「水強し」

  001_convert_20111203211348.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



TSUTAYAビジネスカレッジDVD
『伸びる30代は、20代の頃より叱られる』より。


「君子の交わりは淡きこと水の如し
 
 小人の交わりは甘きこと醴の如し」


意味は
「物事をよくわきまえた人の交際は水のようで
 つまらぬ小人物の交際は甘酒のように甘く、
 ベタべタした関係であり、一時的には濃密のように見えても、
 長続きせず、破綻を招きやすいもの」


どんな人間関係においても
お互い依存し過ぎることなく「水」のように
さらっとした間柄でいることが長続きするコツです。

酒のようにベタベタとお互い依存しあった間柄は
長続きしません。


千田さん曰く、
『人間関係は夜の飲みの席でなく、
 むしろ限られた昼間の時間にこそ
 構築することが重要』と。

飲みの席では
結局のところ「傷のなめ合い」でしかなく
「時間の奪い合い」でしかない、
そこでの人間関係は破綻しやすいということです。



「水の如し関係」

水というのは様々な変化をします。

四角い入れ物に入れれば四角くなるし
丸い入れ物に入れれば丸くなります。

熱を与えれば沸騰します。
冷やせば凍ります。

「水」はまさに順応性のある物体です。

人間関係も
水のように順応性がなければなりません。


追伸

村上春樹さんの言葉

「一人の人間が
 習慣的に大量の酒を飲むようになるには様々な理由がある。 
 理由は様々だが、結果は大抵同じだ。」

結局のところ
酒を飲んだって一時的な現実逃避。

現状を変えるには立ち向かう以外は
ありません。



 

「遅い日」

  001_convert_20111202192717.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



TSUTAYAビジネスカレッジDVD
『伸びる30代は、20代の頃より叱られる』より。



「人生で一番若い日は‘今日’」



よく
「あの頃に戻れたら…」と嘆く人がいます。

確かに
今の知識や経験を持って
一からスタートできたらなんでもできそうな気がします。

けれど
結論から言うと、
それは「幻想」に過ぎません。


千田さんの本で「うさぎとかめ」の話があります。

うさぎはかめを意識していたから負けた。
かめはゴールを意識していたから勝てた。


つまり
どんなすばらしい能力や経験を持っていようと
「目標」となるものが間違っていたり
目標自体が無ければ、
過去に戻ろうが何しようが結局、同じ人生だったということです。



アニメ『スヌーピー』の名言があります。

ルーシー
   「いつの間にかここまで来てしまったわ」
スヌーピー
   「いつの間にかじゃない、自分で選んで
    歩いてきたこの迷路」


そうなんです、
今の自分の人生は選んできた集大成なのです。

過去に戻れないし
人のせいにもできない。

ではどうするか?


千田さんのDVDで聴いたこの名言。

「人生で一番若い日は‘今日’」

何をするにも自分の人生の中で
今日という日が一番、吉日です。

過去を振り返って後悔している時間は
死んでいるのと同じ。


「無いものに『無い!無い!』騒ぐのは
子供だけでいいのです。 


追伸
「あの頃に戻りたいな…」

その「あの頃」も昔に戻りたがっているよ。




…深い。 

「果」

  001_convert_20111201194018.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



TSUTAYAビジネスカレッジDVD
『伸びる30代は、20代の頃より叱られる』より。


「究極は
 
 自分の命に感謝できるかどうか」



究極の「ありがとう」は
自分の命に対して言うもの。


何かされたら「ありがとう」

他人への感謝はして当り前のことです。
(それすらできない人はたくさんいますが…)

けれど
「究極の感謝は自分にできるかどうか」
と。


それは「当り前」と言えば当り前。

千田さんは言います。
「その当たり前のことにどれだけ感謝できるか」
がその人の人生。


確かに、御先祖様、親、あっての自分です。

それは紛れもないですが
すべては今、
自分が生きているから体験できたり、
知ることができるのです。

今、生きているそこに感謝できなければ
周りに感謝などできません。



ニーチェの言葉で
「大きな恩恵は、感謝を生み出さない」
という名言があります。


「恩恵を受けていると、人は感謝しない」
ということです。
つまり恩恵を当り前のことだと思うから
感謝できないということです。



「当り前の幸せにどれだけ気づけるか」

「感謝」は「気づく」ことだったのです。




追伸
日本は本当に恵まれた国です。


よっぽどのことがない限り
明日の食事に困ることはありません。

銃社会ではなく、
凶悪な犯罪も世界に比べれば微々たるもの。

皆それが当たり前過ぎて感覚がマヒしています。



人間は今あるものに気がつかず
目の前から無くなってから初めて気がつきます。


だから「感謝」は尊い。

…うまくできています。

「おしゃべりは男の価値を下げる…」

  001_convert_20111130203828.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



TSUTAYAビジネスカレッジDVD
『伸びる30代は、20代の頃より叱られる』より。


「成功者は口数が少ない」


その理由

1、沈んでいく人は
 愚痴を言ってその場でストレス発散してしまう。
 成功者は愚痴を言わずにそのストレスをバネにし
 目的を達成する。
  
 ⇒結果、口数が少なくなる。

2、成功者は言行一致させるため
 言ったことはまずやり遂げる。
 できないことは口にしない。
 
 ⇒結果、口数が少なくなる。

3、世の中には
 「言っていいこと」と「言わなくていいこと」
 があるのではなく
 「言わなければいけないこと」と「言ってはいけないこと」
 があるだけ。
 成功者は「言わなければいけない」ことしか言わないので
 
 ⇒結果、口数が少なくなる。



日本人はものをはっきり言わない人種です。

最近では「ハッキリものが言える人」
が「すごい」、「あこがれ」のような風潮があります。

今TVを賑わしてる芸能人は
「ものをはっきり言える人」のようです。

それに乗じて
「言ってはいけないこと」を
連発している人が身近にも出没しているようです。



何でもかんでも言えること(無鉄砲さ)が
カッコいいのではありません。


「言わなければいけないこと」を本人を目の前にして
ズバッと言えることがカッコいいのです。

そこをはき違えると致死量を超えます。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ