません。

群の中にいても、真の仲間でなければ「孤独」なのだから。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 226 (2)

「逢」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 225


千田琢哉著
『その人脈づくりをやめなさい』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
正鵠を射る言葉。

20代はむやみに人脈を築こうとしないこと。

自然と出逢う人以外は会う必要のない人だと言います。

むしろ、今すぐ格上の人と出逢ったとしても
1ファンで終わってしまう。

同じ仕事をすることすら皆無。

千田さんは言います。
「仮にあなたの周囲はつまらない人ばかりだと感じても、
 それはあなたがつまらないからに過ぎない。」と。

確かに、
「類は友を呼ぶ」というように
その空間には、つまらない、実力がない人同士が集まる。

「上司がバカでやってられない」
「部下が思い通りに動かない」

結局、同じ穴の人間。

自分に実力があれば、嫌でも、それなりのステージに
上がっていく。

だからこそ、自然と出逢う人が本当の出逢いということです。

今すべきことは、出逢った人すべてに対して
相手の命を尊重していくことだと、千田さんは言います。










つまらぬ職業はない。
つまらぬ人々がいるだけだ。

        byル・ルー・ド・ランシー









「類は友を呼ぶ」というより
「類は友になる」ほうが正しいかもしれません。

どんなにすごい実力の持ち主でも、
実力のない集団に属してしまば、それなりになってしまう。

エネルギーが高きから低きに流れるように。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 225 (2)

「草食動物期」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 224


千田琢哉著
『その人脈づくりをやめなさい』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
動物の世界では弱い動物ほど群がっている。

草食動物や小さな魚は群がっている。
ライオンやチーターのように強い動物は群がらない。

これは人間の世界でも言えることだと千田さんは言います。

年収の低い者同士で集まる。

バーゲンセールに、激安ショップ、回転寿司。

やはりそこには、自然と人と物が溢れかえる、
「群の空間」です。

弱い人が群がるのは本能、
そうやって実力のバランスをとるしかないのです。

逆に言えば、
「群れずにいればお金持ちになる可能性が高い」

群れずに、自分と向き合い、個を高める。

高まった個は、別の高まっている個へと繋がる。








多数を頼む群がらす。
  
     byことわざ










「横断歩道みんなで渡れば恐くない」
という言葉がありました。

まさに「群マジック」そのもの。

群れることで気が大きくなる。

群の中の個は意志を持っていないから、
群れることで安心する。

意志がないから群れるのか、
群れるから意志がなくなるのか。

どっちなのか?

どちらもです。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 224 (2)

「確率すらない」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 223


千田琢哉著
『その人脈づくりをやめなさい』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
本質を貫く言葉です。

甘えるのは、
相手がいつまでも傍にいると思っているから。

つまらない喧嘩をしてしまうのは、
相手がいつまでも傍にいると思っているから。

大切にできないのは、
相手がいつまでも傍にいると思うから。

千田さんは言います。
「それは自惚れているからだ」と。

相手が一生あなたの傍にいてくれると、
勝手に自惚れているから、甘えるし、喧嘩するし、大切にできない。

それは確かに「自惚れ」です。

まず、どんなに親しい間柄でも「一生」はあり得ない。

家族ですら、一緒にいられる時間は限られている。

今、目の前にいること自体が奇跡なのに
「いつまでも傍に・・・」なんて有り難し。

天文学的確率で地球が存在し、尚、
その世界の中の日本という国に生まれ、今、
あなたの目の前にいる。

確率すら無いような状態で同じ時を過ごしている。

これに気づくだけで、相手に対する接し方は一変する。

千田さんがよく口にする、
「目の前にいる人を一番大切に想う」です。

人との繋がりで一番大切なことだと思います。











人生には二通りの生き方しかない。
一つは、奇跡など何も起こらないと思って生きること。
もう一つは、あらゆるものが奇跡だと思って生きること。

               byアルバート・アインシュタイン








その奇跡に気づける心もまた奇跡なのかもしれません。

人間は嫌なことも忘れるが、感謝も忘れてしまう生き物。

気づき、感謝し、記憶しておく。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 223 (2)

「人という字は・・・」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 222


千田琢哉著
『その人脈づくりをやめなさい』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
人は一人では生きていくことはできない。

誰かに支えられることで、今の生活がある。

表面的には、お金を稼いできているお父さんかもしれない。
家事をしてくれる、お母さんかもしれない。

けれど、目には見えていない部分でたくさんの人の働きによって
今の生活がある。

電気を供給してくれる人。
水道局で水質を管理している人。
お米を生産する農家の人。
病気を治療してくれる人。
地域の安全を保ってくれる人。

本を配達してくれる人・・・

あげればキリがありません。

人は人に支えられなければ生きていくことはできない。

「いや、無人島で何十年と生きた人がいる!」と横槍。

確かに、ただ生きていくことはできるかもしれないが
「人生を楽しむ可能性」はそこにはありません。

人に支えられることでたくさんの「人生を楽しむ可能性」を
与えられている。

同じ「生きる」でもまったく意味が違ってきます。

「支え合う」って「可能性を与え合う」ことだと思います。









結局、支えていると思っているものに
支えられている。

           byネットで見つけた名言












その「可能性」によって人類は発展してきた。

今のあなたがいるのは、ご先祖様が懸命に生きた証拠。

そのご先祖様にも支えられている。

そう考えると
一体、何人の人に支えられているのか想像もつきません。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 222 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ