「運命忘れて」

  千田琢哉曰く、



千田琢哉名言 415



千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

持って生まれた素質というのは、現実を表します。

「努力をすれば何とかなる」「苦手は克服するもの」といいますが、
それは、持って生まれた素質に反すること。

自分の本質に反するのだから、うまくいくはずもありません。

千田琢哉曰く、
「学校には勉強しにいくのではなく、
 負けることによって自分の才能を発見するために行く。」

つまり、持って生まれた素質を開花するために
学校に行くのです。

苦手なものを平均点にしても、それは遺伝子に反すること。

得意なものを、より伸ばすのが学校の役目です。














教育なんて人からされるものじゃないんだ。
 
               by司馬遼太郎














人からされて、苦手を克服するのでは単なる「奴隷」。

自分の遺伝子がやりたいことをさせてあげるのが、
本当の教育です。

人からされる努力も然りです。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 415 (2)

「極」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 417




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

オモシロ名言です。

童話は子供のためにあるものではなく、
大人のためにあるもの。

一つの教訓を、子供が理解できるくらいまで簡素化されるのだから、
極みの世界です。

シンプルイズベストの世界です。

現実に、童話はベストセラー。

ロングセラーです。

なぜ、ロングセラー、ベストセラーなのか?

千田琢哉曰く、
「それは人間社会の本質を捉えているからだ。」

童話は言わば、人類のバイブルです。














ただの童話でも、
ある人はそこに自分の人生を変える宝物を見つけるんだよ。

                  by「奇跡を呼ぶ天使の贈り物」より











童話は気づきを得やすい本。

わかりやすいから気づきやすい。

「わかりやすい」というのは、すでにそこにあるだけで
ブランドです。

     









【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 417 (2)

「君をのせて」

  千田琢哉曰く、



千田琢哉名言 416



千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「伝える」と「伝わる」
一見、同じように見えますが、価値は180°違います。

「伝える」というのは、あくまでも発信したに過ぎない。

「伝わる」というの、発信したものが、
受信されたことをいいます。

発信しても、受信しなければ、意味がない。

言葉は伝わってはじめて、命が宿ります。

「言った、言わない論」では、明らかに言った側の責任で
論ずる以前の話です。

千田琢哉曰く、
「愛していると単に口に出して言うことと、
 愛していることが相手にちゃんと伝わることはまったく違う。」

どんなに純粋な気持ちがあろうとも、
思っているだけでは意味がない。

伝えただけでも意味がない。

伝わってからがスタートです。











深いコミュニケーションとは
相手と話していると、話ながら自分について
気づいていくプロセスだ。

            by神田昌典













伝わってないのは、自分に向き合おうとしていない証拠。

伝えようとする準備ができていないから、伝わらない。

原因は自分にあったのです。
【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 416 (2)

「本という字の中に人が隠れている」

  千田琢哉曰く、



千田琢哉名言 414



千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「一人でも一冊でも・・・」とあります。

「一人」とは人のことです。

「一冊」とは本のことです。

運命の人との出逢いは、どんなにどん底にいても、
希望の灯りになります。

「あの人のおかげで乗り切れた」

これは、普通にありそうです。

けれど、運命の一冊との出逢いも、運命の人と同じくらい
希望の灯りになります。

むしろ、自分から機会を持てば、人と出逢うより容易に
運命の本に出逢えると思います。

「あの本のおかげで乗り切れた」というように。

千田琢哉曰く、
「希望の淵に立たされている人がいたら、何でもいい
 手近にある本を開いて読んでみてほしい。」

特に書店に赴くと、自分の悩みがピンポイントで
目に飛び込んできます。

本のタイトルの方から、こちらへ来る感じです。

悩みがあったら、友達に相談ではなく、
書店に駆け込むのです。












読書は、一人のようで一人ではない。
本を書いている人との二人の時間である。

              by斎藤孝














本との出逢いは、すべてを変える。

むしろ、人間は本によって変えられ、本によって安定する。

一冊の出逢いは、無限の出逢いに繋がります。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 414 (2)

「天地」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 413




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

あの世に行ったら「天国と地獄」があるではなく、
今この生きている世界に「天国と地獄」がある。

「死んだら楽になれる」

「地獄に行きたくない」

一体、何が根拠で言っているのわかりません。

死んだらどうなるか?はあくまでも、
「想像」であって、誰かが経験したものではありません。

何に対して畏れ、何を求めているのか?

気づきたいのは、今生きているこの世がすでに「天国と地獄」

正確には、天国にすることも、地獄にすることも
自分次第だということです。

千田琢哉曰く、
「大切なことは、
 生きているうちに何かをしてあげるということなのだ。」

「死ぬしかない」という選択肢は、本当は選択肢にならないのです。

選択肢でも最終手段でもありません。













人生で出会う出来事は、すべて何かを教えてくれている。
生きている限り、学ぶべきことがある。

                      by井深大

        





     


人間の致死率は100%。

どのみち、人は死ぬ。

だったら、その時まで生きようというだけの話です。





【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 413 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ