「愛」

  001_convert_20111230220753.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『断れる20代になりなさい』より。

「愛がなければ断ってはいけない」


千田さん曰く、

『「断ったら一歩前進」
 「断られても一歩前進」

 「断る、断られる」というのは
 ネガティブなことではない。

 むしろポジティブ。』
と。



断るにせよ、断らないせよ
そこに愛がない限り、
人を幸せにできません。



断るということは
何かを決断したということ。


結果どうあれ
決断したこと自体が
成長へ繋がります。


日本人は「断り下手」


相手のことを敬い
「断らない」のですが

徹底して「断らないこと」が
いい結果を生むはずもありません。

「断ること」が必要な時があります。


「愛のある断り」ができれば
人生は何倍も楽しくなると思います。





追伸
この本の冒頭に
「断る力は人生の黒帯」という
名言があります。


そして
巻末に
「愛がなければ断ってはいけない」
という名言があります。

そう
断るには
「断る力」と「愛」がなければ
断ってはいけないのです。

「素直」

  001_convert_20111228204412.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『断れる20代になりなさい』より。


「自分に正直に生きられれば
 
他人にも寛大になれます」



千田さん曰く、
『自分に正直に生きるとは
 自分が好きなことをして生きるということです。

 「自分はこんなに好き勝手に人生を送らせてもらっている」
 という感謝のベースがあるので
 他人に対しても嫉妬心がない。

 人間は正直に生きた方がいい』
と。



そして
「自分に正直に生きていない人は他人に厳しい」
と千田さんは言います。


自分は我慢しているから他人にも我慢を
強要してしまう。

 
屍を焼いても最後に残るはへんねし(嫉妬心)です。


確かに
他人に対して寛大な人は
自分の人生で何かを持っている人だと思います。

持たせてもらっている分
感謝の念がある。

肝心なのは
「感謝の念」。

感謝はどんな小さなことでもできるもの。

人は一人では生きてはいけません。
どんな人でも必ず誰かに支えられています。

そこに感謝できれば
自然と幸せになれると思います。



追伸

「正直者はバカをみる」

なんて言葉があります。



現実は
「正直者でなくても
 バカをみる人はバカをみる」
です。








 

「自分の人生」

  001_convert_20111228200653.jpg
001_convert_20111228200854.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『断れる20代になりなさい』より。


「他人の考えた正解より
 
自分で考えた間違いを選ぶほうが
 
はるかに楽しい人生を送ることが
 
できそうです」



千田さん曰く、
『長い目で見れば自分で考えた
 間違いはじつは間違いではなかったことに
 気づく。

 本当にやりたいこと本当に大切なことを
 守るために目先の利益を選ばずに
 これからの可能性を選んだ』
と。

人間とはどこまでいっても
「自分で納得」したい生き物です。

誰かが敷いてくれた安全と思われるレールの上を
歩んで行く人生。



危険と思われるが自分自身で敷いたレールの上を
歩んで行く人生。

そこには
「他人の人生」と「自分の人生」くらいの差があります。

どちらも「人生」

だが幸せかどうかはまた別の話。



けれど人間は臆病な生き物。

失敗を恐れ
人に正解を求めたがる。

「こうしたらうまくいく」
「ああしたらうまくいく」

そこに正解はありません。

千田さんの言うように
「正解は自分で出していくしかない」
からです。



追伸

「インターネット、TV、携帯電話」と
今や、大抵の情報ならすぐにでも手に入ってしまう時代。

むしろ
情報過多であると思います。

情報過多ということは
選択肢が多いということ。

まず情報に踊らされることは
間違いありません。


判断できる
知恵や知識を蓄えなければなりません。
そして自分で判断する。

「黒帯」

  001_convert_20111227201455.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『断れる20代になりなさい』より。


「断る力は人生の黒帯」


千田さん曰く、
『「断れない」と「断らない」は違う。
 「断らない」ためには「断れること」が
 大前提。

 「断れない」と「断らない」とでは
 一見すると同じに見えますが本質は対極の関係。


 まずは「断れる」
 ようになるための実力をつける
 ことが大事。』
と。



今まで「断ること」は「逃げること」
だと思っていました。


けれど
この本を開いた途端。


「断る力は人生の黒帯」

思わず付箋をつけてしまいました。


かっこいい言葉です。






昔から
「断れない日本人」
といわれますが

現代もそれは根付いています。


相手のことを思い、
「断らない」

本当は

「断れない」
のです。


千田さんはいいます。

「実力があってはじめて断れる」
のだと。


そう、
実力がないうちは断らず
何でもやってみること。


実力がないためできません。
というのは
「断ること」でなく
「断ざるをえない」状態。

実力があってはじめて
本当の「断り」ができるのです。





追伸

「断じてやる」


「断固としてやる」
という意味ですが

本当のところは
「断らずになんでもやってみる」
という意味でも取れます。

「ハガキ様」

  001_convert_20111225213141.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『顧客が倍増する魔法のハガキ術』より。


「僕はハガキに

 ハガキを書きたいくらいだ」



千田さん曰く、
『「信頼」をベースに生きていくと
 継続的に善のスパイラルが繰り返されるようになる。
 
 ハガキはそれを可能にする不思議な力を持っている。
 
 ハガキは人類最高の叡智だと思う。』
と。



「信頼」とは

相手を信用し、頼りにすること。


そう、
信頼とは信用した上に頼られるという
人として最も栄誉のあること。

信頼を失うのは一瞬ですが
信頼を築くのは時間がかかります。


その人の日々の努力や姿勢、熱心さ。

「その人のトータル+時間」が必要になってきます。



人は原始時代から「信頼」という名の
「最強の武器」で現代まで文明を切り開いてきました。


これから先の未来もそれは変わりません。






追伸

自分自身を信頼できる人は強い。

逆を言えば
自分が一番信頼できる人だと思います。







追伸2

松下幸之助名言。

「おろそかにしないところに
 信頼を生み出す第一歩がある」


人が「これくらいならいいや…」
と思う部分が一番味が濃い。


「これくらい…」が
できるかできないかが分かれ道です。

「自己満」

  001_convert_20111225182138.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『顧客が倍増する魔法のハガキ術』より。


「人生はすべて
 
自己満足のためにある」



千田さん曰く、
『究極は人生における幸福はすべて
 自己満足なのだ。

 相手の気持ちを考えることは大事。
 けれど相手は相手であり100%理解するのは不可能だ。

 それどころか自分自身を理解することすら
 不可能。

 だとすれば
 「相手が喜んでくれるのでは…」と
 自分で思ったことをすればいい』


人は

「自己満足」=「自己中」

と間違ったとらえ方をしています。


「自己中」は自分の事しか考えていません。

「自己満足」というのは
相手の為と思って何かしてあげる、
しかし相手が100%満足することは不可能。

ならば
「自己満足」でしてあげたことが
何より尊いのではないかと。


物事が100%うまくいくことは不可能。

自分が「これだ!」
と思うことが一番のやり方だと思います。

結果はどうあれ
後から着いてきます。


自分でうっとりするくらいのやり方が
「自己満足」というものです。



追伸

「人」の「為」と書いて
「偽」り。

そう
すべては自己満足の為なのです。

「⇒」

  001_convert_20111223212328.jpg
001_convert_20111223212820.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『顧客が倍増する魔法のハガキ術』より。


「感謝というのは、見返りを期待するものではない
 
感謝は常に一方通行なのであり
 
感謝に対する感謝を求めているようでは
 
おかしい」



千田さん曰く、
『そもそも感謝したからといって
 感謝されるのを期待すべきではない。

 見返りを求める感謝は
 本当に感謝していないということ。』


これも「気づき」の名言です。


「自分がそんなことするはずない!」

なんて思っている人ほど陥っています。


それは
無意識のうちにやってしまっていることだからです。

無意識の罪ほど重いものはありません。

無意識とは自覚がないこと。

自覚がないのに相手にそれを求めていては
本末転倒。

「感謝は一通」
と千田さんはいいます。

「一通」だからこそ価値があり、
される方も素直にうれしいのです。


叶わない恋ほど心ときめくものはないのです。






追伸


 ありがたさを「感」じ、「謝」意を表すで

 「感謝」


「感謝」の「謝」は「謝る」のほうでは
ないようです。


でも…



人は「ありがとう」は言えても
「ごめんなさい」と謝ることは
一気にハードルが高くなるといいます。


ということは
「謝ることは有り難し」


つまり「感謝」とはそれくらい価値のあるものだ
ということの、表れなのではないかと思います。




 
 

「なるほど」

  001_convert_20111223195538.jpg
001_convert_20111223195722.jpg
001_convert_20111223195859.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。


『「ああ、あの挫折はこのためにあったのだ」
 
ということがすべてジグソーパズルのように

 一枚の絵になってくるのが最初からわかっていれば
 
あなたは挫折を挫折と感じなくなるはず』




千田さん曰く、
『人生の幸せの種は蝉の一生のようなもので
 大半が地中の真っ暗で誰にも見えない所で時間をかけて
 育っていく。

 すべてが例外ではなく必要な出来事で必要なタイミングで
 起こっていたことに感謝する日が必ずくる。

 だから挫折から逃げてはもったいない。』
と。




確かに。

失敗したり、挫折を味わったり
その時は人生最悪の悲劇と感じます。

けれど後々、傍観してみると
「あの時があったから、今があるんだ」
と感じられます。

あのときの事が
今の自分を作り出していると。


未来を予測することはできません。

よくなるかどうかなんてわかりません。

けれどその挫折一つ一つは
千田さんの言う、
「ジグソーパズルの一枚、一枚になる」
と。

そう「挫折」とは
幸せのジグソーパズルを完成させる
無くてはならない必要な1ピースだったのです。


…そう考えてさえすれば
これから起こることなんてすべて夢の一部。


すべて自分の為のありがたいこと。


ただひたすら自分を信じて
向かっていくだけです。







追伸

西の国のほうにこんなことわざが…




「何も知らぬことは最も幸福である」




人の考え、価値は千差万別。


だからおもしろい。

「ん?」

  001_convert_20111222215812.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。


『「ん?」の数が人生を決める』


千田さん曰く、
『学生時代は暗記していくことが勉強だと思い込んでいた。

 社会人になってからの勉強は気づいていくことである。

 気づくとは「極アナログ」な行為なので
 心のひだを読む行為。

 「ん?」と感じることだ。」』
と。



「ん?」とは気がついた時に
発する言葉です。


「気がつく」か
「気がつかない」かは

「幸福な人」か
「不幸な人」か

くらい差があります。



どんな些細なことに気がつけるか?

どんな小さな幸せに気がつけるか?

自分を育ててくれたことに気がつけるか?

自分の為にしてくれたことに気がつけるか?

今自分が生かされていることに気がつけるか?

自分自身に感謝しなければならないと気がつけるか?

気がつかせてもらえたことに気がつけるか?



どれだけ当り前のことに気がつけるか、
そして感謝できるかです。

それが人生です。


「ん?」と気がつくことに
すべて詰まっています。





追伸

桜井和寿さんの言葉。

「愛はきっと奪うでも与えるでもなくて、
 気がつけばそこにあるもの」


そう
幸せって気がつけばもうすでに
なっているのです。

「ろーん」

  001_convert_20111222082743.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。


「35年後に、ようやく、一戸建てが
 
 自分のものになるという借金をしました」



千田さん曰く、
『ローンとはどう言い訳しても借金だ。

 便利な言葉で現実から目を背けて
 はいけない。

 本来は現金一括で購入したもの以外は
 自分のものではない』
と。


確かに
何でも横文字にすると変に
罪悪感が薄れます。

「フリーター」
「ニート」
「ローン」


現実は

「正社員以外の就労形態(アルバイトやパートタイマーなど)で生計を立てている人」
「教育、労働、職業訓練のいずれにも参加していない人」
「借金」



皆、わかっているはずの
わからないでいる状態です。

「集団心理」というもので

本当は危険な状態なのに
集団の中にいると安心感が生まれてしまうのです。


奈落の底に向かって
集団行進しているようなものです。


常識の範疇に居れば安心というのがそもそもの
非常識なのだと思います。


常識なんて形のないもの。
明日には変わっているかもしれないものです。


自分の中の常識を創っていかなければなりません。



千田さんのこの言葉は
それを気づかせてくれる
「ki du ki」(きづき)の名言です。





追伸

「ローン、フリーター、ニート」

ついうっかり横文字にしてしまう
現実逃避の言葉を「to u hi」(逃避)
と言います。

「リスクは付き物」

  001_convert_20111220195113.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。

「どんな人生を歩んでも
 
 必ずリスクはついてくる
 
 だったら好きなことをやるべし」



千田さん曰く、
『一生サラリーマンで生きると決めても
 転職しても、独立しても、フリーターになっても、
 ニートになっても必ずリスクはついてくる

 「安定した」と言われる選択をしたとしても
 必ずリスクはついてくる

 どんな人生を歩んでもどうせリスクがついてくるなら
 自分の好きな道を自分で選択することだ』



「一生安泰」

「大きい会社に入っていれば一生安泰」
「公務員になれば一生安泰」


そもそもこの世に
「一生安泰」などという言葉は存在しません。


バブルの頃、
今このような日本になると誰が予測できたでしょう。


千田さんの言うように
「どんな選択でもリスクは伴う」

またのそのリスクを考えれば考えるほど
何も行動できなくなるのも現実です。


それなら自分の好きなことをやるだけ。


たとえそれが失敗したとしても
それは自分で選択したことだから
納得はできると思います。


人間はどんな結果であろうと
自分自身が納得できなければならない生き物です。



「自分の好きなことをやる」

至ってシンプルです。

「楽は尊い」

  001_convert_20111220190932.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。

「社会に出たらいかにして
 
 楽をしながら成果を出すのかこそ
 
 価値ある」



千田さん曰く、
『楽をしたいという気持ちが
 人類を進化させてきた。

 いかに楽をするために
 努力をする。

 100の努力で1人の人を助けるより
 1の力で100人の命を助けた方が尊い。

 社会に出たら最小限の力で
 成果を出すかに命がけの努力をしなければ
 ならない。』

世間では
「楽はよくない、努力しなさい」
と言います。

けれど
人間は
「いかにして楽をするか」で進化を遂げてきた。

遠いところまで歩きたくないから
「車」が誕生した。

服を自分の手で洗いたくないから
「洗濯機」が誕生した。


楽を求める過程ですべては
誕生したのです。



千田さんの言うように
最小限の力で最小限の結果が出るのは普通。
最大限の力で最大限の結果が出るのは当たり前。
最小限の力で最大限の結果が出るのに価値があります。

それを探すための
努力は怠ってはなりません。




追伸
ベルント・ピシェッツリーダー(ドイツの経営者)の名言。


『「進化」は違った考えがぶつかることによってのみ始まる』


「楽したい」と「楽をしたら0点だよ」
じゃあ
「楽をしながら結果を出そう」
と。

アウフヘーベンによって
進化してきたのです。

「呑まれろ」

  001_convert_20111219070557.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。


「アルコール抜きで酔っぱらうのは
 
 本物の酔っぱらい」



千田さん曰く、
『「酔う」とは
 「酒に酔う」と「自分に酔う」
 の二通りがある。

 アルコールを必要としない酔う
 という方が数段上の「酔う」だ。

 自分のことを好きになれなけば
 他人のことなんて好きになれない。』

 

確かに
アルコールを必要としてるレベルの人たちは
成功とは程遠いです。


人間関係においてもそう、

「君子の交わりは淡きこと水の如し」
「小人の交わりは甘きこと醴の如し」


という言葉があります。

人と人とのつき合い方は
水のようにさっぱりとしていなければなりません。

お互いにもたれかかり過ぎて
酒のようにねっとりとした関係は長続きしません。



酒抜きで
酒が入ったときのような本音のぶつかり合いができれば
その関係は本物だったと言うことです。


普段の仕事の中で社交辞令、計算抜きで
本音ぶつかり合いをしなければ
本当の意味での仕事ができないということです。


言ってはいけないことを言い
言わなければならないことを言わない。


ほとんどの人が真逆のことをしています。

成功者が少ないのもうなずけると思います。

「終わりは始まり」

  001_convert_20111218203902.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。

「辞めた人は、始めた人だ」


千田さん曰く、
 『会社を辞める。
 サークル活動を辞める。
 資格試験の勉強を辞める。

 辞めることは逃げることではない。
 逆で、
 辞めることを恐れて何も始めないことが
 「逃げる」ことである。』
 と。



日本人は
「辞めた人」=「逃げた人」

と言う枠でくくりたがります。

根性なしの負け犬と・・・


しかし千田さんは
「辞めた人」は、「始めた人」
といいます。


そう
人間には「死ぬこと以外」はすべて
「始まり」なのです。


終わりは始まり。


辞めることが始まりなら
辞めることというのは
むしろ「希望」です。


辞めることは
逃げることではなく
「夢に向かって羽ばたくこと」だったのです。


「終わった・・・」
ように見えて
人間は常に始まるようできているということです。





追伸

日本人は

「耐えること美徳文化」です。

「ずっと耐えていればいつか成功する」
という伝説をいまだに信じています。


伝説は伝説。

現実は
「耐えること」がいつしか
「耐えることに慣れてしまった」
とすり替わっていることが多いのです。


そうやって生きている人が
たくさんいます。

「きっかけの言葉」

  001_convert_20111216204225.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。


「人生の転機はいつもたった一行の

 言葉だった」



どんな人生でも幾多の「転機」というものが
存在します。

その一つ一つには必ずと言っていいほど
突き動かされた「言葉」があります。


「あの人の一言で背中を押され、成功した…」

というように。


僕も本を読むようになり
物事の考え方、捉え方が明らかに
変わっていきました。

本で出逢った突き動かされた数々の言葉たち。
その一つ一つの言葉が「小さな転機」と言ってもいいくらいです。


今の自分があるの「言葉」があったから。

本当は当り前でないものに気がつけたのも
ある人の本に載っていた言葉です。

その言葉に出逢えた人生と
出逢えなかった人生ではすでに比較になりません。

日々感謝です。




追伸

『新約聖書』より。



「初めに言葉ありき、
 
 言葉は神と共にありき、
 
 言葉は神であった」


そう
人間は言葉によって生まれ、進化してきた。

発する言葉、受ける言葉によって
その人が構築されます。


言葉のちからは絶大です。

「旬」

  001_convert_20111216073126.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。

「食べ物と同じく
 
 人間にも旬というものがある
 
 すべての旬は一度しかない」



千田さん曰く、
『20代のうちに一流のものに触れておくといい。
 
 お金がない時代でも
 人間の旬である20代という感受性の高い時期に
 触れておくことをした方がいい。
 
 すべての旬は一度しかないから。』


そもそも旬とは
食材が一年の中で最もおいしくなり
栄養価も高くなる時期のこと。

人間がその時期に必要としている栄養素をたくさん含んでいる。
旬の時期には食材もたくさん流通するので価格も安い。



そう「食材の旬」とは
一年の中で一番血気盛んでアツイ時期なのです。



千田さんは
「人間にも旬がある」といいます。


確かに20代の頃は
「あれがしたい」「こうなりたい」
「嫌なものは嫌」「それしかない」
と感情が敏感でその思いも強いです。

30代になると
社会の波にのまれ
頭でっかちの「おりこうさん」になります。
感受性も弱くなります。


そんな旬である
20代に「一流」と呼ばれる物に触れておくことで
自分の水準を高めることができます。

本物に触れていると
それが自分の水準となります。



大前研一さんの名言で

「やりたいと思ったときが旬なのであり、
 先延ばしする理由はないのだ。
 今楽しいと思っていることが年を取ってからも楽しいとは限らない」




その「やりたい」と思った、
ホットな精神状態で望めば
いい結果出るのは言うまでもありません。

それがその気持ちの「旬」なのだから。

「運貯金」

  001_convert_20111214215947.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。

「濡れ衣を着させられるのは
 
 運の貯金だ
 
 喜ぶしかない」


千田さん曰く、
『社会人になったら誰もが誤解されたり、
 濡れ衣を着させられたり。

 そんな時は言うべきことを言ってあとは
 時間が解決する。

 それはやがて
 大きなチャンスを連れて返ってくる』
と。



濡れ衣を着させられたら
誰だって必死に弁解します。


しかし人の目と言うのは、一度思い込むと
そういう目でしか見れなくなります。


その状況でどうあがこうとも…
知れた結果。


だから
「言うべきことを伝えて後は放っておく…」
と千田さんは言います。


結局のところ真実は真実であり。
それ以上でもそれ以下でもありません。


時間が解決してくれると思って
泳がしておけば大きなチャンスになって返ってくると。

これぞまさしく
「運の貯金」

未来への投資みたいなものです。


濡れ衣を着させられたら
潔く喜びましょう!




追伸

いつの時代も
常識は変わっても真実は変わりません。

真実は常に一つ。


その真実は自分です。

「マヒ」

  001_convert_20111214080849.jpg
001_convert_20111214081043.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。

「希望の光なんて見えてこない
 
 単に感受性が麻痺してきて
 
 辛さを辛さと感じる力が衰退してしまっただけ」



千田さん曰く、
『ほとんどのサラリーマンたちは
 20代前半は活気に溢れているが
 20代後半にもなると落ち着き始めて
 すっかりお利口さんになってしまう。

 30代になると老けこんで惨めになる。
 
 辛いことが麻痺して慣れてしまうことと
 幸せを感じることは全く違う。
 これを忘れてはならない。』




この言葉もまた
かゆい所に手が届く、「孫の手」のような言葉です。




皆、今この辛い時期を乗り越えれば
幸せになれると、
どこか漠然と信じています。


千田さんの言う
「辛さに慣れてしまっただけ」
というように

今の辛さが自分の中で慣れ切ってしまい
それが普通になってしまっただけの話。

自分が成長してるから、いい方向に向かっているから
ではありません。

決定的に違うのは
「何もせず受け身として時間的に乗り越えたか」というのと
「この辛さが嫌で自己研磨することで実力的に乗り越えたか」です。

「他人の人生」と「自分の人生」くらいの差です。


この「辛い」という感情を何かに転換しなければなりません。

「痛みの感情」が人を成長させます。






追伸

「明けない夜はない」

夜は時間とともに明けますが
自分の人生はやはり
自ら切り開いていく以外ないと思います。

「先生×∞」

  001_convert_20111213211633.jpg
001_convert_20111213211906.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。


「学校を卒業すると
 
 先生がいなくなったと勘違いしてはならない
 
 学校を卒業すると
 
 世の中すべてが先生になるのだ」



千田さん曰く、
『いかに周囲のすべてを先生にして
 自分から気づいていくことができるかが人生を
 決定づける。

 自分から積極的に気づいていく
 能動的な行為。』



「学び」とはすべてのこと。

自分が「学ぼう!」と思った時点で
すべてが先生になります。


上司。部下。
ダメな上司。ダメな部下。
子供。お年寄り。
自然。物。動物。

千田さんは
「これに気づけるか、どうか?」
と言います。

そう、
「学ぶ力」というのは
「気づく力」なのです。


学校を卒業すると何故か
「もう勉強しなくていいんだ」
という気になります。


卒業してやっとスタートラインに立っただけ。


資格取得に精を出している人もそう。

何のために資格をとるのか?
試験に合格することが目的になっています。



運転免許もそう。

本試験を受かったら終わりでなく。
そこからがスタートなのです。


手段が目的になってしまったいい例です。


「資格」が仕事するわけではありません。

「免許証」が運転してくれるわけではありません。


目には見えない
自分への投資です。




追伸
ネットより。

「最高の授業には最高の教師と最高の生徒が必要だ」

確かにその通り。

学ぶ側の姿勢も同じくらい大事だということです。
否、
それ以上です。

「魂」

  001_convert_20111212085243.jpg
001_convert_20111212090822.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。


「具体的な行動で表現して初めて
 
 『ありがとう』に魂が
 
 籠るのである」



千田さん曰く、
『お礼というのは口で終わらせてはいけない。
 その気持ちを行動にすると人生が確実に変わる。

 お礼を具体的行動で示した人たちは
 同じように行動力のある人達と共に咲く
 人生をおくるようになる。』
と。



「言うは易し、行うは難し」

「ありがとう」というの誰でも口にすることができます。

けれど
その一歩先の行動に移すことは
急にハードルが高くなります。

そこが人生の分かれ道。

「ありがとう」の気持ちを行動に移すということを
千田さんは「魂が籠る」といいます。

逆に言えば「魂の籠らない」行動というのは
本当の意味では
人には伝わってないということだと思います。


そう考えると
自分の時間や労力を
「その人にあげてしまう」と言うのが
人に感動を与えるということだと思います。


千田さんの言う
 
「命のおすそ分け」

貰った方は何かしてあげたい気持ちになります。





追伸
松下幸之助名言。

『「ありがとう」言う方は何気なくても
言われた方はうれしい。

「ありがとう」
これをもっと素直に言い合おう』


すべての根っこは「ありがとう」
という気持ちを持つこと。

そこから始まります。

「エレベーター」

  001_convert_20111211081149.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。


「エレベーターは
 
 人生の実力テスト」


千田さん曰く、
『その人の人生はエレベーター
 で露呈される。

 日常でエレベーターを使う時に
 出逢った人に会釈をしたり
 降りる順番を守ったりしているか。

 エレベーターのマナーは
 その人の集大成。』
と。


「エレベーターでのマナーが
 その人の集大成」


!?

と言われピンとくる人
ピンとこない人。

その時点ですでに結果は決まっています。


確かに
エレベーターの中で会う人は
直接自分と関わりのない人かもしれません。

だからこそ
そこにその人の本性が出てしまいます。

順番を守らなかったり
人が来そうなのに「閉」ボタンを押したり。

そういう際に
人の人生が露呈されてしまいます。


小さなことの大きな力。

そういうことに意識が向けられる人に
なりたいです。


そうなるには結局のところ

「いかに人の為を考えたか」
だと思います。



追伸
イチローさん名言

「小さいことを重ねることが
 とんでもないところに行くただ一つの道だ」



ふと
自分の努力の方向があっているのか
間違っているのか
疑問になるときがあります。


自分をとことん信じること
それ以外はありません。

「原因と結果」

  001_convert_20111210081314.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。


「因果応報とは
 
 原因がリレーしながら

  駆け巡ってきた結果なのだ」



千田さん曰く、
『良い事も、悪い事も
 「したことは」必ず「される」


 人に何かしたことは
 時差を経て自分に跳ね返ってくる

 またその本人から直接恩返ししてもらえる
 とも限らない』


「因果応報」

意味は
人はよい行いをすればよい報いがあり
悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。



人に何かされたというのは
それは過去に自分が人に何かした結果
だといいます。


夢のような話で
証明することできないから
信じきる人もなかなかいないのかもしれません。


けれど
こういう教えは必要だと思います。


でなければ人は
分別もなく、自分の欲のまま行動してしまうからです。


悪いことをすれば
悪いことが自分におきる。

良いことをすれば
良いことが自分におきる。

そう思って行動してれば
間違いなく周りの人を幸せにできます。


人間にとって幸せを感じる時と言うのは
「誰かに貢献できた、周りの人を幸せにできた」
という時に感じます。


つまりは
周りの人を幸せにした時
自分も幸せになります。


これはまさに
「因果応報」ではないでしょうか。




追伸
他人にしてあげたことが
時空を超えて自分に返ってくる。

「ロマンチック」というのは
こういうことだと思います。

(良いこと限定ですが…)

「個人的な意見?」

  001_convert_20111208221540.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『学校で教わらなかった20代の辞書』より。


「意見はすべて『個人的』意見
 
 『個人的ではない』意見などない」



千田さん曰く、
『「これは個人的な意見ですが・・・」
 これは自己防衛でしかない。

 すべての意見は個人的意見。

 どんな時でも
 「私はこう思う」という断言することから
 すべて始まる。」
と。


「個人的な意見ですが…」

この言葉
「いざとなったら自分の意見ではないよ」
という保険がかった言い方。


「けれど結果次第では自分の意見だよ」
と安全牌を切った言葉です。

この言葉が冒頭につくだけで
その人すべてが見えてしまいます。


「〜的」とつく言葉は
あいまいさがあります。

自分が傷つきたくないがための言葉です。

自分の口から発せられるすべての言葉は
冗談でも真実の言葉になります。



この世には
「できる」か「できないか」はなく、
「やる」か「やらないか」しかありません。



追伸
ニーチェは

「自分の意見を隠すか、さもなければ
 その意見の陰に自分を隠すか
 そのいずれかがよい」

と言います。


「意見の陰に自分を隠した時」
それはすでに自分の意見ではなくなっています。

まだ自分の意見を隠した方が
良いかも知れません。

「忘れてはいけないもの」

  001_convert_20111207213218.jpg
001_convert_20111207213557.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『転職1年目の仕事術』より。


「感謝というのは
 
 『ありがとう』と口で発することだけではない
 
 『ありがとう』の気持ちを忘れないことである」





人は
されたことはすぐ忘れてしまい
自分がしてあげたことはずっと覚えているものです。



千田さんの言うように
「感謝の気持ちを忘れない」
というのはとても大事なことです。


「ありがとう」と言うのは
もちろんのこと。


けれど日が経つにつれ
その記憶が薄れていくのも確かです。


忘れないこと自体が
感謝のひとつの形だと思います。




相田みつをさんの名言があります。


『私の、このヘタな文字、つたない文章も、
 見てくれる人のおかげで書かせていただけるんです。
 ‘おかげさん’でないものは、この世にヒトツもありません。
 みんな‘おかげさん’で成り立っているんです』


確かに
今の自分があるのは
何かの‘おかげさま’で成り立っています。

それは人かもしれないし、物かもしれない。
自然かもしれないし、それはすべてかもしれない。

その感謝の気持ちを「する」ことも大事ですが
常に「忘れずにいる事」も同じくらい大事です。


一人になった瞬間にふと
‘おかげさま’思い出すといいと思います。

「実はそうなんです」

  001_convert_20111206220450.jpg
001_convert_20111206220625.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『転職1年目の仕事術』より。


「得意技というのは
 
 がんばって人並みに
 
 できるようになったものではない
 
 むしろその逆で
 
 人の半分の努力で倍以上の成果が出る

  ようなもの」



千田さん曰く、
『本当のその人の長所とは
 「がんばらなくてもできるようになったこと」
 である。

 組織の鉄則は人は欠点を矯正することによってではなく
 長所によってしか貢献できない。』
と。


今までの日本は
「大量生産」「大量消費社会」
人を皆、平均化し機械化することが
効率重視とされていました。

足りない部分は手間暇、時間をかけて
平均化する。

それは単なる「奴隷社会」



これから求められるのは「安くて」「良い品」は基本。
その先のクリエイティブなものが付加されていなければ
人は求めません。



「自分の得意分野を伸ばす」
このほうがよっぽど効率的でクリエイティブで
「なんか楽しい」と思います。

色々な考えの持ち主がいて
それぞれが一分野を掘り下げていく。

人の価値は決して自分の価値ではなくなる。



「好きこそものの上手なれ」
と言います。

人から「やめろ」と言われても
ついついやってしまう好きなこと。

好きだから上手になり、
上手になるからますます好きになる。

この循環だと思います。



追伸
 時間は有限です。
 
 努力の方向を間違えるというのは
 致命的です。

 未然に防ぐために
 「知恵」をたくさん
 身につけなければ生き残れません。
 

「罪人」

  001_convert_20111205153042.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『転職1年目の仕事術』より。


「無意識の罪がいちばん重い」


千田さん曰く、
『自分としては反省のしようがないわけだから
 その分、質が悪い。

 「そんなつもりではなかった」
 というのは周囲にはまっすぐに受け止められない』
と。

無意識とは
「自分で気づいていない状態です」


「罪を犯しているのに気がつかない」というのは、

ロープがないのに気がつかず
バンジージャンプするようなもの。


一気に堕ちます。


同じ罪を犯すでも
悪い事だと知りながら犯すのと
悪い事だとは知らずに犯すのとでは
雲泥の差です。

質が悪いのは後者。


罪の意識があるというのは
まだ反省の余地があるということです。

犯罪とまではいかなくても
日常の中で相手を傷つけたり
暴言を吐いたり。

言われた側は罪の意識の有無なんて
考えません。

言われたことがすべてなので
そこが恐いところです。




追伸
「罪を憎んで人を憎まず」
ということわざがあります。


憎むべきは「罪」ですが、
その「罪」を犯すのは人間しかいません。





 

「雑用は神宿る」

  001_convert_20111205150030.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『転職1年目の仕事術』より。


「誰にでもできる雑用にこそ
 
 自分のDNAを刻む」



千田さん曰く、
『雑用にこそ大きな差をつける
 チャンスがある

 誰がやっても同じ雑用というのは
 逆に言えばその他大勢とは違った工夫をすることで
 強烈な印象を与えることができる』
と。

カッコいい言葉です。

確かに雑用というのは誰がやっても
変わらない気がします。

けれど
目立たないからこそ、違うやり方をすれば
逆に目立ちます。


きれいな新車にキズがあれば目立ちます。
汚い古い車だったら多少のキズでは気がつきません。


「気がつかないということは
「よく気がつく」ということです。

そんな部分に自分のDNAを刻めば
「こいつは一味違う…」
という印象を与えられます。


雑用も立派な仕事、
雑にこなしたらそれは「雑用」。

命を込めたらそれはもはや「芸術」です。




追伸
天才卓球少女
「福原愛」さんの名言。


「飲み物を作ったり、雑用は好きなんです。
 力もありますから。」



そう、
雑用は力に変換します。

「水強し」

  001_convert_20111203211348.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



TSUTAYAビジネスカレッジDVD
『伸びる30代は、20代の頃より叱られる』より。


「君子の交わりは淡きこと水の如し
 
 小人の交わりは甘きこと醴の如し」


意味は
「物事をよくわきまえた人の交際は水のようで
 つまらぬ小人物の交際は甘酒のように甘く、
 ベタべタした関係であり、一時的には濃密のように見えても、
 長続きせず、破綻を招きやすいもの」


どんな人間関係においても
お互い依存し過ぎることなく「水」のように
さらっとした間柄でいることが長続きするコツです。

酒のようにベタベタとお互い依存しあった間柄は
長続きしません。


千田さん曰く、
『人間関係は夜の飲みの席でなく、
 むしろ限られた昼間の時間にこそ
 構築することが重要』と。

飲みの席では
結局のところ「傷のなめ合い」でしかなく
「時間の奪い合い」でしかない、
そこでの人間関係は破綻しやすいということです。



「水の如し関係」

水というのは様々な変化をします。

四角い入れ物に入れれば四角くなるし
丸い入れ物に入れれば丸くなります。

熱を与えれば沸騰します。
冷やせば凍ります。

「水」はまさに順応性のある物体です。

人間関係も
水のように順応性がなければなりません。


追伸

村上春樹さんの言葉

「一人の人間が
 習慣的に大量の酒を飲むようになるには様々な理由がある。 
 理由は様々だが、結果は大抵同じだ。」

結局のところ
酒を飲んだって一時的な現実逃避。

現状を変えるには立ち向かう以外は
ありません。



 

「笑い」

  001_convert_20111202211329.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『転職1年目の仕事術』より。


「大切なのは
 
 今、笑うことではなく
 
 これから笑えることなのだ」



「孫の手名言」です。

皆、頭ではわかっていて
やらなければならないけど何となくできない。

その背中を押してくれるような言葉です。

かゆいけれど手が届かない。

そのかゆいポイントに手が届く
「孫の手名言」です。


ここで言う、「笑う」ことというのは
「満足」するということです。



現状にあぐらをかいて満足していては
後々笑っている場合ではなくなります。


未来の自分が笑えるように
今を過ごす。




松本人志さんの名言

「笑う事だけが、人間に許された唯一の特権なんや」


そう、「特権」。

人間には「未来を創る力」があるのです。




追伸
逆に今は人から笑われるくらい
がむしゃらでいい。

そんな未来には必ず自分が笑っているはず。

「遅い日」

  001_convert_20111202192717.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



TSUTAYAビジネスカレッジDVD
『伸びる30代は、20代の頃より叱られる』より。



「人生で一番若い日は‘今日’」



よく
「あの頃に戻れたら…」と嘆く人がいます。

確かに
今の知識や経験を持って
一からスタートできたらなんでもできそうな気がします。

けれど
結論から言うと、
それは「幻想」に過ぎません。


千田さんの本で「うさぎとかめ」の話があります。

うさぎはかめを意識していたから負けた。
かめはゴールを意識していたから勝てた。


つまり
どんなすばらしい能力や経験を持っていようと
「目標」となるものが間違っていたり
目標自体が無ければ、
過去に戻ろうが何しようが結局、同じ人生だったということです。



アニメ『スヌーピー』の名言があります。

ルーシー
   「いつの間にかここまで来てしまったわ」
スヌーピー
   「いつの間にかじゃない、自分で選んで
    歩いてきたこの迷路」


そうなんです、
今の自分の人生は選んできた集大成なのです。

過去に戻れないし
人のせいにもできない。

ではどうするか?


千田さんのDVDで聴いたこの名言。

「人生で一番若い日は‘今日’」

何をするにも自分の人生の中で
今日という日が一番、吉日です。

過去を振り返って後悔している時間は
死んでいるのと同じ。


「無いものに『無い!無い!』騒ぐのは
子供だけでいいのです。 


追伸
「あの頃に戻りたいな…」

その「あの頃」も昔に戻りたがっているよ。




…深い。 

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ