千田琢哉曰く、

2014年10月21日06時39分35秒_001

名言です。

紛れもない名言です。

一般的で言う、
「さて、散歩でもしようか。」や、
「さて、TVでも観ようか。」や、
「さて、おやつでも食べようか。」くらいの感覚。

千田師は、本を書くことが、
生活の一部のようになっています。

むしろ、本を書くことが、
「生理現象」のようになっています。

それくらいのハードル。

ある人にとっては断崖絶壁を登るくらい大変な事でも、
ある人にとっては改札口を通るくらいの感覚。

自分の好きなことは、いつも改札口程度。






天職を見つけるのを諦めない。

           byスティーブ・ジョブス




天職とは、「いかに自然体でいられるか」ということ。

自然体でいるのは、本能。

誰かに強いられるものではありません。

呼吸のように、
受け入れることを諦めないことが自分。


ゆうそ曰く、

2014年10月21日06時39分35秒_002

  千田琢哉曰く、

2014年10月21日06時39分34秒

千田師はコンサルティング時代、

「何となく、もう一度会いたい。」
「会うだけで、いつも元気をもらえる。」
と言われる存在だった。

文筆家の今、
「無性にあなたの本が読みたくなってきた」
と言われる存在になった。

ココから学べることは、
「自分は相手にとって中毒性のある存在か、否か」
ということ。

今の仕事で、お客様にとって自分は
中毒性がある存在かどうか?

自分が提供するサービスに中毒性はあるか?

リピーターとは中毒患者のこと。







自分の中に毒を持て。

         by岡本太郎




毒をもって、毒を制すのではなく、
活かさず、殺さずで相手を麻痺させる。

痺れさせるのは、相手。

自分ではない。

ゆうそ曰く、

2014年10月21日06時39分35秒

  千田琢哉曰く、
2014年10月20日06時25分10秒_001


千田師にとって、「クヨクヨ編集者」は、
困った存在ではありません。

千田師にとって、「クヨクヨ編集者」は、
ありがたい存在だそうです。

「クヨクヨ編集者」は「ネタの製造機」だから。

仕事ができなくて、クヨクヨしている。

恋愛ができなくて、クヨクヨしている。

お金がなくて、クヨクヨしている。

読者より、クヨクヨ人生を送っている人でなければ、
いい本は作れません。

人知を超えるクヨクヨに、
売れる要素が詰まっています。

千田琢哉曰く、
「読者にもクヨクヨする人が多いため、
 互いに共鳴するものがあるのではないだろうか。」

共鳴するから、本が生まれる。

相手の気持ちがわかるのは、
相手の気持ちを経験している必要がある。

当事者でなければ、永遠に気持ちはわからない。







お客様に共鳴してもらう重要性。

           by堺屋太一




相手の気持ちがわかることが、
世の中の仕事を成り立たせている。

病気を治してほしいから、医者がいる

おいしい料理が食べたいから、料理人がいる。

元気になりたいから、作家がいる。

ゆうそ曰く、

2014年10月20日06時25分10秒_002

  千田琢哉曰く、


2014年10月20日06時25分10秒
職業作家にとって死ぬまで書き続けることが本望。

逆転満塁ホームランを1本打つより、
ヒットを100本打たせてもらえてほうが
幸せだと。

「知恵の微風」は微風ながらも、
吹かせ続けることが、強風なのだと。

千田琢哉曰く、
「ベストセラーやタイトルの受賞というのは、
 目的ではなく、目標だ。」

目標は、達成するもの。

目的は、継続するもの。

目標は、目的の一部。

目的は、目標の積み重ね。






人生の目的とは、ただできる限り、
自分自身でいる。

         byバシャール




「自分自身でいる」ということは、
自分を忘れないことではありません。

自分自身でいるということは、
自分を貫き通し続けること。

言い換えれば、
「素直な自分でいる」こと。

ゆうそ曰く、

2014年10月20日06時25分09秒_004

  千田琢哉曰く、

2014年10月20日06時25分09秒_002

「ミリオンセラー」=「100万部セラー」=「印税一億」

印税一億円!?

サラリーマン生涯賃金の3分の1を一気に稼いでしまう!?

けれどこれで満足していたら、「職業作家」にはなれないと言います。

ミリオンセラーはあくまで通過点。

ミリオンセラーはあくまで発展途上。

職業作家とは、「死ぬまで書き続けられること」です。

千田琢哉曰く、
「ミリオンセラーの出し方は著者はもちろん、
 担当編集者も出版社もわからない。
 わかる必要もない。」

わかる必要はなく、
死ぬまで書き続けることが目的なのです。








時間を無駄にするな。
有益なことに常に従事せよ。
あらゆる不必要な行動をやめよ。

        byヘンリー・キッシンジャー






自分の役割を全うすることが
自分の使命に対する答え。

答えのわからないものに、労力を使うより
自分の使命を淡々とこなす。

その先に見えるものがある。

ゆうそ曰く、

2014年10月20日06時25分09秒_003

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ