千田琢哉曰く、

2014年07月26日22時27分38秒

晴れて成功者となれた。

けれど、そこで映画のようにハッピーエンドとならないのが現実。

夢が叶ってしまったら、それこそ一炊の夢で終わってしまう。

千田琢哉曰く、
「夢を叶えることよりも
 夢を叶え続けるほうが遙かに大切なことだ。」

夢を叶えた暁には、今度は夢を叶え続けることが夢になる。

夢は永遠に終わらない。

夢は醒めない。

一生夢中。






夢は夢。目標とは違うんだけど、
勘違いしている奴が「夢を持って生きなきゃ」なんて
ゴチャゴチャにしている。

           byビートたけし




そう、夢と現実は一緒のもの。

夢と現実を一緒にする事を成功と言う。

否、夢も現実も区別をつけていないことを成功と言う。


ゆうそ曰く、夢が叶った。

2014年07月26日22時27分38秒_001

  千田琢哉曰く、

2014年07月26日22時27分38秒

夢を叶えるのに方程式もなければ、法則も近道もありません。

あるのは現実。

それも「超現実」。

現実的に可能にするしかありません。

現実を実現させるための執念しかない。

千田琢哉曰く、
「夢は電卓では叶えられない。」

夢を叶えるのは、
漢字練習のような汗水垂らした泥臭い方法しかない。

それも自分でその泥をかき分けて道をつくるくらいの執念。

というか、もはや怨念。







やるべきことが決まったならば、
執念をもってとことんまで押し詰めよ。
問題は能力の限界ではなく
執念の欠如である。

            by土光敏夫




本を読んでも、成功法則を知っても
あこがれの人と出逢っても成功しない。

そこには何かある。

それは自分でぶち壊すしかない。

ゆうそ曰く、

2014年07月26日22時27分38秒_001

  千田琢哉曰く、

2014年07月26日22時27分36秒_001


成功するためには、人生に「何かを」懸けなければならない。

「俺はこれに懸ける!」というものがなければ
人生はただ、漫然と過ぎ去るだけ。

飯食って、寝るだけではつまらない。

「俺はこれに懸ける!」=「俺はこれに×!」

俺×仕事=成功

私×美貌=成功

俺×0=0

私×0=0

何もなければ、何もない人生。

千田琢哉曰く、
「ひょっとしてあなたは現状のままある日突然
 夢が叶うような日が来ると思っていないだろうか?」

ある日突然、夢は叶わない。

ある日突然、夢から覚めるだけ。

その時は随分年を喰っている。






運を待つのは師を待つのに等しい。

           by西洋のことわざ




運は運ぶもの。

動きのあるところに「運」は循環する。

動きがなくなると「運」は滞る。

水の流れの如く。
 

ゆうそ曰く、

2014年07月26日22時27分37秒

  千田琢哉曰く、

2014年07月26日22時27分35秒_002

夢と実現させるために、0,1%でもいいから
実現させておくことが、コツだと千田琢哉曰く。

「何もない状態0」と、「たった0,1の行動」の差は大きい。

0×特別な才能=0

0×世紀の発見=0

0に何を掛けても0になる。

つまり、自分が行動しない限り永遠に0。

永遠の0。

千田琢哉曰く、
「話はそこからだ。」

行動に移してからがスタート。

どんなに壮大な夢も、足下からのスタート。







物事をスタートさせる方法は
話を止めてとにかくやり始めることだ。

          byウォルト・ディズニー




正に「話はそこから」です。

スタートさせてから、はじめて話ができる。

スタートさせる前に、話してしまうと、
行動力を放してしまうことになる。

夢は語るより、ムッツリと自分の中に止めていたほうが
叶うかもしれません。

ゆうそ曰く、

2014年07月26日22時27分36秒

  千田琢哉曰く、

2014年07月26日22時27分35秒

これは、千田師が学生時代の時に
勉強が抜群にできた同級生の勉強法です。

一科目ごとに、場所を変えて勉強をすると効率がいいそうです。

千田琢哉曰く、
「数学は自室で。
 物理と化学は押入で。
 国語は風呂とトイレで。
 英語は通学電車と図書館で。
 歴史はベットで。」

ここで気になったのは、
「国語は風呂とトイレで。」の部分。

なぜ、風呂、トイレ?

・風呂トイレは、長居ができないから、
 短時間で集中できる。

・水回りだから、落ち着くので集中できる。

・緊張と緩和の境地になるから。

と勝手な解釈をさせていただきました。







頭の中に空いたスペースがないと、集中できない。

                by羽生善治




勉強は、集中力が必要です。

集中力は「スペース」が関係しているのかもしれません。

頭の中は、スペースがないと、入らない。

部屋の中は、スペースがありすぎると、集中できない。

部屋と、頭の中は反比例している。



ゆうそ曰く、

2014年07月26日22時27分35秒_001

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ