「変わるために」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 350



千田琢哉著
『「どうせ変われない」とあなたが思うのは
「ありのままの自分」を受け容れたくないからだ』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

何かを変えるためには、
まず「ありのままの自分を受け容れる」ということです。

「どうせ変われないよ…」と思ってしまうのは、
ありのままの自分を受け容れたくないから。

そう、変わるためには、自分の短所も受け入れなくてはならないのです。

誰だって、自分の短所を認めるのは嫌です。

短所を認めようとすると、
「現実を見なさい」と自分に言われる。

「自分」にです。

だから、変えられない。

けれど、千田琢哉曰く、
「現実を見なさいは、叶えるための方法論」といいます。

現実逃避させるための、「現実を見なさい」ではなく
「現実に1度振り返って、自分を見なさい」ということ。

「現実を見なさい」とは「自分を見なさい」という教えだったのです。













毅然として、現実の運命に耐えていけ。
その中にこそ一切の真理が潜んでいる。

                byゴッホ













答えはいつも自分の中にある。

自分の中にあるから、見つからない。

変わるためには、変わらなくてはならないのです。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 350 (2)

「静動」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 349



千田琢哉著
『「どうせ変われない」とあなたが思うのは
「ありのままの自分」を受け容れたくないからだ』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

非常識なことの中に、成功へのヒントが隠されていると言います。

「常識となっている」ということは、
市場ではすでに成熟していることを表します。

数十年前は「寿司」「焼き肉」と言ったら高級品でした。

けれど今や低価格で庶民にも手の届くものになりました。

それが、今の常識となっている。

当時、そこには「価格の低下」という、
大きな非常識に立ち向かった人がいたおかげで、
お手頃価格が実現した。

千田琢哉曰く、
「この常識と非常識の幅が、あなたの幅を創っていく」

常識という「静」、
非常識という「動」と合わせることで革命が生まれる。












成長カーブというのは、
成熟しちゃったら終わりだと思われているよね。
でも、ここで頭を使うと面白いことが起こる。
商品にしても、事業にしても成熟期というのは、実は
次世代の始まりなんだ。
革命を起こすのは最適な時期なのさ。

                by神田昌典














成熟すれば、衰退するという固定観念を捨てて、
「成熟する時に、更にもう一ひねり」という観念を持つ。

希望はいつも僕らの考えの「裏側」にあります。

「駐車場、裏にあります」みたいに。

非常識であることで、人は変われる。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 349 (2)

「マグロ漁師」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 348



千田琢哉著
『「どうせ変われない」とあなたが思うのは
「ありのままの自分」を受け容れたくないからだ』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

受動的とは、言い換えれば「与えられたもの」

人間は与えられたものだと、愚痴が出る。

「給与が少ない」「労働時間が長い」

「景気がよくない」「税金ばかりとられる」

「子供の面倒をみてくれない」「家事を手伝ってくれない」

「お小遣いがもっとほしい」

当たり前に、あることほど愚痴がこぼれる。

それは与えれていると思って受け身になっているから。

本当は当たり前のことではないのに。

「仕事があるのは当たり前ではない」

「生活ができるのは当たり前ではない」

「家族がいるのは当たり前ではない」

「与えられているものは当たり前ではない」

反対に、
能動的に考えることで、当たり前ではないことに気づくことができる。

千田琢哉曰く、
「うんざりする側ではなく、
 うんざりする側になる」

自分が能動的になることでうんざりされる。

うんざりされることで、見えなかったものが見えてくる。










釣るのではない・・・選んでもらう。

                 byマグロ漁師










どんな状況でも受け身にならない。

すべては、能動的な結果が起こっているだけ。

選んでもらうことで、人は変われる。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 348 (2)

「説得力」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 347



千田琢哉著
『「どうせ変われない」とあなたが思うのは
「ありのままの自分」を受け容れたくないからだ』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

やりたいことのために、まずやるべきは
「売れる」こと「実績を残す」ことです。

「やりたいことすぐにやった方がいいのでは?」
と思いますが、

「売れる」「実績を残す」というのは、言わば
世間的に認められたということ。

世間的に認められることで「説得力」が出る。

世間的に認められることで「発言権」が手に入る。

「自分のやりたいこと」と「売れること」というのは、
必ずしも一致しないだから。

理想と現実に似ています。

優先すべきは「売れること」

千田琢哉曰く、
「あなたが幸せになるように、順番に知恵を絞ればいい。
 まずは売れることで、周囲を黙らせるのだ。
 実績は雄弁をはるかに凌ぐ最高の説得力なのだ。」

最終目標は、「自分のやりたいこと」

そのための説得力です。
















アクションによるフォローアップなきプロジェクトは
パフォーマンスを生まない。
 
          byピーター・F・ドラッカー












世の中すべて、売れることを前提として動いている。

特にメディアの世界は注目を集めることを第一として動いている。

内容はさておき、目立てば何でもいいという露骨さえ感じる。

「注目が集まれば売れる」という方程式は、
本来違うような気がしますが・・・

何はともあれ、「売れる」ということは「力」なんですね。

売れることで人は変われる。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 347 (2)

「後は折れること」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 346



千田琢哉著
『「どうせ変われない」とあなたが思うのは
「ありのままの自分」を受け容れたくないからだ』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

正しいことは、誰がなんと言おうと正しい。

それは揺るぎない事実。

たとえ、それが上司の言うことでも、間違いは正すべきです。

けれど、指摘する際に注意すべきと千田琢哉曰く、

・言葉遣いには細心の注意を払うこと。
・指摘は一回だけに留めること。

言葉遣いは言うまでもありませんが、
一回に留めるというのがポイントです。

一回だけ指摘して後は折れること。
それで十分効果があるのだと。

正論を言うのはいいが、振りかざすのは
目的が変わってきている。

上司が正確な判断をするのが目的。













正論であれば、犠牲をかまわず断行してよいものではない。
  
                by山岡荘八













「勝てば官軍、負ければ賊軍」と言いますが、
その立場から見れば、正義だけれど
逆の立場からしたら、逆の方が正義となるかもしれない。

大事なのは、
「何が正しいのか」というより
「何が大切か」ということ。

大切さを立場とすることで人は変われる。


               



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 346 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ