「未来税」

  001_convert_20111129082421.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。

「陰口は未来税
 
 陰口を言われるのは
 
 未来ある証拠」



陰口を言う側。
陰口を言われる側。


陰口を言う人の心の根底には
「嫉妬心」があります。


「自分より優れている」
「自分に無いものを持っている」


そこへ嫉妬し
足を引っぱってやろうと考え
陰口を言います。

千田さんの言う
「陰口は未来税」

未来ある者にしか払えない
税金みたいなものと。






「島田紳助」さんの言葉で


『私が小学生の時じいさんが私に言いました。
 「陰口を言われる人になれ」と。「陰口は偉くなった証」だと。
 人は負けると、自分に能力がないことを認めない。
 認めると自分が終わってしまう。だから陰口を言う。
 『嫉妬』です。
 どんな偉い人でも陰口を言われます。総理大臣だって言われます。』


陰口を言われたのは
マイナスの要素があったからではなく
プラスの要素をあったからなのです。


むしろその陰口は
「成功への拍車をかけてくれた」
のです。




追伸
陰口を言う人の特徴まとめ
・自分が打ち込めるものがない。
・周り(会社や職場の人間)に依存し過ぎている。
・「人生こんなもんだ…」と決めつけている。
・有言不実行。
・基本的にネガティブ。
・群がるのが好き。
・獲物を狙う爬虫類のような顔をしている。

「学生気分」

  001_convert_20111128202638.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。


「学生気分とは何か?
 
 傷をなめ合う仲間を
 
 失うことへの恐れ」



学生時代、友達と一緒にいると不思議と
気が大きくなったり、
安心感のようなものがありました。

どんな失敗をしても仲間と一緒に騒げば
「解決!」

今になってみると解決とは程遠く、
むしろ逆の方に向かっていたと思います。

それは要するに
「現実逃避で仲間に傷をなめてもらっていた」
のです。


「横断歩道、皆で渡れば恐くない」状態です。

実はこれはとても危険なことです。

「群集心理」が働いて
危機意識が低下してしまったのです。


「群集心理」は
集団の外部に対して鈍感になります。
その逆に
内部に対しては敏感になります。

一人がパニック状態に陥れば
全員がパニック状態になります。



僕の学生時代は
正にその状態でした。

命の危機はないにせよ
そのぬくぬくの学生生活のつけは
後々大きなものになっていきました。


友達と過ごすのがいけないわけではありません。
自分自身と向き合わなければならないということです。

「成功も失敗も自分自身と分かち合う」
これが本当に大切なことです。


追伸
千田さんの本を読んでいて
ふと昔を振り返ってみたら、
(むしろ、自然と振りかえらされてしまった感じ)

今となってみると
つじつまが合うことばかり。

このことに気づけただけでも
大きな転換になりました。

それもこれも千田さんの言葉あってのものです。
日々感謝します。

「?」

  001_convert_20111127165131.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。

「友人は失敗によってではなく
 
 成功によって失う」


千田さん曰く、
『「伸びる20代」にとって群れる仲間を失うのは
 必ず経験しなければならない。

 失敗すると周囲の不平不満に満ちた仲間や同僚が
 群がってきて孤独にならずにすむ。

 一生愚痴を言い合って傷を舐め合うことができる。

 だから友人は成功によって失う。』
と。


普通に考えたら
「友達は失敗したら失う」と思う。

けれど
それは見せかけの友達。

見せかけの友達は
失敗に群がって愚痴を言いだす。

少しでも多くの仲間と共感して
慰めてもらうのです。


そうやって慰め合っている間に
成功がどんどん遠のきます。


やはり人間、楽な方に流れると
ろくな人間になりません。


失敗したら毅然として自分と向き合わなければ
なりません。


その場しのぎで
仲間と群れて騒いでいても
何の解決にもなりません。

日頃から
自分と向き合う時間が必要になります。



追伸
岡出元博さんの名言があります。

「99人が右でも、1人左へ進んだ人が創業者として成功する。」


人間は本能的に群れるほうを好みます。

安心だし、平和ボケできるからです。

成功者が少ないのはこれで証明されます。

「正しい思いこみ」

  001_convert_20111125214309.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。


「正しいことを追及するあまり
 
 大切なことを忘れてしまうのだ」



千田さん曰く、
『伸びる20代は同期との割り勘の端数は自分が払う。
 沈む20代は同期との割り勘の端数は細かく分けあう。

 支払いの際に端数まできっちりと計算するともたつく。
 レジで行列をつくらせたりして
 自分たちだけでなく他人の時間まで泥棒してしまう。

 実は仕事でも同じことをしている。』
と。



確かに
割り勘できっちり端数まで分け合うのは
正しいことです。

それは紛れもない事実です。

けれど正しければ
なんでもしていいというわけでもありません。


人と人とのやりとりは算数のように
「1+1=2」とはなりません。

そこには「感情」があるからです。


物事は見る人の角度によって
全く別のものとなります。

そもそも「正しい」「間違い」という概念すら
人によって違います。


判断に迷ったら

「自分がされたらどうか?」
という視点で考えればいいと思います。

人はいい事より嫌な事の方が
共感しやすいと言います。

だから共感しやすい
嫌なことを自分がされたらどうか?

それを考えればいいと思います。


一番良くないのは

正しいことを追求するあまり
途中で間違いに気づいても
方向転換しない人です。

正に
「登った木から降りられない状態」です。


これはよくありません。




追伸

「情状酌量」という言葉があります。

意味は
「裁判官などが諸事情を考慮して、刑罰を軽くすること。」

罪を犯したことは事実極まりないこと。

けれど色々な立場や事情をくみ取って
同情しその人の未来を考慮する。

こういうのは大事だと思います。

「嫉妬」

  001_convert_20111125165151.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。


「人の嫉妬は
 
 どんなに親しい間柄でも
 
 ゼロになることはない」



千田さん曰く、
『伸びる20代は同期から嫉妬されることによって
 「人の嫉妬はどんなに親しい間柄でも
  ゼロになることはない」という大切なことを学ぶ。

 嫉妬して額に汗する同期に指さして
 陰口を叩いているほうが遥かに楽で
 その場限りの快楽に浸れる。』
と。



どんなに親しい間柄でも嫉妬は無くならない。

恋人、夫婦、家族、親友。

言われてみれば納得できます。

ケンカの原因はすべて「嫉妬」と言う「念」から生まれたものです。

関西地方では
「屍を焼いても残るのはへんねし(嫉妬)」
と呼ばれるくらいです。



そういうものだと
理解して生きていくのと
理解しないで生きていくのとだと
その後の人生は天と地ほどの差になります。


一番恐いのは
それに気づかず罪の意識もなく
人に嫉妬し、人をおとしめようとすることです。

この人は
その後の人生で幸せになることはまずないです。

ただそれをする人生になります。


人は放っておいても
楽な方に流れる生き物。


手軽さゆえの結果です。


つくづく思うのは
人生というのは「素直」です。
その人の行きたい方へちゃんと
連れて行ってくれます。



追伸
ロシアの小説家・思想家で
「ドストエフスキー」と言う人がいます。

この人の名言で

『感情は絶対的である。
 そのうちでも嫉妬はこの世で最も絶対的な感情である』

というのがあります。

人間の感情の中でも
「嫉妬」という感情は特別なものだと
いうことです。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ