「おしゃべりは男の価値を下げる…」

  001_convert_20111130203828.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



TSUTAYAビジネスカレッジDVD
『伸びる30代は、20代の頃より叱られる』より。


「成功者は口数が少ない」


その理由

1、沈んでいく人は
 愚痴を言ってその場でストレス発散してしまう。
 成功者は愚痴を言わずにそのストレスをバネにし
 目的を達成する。
  
 ⇒結果、口数が少なくなる。

2、成功者は言行一致させるため
 言ったことはまずやり遂げる。
 できないことは口にしない。
 
 ⇒結果、口数が少なくなる。

3、世の中には
 「言っていいこと」と「言わなくていいこと」
 があるのではなく
 「言わなければいけないこと」と「言ってはいけないこと」
 があるだけ。
 成功者は「言わなければいけない」ことしか言わないので
 
 ⇒結果、口数が少なくなる。



日本人はものをはっきり言わない人種です。

最近では「ハッキリものが言える人」
が「すごい」、「あこがれ」のような風潮があります。

今TVを賑わしてる芸能人は
「ものをはっきり言える人」のようです。

それに乗じて
「言ってはいけないこと」を
連発している人が身近にも出没しているようです。



何でもかんでも言えること(無鉄砲さ)が
カッコいいのではありません。


「言わなければいけないこと」を本人を目の前にして
ズバッと言えることがカッコいいのです。

そこをはき違えると致死量を超えます。

「未来税」

  001_convert_20111129082421.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。

「陰口は未来税
 
 陰口を言われるのは
 
 未来ある証拠」



陰口を言う側。
陰口を言われる側。


陰口を言う人の心の根底には
「嫉妬心」があります。


「自分より優れている」
「自分に無いものを持っている」


そこへ嫉妬し
足を引っぱってやろうと考え
陰口を言います。

千田さんの言う
「陰口は未来税」

未来ある者にしか払えない
税金みたいなものと。






「島田紳助」さんの言葉で


『私が小学生の時じいさんが私に言いました。
 「陰口を言われる人になれ」と。「陰口は偉くなった証」だと。
 人は負けると、自分に能力がないことを認めない。
 認めると自分が終わってしまう。だから陰口を言う。
 『嫉妬』です。
 どんな偉い人でも陰口を言われます。総理大臣だって言われます。』


陰口を言われたのは
マイナスの要素があったからではなく
プラスの要素をあったからなのです。


むしろその陰口は
「成功への拍車をかけてくれた」
のです。




追伸
陰口を言う人の特徴まとめ
・自分が打ち込めるものがない。
・周り(会社や職場の人間)に依存し過ぎている。
・「人生こんなもんだ…」と決めつけている。
・有言不実行。
・基本的にネガティブ。
・群がるのが好き。
・獲物を狙う爬虫類のような顔をしている。

「学生気分」

  001_convert_20111128202638.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。


「学生気分とは何か?
 
 傷をなめ合う仲間を
 
 失うことへの恐れ」



学生時代、友達と一緒にいると不思議と
気が大きくなったり、
安心感のようなものがありました。

どんな失敗をしても仲間と一緒に騒げば
「解決!」

今になってみると解決とは程遠く、
むしろ逆の方に向かっていたと思います。

それは要するに
「現実逃避で仲間に傷をなめてもらっていた」
のです。


「横断歩道、皆で渡れば恐くない」状態です。

実はこれはとても危険なことです。

「群集心理」が働いて
危機意識が低下してしまったのです。


「群集心理」は
集団の外部に対して鈍感になります。
その逆に
内部に対しては敏感になります。

一人がパニック状態に陥れば
全員がパニック状態になります。



僕の学生時代は
正にその状態でした。

命の危機はないにせよ
そのぬくぬくの学生生活のつけは
後々大きなものになっていきました。


友達と過ごすのがいけないわけではありません。
自分自身と向き合わなければならないということです。

「成功も失敗も自分自身と分かち合う」
これが本当に大切なことです。


追伸
千田さんの本を読んでいて
ふと昔を振り返ってみたら、
(むしろ、自然と振りかえらされてしまった感じ)

今となってみると
つじつまが合うことばかり。

このことに気づけただけでも
大きな転換になりました。

それもこれも千田さんの言葉あってのものです。
日々感謝します。

「?」

  001_convert_20111127165131.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。

「友人は失敗によってではなく
 
 成功によって失う」


千田さん曰く、
『「伸びる20代」にとって群れる仲間を失うのは
 必ず経験しなければならない。

 失敗すると周囲の不平不満に満ちた仲間や同僚が
 群がってきて孤独にならずにすむ。

 一生愚痴を言い合って傷を舐め合うことができる。

 だから友人は成功によって失う。』
と。


普通に考えたら
「友達は失敗したら失う」と思う。

けれど
それは見せかけの友達。

見せかけの友達は
失敗に群がって愚痴を言いだす。

少しでも多くの仲間と共感して
慰めてもらうのです。


そうやって慰め合っている間に
成功がどんどん遠のきます。


やはり人間、楽な方に流れると
ろくな人間になりません。


失敗したら毅然として自分と向き合わなければ
なりません。


その場しのぎで
仲間と群れて騒いでいても
何の解決にもなりません。

日頃から
自分と向き合う時間が必要になります。



追伸
岡出元博さんの名言があります。

「99人が右でも、1人左へ進んだ人が創業者として成功する。」


人間は本能的に群れるほうを好みます。

安心だし、平和ボケできるからです。

成功者が少ないのはこれで証明されます。

「正しい思いこみ」

  001_convert_20111125214309.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。


「正しいことを追及するあまり
 
 大切なことを忘れてしまうのだ」



千田さん曰く、
『伸びる20代は同期との割り勘の端数は自分が払う。
 沈む20代は同期との割り勘の端数は細かく分けあう。

 支払いの際に端数まできっちりと計算するともたつく。
 レジで行列をつくらせたりして
 自分たちだけでなく他人の時間まで泥棒してしまう。

 実は仕事でも同じことをしている。』
と。



確かに
割り勘できっちり端数まで分け合うのは
正しいことです。

それは紛れもない事実です。

けれど正しければ
なんでもしていいというわけでもありません。


人と人とのやりとりは算数のように
「1+1=2」とはなりません。

そこには「感情」があるからです。


物事は見る人の角度によって
全く別のものとなります。

そもそも「正しい」「間違い」という概念すら
人によって違います。


判断に迷ったら

「自分がされたらどうか?」
という視点で考えればいいと思います。

人はいい事より嫌な事の方が
共感しやすいと言います。

だから共感しやすい
嫌なことを自分がされたらどうか?

それを考えればいいと思います。


一番良くないのは

正しいことを追求するあまり
途中で間違いに気づいても
方向転換しない人です。

正に
「登った木から降りられない状態」です。


これはよくありません。




追伸

「情状酌量」という言葉があります。

意味は
「裁判官などが諸事情を考慮して、刑罰を軽くすること。」

罪を犯したことは事実極まりないこと。

けれど色々な立場や事情をくみ取って
同情しその人の未来を考慮する。

こういうのは大事だと思います。

「嫉妬」

  001_convert_20111125165151.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。


「人の嫉妬は
 
 どんなに親しい間柄でも
 
 ゼロになることはない」



千田さん曰く、
『伸びる20代は同期から嫉妬されることによって
 「人の嫉妬はどんなに親しい間柄でも
  ゼロになることはない」という大切なことを学ぶ。

 嫉妬して額に汗する同期に指さして
 陰口を叩いているほうが遥かに楽で
 その場限りの快楽に浸れる。』
と。



どんなに親しい間柄でも嫉妬は無くならない。

恋人、夫婦、家族、親友。

言われてみれば納得できます。

ケンカの原因はすべて「嫉妬」と言う「念」から生まれたものです。

関西地方では
「屍を焼いても残るのはへんねし(嫉妬)」
と呼ばれるくらいです。



そういうものだと
理解して生きていくのと
理解しないで生きていくのとだと
その後の人生は天と地ほどの差になります。


一番恐いのは
それに気づかず罪の意識もなく
人に嫉妬し、人をおとしめようとすることです。

この人は
その後の人生で幸せになることはまずないです。

ただそれをする人生になります。


人は放っておいても
楽な方に流れる生き物。


手軽さゆえの結果です。


つくづく思うのは
人生というのは「素直」です。
その人の行きたい方へちゃんと
連れて行ってくれます。



追伸
ロシアの小説家・思想家で
「ドストエフスキー」と言う人がいます。

この人の名言で

『感情は絶対的である。
 そのうちでも嫉妬はこの世で最も絶対的な感情である』

というのがあります。

人間の感情の中でも
「嫉妬」という感情は特別なものだと
いうことです。

「自分のテーマソング」

  001_convert_20111124070817.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。


「陰口は伸びる20代にとっては
 
 サクセスストーリーの
 
 テーマソングなのだ」



千田さん曰く、
『石器時代から現代に至るまで
 人間には二通りのタイプしかない。

 群がって陰口を言う人間。
 
 陰口を言われながらも
 自分の信じた道を貫き成功を収める人間。』
と。


「陰口を叩かれたら未来のある証拠」

「陰口を言われない他人評論家は未来のない証拠」

世の中にはこの二通りの人物しかいないと
千田さんは言います。

世のほとんどの人が後者です。

他人や会社の評価ばかりで成功することなく
人生を終えます。

そもそも自分で努力もしていない、
結果も出していない、
同じ土俵にすら上がっていないのに
他人を評価できるはずがありません。

自分の何も無さを隠ぺいするための
行動でしかありません。

自分で何か持っている人は
他人には目もくれないし、そんな時間があるなら
自分の為に費やしたいと思います。


今自分がどちらの側にいるのか
見直さなければなりません。


自分というものは
自分が一番解かっていないことが多くあります。



「綾小路きみまろ」さんの漫談では
毒舌が飛び交っています。

本当ならお客さんが怒ってもいいくらい
図星なのですが、大爆笑。


それはお客さん全員が
「自分のことじゃない」と思っているからです。

人事だからおもしろいと思うのです。



他人を理解するより
自分を理解することのほうが難しいと思います。



追伸
ほとんどの人が「陰口」を言って
成功しない人生を送るなら、
 
その逆に、

「陰誉め」つまり
陰で人を誉めまくっていたら
成功するのではないかと思います。


「サクセスストーリーのテーマソング」
を自分で歌ってしまうのです。

「会社人間」

  001_convert_20111123084823.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。


「必ずしも会社が正しいとは
 
 限らない」



千田さん曰く、
『アフター5は最高の市場調査であり
 自己研磨のチャンス。
 そもそも残業という仕事は存在しない。

 伸びる20代はプロとして成長するために
 アフター5を使う。
 
 沈む20代はアフター5を会社に捧げる。』
と。


今まではいかに長く仕事をしたかによって
評価されてきました。

「残業、残業」、何故か残業するのが美徳の時代でした。

今は
「残業する人」=「仕事ができない人」
と見ます。

一日の仕事量は日によって違いますが
時期でなければ大差はありません。

圧縮してやるか、引き延ばしてやるか
の問題です。

何を優先させ、何を切り捨てるかという
判断力です。



千田さんの言う
「アフター5を自己研磨のために使う」
というのは

ずっと会社にいると
その会社の「文化」の中でしか成長できません。

視野が狭くなり、考えも固くなります。

求めているものは現状維持ではないので
アフター5をいかに自分に投資するかが
会社にとっても自分にとっても大事なことだと
思います。


追伸
今の世がダメと言われるなら
今の世の中の常識が間違っているということ。

まず常識を疑ってみること。

常識なんて過去の一定水準でしかありません。

現状を変えるには常識を変えなければなりません。

「依存したもん負け」

  001_convert_20111122203507.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』より。

「いざとなったら相手と別れても
 
 自分はやっていけると腹をくくっているほうが
 
 主導権を握るようになっている」


千田さん曰く、
『追いかけるほう
 追いかけられるほう。

 主導権を握っているのは
 財力でもなければ、権力でもない

 いざとなったら一人でもやっていける人。
 
 ドライだが
 厳然たる事実。』
と。


恋愛でも、仕事でも、
どんな分野でも
こっちから追いかけるのではなく
向こうが追いかけてくるくらいの
魅力の持ち主が主導権を握れる。


反対に
相手にもたれかかり過ぎな人は
相手に主導権を握られてしまう。

それは自分の人生ではありません。

会社との関係も
依存心が強い方が主導権を握られてしまいます。

「独立してもやっていける人」

「会社の看板なしではただの人」


「自分の人生」と
「他人の人生」くらい違うのかもしれません。


現実はこのどちらかしかないのです。



どんなことでも
「腹をくくっているやつ」というのは
一番強いのだと思いました。



追伸
「死」に対して
腹をくくってしまえば
それ以上の恐いものはこの世に存在しません。

だからといって
こういう考えでいたら長生きもできない。


仮に「死」を超越できたところで
人間にできることは変わらないと思います。

「惹かれる言葉」

  001_convert_20111121203149.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』より。

「お金と時間をドブに捨て
 
 さらにそのドブに水が
 
 顔に跳ね返ることになる」


この言葉の表現の仕方が
おもしろいと思い載せました。


よく
「お金と時間をドブに捨てる」
と言いますが

「さらにその水が顔に跳ね返る」

と想像しただけでも
おもしろく、うまく表現しています。

言葉を読んだだけで
想像力が掻き立てられます。


千田さんの言葉は
感情をうまく言葉に載せているので
どんな読者でも読んでいておもしろいと思います。


TVやインターネットは
「映像」と「音声」
最近は「文字」(テロップ)までもが
一瞬にして見ている人に伝わります。

情報伝達力としては最大です。

「本」はどちらかといえばアナログで
「文字」のみの表現で自分で読解しなければなりません。

この「文字」で人を感動させる技というのは
TVなどと比べ物になりません。


どれだけ技術が発展しても
人間は「アナログ」です。


結局のところ
本当に人の心に響くものは
「アナログ的」なものだと思います。



追伸
こういう気の利いた言葉で
人を感動させるようになりたい
今日この頃です…

「好」

  001_convert_20111120165617.jpg
001_convert_20111120165827.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『尊敬される保険代理店
「家業」から「企業」への脱皮』
より。


「本当に好きな人に
 
 好きだということほど

 自然の摂理にのっとった
 
 シンプルな行為はこの世に存在しない」



千田さん曰く、
『好きな人に「好きだ」という行為、
 
 皮肉なことに人間にとってこれが
 いちばん難しい。
 
 人類共通の課題。

 自分が本当に好きなものを
 少なくとも自分自身には正直でいたい。』
と。

昨日に続いて
「人間の究極の行為」

『好きな人に面と向かって「好きだ」という行為』
です。

千田さんは
これを「自然の摂理」と言います。

確かにその通りで
動物は
「子孫を残すことが究極の目的」です。

人間は動物とは違い
「感情」が発達した動物です。

「感情」を伝えることが
究極の目的になります。

その感情を伝えるには
「素直でいる」ことです。

それがこの究極の目的を達成するカギになります。

けれどこの「素直でいる」というのが
また難しいのです。

人が幸せになれない理由がそこにあります。


人に素直な気持ちを伝えるには
まず自分に素直になることだと思います。




追伸
感情には「喜び」「悲しみ」「怒り」「驚き」「嫌悪」「恐怖」
などがありますが、

もしこの悪い感情がなければ
世の中、
平和になるのではないかと思ったりします。

果たしてそれが正解か否か?



否、



その「悪い感情」がなかったら
「良い感情」も生まれない。

「悪い感情」があるから
平和であることを実感できるのです。

「物事すべて表裏一体」
だからそこに存在するのです。


 

「究極の果」

  001_convert_20111119203750.jpg
001_convert_20111119203925.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『尊敬される保険代理店
「家業」から「企業」への脱皮』
より。

「富も名誉も権力もすべてを手に入れた大富豪が
 
 死ぬ間際、最後に後悔すること
 
 『本当に好きな人に好きだと本人に向かって

  言えなかった事』である」



 千田さん曰く、
『幸せの基準は一人ひとり違っていい
 けれど人間が死ぬ時後悔することは
 「もっと稼げたのに…」
 「大きな家に住みたかった…」
 とかではなく

 「大好きな人に好きだと言えなかったこと」
 である。』
と。
 

人間が最終的に行きつくところは

「好きな人に好きだと言う行為」

単純にして純粋な人間の行為。


けれど
今すぐにでもできる
「究極の行為」を皆、何故かしません。


皆、本当はわかってるのに
わかりたがらないのです。
時間に限りがあることを。

そこには「死」というものが見え隠れするから。

「死」への恐怖が今現在に
意識を戻させるのです。

「今の状態がずっと続くのでは…」
と思います。


今できること
今やらなければならないこと
今しかできないことはあります。


みんなすぐできる「究極の行為」は
できなくなったその時に初めて発揮されます…


追伸
「富も名声も手に入れた人が最後に後悔すること」は
「富や名声」ではありませんでした。

その逆はどうなのか?

「富も名誉もなく、ただひたすら人にこき使われてきた人」

…その人もきっと同じだと思います。

「相変わらずだね」

  001_convert_20111118081110.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『3300人のエグゼクティブから学んだ       異色コンサルタントの囁き
  存続社長と潰す社長』
より。

「不易流行」

松尾芭蕉の言葉です。

意味
「世の中には変わってはいけないものと
 変わらなければいけないものがある

 変わってはいけないものは本質、原点
 変わらなければいけないものは
 新しい環境に順応しなければならない手段、やり方」


千田さん曰く、
『存続社長は「原点」は継承し「やり方」を変革する
 潰す社長は「原点」を変革し「やり方」は継承する

 潰す社長はこの方法で成功したからと
 いつまでも時代錯誤なやり方にこだわる

 存続社長は原点は継承しながらも
 やり方を積極的に変える。』
と。

すべてに共通することですが
この世に変わっていいものはなく
「変わらなければならないもの」と
「変わってはいけないもの」しかないのです。

仕事にしたって、恋愛にしたって
人間関係にしたって、勉強にしたって、遊びにしたって、
成功させるには、原理原則は守りつつ
その状況に応じて手段を変えなければなりません。

なんとなく
「自分はこれでうまくいったから…」
とそのやり方に固執する。

これでは変化に適応できません。



「原理原則」はすでにあるとして、
「やり方」というのは自分で勉強し経験し
取捨選択しながら見つけていかなければなりません。



追伸
「原理原則」を知るには
それを知る人が身近にいない限りは
人から教わることは困難です。

やはりそうなると
「本」から教わるのがいいと思います。

ある意味
「本」もその人との出逢いであり対話でもあります。


’相田みつを’さんは言います。

「本心 本気 本音 本腰 本物
 本の字のつくものはいい」
と。

僕もそう思います。

「未来に生きる」

  002_convert_20111117195521.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『3300人のエグゼクティブから学んだ       異色コンサルタントの囁き
  存続社長と潰す社長』
より。

「待ちの姿勢ではなく
 
 常に攻めの姿勢なのだ
 
 過去に生きるのではなく
 
 未来に生きると言っていい」


千田さん曰く、
『どんな事でも
 待ちの姿勢では
 成長はストップする。

 常に攻めの気持ちをもって未来に生きる。』
と。


今すぐ使いたくなるカッコいい言葉です。

世の中のほとんどの人が過去に生きています。

「あの頃は楽しかった…」
「いい時代だった…」

過去の話に花が咲くのは
今を生きていない証拠です。

無意識的に昔話が出てきてしまう…
これは危険です。

目的なく生きていると
過去の栄光に慰めてもらおうとします。

「今を生きろ」よりむしろ
「未来を生きろ」と。

千田さんは言います。
「フライングするくらいでなければ…」

100歳になってもフライング人生でありたいです。

目標こそ、生きる目的、生きる力。

この恵まれた環境で
本当の意味で「生きなければ」
もったいないです。



追伸

「あの頃はよかったなぁ…」

その「あの頃」も

「あの頃はよかったなぁ…」

と思っているでしょう。

 

「考え方1つ」

  001_convert_20111115213107.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『3300人のエグゼクティブから学んだ       異色コンサルタントの囁き
  存続社長と潰す社長』
より。

「採用はコストではない

 採用は投資」


千田さん曰く、
『存続社長は不況時に積極採用し、
 潰す社長は好況時に積極採用する。

 採用をコストと考えるから
 不況時に採用を控える会社は多い。

 将来、自社を作り上げていく人材を
 採用することはコストではない。

 この考え方の違いが運命を分ける。』
と。


「求人広告に載せるには〜万円かかる…」

採用をコストと考える会社はほとんどです。

しかし
「採用は投資」と
千田さんは言います。

将来、会社に利益をもたらしてくれる
社員を雇うということは確かに
「投資」と呼べます。

「採用をコスト」と考える会社は
「社員もコスト」と考えている会社だと思います。


それもこれも考え方一つで、
目に見えるもの、目の前のものが
すべてではないということです。

いかに数値としてあげても
お金に変えられない価値が含まれています。


本来、人間が求めるものというのは
「お金に変えられないもの」ではないかと思います。


「金」はあくまでも「手段」。
「目的」にはなりきれません。




追伸
お金で買える一番貴重なもの。

それは「時間」


東京から名古屋まで歩いたら
「約67時間」かかるそうです。
交通費「0円」。


新幹線なら
「2〜3時間」。
交通費約「10000円」前後。

「64時間分の命」。


やはりお金は大事です…









 

「体感」

  001_convert_20111115081040.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『3300人のエグゼクティブから学んだ       異色コンサルタントの囁き
  存続社長と潰す社長』
より。


「社員の幸せとは
 
 顧客に感動してもらう
 
 喜びを自ら実感すること」


千田さん曰く、
『存続させる社長は、社員第一主義。
 潰す社長は、顧客第一主義。

 潰す社長は顧客第一主義と
 うたっていながら自分のことしか考えていない。

 存続社長は真の顧客第一主義を実現するには
 まずは社員第一主義を目指さなければならない事を
 知っている。』
と。

「顧客第一主義」をうたう会社はたくさんあります。

確かに言っていることは間違っていません。

周囲から「さすが」と言われたいだけで
それが本当に実現しているか否かは
また別の話。

社長の自己満足の為に
顧客第一主義をうたっている。


対して
「社員第一主義」をうたう会社は
社員の幸せが顧客に与える影響が大きいことを
知っている。

人間の組織なのだから
自然とその流れになると思います。

顧客も
そういう気持ちのこもった
社員の対応なら感動します。

結果
「社員第一主義」は
「顧客第一主義」に繋がります。

自己満足から脱却し
「周囲満足」を目指さなければなりません。




追伸
人の気持ちというのは「伝染」します。

周囲が暗い雰囲気になれば
自分も自然とテンションが下がります。

周囲が明るければ
自分も自然とテンションが上がります。


全員が全員同じ方向を向いていたら
「向かうところ敵なし」です。




 

「アウフヘーベン」

  001_convert_20111114185502.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『3300人のエグゼクティブから学んだ       異色コンサルタントの囁き
  存続社長と潰す社長』
より。

「尊敬をベースとした、かわいげ」


千田さん曰く、
『社長というのは
 尊敬はされていてかつ、
 かわいげがなくてはならない。

 「すごく仕事はできるが忘れ物が多い」とか
 「リーダーシップはすばらしいが人前だとあがり症」。

 こういう「かわいげ」が更に人を
 惹きつける。」
と。



「尊敬されている人」は
一見遠い存在のように感じられますが

こういう「かわいげ」が垣間見えると
一気に親近感を覚えます。

そしてさらに魅力的に見えます。




なんでも「完璧」はよくありません。
(そもそも完璧は存在すらしませんが…)

まかり間違って
完璧な人がいたとしても
完璧過ぎて「面白み」がないと思います。



「書道」の世界では
「余白の美しさ」というものがあります。

黒い文字に白の余白。

これがアウフヘーベン(対立する概念が合わさって)され
魅了するものを生み出す。

人間も同じで
伸びしろという余白があるから
面白みがあり愛おしく感じます。




追伸
20代まではの「かわいげ」は
親から授かった先天的なもの。

30代からの「かわいげ」は
自ら磨きあげる後天的なもの。




追伸2
千田さんの本を読み漁っていくうちに
千田さん基本のベースのようなものがあり
それが、ふとした無意識の時に
頭から飛び出してくる感覚があります。

その感覚が忘れられずに
毎日、千田さんのブログを書かせてもらっています。

日々感謝です。

「ああじゃない、こうじゃない」

  001_convert_20111113195307.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『3300人のエグゼクティブから学んだ       異色コンサルタントの囁き
  存続社長と潰す社長』
より。

「真実は一つしかなくても
 
 解釈は無限にある」


千田さん曰く、
『真実というのは常に一つである。
 
 それに対する解釈は
 人の数だけある。

 解釈がそのまま意思決定に直結し
 意思決定に基づいて現場が動き
 社運を決める。

 人は解釈によって思考し、行動を起こす。』
と。

人の解釈は十人十色。

同じ家族や兄弟ですら違います。

正に千田さんの言う
「人の数だけ解釈がある」


解釈がそのまま事実とし成立し、
その流れで人が動く。

その人の解釈が
そのまま現実のものになるということです。

怖いのは
人を動かす立場の人間なら尚更。
ということです。


人の解釈をそのまま真実だと
思いこんでいるということも
多々あります。

自分の解釈が絶対はありません。

環境や時間によって変わるだろうし
変わらないものは
「100%はない」ということです。


…もしかすると
そこには「解釈」しかなく
「真実」は存在しないのかもしれません。


追伸

非常識と言われていたことも
結果を出せばそれは常識に変わります。

逆に
昨日常識と言われていたことが
今日には非常識になることもあります。

そうなると
解釈の基準は
「人が幸せが見えるか、否か」
ではないかと思います。







 

「修業」

  001_convert_20111112075222.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉ブログ『ki du ki』より。

「永遠に分かち合えないように

 神様が人間を創ったんだろうな
 
 死ぬまで修業しなさいって(笑)」



千田さん曰く、
『男女、お互いの立場でみると
 やっぱりどこまでいっても
 性差を分かち合えることはない。

 男の身勝手さ
 女の身勝手さ

 死ぬまで修業するようにと
 神様が人間を創った。』
と。

「男と女」というのは永遠のテーマです。


もし男と女が気持ちを分かち合えてしまったら
本当に幸せになるのでしょうか?

人間はほっとくとすぐに
「楽したがりのナマケモノ」です。

分かち合えてしまった途端に
努力を忘れ、感謝を忘れ、
思いやることを忘れてしまいます。

分かち合えないからこそ
お互い努力するし
お互い相手のことを考え
お互い寄り添います。

人は
満足してしまうと
成長が止まってしまいます。

恋愛でも、仕事でも同じ。

何かを得るまでが一番生命力があって
それを得た途端に生命力がなくなります。

何でもかんでもうまくいくことが
すべてではないのです。



追伸

神様は人間を創るとき、

男は「精神力」の代わりに
「力」を授けました。

女は「力」の代わりに
「精神力」を授けました。


『天は二物を与えない』

もし二物を与えていたら
人類はとっくの昔に滅びていました。

「千田琢哉」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著、『社長!この「直言」が聴けますか?』より。

「それが本物か偽者かを見極めるのは簡単
 
 シンプルであれば本物
 
 複雑であれば偽者」
 


「複雑な物」「複雑な関係」


物事が複雑になるのは
勝手になるわけではありません。

「複雑」になる原因があります。
「複雑」にしているのは人間です。

人は「複雑」なところを避けて通ります。
本能的にあまり近寄りたくないと思います。


「simple is best」

料理を作っていて
こってこってこりまくった結果

「やっぱりシンプルがいいな…」
と思います。

複雑になった瞬間に原点に戻るのです。

けれどシンプルだからこそ
手抜きできません。

そのまま結果につながります。

それにシンプルというのは
人が真似しやすいから
とても「実用的」です。

シンプルこそ追究すべきものだし
こだわれるものだと思います。



追伸

シンプルだからなにか手を加えたい。

あれもこれもとしていくうちに
やっぱりシンプルに行きつく。

そしてまた
シンプルだから何か手を加えたいと思う…

そのサイクルの中で
僕たちは生きています。

「へんねし」

  001_convert_20111110173827.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著、『社長!この「直言」が聴けますか?』より。

「屍を焼いても
 
 最後に残るのは
 
 へんねし(嫉妬)だ」


千田さん曰く、
『人間というのは死ぬ最後まで
 嫉妬という感情を持ち続けるという。

 組織のリーダーが部下に嫉妬を感じて
 それを人事考課に表現してしまうのは
 きわめて危険。

 逆を言うと
 嫉妬との葛藤に打ち勝つことができれば
 有能な部下は安心して
 外へ目を向けることができる』
と。

嫉妬…
「自分と異なるもの、自分から見て良く見えるもの、
 自分が欲しいものを持っている相手を快く思わない感情。」

嫉妬は生後5ヶ月ほどの幼児でも持っているというくらいだから
この世に生まれ落ちて死にゆくまで持ち続ける感情です。
それくらい強い感情です。

世に様々な問題がありますが
その根本原因はこの「嫉妬」から
生まれるといっても過言ではありません。

逆に言えば嫉妬さえ克服すれば
人間関係はうまくいくのではないかと思います。

それには一人一人が
他人にもたれかかり過ぎることなく、
お互い独立した関係でいることが大事です。

千田さんの言う
「水の如し関係」

水のようにさっぱりとした関係です。

それでいて、いざとなったら
一緒に熱くなってくれる(沸騰するような)
ような関係。



「親しき仲にも礼儀あり」
と言いますが、
本当にそうだと思います。



追伸

「やきもちやき」と「嫉妬深い人」は
同じような意味でとられますが
実は正反対です。

それはなぜか?

「やきもちをやく」ことと
「相手を信じること」は両立できるからです。

「人が所有できる容量には限りがある」

  001_convert_20111109195505.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著、『社長!この「直言」が聴けますか?』より。

「何か本当に大切なものを

 手に入れようと思ったら
 
 何かを手放さなくてはならないのだ」



千田さんのこの言葉。

すべてのものに言える言葉です。

何かを得ようと思ったら
何か手放さなければならない…

独身という「自由」と引き換えに
結婚という「幸せ」を手に入れます。


「便利なもの」と引き換えに
「考える力」を手放します。

「甘い物」と引き換えに
「スリムな体」を手に入れます。

「大金」と引き換えに
「犯罪」に手を染めます。

大切なものは人によって様々。

時には
二兎追うもの二兎得る事もあります。

けれどそれは
自分の気づかないどこかで
何かを失っているはず。



皆さんは「自分の時間(命)」と引き換えに
「何を」手に入れますか?




追伸

本当に大切なものは何なのか?

手段が目的になってはいないか?

普段から意識しなければならないと思います。

「贈答用」

  001_convert_20111108171150.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著、『社長!この「直言」が聴けますか?』より。

「その言葉
 
 そっくりそのままリボンを付けて
 
 お返ししたい」



このフレーズのお洒落さに惹かれ
思わず載せてしまいました…

普通は
「その言葉、そっくりそのまま返すよ」
と言います。

このままでも充分お洒落な言葉ですが、
更に「リボンを付けて」というのが
この言葉の「威力」を増しました。

言葉というは本当に不思議で
たった一言、
一瞬にして相手の心に影響を与えます。

それは笑いを与えたり、
悲しみを与えたり、
怒りを与えたり。

立ったその一言で相手の心を
変えてしまいます。

時には、
その人の人生をも変えてしまいます。

「言葉は力」

使う人、使い方次第で
人を傷付けたり、幸せにしたり。

汚い言葉を使えば汚い人に。
きれいな言葉を使えばきれいな人に。

そんな単純な事ですが
ウソのようなホントの話です。


追伸

いつかこの言葉を
使ってみたいと思います!


「その言葉…
 そっくりそのままリボンを付けて返すよ…」

「読んで字の如く」

  001_convert_20111107082651.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著、『社長!この「直言」が聴けますか?』より。

「情報というのは必ず
 
 発信者の意志が吹き込まれている」


千田さん曰く、
『「情報」という漢字、
 「情」は心の想いや意味があり
 「報」は伝えるという意味がある。

 つまり発信者の想いを乗せて伝えるということ。

 情報は何が伝えられたかより
 誰が伝えたかを注意しなければならない。』
と。

普段身近にある
新聞やテレビ、雑誌やインターネットも
情報発信者の意思が吹き込まれています。

ちまたの不確定な常識で
「TVでウソは言わない」
というのがあります。

これには根拠がありません。

千田さんの言うように
発信者の意思が完全に取り除いた情報というのは
この世に存在しないと。

それはメディアに限ったことではありません。

普段のぼくらの日常の会話でもそう、
事実を100%伝えることは不可能です。

外部からの情報を自分の中で
解釈して相手に伝えるわけです。

自分というフィルターを通して
外部に発信するわけだから
100%はありえません。

自分に利益があるように
外部へ発信するかもしれないし
相手のことを思って
事実を曲げたりするかもしれません。

大事なのは
その情報をうのみにせず
冷静に吟味することです。

その先を考えなければなりません。


追伸

この「情報」という漢字もそうですが

その文字一つ一つに意味があり
それらの文字が組み合わさって
言葉となります。

やはり言葉には力が宿っています。

そしてそれに気づかせてもらえたことに
感謝します・・・

「後ろ髪が長い人」

  001_convert_20111105181619.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著、『社長!この「直言」が聴けますか?』より。

「私は人間というのは
 
 この名残惜しさがあるかないかの
 
 差だといってもよいくらいだ」


千田さん曰く、
『恋愛関係で去り際が下手な人間はモテない。
 女性をデートに誘ってデートの去り際に
 名残惜しさ残らなければ次はない。
 
 この名残惜しさが残せるか否かは
 公私問わずすべての人間関係で大切なこと。

 人の価値はその名残惜しさがあるかどうか。』
と。

「まだこの人と話をしていたい…」
「あと5分でいいから一緒に居たい…」
という人がいます。

その逆に
「早くこの人の話終わらないかな。」
「早くこの場を立ち去りたい…」
という人もいます。

名残惜しさのある人
名残惜しさの全く無い人。

それで人の価値が決まると。

名残惜しさを感じる時は

「去り際」

です。

人の本性が出るのは「際」です。

「際」の行動がその人そのものであると。

その究極が「死に際」です。

「死に際」にやっていることが
その人の人生。

本来、人には定年なんてないし、
好きなことをずっとできるのがいい人生です。

「一生現役」と言いますが、
好きでやっていることなら
最高の人生です。



追伸
確かに
人が名残惜しさを感じるものには
価値があります。

正確には
その「名残惜しさを感じた人」にとって
価値があるということ。


ディズニーランドの閉演間際だったり、
海外旅行の最終日

毎日の終わりがそんな風に名残惜しさを感じられたら
それは最高の人生、
その人にとって価値のある人生を
歩んでいると思います。

「×」

  001_convert_20111104073724.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著、『社長!この「直言」が聴けますか?』より。

「ダ×社員は鏡に映った社長の姿だ」

千田さん曰く、
『幹部や従業員は社長の鏡である。
  
 自分の部下というものは
 自分のずるい心を手を替え品を替え
 様々な方法で教えてくれる。

 自分のずるさをマネをするようになる。

 原因は社長本人であることが
 ほとんど。』
と。


「朱に交われば赤くなる」

ダ×社員にダ×社長ありき、なのかもしれません。

ダ×社員というのは
社長のダ×な部分を真似して
それを顕在化してくれる存在。

社長が言葉巧みにおだてても
威張り散らしていても
人事や給与明細が社長のホンネ。

ホンネというのは形になって初めて
事実になります。

なんでもそうですが
自分の思いというものは
他人と共有できた時にやっと事実化するものだと思います。

共有するにはやはり何らかの形で行動しなければなりません。

片想いも伝えるだけではまだ足りない。

その思いが本当の思いだと証明するには
何か形を残さないといけない。

それは毎日会ったり、電話したり、
自分の時間を捧げることによって
証明されるものだと思います。

けれど恋愛に限っては
「気づいたら、そうなっていた…」
でなければウソの恋愛です。


追伸

人生、
何に一番時間を懸けたかで
その人が決まってきます。

お花に水をやるのと一緒。
すべてのお花に水をあげることは
できません。

どのお花に
どれだけ愛を注ぎますか?

 

「おもしろい」

  001_convert_20111103171644.jpg
001_convert_20111103171819.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著、『社長!この「直言」が聴けますか?』より。

「自分たちで掘った穴にはまっておいて
  
 『穴にはまらないようにするにはどうすればよいか?』
 
 と連日連夜にわたって会議をしている会社は実際多い」


千田さん曰く、
『顧客第一主義の会社に限って
 上司第一主義になっている。

 これからはES(従業員満足)が
 大切と言っている会社の給料は低い。

 社内にいると感覚がマヒしてきて
 それらが常識になっている。

 外から見ると滑稽に見える。』
と。

確かに想像するとかなりおもしろいです。

会社にはその「会社の文化」というものがあり
傍から見ると滑稽に見えることがあります。

その会社に属していると
感覚がマヒしてそれが普通になってきます。

社内自体が「それでいい…」と
自己満足になっていきます。

その会社にいても常に
「第三者目線」は持っていたほうがいいと思います。

やはり「白は白で黒は黒」です。

白なのに上司が「黒だ!」と言っても
それは黒にはなりません。
白です。


追伸

時として世の中は
「権力」や「情報操作」によって白が黒に塗りかえられたり
黒が白に塗りかえられたりします。

何が本当で何がウソなのか?

見極める力、判断できる心を持たなければ
自分の人生を生きていけません。

ウソのような本当の話だと思います。

「±0」

  001_convert_20111101205927.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著、『社長!この「直言」が聴けますか?』より。

「人の一生というのは
 
 生まれてから死ぬまで
 
 プラス・マイナスが0になるようにできている」


千田さん曰く、
『その幅は大小あるものの
 結局すべてまとめたら0になるようにできている。

 0のバランスを崩そうとしても
 その子孫がその責任を負うはめになるのではないだろうか。

 経営者と話していても大いに頷かれることが多い。』
と。


美輪明宏さんの「正負の法則」というのがあります。

良いこと(正)の次に悪いこと(負)が起こり、
またその反作用で良いことが起こる。
それを繰り返すので人生はプラスマイナス0になると言います。

正にそれと同じで
一気に駆け上がればその反作用で
一気に下り坂になります。

波のように上がったり下がったり
最終的にお勘定したら

「0円です。」
と。

それは「因果応報」にも関係があると思います。

人に何かいいことをすればいいことが返ってくる。
人に何か嫌なことをすれば嫌なことが返ってくる。
他人のためは自分のため。

ということは
何もしなければ何も起こらないということです。

自分が動かなければ感動は生まれないということです。
良くも悪くも。

せっかく与えられたこのチャンス(命)
楽しまないわけにはいかないと思います。

追伸
どの道、「プラスマイナス0の人生」

「ふり幅±10人生」の無難な人生。感動の大きさ→小
「ふり幅±100人生」のアグレッシブな人生。感動の大きさ→大

どちらを選ぶかは自分次第。

「こだわっているんです。」

  001_convert_20111101205549.jpg
001_convert_20111101205756.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TYUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著、『社長!この「直言」が聴けますか?』より。

『「こだわり」には
 
 自分に軸がありながらも
 
 より高い次元を目指すためならすすんで
 
 フレシキブルに周囲の意見を取り入れて
 
 自分や周囲を生成発展させていく意味合いがある』


千田さん曰く、
『「頑固」と「こだわり」は似たような意味で使われるが
 むしろ対極の概念。

 「頑固」というのは現状がピーク。
 「こだわり」というのは軸がありながらも生成発展する。

 軸がぶれずに変化能力を持たなければいけない。』
と。

確かに「こだわり」と「頑固」は
似た意味で使われることが多いと思います。

ヘタをすると
「頑固おやじのこだわりスープ」なんて
使われ方をしています。

千田さんの言うように
「こだわり」とはより高見を目指していく
前向きな言葉です。

「前向きのある軸」が「こだわり」です。

「頑固」とは変化の無さ。現状維持です。
現状維持を死守しようとしています。

現状維持ということは退化しているということ。
まさに「後ろ向きな軸」です。

人の意見を聞けなくなったら
人は退化し始めていると思います。

自分ならではの軸を持ちつつ変化に順応
していける考えを常に持たなければなりません。


追伸
「頑固一徹」
 
戦国武将の「稲葉一鉄」が語源という人物が語源。
自分の信念を曲げない性格でかなりの
「頑固者」だったそうです

そこから「頑固一鉄」という言葉が生まれました。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ