「因」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 267



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「因果応報」とは
よい行いをした人にはよい報いが、悪い行いをした人には悪い報いが
返ってくるという意味。

「そんな雲をつかむような話・・・」
「科学的根拠は?」

そんな横槍をいなし、千田さんは言います。
「それは人間が未熟なために解明できないだけで、
 必ず結果には原因が存在している。
 人間の想像を遙かに超えた1億次方程式や1兆次方程式のような
 明確な根拠があるはずだ。」

単純に投げかけたものが、返ってくるのではなく
人と人とを介して自分に返ってくる。

時には時空を越えて返ってくる。

それを証明することはできないが、
それを解明するのが人間の役目。












科学的に証明されていることと、
宗教的に証明されていることの割合は、
50%程度と思って間違いない。
 
              by水野俊哉












そう考えると、「人間」が誕生した因業があるということ。

人間だけでなく、「宇宙」も誕生した因業があるということ。

すべてのものに原因があって、結果がついてくる。

今、自分のしていることが、未来の自分を創っている。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 267 (2)

「個」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 266



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
今の時代、一流会社のブランド名で相手を威嚇しようと思っても
その威光が弱っていると千田さんは言います。

「○○社の○○です。」

「○○社」を強調したところで反応は薄い。

インターネットの普及でいとも簡単に、コアな情報が手に入り、
逆に厳しい目で見られてしまうくらい。

「○○社」と会社の看板を掲げた瞬間に、
自分の価値を自分で低く設定することになる。

会社の威光に頼るのではなく、自分というブランドで勝負する。

「個」で勝負する。そんな時代に突入です。










個人は集団のために。
集団は個人のために。

         by金正成













個が輝くことによって、全体も輝く。

輝いている個が全体を更に輝かせる。

集団でいるから輝いてるように見えるのではなく、
個が輝いているから、全体も輝いて見える。

どちらかがではなく、どちらもなんです。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 266 (2)

「うれしい」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 265




千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
どんな人でも「決断の時」は少なからず迷いが生じます。

それが1秒なのか、1分なのか、1時間なのか、
1日なのか、1週間なのか、1ヶ月なのか、1年なのか、
10年なのか、100年なのか・・・0秒なのか。

一番罪が重いのは「100年」ではありません。

最終的に「決断しなかった」のが一番罪が重い。

千田さんは言います。
「決断しないままゲームオーバーを迎えるくらいなら、
 『責任を負う勇気がなくて決断できません』と告白できた人のほうが
 勇気があると言える。」

そう、仮にその決断が誤ったとしても、その勇気だけで
お釣りが返ってくる。

「決断する」ということは「責任を持つ」ということ。

決断できない人は、「逃げているだけ」なんです。












決断「できる、できない」ではない。
決断「するか、しないか」だけである。
 
                 byゆうそ










あなたは今、決断しました。

私のブログを見ようと決断してくれました。

私にとってあなたの決断はこの上なく嬉しいことでした。

あなたの決断が私に元気をくれた。

誰かの決断で不幸になる人もいれば、
誰かの決断で幸せにもなります。

決断は「自分独りだけのもの」でもなさそうです。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 265 (2)

「出遭い」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 263



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「人脈は広ければ広いほどいい」と言ったのは
20数年前のバブル景気だったころの常套句。

今や時代も変わり、本質的なつき合いで人脈をつくらなければ
自分の大事な時間を空費してしまう。

もっとお互いが意味のある時間を過ごし、
命という時間を大切にしようという考えに時代は移行したのです。

千田琢哉曰く、
「出逢いがあなたの人生を変えるのも事実だが、
 出逢いが人生の貴重な時間を無駄にすることがあるのも
 また事実である」

すべての出逢いに時間を費やすことはできない。

人脈も自分で取捨選択しなければならない。

「ん、何か変だな?」と思う相手は簡単に切り捨てていい。

自分の命をお裾分けするに値する人物かどうかは
「好き、嫌い」で決めていい。














人脈をつくるコツは一つだけ。
「知り合う人を全力で応援できるか」だけです。
  
                by本田健












極論を言えば、それに対して「自分の命を懸けられますか?」
ということ。

本当に好きな恋人かどうか?

本当に好きな仕事かどうか?

本当に好きな「時間」を過ごすために。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 263 (2)

「間愛」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 262



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
相手と連絡を取る際、やったら「NGの鉄則」があります。

それは、
「折り返し電話ください」「大至急連絡ください」
という2大フレーズ。

「ハッ」としたあなたは、まだ救いがあります。

「なぜ?」と思ったあなたは、もう救いようがないかもしれません。

千田さんは言います。
「受ける相手のストレスを常に最小限にすること」

こちらから連絡したのにも関わらず、
「連絡ください」は自分の都合ばかり優先されている。

相手にストレスを与えた上に、相手から連絡させようという
上から目線がいやらしさのオンパレード。

お願いされる側がひたすら尊いのです。
お願いする側は頭を低くしなければなりません。

エネルギーは常に高いほうから低いほうへ流れる。












マナーとは他人の気持ちへの細やかな心遣いのことです。
それさえ弁えていたら、よいマナーを得ていることになります。
フォークの使い方など問題ではありません。

            byエミリー・ポスト









確かにそうです。

「作法」はあくまでも「方法」です。

そこに心が籠もっていなければ、
儀礼的にやっているだけになってしまいます。

やらされているだけ。

「相手のことを考える」というのが一番のマナーです。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 262 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ