「曇りのち晴れ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 293


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

どんな悲劇に見舞われても、どんな災難に苛まれても、
物事はすべて正しい方向に向かっていくと言います。

「自然」、この宇宙というのは常にバランスを保とうとしています。

僕ら人間が、どんなに足掻こうと、
陽はまた上るし、川は上から下へと流れる。

千田琢哉曰く、
「所詮は人間が作ったにすぎない法よりも、
 自然のバランス感覚のほうが偉大であるということに。」

確かに、僕らの悩む範囲なんて、たかが知れています。

所詮人間の創ったルールの中で奔走しているだけ。

宇宙目線で見たら、小さすぎて見えない。

どんなにマイナスに振れようと、その分ちゃんとプラスに振れる。













宇宙は常にバランスを保とうとします。
自然なあなたとは「バランスが取れたあなた」です。
自分のバランスが取れていないとき
宇宙はそれを知らせるためにいろいろなものを創って見せてくれます。

                   byパシャール











悪いことが起こるのは、バランスを保つため。

いいことが起こるのは、バランスを保つため。

あなたに気づきを与えるために、起こる。

起こるべくして、起こるのです。

雨の日の後は、いい天気です。




【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 292 (2)

「本番練習」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 291


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「下準備人生」

ほとんどの人が、この「下準備人生」を送っている。

まだ準備が足りないからと、「下準備人生」を送っている。

いつしか、「下準備も満更じゃないな」なんて思ったりする自分がいる。

ぬるま湯に浸って満足する。

いや、本当は「本番」が恐くて、
下準備で気を紛らわそうとしているのかも。

ただ、無情にも時は過ぎてゆく・・・

千田琢哉曰く、
「成功している人たちの共通点は、
 下書きをそのまま清書してしまうことだ。」

準備不足のまま本番に向かう。

自分の実力がどうあれ、本番というステージに上がってしまう人が
成功する人だと。

実際、どこまでが下準備で、どこからが本番かなんて
わかりはしない。

ずっと準備もできるし、すぐに走り出すこともできる。












練習には限界があります。
本番のゲームでしか、縮まらないものがある。

               byイチロー












スポーツの世界だと、さらに顕著。

素振りばかりしていても、ホームランは打てない。

投球練習ばかりしていても、三振は取れない。

すっと走り込んでいても、ゲームには勝てない。

「本番」が一番の練習です。




【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 291 (2)

「裏切られないと価値がわからない」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 290



千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

人に信じてもらえるのは、当たり前のことだと思っていた。

人を信じることは、当たり前のことだと思っていた。

人を信じ続けることも当たり前のことだと思っていた。

大切な人に、裏切られたときこれに気づく。

墜ちて、初めて気づく。

それまで、信じることの奇跡は、「景色」のようなものだった。

目には映っているけれど、ぼんやりとしか意識がない。

自然すぎて気づかないのかも。

「もともとあるもの」ではなく
「最初からないもの」だったということに。



千田琢哉曰く、
「信頼する人生と、信頼させる人生を獲得するためには
 何が必要だろうか?
 それは大切な人に裏切られる経験をするすることなのだ。」


「信頼」とは、
その逆の「裏切り」を経験しないと本当の意味では
成り立たない。

絵は、
「光」だけでは真っ白で何が描かれているかわからない。
「影」があってはじめて、形が見える。

いいことも悪いことも、経験することで、やっと命が宿る。












欺瞞し、裏切るが、これ人生生来の心根なり。

                 byソフォクレス











「必要悪」

悪は必要だから存在する。

平和をいかに実感させてくれる。

人に気づかせるために存在する。



【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 290 (2)

「原因はすべて自分にある」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 289


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

裏を読んで相手を手玉に取ったといい気になる人がいます。

しかしそれは単なる思いこみです。

むしろ相手の悪い部分をより引き出してしまう行為と言います。

今、目の前に見えている現実は、あくまで
「自分の脳が作りだしているもの」

同じ物体を見ても、その人が興味のあるものだったら、
よりよく見えますが、
その人が全く興味のないものだったら、
目に止まることすらないかもしれません。

気づかなかったら、その人にとって
「存在しなかった」のと一緒です。

つまり思い込んだことが、
その人にとっては現実。

千田琢哉曰く
「いい人と悪い人がいるのではなく、
 同じ人間の中に、いい部分と悪い部分があるのだ」

いい部分に目を向ければ、いい部分が際だつ。
悪い部分に目を向ければ、悪い部分が際だつ。














人間はすべて善であり、悪でもある。
極端はほとんどなく、すべて中途半端だ。
  
                byアレキサンダー・ホープ













善であり、悪でもあるのが人間。

どちらも必要だから存在する。

意味があって存在する。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 289 (2)

「気になる」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 288



千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

核心をつく名言です。

そして皆の関心を惹く言葉。

人はタブーにこそ、一番興味を惹かれます。

「そんな汚らわしい!」と言う人ほど
一番気になっている。

千田琢哉曰く、
「なぜ略奪愛があれほどまでに野次馬を騒がせるかというと
 みんなの願望だからである。」

芸能人のゴシップ、有名人のスキャンダルが大好きなのは、
みんなの憧れだから。

憧れていて、自分には到底及ばないことなので
嫉妬心から騒いでしまう。

人は、関心事には過剰反応を示してしまう生き物です。









最も永く続く愛は、報われない愛である。
  
                byモーム






叶わないから想いが強くなる。

報われないから想い続ける。

結局、人は、「ないものねだり」をしながら生きていく。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 287 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ