「いつかは…」

  【千田琢哉曰く、】

千田琢哉名言 448




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


あなたは「今」死んだら後悔するでしょうか?

ほとんどの人が、当たり前に後悔すると思います。

けれど、中には後悔しない人もいます。

それは、「今、やりたいことをやっている人」です。

少なからず、自分の夢に携わっている人は、
例え、志し半ばで死んでも「まあ、いい人生だった」といえる。

けれど「夢に関わっていない人」は後悔しまくる。

人が死ぬ間際に後悔することNO.1
「やりたいことをやっておけばよかった」

そりゃ、そうです。
人はやりたいことをするために、生まれてきたのだから。

千田琢哉曰く、
「いつかではない、今すぐやりたいことを始めよう」

いつか、いつかのその「いつか」は「今」しかないのです。















自分のしていることが自分の目的になっていない程
苦しいことはない。

                  by長野一郎













人が唯一選べないもの。

それは「生と死」

生まれるときは選べない。

死ぬときも選べない。

だから「今」しかない。


【ヒトコトメイゲン】



千田琢哉名言 448 (2)

「あの頃」

  【千田琢哉曰く、】


千田琢哉名言 446



千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


成功する醍醐味は富と名声が手に入るのと、
別に手には入るものがあると言います。

それが、今日の千田名言、
「成功すると本来の性格をさらけ出せる」

本来の性格をさらけ出す?

つまり、自分の好き、嫌いで仕事ができるということです。

サラリーマンでは味わえない
「好きだからやる」「好きなときにやる」「好きな相手とやる」
「嫌いだからやらない」「やりたくないからやらない」
という人生を歩める。

これは最高の贅沢です。

自分の好きなことで人生を埋め尽くすことができる。

これが本来の人間の姿。否、

有史以来の人間の姿。

千田琢哉曰く、
「成功して一番の報酬とは本当の自分に出逢えることだ」

建前じゃない、義務じゃない、本当の自分との再会。













本職?
そんなのありませんよ。バカバカしい。
もしどうしても本職って言うんなら「人間」ですね。

              by岡本太郎










人間はもともと、好きなことをやるためにこの世に誕生した。

誰かが敷いたレールの上を、走らされるのではなく
自分のペースで自分のレールを敷く。

本来の自分とは、あの頃の自分です。


【ヒトコトメイゲン】



千田琢哉名言 446 (2)

「共存」

  【千田琢哉曰く、】


千田琢哉名言 444



千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


「嫉妬心」というのは、人間の本能です。

どんなに頑張っても無くせるものでもないし、
無くそうとすれば、本能に反する行為だから必ずどこかで
しわ寄せがくる。

嫉妬心に対して、反発するのではなく
嫉妬心と共存するのです。

切り離すのではなく、うまくつき合っていくことが
ポイントだと言います。

千田琢哉曰く、
「嫉妬心をコントロールしたかったら、
『あ、自分は今、嫉妬しているな』と素直に認めることだ。」

自分に素直になることは、かっこいい。














比翼連理

     by故事成語











自分の良い部分は、素直に受け入れられる。

けれど、自分の悪い部分は、なかなか受け入れられない。

悪い部分も自分の本能と考えると、
やはり切っても切り離せない。

うまくつき合っていくことを考えるほうが得策です。





【ヒトコトメイゲン】



千田琢哉名言 444 (2)

「スポット人生」

  【千田琢哉曰く、】


千田琢哉名言 443



千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


それはなぜなのか?

愚痴を言うとスッキリしてしまう。

噂話をすると、満足してしまう。

口から、「行動するエネルギー」を発散してしまうのです。

特に女性は、「話す」という行為だけで満たされるので要注意。

手軽な、愚痴や噂話で充分だと感じて、行動しなくなる。

千田琢哉曰く、
「愚痴や噂話をするオバサンではなく、
 愚痴や噂話の対象となるくらいのすてきな女性を目指そう。」

映画の観客席より、舞台の上で役を演じるほうが人生は楽しい。

羨むより、羨まれるほうが100倍人生は楽しい。














PKを外すことができるのは、
PKを蹴る勇気を持ったものだけだ。

               byバッジオ











本当は参加したくない
「オバサンの井戸端会議」という名の「女子会」

勇気がなくて、はじめから放棄する人生。

勇気をもって、もがき苦しむ人生。

経過的なものか、結果的なものか。


【ヒトコトメイゲン】



千田琢哉名言 443 (2)

「ウルウル」

  【千田琢哉曰く、】


千田琢哉名言 442



千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


知恵のイメージは「美人が絶句して目をウルウルさせるイメージ」

おもしろい表現です。

アッと驚かすレベルではなく、絶句させて尚、
目をウルウルさせなければ「知恵」とは呼べないのです。

千田琢哉曰く、
「私が執筆している最中は、
 常にウルウルさせるイメージを持っている」

情報を「一次欲求」だとすると、知識が「二時欲求」。
知恵はそれを通り越した「三次欲求」と言ったところでしょうか。

三次欲求とは感動レベルのこと。

感動レベルは頭でなく体で感じます。














感動とは、人間の中にではなく、
人と人との間にあるものだ。

              byヴェルヘルム・フルトヴェングラー













絶句させて、ウルウルさせるには
相手の中に感動を見つけようとしてはいけないのです。

人と人との間に何か動くものを見つけなければならない。

人を介して、人と為す。

人によって発見し、人を介して感動させる。







【ヒトコトメイゲン】



千田琢哉名言 442 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ