人生は
2015年01月24日21時55分43秒0001_R

カッコいい深呼吸できたもの勝ち。



「呼吸」ではなく、「深呼吸」。

「呼吸」は意識しなくても、自然にできる。

けれど、「深呼吸」は意識しないとできない。

意識して深く吸わないと、深く吐けない。

人生も一緒。

  だが、曲りなりにも一人前として
扱われるようになったら、
2015年01月24日21時54分14秒0009_R
清書してしまうことだ。



いきなり清書することで、
早く実力をつけることができる。

「下書きがまだなのに、
 清書なんて以ての外!」

こうして、世の大半の人々は、
清書することなく、人生を終える。

確かにいきなり清書すると、失敗し
ボロクソに批判される。

けれど、これがいち早く
清書に近づける。

清書するために生まれてきたこの世。

  弱者の
2015年01月24日21時54分14秒0008_R
「世のため、人のため」と唱えるのは、
単なる戯言だ。



「自分はいいから、お前が幸せになりなさい。」
という人がいる。

「この人は、なんて素晴らしい人間だ。」
と思ったりする。

けれど、そこに幸せはありません。

幸せは、「分け与えるもの」ではないからです。

自分が幸せで、やっと人を幸せにできる。

  成功の方法は、
人の数だけ存在するために
万人に共通する2015年01月24日21時54分14秒0007_R
は、この世に存在しないのだ。



十人十色。

人の生き方は千差万別。

成功の方程式は確かに存在するが、
絶対方程式はない。

成功の方程式もまた、十人十色。

成功の方程式は、
自分が成功したときに成り立つ。

  応援者を見つけて、
2015年01月24日21時54分14秒0006_R
お礼を言うことだ。



応援者は2種類存在します。

目に「見える応援者」と、「目に見えない応援者」。

目に見えない応援者とは、
「縁の下の力持ち的存在」の人達。

そんな縁の下の力持ち的存在の人々にも
お礼を言うことで、虜にできる。

見つけられた縁の下の応援者は、
サプライズ級に喜んでくれる。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ