「out!」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 274


千田琢哉著
『就活で君を光らせる84の言葉
~就活では、モテる順に内定をもらう~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「僕は今の仕事、向いていないんですよ。」

「私に向いてる仕事ってなんだろう?」

よく、耳にする言葉です。

しかし、千田琢哉曰く、
「好き嫌いは本人が、向き不向きは他人が決める」と。

「向き不向き」はもともと、自分で決めるものではないということ。

「向き不向き」というのは、あくまで他人が決めることなんです。

自分は「好き嫌い」でしか判断できない。

そこは俯瞰しかできない。

本当に好きなことならブレないのが前提。

「向いているかどうか?」なんて疑問を持った瞬間、out!

自分の感情が無いのだから、即out!

「向き不向き」で考えた時点で好きではないことが証明されました。













向き不向きではなく、
これだと思う仕事を一生懸命することが何より大事。
 
          by柳井正











「これだ!」が大事。

「これだ!」を自分の人生にしなければならない。

「これだ!」に命を懸ける。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 274 (2)

「人生で一番若い日」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 273


千田琢哉著
『就活で君を光らせる84の言葉
~就活では、モテる順に内定をもらう~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
どんなに厳しい現実を突きつけられても
どんなに悪条件が揃ったとしても、
今の現実からしか出発できないのが人間です。

どんなにふて腐れても、誰かが手を差し伸べてくれることもないし、
いい状況を用意してくれるわけでもない。

ただ無情にも時間が過ぎてゆくだけ。

気がついたときにはもう随分と年をくっていて
体力、気力、共に萎えてしまう。

「人生そんなもんだ」と妙に納得してしまう始末。
いや、納得しなければ精神的バランスを取れないのかもしれない。

そんな悲惨な未来を創らないために、今スタートする。
いや、スタートするしかないのです。

千田琢哉曰く、
「人生で一番若い日は今日」

今、この瞬間が最善で最高の条件です。













現実は公式からはみ出す。

        byファーブル











だからこそ、どんな現実も受容しなければならない。

最悪も、最低も、最高も受容していい。

自分に起こることの原因が自分だとして
現実も自分が作り出している。

自分が作り出したのだから、
自分で解決できるのは言うまでもありません。



【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 273 (2)

「自由的」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 272


千田琢哉著
『就活で君を光らせる84の言葉
~就活では、モテる順に内定をもらう~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
いい言葉です。

この平和な日本に生まれ、
誰でも平等に挑戦することができる。

これは与えられた義務ではなく、与えられた権利。

ただし、挑戦権を得たその後は完全に自己責任。

結果が出なくても、誰のせいにもできない。

失敗しても誰のせいにもできない。

「皆、平等に与えられている」と言うことは
自然と競争率も高くなる。

弱きは淘汰され、強きは残る。

自然の摂理。














「自由」とは「自由」であって「自由」でない。

                 byゆうそ











平等とは可能性がある分、自由度も高い。

自由には水準がないから、不自由になることもある。

模範解答通りに生きている人は、不自由になる。

自由を求めて、不自由になることは以外に多い。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 272 (2)

「嫌いなこともやってみる」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 271


千田琢哉著
『就活で君を光らせる84の言葉
~就活では、モテる順に内定をもらう~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
仕事でも人間でも
「本当に好きなことの基準」というものがあるとすれば
それは何か?

「長続きすること」・・・確かに大事。

「あきないこと」・・・それもそう。

けれど、もっと重要なことがあります。

千田琢哉曰く、
「世界中すべてに批判されても、それでも好きでいられること」
と言います。

そう、建前も体裁も何も関係ない。

ただ自分が好きでいられるかどうか。

少し批判されたくらいでやめてしまうのは
証拠を提示しているようなもの。

本当に好きなことを貫くためには、ある経験も必要です。

それは、「本当に嫌いな事も経験する」ということ。

「好きだと思っている」ことの極限状態を体験することで
「好きだと思っている」が「本当に好きなこと」に変化するのです。

「窮鼠猫を咬む」の「咬む」を
体験しなければ本当に好きなことに出逢えないのです。















嫌なものは捨てずに要注意。
 
           by糸井重里









よく
「嫌ならやめたほうがいい」「嫌いなことはしなければいい」
と言います。

けれど「嫌」を最初から避けるのではなくて、
一旦飲み込んで自分の中で新陳代謝させるのです。

「嫌」は「好き」の一部だから。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 271 (2)

「やりたいやりがい」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 270


千田琢哉著
『就活で君を光らせる84の言葉
~就活では、モテる順に内定をもらう~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「やりがいのある仕事がしたい!」

「お金じゃない、やりがいだ!」

そう、豪語したい・・・と言う人は多い。

しかし、残念ながら千田琢哉曰く、
「やりがいのある仕事はこの世に存在しない」

そう、仕事そのものは、無機質でただ同じ作業の繰り返し。

では、「やりがい」とは何か?

それは、「人間(自分)が命を吹き込んだ仕事」が
「やりがいのある仕事」と言えます。

人間が心を籠めることで、感動が生まれる。

感動にやりがいを感じる。

「やりがい」とは「自分の命の表現」です。











やりがいや充実感は、結局は
自分の好きなことの中にしか見つからない。

               by水木しげる








好きじゃないことに、心は籠められません。

好きだから勝手に心が籠もる。

「やりがい」は疾うに表れているものなんだと思います。

「やりたい」「やりがい」似ていますし。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 270 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ