「それはあきらかに現実」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 373



千田琢哉著
『「デキるふり」からはじめなさい』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

思い続けたら、それは現実。

勉強して、いい大学を出て、大きな会社に入って
結婚して、子供を産んで、定年退職して
老後はのんびり過ごす。

人生はこうでなければならない。

この道をはずれたら、ダメ人間。

これは、実体のない世間に思い込まされているだけ。

こうしなければ、人は幸せになれないというのは、
そう、思い込まされているだけです。

「人の一生」は思い込まされているもので、
「自分の一生」は思い込んでいるもの。

この人生は誰でもないあなたのもの。

いい大学に出なくても、大きい会社に入らなくても
結婚しなくても、子供がいなくても、
老後はなく、死ぬまで働き続けても、
それは、自分の人生。

どんな生き方をしても、それは人生になる。












自分の好きなところに比べて、
嫌なところは勘違いしていることが多い。
   
                 byエレン・グッドマン











好きなところも、嫌いなところも勘違いでいい。

「ふり」でもいいから、それを一生続ければ
それが現実になる。

現実はどこかにあるのではなく、
自分が作り出しているものだから。

死ぬまで勘違いすることから、はじめなさい。
 




【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 373 (2)

「先でいいんだって」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 372


千田琢哉著
『「デキるふり」からはじめなさい』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

自分の夢を実現できない人は、
「建前」ばかり先に考えて、
「こうありたい」を後に考えてしまいます。

「実力がないから無理だな・・・」

「お金がないから無理だな・・・」

「家族がいるから無理だな・・・」

が先にきてしまいます。

けれど、千田琢哉曰く、
「人生のラストシーンを決めよう」

そう、まず自分の思うラストシーンを思い浮かべる
それから、どうすべきかを考える。

つべこべ言わずに「こうしたい」を先に考える。

方法は後から考える。

ナポレオン・ヒル著「思考は現実化する」の
タイトルの通り、思ったことは実現すると言うことです。











夢見ることができれば
それを実現することができる。

               byウォルト・ディズニー









もしあなたが、したくないことで一日が終わるとするなら、
それは「そこに思いがない」からかもしれません。

何か別のものに気を取られているか、
そう思い込まされているからかもしれません。

「こうしたい」からはじめなさい。



【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 372 (2)

「一回目はあいさつ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 371


千田琢哉著
『「デキるふり」からはじめなさい』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

なんと、千田琢哉曰く、
「告白は一回で終わらない。
 1度目は挨拶、2度目が本番」と。

2度も告白するなんて、無謀だ。

それが一般論です。

しかし、2度目の告白というのは、以外や以外、
成功する可能性が高くなるのです。

それはなぜか?

告白されて嫌な気分になる人は、まずいません。

むしろ、告白されることで、
今まで意識していなかったのに急に気になりだす。

そんな中の「2度目の告白」

確かに成功率は格段に上がりそうです。

2度フラれる恐ろしさは計りしれません。けれど、
本命と永遠に結ばれない「確定」のほうがツラい。












思い切ってやるか、願うだけか、黙っているか。

         byアレクサンドル・カリオストロ












どんなことをしても、終わりは来る。

死の際に後悔しても、先にも後にもたちません。

思い切ってやっても、黙っていても、同じに終わりは来る。

そう思うことからはじめなさい。





【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 371 (2)

「ストレートパンチ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 370



千田琢哉著
『「デキるふり」からはじめなさい』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

モテる人は、この2パターンに分かれるそうです。

1の「相手に告白されるような存在」というのは
圧倒的な実力や魅力の持ち主。

何もしなくても、お声がかかる状態。

2の「変化球なしのストレート勝負で愛を告白」
ほとんどの人がこちらを選択します。

ああだ、こうだ理由を並べて、脚色するよりも
ストレートに勝負する。

「好きだ」「結婚しよう」

「ストレート」とは一秒以内に言える言葉のこと。

つまり圧縮された言葉です。

千田琢哉曰く、
「まずは、今すぐできることをやったほうが人生は楽しい。」

見逃し三振をするよりも、
大降りで三振するほうがカッコいい。











愛を告白しようとか、
自分の気持ちを言葉で訴えようなんて構える必要はない。
きみの体全体が愛の告白なのだ。
 
                 by岡本太郎










直球勝負は、すぐに答えが出るメリットもある。

人生の旬は短いから何事も、早くに答えが出るほうがいい。

もう一度挑戦することもできるし、軌道修正もできる。

ストレート勝負することから、はじめなさい。




【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 370 (2)

「素直」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 369



千田琢哉著
『「デキるふり」からはじめなさい』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

ズバっと斬りました。

ズバリと斬りました。

・・・今日の千田名言。

男がモテるためには、ズバリ「知恵」

女がモテるためには、ズバリ「容姿」

本質を突きすぎて、反論の余地はありません。

それでも・・・

「人間はそれだけじゃない、
 もっと大事なことがあるじゃないか!」と聞こえてきます。

しかし、これが現実のボーダーラインというもの。

このボーダーラインを越えることから恋愛は始まります。

このボーダーラインを越えた上でどう恋愛するかが、
一番の醍醐味。












男が男らしく振る舞うことから解放されたとたん、
より男らしく魅力的になれる。
女が女らしく振る舞うことから解放されたとたん、
より女らしく魅力的になれる。

                  by神田昌典










つまり、建前の自分を捨て、ひたすら本能に従った瞬間に
男は男らしさ、女は女らしさが解放される。

素直になることからはじめなさい。


【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 369 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ