「気持ちいい、恥ずかしい」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 321



千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

一見、意味深な名言ですが・・・

実は、この名言「男と女」を凝縮して表してる名言なのです。

「気持ちいい」というのは男の人生そのもの。つまり男の性。

「恥ずかしい」というのは女の人生そのもの。つまり女の性。

「気持ちいい」は体を表し、「恥ずかしい」は心を表します。

男の性は心より、体が先行してしまいがち。対して
女の性はまず、心ありき。それから体へと移行する。

男は体ばかりが先行してしまうので
「心を考えなさい」という教え。

女はその男の特質を「理解しなさい」と言う教え。

今回の名言は、その男女へ送ったメッセージなのです。














愛の反対は憎しみではなく、無関心です。

               byマザー・テレサ












男と女は憎しみ合うために存在しているのではない。

お互いが尊重して、助け合っていくために、
共に咲くために存在している。

男も女もなかったら、無関心になってしまう。

お互いの必要性もなくなってしまう。

お互い歩み寄る勉強もしなくなってしまう。

だから神様は、お互い全く異なる性質を生み出したのだと思います。

男がいて、女がいて人間は磨かれる。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 321 (2)

「42.196キロ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 319



千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

とてもわかりやすい表現です。

恋を短距離走。愛を長距離走。

恋の始まりは短距離走のような瞬発力。

恋から愛へと変わっていくには、長距離走のように
息の長い持久力が必要となる。

恋から愛へと変わるのが人生のおもしろいところ。

恋愛の醍醐味。

千田琢哉曰く、
「恋の延長線上に、愛があるとは限らない。
 恋をきっかけとした、愛があるだけなのだ。
 恋に覚悟はさほどいらないが、
 愛には覚悟が必要だ。」

恋はきっかけで、愛には覚悟が必要。

恋がスタートになり、そのゴールが「愛のスタート」となる。

愛の42.195キロはまだ始まったばかりです。











色あせたものを捨てないのは努力がいる。
色のあせるとき、本当の愛情が生まれる。

            by遠藤周作













長距離走に必要な持久力とは、つまり「忍耐力」。

我慢というより「忍耐力」。

その忍耐力も覚悟によって身につく。

決めることが、忍耐に繋がるのです。

バテない持久力によって人は磨かれる。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 319 (2)

「ちっぽけな」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 318


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「自分は口説かれた」と言って天狗になっている女性がいる。

確かにそれは事実。その女性が魅力的だったに違いない。

しかし、だからといって、いつまでもふんぞり返っているのは
愚の骨頂だと言えます。

千田琢哉曰く、
「最初は優越感に浸っていたとしても
 相手のことを愛しているならちゃんと尊敬することだ。」

そんなちっぽけな自分に勇気を出して告白してくれた。

ただその事実を尊敬してあげる。

つき合うきっかけを作ってくれた相手に感謝する。









誰かを愛するということは、他人には見えない奇跡を
ただ一人見ることである。

               byモーリアック









ただ一人それを見ることができるのは自分。

「相手の勇気」それすらが財産で、すでに奇跡です。

そんな当たり前に感謝です。

相手を敬うことで人は磨かれる。



【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 318 (2)

「正論<大切なこと」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 317



千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

正論は確かに正論です。

正論は世の中の指針だし、必要なもの。模範解答。 

正解はなくてはならないもの。

しかし、100%正しくないのが「正論」でもあるのです。

正論が正しくない時とは、どんな時か?

それは「大切さ」が必要な時です。

人間には感情があります。

どんなに正論を振りかざしても、感情を前に
正論は無意味。

話を聞く心がなければ、会話すら成り立たない。

正論と言えど、言い方一つで曲論と化します。












正論とか常識とかってふりまわすけど、
それが間違っていたらどうする?

                 by永六輔









確かに・・・

正論は今、この時代の常識。

ところ変われば、常識も非常識。

正論も曲論。

正論を振りかざす正義ほど質の悪いものはない

大切なことを優先させることで人は磨かれる。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 317 (2)

「傍を楽しませる」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 316


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
 
人に尽くすということは、見返りを求めるものではない。

「感謝」が一方通行であるように、
「尽くす」も一方通行。

「感謝」に対する感謝を求めているようでは、
本当に感謝したことにならない。

「尽くした」ことに対する見返りを求めているようでは、
本当に尽くしたことにはならない。

「あんなに尽くしたのに捨てられた!」と常套句。

けれど、それは最初から見返りを求めた自分に原因がある。

千田琢哉曰く、
「尽くしたのに捨てられたというのは
 明らかに見返りを期待している。
 まるでビジネスのようにキブ&テイクを押しつけられているようで
 窮屈極まりない。」

見返りを期待した自分が、相手を逃がしたことに気づかないといけない。

結局、自分のことばかり考えてたことの、因果応報です。











「私は何のために生まれてきたんでしょうか?」と問う若者がいます。
「人間は他人に尽くすために生まれたきたのです。」と私は答えます。
人の役に立ち、人のために尽くすこと、
それが私達の生きる意味です。

                 by瀬戸内寂聴










人は人に尽くすために生まれてきた。

人間は働かなければ生きていけない。

働くの語原は、「傍を楽にする」という意。

「楽にする」というより、人を楽しませる為に、僕らは存在する。

人に尽くすことで、人は磨かれる。



【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 316 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ