千田琢哉曰く、

2014年10月03日06時33分59秒_004

相手と関係を終わらせたければ、
「正論を言い続ければいい」。

問答無用で斬り捨ててしまえば、
人間関係は終わる。

確かに正論。

あなたの言っていることは正しい。

過ち犯したのは事実。

けれど、どんな人間も似たような過ちを犯す。

完璧な人間などこの世にはいない。

だから許すこと。

許すことが人間。

「正論」より、「思いやり」を優先させるのが
人間です。

千田琢哉曰く、
『「ゴメン」と言ってでも、
 相手との関係を長続きさせたい場合にだけ言えばいい。』

そこは選択することができる。

本当に関係を続けたいなら、許せばいい。

そうでもないなら、許さなければいい。







喧嘩両成敗

     byことわざ





どんなにあなたが正論でも、
物事に100%はない。

絶対がないことに100%。

どちらも悪い。

そしてどちらも正しい。

比重の問題です。

ゆうそ曰く、

2014年10月03日06時34分00秒

  千田琢哉曰く、
2014年10月03日06時33分59秒_002

関係が長続きしない・・・

その理由は2つあります。

1つは、「ごめんなさいが言えない」こと。

もう1つは、「ありがとうが少ない」こと。

人は「すいません」は言えても、
「ごめんなさい」となると、なかなか言えない。

急にハードルが高くなってしまうのです。

「ありがとう」は言えるが、少ないことに問題があります。

強制はされないが、言うべきタイミングで
言わないのは、野暮人間。

野暮人間からは人が去る。

千田琢哉曰く、
「ありがとうを言う習慣をつけよう」

当たり前のことほど、心を込める。

当たり前のことほど、力を入れる。






ありがとうを言う方は何気なくても
言われる方はうれしい。
「ありがとう」
これをもっと素直に言い合おう。

            by松下幸之助




何気ない一言が、心を軽くする。

言うべきタイミングで、言った感謝、謝罪は
心に浸透しやすい。

お互いに貴重な体験です。

ゆうそ曰く、

2014年10月03日06時33分59秒_003

  千田琢哉曰く、
2014年10月03日06時33分59秒


今日の名言は男性専用です。

男性専用であり、女性専用でもあります。

女性から男性への質問で、
永久不滅の質問があります。

「不易流行質問」です。

この質問の答え次第で、
その後の関係が続くか否かが決まります。

その質問とは

「ねぇ、私のどこが好き?」

凡男は、
「えーっと・・・性格がやさしいところかな・・・」

これでゲームオーバー。

これには正解があると、千田琢哉曰く、
『「顔」と即答することだ。』と。

なるほど、
「顔」と選択で更に「即答する」のだと。

女性はいつまでたっても女性。

外見に命を懸けるのは女性の本能。

答えは決まっていたのです。





女性は自分の顔以外のすべてに寛大である。

            byジョージ・バイロン




「雛人形は顔が命」

「女性も顔が命」

不変は、日常の中に溶け込んでいて、
わかりにくい。









ゆうそ曰く、

2014年10月03日06時33分59秒_001

  千田琢哉曰く、

2014年10月03日06時33分58秒_001
2014年10月03日06時33分58秒_002
2014年10月03日06時33分58秒_004
2014年10月03日06時33分58秒_005
2014年10月03日06時33分58秒_006

模範解答で生きていると、
対外、模範解答通りにはいきません。

むしろ模範解答にはならず、予想外の答えになります。

例えば、人に好かれようとしたら、
すてきな言葉ばかり投げかけていれば
いいわけではありません。

その逆のNGワードを言わないことも、
同じくらい大切です。

どんなに好かれていても、
それを言ったらおしまいな事は沢山あります。

模範解答では視野が狭まり自己満足に陥る。

嗅覚の鋭い人なら、自己満足の匂いが少しでもしたら
敬遠されてしまいます。






悪(evil)の綴りは
生きる(live)の逆になっている。

            byスコット・ヘンク




そう考えると、-100に向かっていても、
その一寸先は+101になっていることがある。

マイナスだと思い込んでいたその場所は、
プラスになっていた。

逆に考えることが、正当な答えになることがある。

ゆうそ曰く、

2014年10月05日05時51分24秒

  千田琢哉曰く、
2014年10月03日06時33分57秒_004


何でも打ち明けられるのが友情の証だと、
思い込んでいる人は多い。

けれど、
現実はすべてを打ち明けることはありません。

「すべてを打ち明けなければならない」というプレッシャーの関係は、
長続きしないからです。

嫌いだから、すべてを打ち明けないのではなく、
むしろ好きで関係を長続きさせたいから、
すべてを打ち明けないのです。

ウソも方便。

人は理想では生きたいが、理想だけで生きられない。

千田琢哉曰く、
「言いたくないことはそれ以上聞かないのが
 友情の証だ。」

理想より、思いやりを優先させるのが友情。

粋な計らいが、粋な関係を生む。





友情の価値はお互いが独創性を傷つけずに、
つき合える点にあるのだ。

             by武者小路実篤




お互いに自立した関係が、本当の関係。

水の如し関係。

着かず、離れずの関係。



ゆうそ曰く、

2014年10月03日06時33分58秒

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ