「もう」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 399



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

準備体操で、一日が終わる人がいる。

準備体操で、一年が終わる人がいる。

準備体操で、一生が終わる人がいる。

いったい何のために生まれ、何のために生きたのか?

人生は、準備体操をするためにあるのではない。

ひたすら、本番のための人生です。

取り繕って、我慢に我慢を重ねて、上っ面のつき合いをしに、
この世に生まれたのではない。

本音が言えて、たましいをぶつけ合い、
心の底から笑える人と出逢うために生まれてきた。

そんな、特別な人と出逢うために生まれてきた。

成功した人が特別なのではない。

自分が特別な人生にするのです。

特別な人生には特別な人が集まる。














そのときの出会いが人生を根底から変えることがある。

                  by相田みつを











「そのとき」とは準備体操を終えたとき。

準備体操が終え、本番を向かえたとき。

本番に生きてこそ、本気の人に出逢える。

本気の人と一緒なら、いつ死んでも悔いはない。



【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 399 (2)

「その程度」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 398



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

世間というと、すごくたくさんいるように思えます。

けれど世間とは、せいぜい身近にいる数十人のこと。

そして、この世間で今の自分は成り立っている。

もし、人生を変えたかったら、この世間を変えるしかない。

「長年のつき合いだから。」

「当時、お世話になったから。」

「ご近所さんだから。」

今の人生で満足しているなら、これでいい。

けれど、うだつが上がらないと思っているなら、
やはり、抜け出すしかない。

千田琢哉曰く、
「ちっぽけな世間に縛られていないか?」

我慢して続けているつき合いは、本当のつき合いではないのです。















世間体などクソ食らえです。
自分が思っているほど、世間は何とも思っていないのです。
 
                     by島田紳助













芸能人ですら、そうなのだから、
僕らの想像以上に、世間は無関心。

「人の噂も七十五日」

どんな大事件ももって、七十五日。

どんなスキャンダルももって、七十五日。

皆、自分のことで精一杯。

むしろ、自分のことしか興味がない。

そんな世間です。








【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 398 (2)

「ちょっとしたこと」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 397




千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「手放す」とは、今までの自分を捨てるということ。

誰だって、今までの自分を否定されるつらさはこの上ない。

今までの自分を捨てろと言われても、そう簡単にはいきません。

けれど今、翔べないのは、何か原因があるとしかいえない。

その原因とは何か?

千田琢哉曰く、
「ダサい価値観を捨てない限り、運命の人とはいつも
 通りすがりの人として終わっていく。」

そう、原因は自分の「ダサい価値観」。

ダサいと言われてカチンと来るかもしれません。

けれど、翔べないのだから、やはりそれはダサいのです。

結果が物語っています。













義を見てせざるは勇なりけり
 
               by論語












本当はわかっている。

うすうすとは、気づいている。

翔べないのは、自分のせいだって。

だから、ちょっとでいいから変えてみる。

そのちょっとの勇気が、大きな変化をもたらします。


【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 397 (2)

「ダサ空間」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 396




千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

辛口神髄名言です。

「辛口神髄名言」とは、辛口だけど神髄を突いているから、
何も言い返せない名言のことを言います。

そのまんまですが・・・

人間自体が、ダサい価値観なら、そこに集まるすべてのものは
ダサくなる。

ダサい価値観から派生するものだから、当たり前と言えば
当たり前。

ダサい発想。ダサいセンス。ダサい発言。ダサい感覚。

言うまでもなく、その周辺はダサダサになる。

千田琢哉曰く、
「人生を一変させると言うことは、
 今、しがみついているダサい価値観を捨てる覚悟を持つことだ。」

人生を一変させるためには、自分を変えるほかない。

今までの、価値観を捨てるほかない。











誰かからもらった価値観で生きているから、退屈を感じる。
誰かからの評価にとらわれているから、苦しみを感じる。

                    by小泉吉宏










そのダサい価値観は、誰かからの影響です。

と言うことは、
考えを少し変えれば、すぐにでも抜け出せるということ。

出逢い一つ一つで価値観が変わる。

人によって変われる。





【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 396 (2)

「本当のこと」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 395



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「宇宙の構造自体が愛でできている」

愛とは、構造。

愛とは仕組みそのもの。

愛とは、動力。

確かに、「愛」というと、人間的なものだと思ってしまいます。

けれど、それは傲慢もいいところ。

宇宙全体が、「愛」でできている。

千田琢哉曰く、
「自然の摂理に則ることはすべて正しいから、物事はうまく運ぶ。
 自然の摂理に反することはすべて間違っているから、物事は滞る。」

男が女を愛する。女が男を愛する。

親が子を愛する。子が親を愛する。

空から降ってくる雨、それを受け止める大地。

川の水が、上から下へと流れる。

下へ流れた水は、また空へと上る。













愛の光なき人生は、無意味である。

            byフリードリヒ・フォン・シラー















愛という動力がないと、意味を成さない。

男は女によって、女は男によってしか意味を成さない。

「愛こそすべて」とは本当のこと。


【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 395 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ