千田琢哉曰く、


2014年04月22日22時33分29秒_001

「押してダメなら引いてみる。」


20世紀は「一押し、二押し、三に押し」の時代だった。

押して売っても、買ってくれる時代だった。

押さなければ、買ってくれない時代とも言えます。

納得してくれる時代だった。

けれど、21世紀は逆になりました。

押せば押すほど、逃げていく時代。

千田琢哉曰く、
「幸せのヒントはいつも逆にあるのだ。」

「買ってください!」というと、買いたくなくなる。

「食べてみてください!」というと、食べたくなくなる。

「買わないでください!」というと、買いたくなる。

「食べないでください!」というと、食べたくなる。

人間皆天の邪鬼。

人間皆天の邪鬼。





人は真っ直ぐなものは曲げたいし、
曲がっているものは伸ばしたい。

              by永沼重己






幸せになりたいなら、嫌いなこともやってみる。

やりたくないことをやると、
やりたいことが明確になる。

やりたいことが明確になると、
目標がほぼ達成されたようなもの。

明確になれば、動き出せる。


ゆうそ曰く、

2014年04月22日22時33分29秒_002

  千田琢哉曰く、


2014年04月22日22時33分28秒_003

「声の大きさは説得力に比例しない。」


声が大きくなれば大きくなるほど、説得力がなくなっていき、
声が淡々としていればいるほど、説得力が増していく。

お子様ほど、怒鳴ったり喚いたりしないと
相手に聞いてもらえない。

大人は淡々と伝えることで、ジワジワ相手に浸透していく。

人は、相手が正論を言っても、自分で納得したい生き物。

千田琢哉曰く、
「落ち着いて淡々と伝えることは、
 敬意を集めることにつながる。」

落ち着いていれば、奥が深い人だと思われる。

一言、一言に説得力が漲ってくる。

感情で納得するような感じです。






説得力とは取りも直さず、人の感情にストレートに
訴えかける術である。

               by大山梅雄





ストレートとは、何の抵抗もなく
相手に伝わること。

感情にシャットダウンされずに、
伝わること。

ガンマ線のような貫通力。

ゆうそ曰く、

2014年04月22日22時33分29秒

  千田琢哉曰く、


2014年04月22日22時33分28秒_001

「1%の共通点を100%になるまで膨らまし続けるのが、
 
 大人の会話だ。」


お子様の会話は、「間違い探しゲーム」。

自分と相手の相違を見つけることで、優劣をつける。

それで会話が成り立つ。

大人の会話は、たった1%の共通点を、
とにかく膨らますことです。

例え、0%でも見つけ続けるのが大人の会話です。

千田琢哉曰く、
「大人の会話では、自分と相手は違って当たり前からスタートする。」

十人十色が当たり前。

十人一色ではつまらない。

相違と相違がぶつかり合って、革命が起こる。






人と違うことを残念がらないことの大切さ。

                byアインシュタイン





人と違うから人は進化できる。

人と違うことで人は生き延びることができる。

細胞分裂のように、考えが無限に広がる。

ゆうそ曰く、

2014年04月22日22時33分28秒_002

  千田琢哉曰く、


2014年04月22日22時33分27秒

「年収を決めるのは労働の過酷さでも

 労働時間の長さでもない。」

長時間労働と年収は比例しない。

過酷労働と年収は比例しない。

年収と比例するのは、
「本音で信頼されていること」だと言います。

千田琢哉曰く、
「お金は誰でも建前ではなく、本音で支払う。
 建前で信じる人ではなく、本音で信じる人に対してだけ支払う。」

つまり、お金は信頼が「顕在化」したものです。

お金持ちは、「信頼持ち」とも言えます。

信頼がないお金持ちは、短命選手。






お金で仲間を作ろうと思う人は、失敗する。
仲間と共にお金を稼ごうと思う人が成功する。

              by高橋建二





お金とは、結果的なもの。

信頼の後にやってくるもの。

信頼されることから始まります。

ゆうそ曰く、

2014年04月22日22時33分27秒_001

  千田琢哉曰く、


2014年04月22日22時33分27秒_002

「違う」の表現豊かな人は、人を惹きつける。


「違う!!」と言われ、嫌な想いをした。

確かに間違いは間違いとして受け入れる。

けれど、どこか腑に落ちない。

けれど、どこか聞き入れたくない。

人間は感情の生き物。

つい理性より感情が優位になってしまう。

正論は100%正しい。

これは紛れもない事実。

しかし、「大人」はこれを変えてしまう。

一歩先ゆく「大人の違う」は
人を虜にしてしまう。

千田琢哉曰く、
「まるで誉められているかと錯覚するほど
 ソフトなタッチの「違う」で攻めてくる。」

「こんなやり方もあるよ」「惜しい」

大人はやんわりと「違う」を伝えられる。

まるで「北風と太陽」の話です。

お子様は北風のようにビュービューと攻めてくる。

大人は太陽のようにポカポカとくすぐってくる。





言葉とか文字では人は動かせない。

           by本田宗一郎





言葉は手段です。

言葉や文字が直接人を動かすのではなく、
それを使った人の心の温かさによって
人は動かされます。

その温かい言葉に、はじめて耳を傾けられる。

ゆうそ曰く、

2014年04月22日22時33分28秒

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ