「門前の小僧」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「人というのは怖いもので
 
 感謝の記憶力がめっぽう弱い」



千田さん曰く、
『自分にメリットがあるかないかの損得で
 結婚した人は必ず不幸になる。

 メリットはいつか「当たり前」になるから。
 
 人は「感謝の記憶力」が弱い。』
と。



「感謝の記憶力」

確かに人間は
人にしてあげたことはよく覚えているのに
人からされたことはすぐに忘れます。


千田さんの言う
「感謝の記憶力が弱い」のです。


今まで「有り難い」と感じていたものが
いつしか「されて当り前」になっていきます。

本当は
すべてに感謝しなければならないはずなのに
つい忘れて、
目の前のくだらないことにいつまでも
こだわっています。


自分の中に感謝の気持ちが少しでも
芽生えたら、すぐに行動。

その気持ちになった時が一番の好機です。


「ありがとう…」




追伸

「門前の小僧習わぬ経を読む」
(もんぜんのこぞうならわぬきょうをよむ) byことわざ


意味は
「日頃から見たり聞いたりしているものは、
 いつの間にか覚えてしまうものだ
 という例え。」


「感謝」も
日頃から目につくようにすることが大事です。




「門前の小僧習わぬ「ありがとう」と言う」







「絶対の正解はない」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「お金持ちになろうと思ったら

 人に使われている側にいたら

 難しいという話」



千田さん曰く、
『絶対の正解はない、
 ただお金持ちになりたかったら
 人に使われている側では可能性が低い』
と。



人に使われている側は制限はあるが
よほどのことをしない限り、
毎月給料が入ってきます。

逆に言えばよほどのことをしない限り
金持ちにはなれません。

「ローリスク、ローリターン人生」です。


人を使う側にいる人は制限がないため
責任はすべて自分にのしかかってきますが
自分の思うがままに仕事ができます。

やり方次第でお金持ちになります。

「ハイリスク、ハイリターン人生」です。

けれど
後者の人生の「リスク」というのは
努力次第で下げることが可能です。



この世には
この二つの居場所しかありません。
(例外を除く)

どちらを選ぶかは
もちろんあなたの自由。



「挑戦する人生」か「しがみつく人生」か。



「絶対の正解はない…」



追伸

「リスクとは、
 自分が何をやっているかよくわからない時に起こるものです。」

                      byウォーレン・バフェット



「リスク」とは「予期できない事故」とは違い
自らの努力で減らせることができます。

絶対の正解はないですが…


「勇気の差」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「99%の人たちは
 
 挑戦するくらいなら貧乏でいいという
 
 人生を選択している」



千田さん曰く、
『人というのは能力の差以上に
 勇気の差が大きい。
 
 勇気はそれだけ尊い。

 いくら大言壮語を並びたてようと
 「挑戦するくらいなら現状にしがみつきたい」
 というのが本音。』
と。


「家族がいるから…」
「お金がないから…」
「時間がないから…」

みんな何かに託けて
挑戦する事から逃げています。

むしろ
それを選択しているのです。


千田さんは言います。

「勇気の差」だと。


そう、
「能力の差」より、「勇気の差」だと。


いたってシンプル。






「俺はいつかビックになる!」

不正解です。


99%の人達への模範解答は

「失敗が恐いし
 努力したくないし、面倒臭いので
 自分は貧乏人生で結構です。」

と言うべきです。









追伸

「自分が今ここにいるのは、自分がそれを望んだから」

この一言に尽きます。



誰かが自分の人生を用意してくれたわけではありません。

すべて自分が選択した結果です。




いたってシンプル…


「集合!」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「お金は正解を超えたところに集まる」


千田さん曰く、
『いつまでたっても人に使われている人生の人は
 発想が固い。

 固定観念、模範解答を捨てること。

 「かくあるべし」は不自由になる。』
と。


人が望んでいるのは
「かくあるべし」の正統派模範解答ではない。

そんなつまらない回答に人は惹かれません。

人の目は興味のあるものしか映らないのです。




「固定観念にとらわれるな」
と千田さんは言います。


そう、
世の中に
「こうでなければならない」
ものなんて一つもありません。


すべて自由です。





追伸
人は人前に出ると不安から
つい無難な模範解答をしてしまいます。


「無難」

「難」「無」くできたものほど
退屈なものはありません。





追伸2

「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。
 そうすれば年末にはびっくりすることでしょう。あまりの少なさに。」
                       byアーネスト・ハスキンズ



難無くお金を得ようとしても結局
集まらない。

「正解」じゃダメです。

逆に「不正解」くらいでないと…

「社長肌」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「サラリーマンの延長線上に社長はない
 
 社長は新入社員の頃から社長」




千田さん曰く、
『今の仕事の延長線上に社長はない。

 そもそも考えるステージが違う、
 社長になれる人は最初から決まっている。

 奴隷の延長線上に王様はなく、あるのは
 奴隷のリーダー』
と。



また気がつかせてもらいました。

「気づきの名言」です。





確かに、
今の仕事を頑張って、頑張って
会社の為に貢献したら見えてくるのは
「社長の座」ではないかと誰もが密かに思っています。


しかし
千田さんは言います。

「社長になる人は、新入社員の頃から
 社長の考え方を持っている」

そもそも
考えている次元が違うのです。

社長になれる人は最初から社長。




「社長になりたかったら
 根本を変える必要がある。」

ん?

むしろ
変える必要がある時点で
すでに答えは決まっているのかもしれません…

残念…



追伸

世の中は「人に使われる側」と「人を使う側」と
この2つしかありません。

どちらの側に居るは自由。

望んだところに人は向います。


それはもしかしたら
生まれた時からすでに
決まっているのかも知れません。




追伸2

「テレビで偉そうに語ってる社長はバカだ。
 人間なんて99%、他人に支えられているものだよ」

                      by高村俊隆


千田さんは
「人は感謝の記憶力にめっぽう弱い」
と言います。


忘れてはいけないものは目の前にある。

「求めよ、さらば与えられん」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「苦悩の先に幸福なんてない
 
 幸福の先に幸福があるだけだ」



千田さん曰く、
『「苦労すれば報われる」というのはウソ。
 「ひたすら好きなことに打ち込んでいると成功する」
 というのが本当。

 大好きな事の先にしかあなたの成功はない。

 「楽しまないと報われない」』
と。



「苦労して、耐えて耐えて耐え抜けば
 その先に必ずいい事が待っている・・・」

という根拠のない定説が今も世に蔓延っています。


千田さんは言います。
「嫌いなことを我慢してやっていても成功しない。
 単に寿命を縮めているだけ」


そう
苦悩の先は「苦悩」なのです。

危険なのは
その温度にいつしか体が慣れていってしまうこと。

その痛みに慣れて、感覚も鈍くなり
気がついたら年ばっかり取っていた…

という悲惨な結果に。


「人生をやりたいことで埋め尽くす」

これだけです。



追伸


人生って自分の思うとおりに
進んで行くもの。

望んだ人生がその人の人生。


ウソのようなホントの話。


「幸運の女神は準備されたところにやってくる」
                  
                 byパスツール



「道具」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


千田さん曰く、
『セールスで「もっと」売り上げを伸ばそうとして
 お客様にごり押し営業など強制すると既存客を失う。

 するとより一層がんばるから、ますます嫌われる。

 その悪循環で会社は潰れる。
 
 「どうしたら儲かるか」ではなく
 「そうしたら相手が喜ぶか」だけを考えるべきだ。』
と。



すべての始まりは「欲」から生まれました。

「もっともてたい」
「もっと強くなりたい」
「もっときれいになりたい」
「もっとお金が欲しい」


その「欲」が人を成長させる力です。

その「欲」を制御できなくなると
人は不幸へ向かうと千田さんは言います。




「過ぎたるは尚及ばざるが如し」
              by孔子


何事もほどほどが一番。
「~し過ぎ」はバランスが崩れます。


人は「欲」によって成り立ち、
「欲」によって身を滅ぼす。


使い方次第ですね。






追伸

「人間、欲のない人間になったらおしまいです。
 欲のだし過ぎはよろしくないが、欲の無さ過ぎも困りものです。
 欲がないのは大変きれいに聞こえますが、
 その実、骨を折ることが嫌い、精を出すのが嫌いで
 つまり人間が怠け者の証拠です」
                  by藤原銀次郎



「欲」をもって「欲」を制す。
 

「贅沢三昧人生」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。




「勉強は義務ではなく
 
 人類が授かった

 ぜいたくな権利なのだ」



千田さん曰く、
『社会人になってからの勉強は
 すべて自分の好みに選びたい放題。

 自分勝手で師匠も選べる。

 これだけ自由が与えられているのに
 勉強しないというのは罪。』
と。


自分を省みる名言。
自分に気がつかせてくれる名言。

ここにあり・・・


確かに社会に出てからは学生時代の勉強と違って
自ら望んでするものです。

やる、やらないすら自由。

人からやらされる勉強は甘ちゃんレベル。


そう、
千田さんの言う「権利」なのです。

このことに早く気がつけるか、否かで
その後の人生「180度」、
否、
「540度」くらい変わりそうです。



そして
その権利を与えられていることに感謝しなければ
なりません。

気がつくなら早く、
気がつかないなら一生気がつかないことを望みます。




追伸
「知らぬが仏」
        byことわざ



知らない人。

知っている人。

知っていても実行できない人。

知って実行できた人。


それを選ぶことは自由。

贅沢です…


「移動するときはskip!」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「つらい時こそ
 
 スキップ」




この本の「エピローグ」、最後の最後に
載っていた言葉です。

心に残る言葉です。

心に引っかかるというか・・・





当り前ですが
人は辛い時、「辛く」なります。

何故か?

それは「つらくなりたい」と思ったからです。




人は悲しい時、「悲しく」なります。

何故か?

それは「悲しくなりたい」と思ったからです。


人の脳というのはいたってシンプル。

今起きていることにひたすら忠実になります。

「辛い」と思ったから、実際に辛くなったし
「悲しい」と思ったから、実際に悲しくなった。


逆に言えば、辛い状況でも
「楽しい」と思ってやれば楽しくなってきます。

不思議な真実です。


千田さんの言う
「つらい時こそスキップ」
すると
なんだか楽しくなる。



いや、真意は
「辛いけど勉強できることは幸せなこと。
 スキップするくらい楽しんで!」

だと思います。




追伸


「なにか悲しいこと、辛いこと、
 そのほか消極的な出来事があったら、
 努めて『笑う』ようにしてごらん。
 どうだい、これならあなた方でもできるだろう?」
                       by中村天風



「笑う門には本当に福来る」
です。

「常識革命」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「現状を変えるには
 
 現在の自分の常識を

 変えなくてはならない」



千田さん曰く、
『あって当たり前のものを
 ひとつ手放してみる。

 すると、
 時間とお金が自由になる。

 思い込みを捨てること。』


常識とはいったい何者なのか?


「常識」…
一般の社会人が共通に持つ、
また持つべき普通の知識・意見や判断力。


「一般の共通に持つ意見や判断力…」

ただそれだけ。


当り前の如く、存在し
人は何も疑うことなく、それに従う。

時にはそれを振りかざし
正義とする始末。


「常識だから…」


常識とは実態のないもの。

所変われば全く違う意味になることも。




「常識」=「正しい」

危険なのはそれを疑うことをしないことです。

本当に正しいかどうかなんて、
自分で体感して判断するしかありません。


「そんなん常識でしょ。」の前に
一度、頭の中をフラットにしてよく観察することです。

「灯台もと暗し」と言いますが
当り前の事ほどよく見てみる必要があります。



追伸
「常識と非常識がぶつかり合った時に、
 イノベーションが生まれることがあるんです」
                  
                  by井深大


常識も非常識も全部ひっくるめることで
いい「ダシ」が出るんじゃないかと思います。

「金槌の方にはなりたくない」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「出る杭が打たれるのではなくて

 実力不足なのに目立とうとするから

 打たれるのだ」


千田さん曰く、
『「出る杭は打たれるんだ!」
 それは単なる実力不足の人間の言い訳。

 「出過ぎた釘は打たれない」のである。

 2位のスコアの3倍は抜きんでる事。』



そう、
圧倒的な実力差があれば
呆気にとられて
誰も何も言うことはありません。

むしろ言えない。


二位を取った人と
三位を取った人では
「悔しさ」が天と地くらいの差が
あるそうです。

二位の人は
「後一歩で一位だったのに・・・」
と「悔しさ」の念が、
三位の人に比べて強いそうです。


三位の人は半ば諦め。


「僅差」というのは
一番「打たれて」しまうのです。


だから
千田さんのいう
「圧倒的実力差」をつけてしまえば
相手をひれ伏すことができるのです。


僕たちはただひたすらに
実力をつけることがすべきことだと
思いました。


嫉妬されている間は
まだまだ甘ちゃんです。


追伸


「出る杭は打たれるが、
 出過ぎた杭は誰にも打てない。
 出ない杭、出ようとしない杭は
 居心地はよいが、そのうちに腐る」

                 by堀場雅夫


どんな道を選んでもあなたにとって「正解」

あなたがどう思うかだけ。

それが人生。



「発展途上人」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「成功こそが
 
 成功の母」



千田さん曰く、
『「失敗は成功の母ではない」
 
 大きな成功は小さな成功の積み重ね。

 壁にぶつかった時、自分の心を支えるもの
 それは「過去の小さな成功体験」

 その「小さな成功」が必要だ。』
と。


「失敗は成功の母」

意味
「失敗すれば方法や欠点を改めるので
 その後の成功につながる」

つまり
成功に必要なのは失敗。

しかし
千田さんは言います、
「小さな成功体験が成功の母」と。

確かに
何かを成し遂げるには失敗することもある。
けれどそんな自分を支えるのは失敗でなく
小さな成功です。

小さな成功があったからこそ
次へ進めるのだと思います。

大きな目標があり
なんとか今までがんばってきた…
けれど失敗ばかりだったら
続けることが困難です。

そのモチベーションを支えるのは他でもない
「成功」なのです。



追伸

「人生における成功の秘訣は、成功しなかった人々だけしか知らない。」

                      byジョン・チャートン・コリンズ



「成功する人」は常に発展途上。

成功しても成功しても発展途上。

だから「秘訣」なんて知らないのかもしれません。

「生まれた時から100億万長者」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「天文学的確率で

 この世に生を受けたのだから」





人がこの世に生まれてくる確率は

「1億円の宝くじに100万回連続して当たる」

くらいの確率だそうです。


そう、千田さんの言う


「天文学的確率」




人がこの世に生まれてくるのは

「奇跡」以外なにものでもありません。




せっかく奇跡の確率で誕生できたこの人生。

楽しまなくてはもったいない。

燃え尽きなければもったいない。

謳歌しなくてはもったいない。



人生最後の日、最後の瞬間に

「あれも、これもしておけばよかった…」

と思わないように今日も、
今この瞬間も生きていかなければなりません。


神様がくれた奇跡のプレゼントに日々感謝です。




追伸

アインシュタインは言った…

「人生には二通りの生き方しかない。
 ひとつは、奇跡など何も起こらないと思って生きること。
 もうひとつは、あらゆるものが奇跡だと思って生きること」


僕がここにいて
あなたがそこにいる。


ほら…

気づいて、

奇跡は目の前にあることに。










「核融合」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。

「人生の旬」

千田さん曰く、
『人生の一番楽しい時期の大半は仕事で
 埋め尽くされている。
 
 仕事を楽しい人は毎日が天国。
 仕事が苦しくて仕方ない人は毎日が地獄。

 人生の旬を楽しむために
 仕事を楽しまなくてはならない。』
と。



「旬」

食べ物の旬の時期は
味が美味しくなることはもちろん、
栄養価も高くなります。


大量に流通もするので
価格も安くなります。


「旬」にはいい事尽くめなのです。

そんな

「旬」。

同じく人間にもあると
千田さんは言います。


その人間の旬は
仕事で埋め尽くされています。

仕事が楽しめるということは
人生を楽しめると言っても過言ではありません。


そして
「鉄は熱いうちに打て」
という言葉があるように、

その「旬」の時期にどれだけアツクなれるかで
その後の人生も決まります。


一番ホットな精神状態で臨める事ほど
成果を出せるものはありません。

「本を読んだらすぐに実行。」

「人に感謝したいと思ったらすぐにその思いを伝える。」

すぐに行動することで結果が飛躍的にアップします。






追伸

杉村太郎著
「アツイ コトバ」より。

『祈りを力に変える作業は
 見てくれや体裁はかなぐり捨て、
 「言霊」を打ち込むことでもあった』

人と人の思いの核融合には
やはり「言霊」が必要なのです。


「話す人」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「人というものは

 最も欠けていると感じる部分を

 語りたがるものだ」


千田さん曰く、
『頻繁に口にする言葉は
 その人のコンプレックス。

 異性にコンプレックスのある人は異性の話題が多い。
 学歴にコンプレックスのある人は学歴の話題が多い。

 「これが私のコンプレックスです。」
 と言っているようなもの。
 
 そのコンプレックスを満たしてあげれば
 その人はあなたにベタ惚れする。』
と。

普通に考えたら
コンプレックスは隠したがるものだから
表面には出てこないような気がします。


けれど逆で、
その人が話したがるものが
その人のコンプレックス。


隠そうとすれば隠そうとすると
浮き彫りになってしまう。

人は無意識的に
自分のコンプレックスを満たしてもらおうと
するのかもしれません。

そのコンプレックスこそが
エネルギーであり、活動力ではないかと思います。

やる気を出すための着火剤のようなもの。

それを満たそうと努力する。

そうやって人は進化してきたのだと思います。



追伸

遙洋子さんの名言です。

「おしゃれとかグレードにこだわる時に
 一番気をつけなきゃいけないのは、
 それがコンプレックスの反映でないかどうかっていうこと。
 そこで、品があるかどうか分かれるんです」




自分の好みはコンプレックスの裏返しで
あるということ。

人間て複雑なようで単純。







「世界は自分からできている」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「他人がどうこうではない

 まずは自分がどうあるべきである」



千田さんの曰く、
『すべての人間関係の決裂は
 お願い事が原因となっている。

 お願い事が感謝されるのは
 最初だけ、回数を重ねるにつれ
 「当たり前」になってくる。

 そのうち断られると逆ギレのようになる。』


この世には2種類の人間がいます。

「他人原因論者」と「自分原因論者」

すべてを他人に原因を求める人。

すべての原因は自分であると考える人。

圧倒的多数が前者で、
残った少数が後者です。

「そもそも、自分はどこも悪くない。
 他人が悪い、それの何が悪いんだ?」

                 by前者


結局のところ
他人に原因を求めたところで
解決策はありません。
人も寄り付きません。

自分に原因があると思うと
その時点で問題は解決。
前向きになれ、人も集まってきます。



千田さん言う
「他人がどうこうより自分だ」

自分の姿勢のほうが100倍も大事です。





追伸

ことわざ  「天を怨みず人を咎めず」

「どんなに不遇でも、決して天を怨んだり、
 人のせいにせず、現在自分の置かれている境遇を反省して、
 精神の修養に努めよ」


という意味ですが

人生、何をするにせよ
常に自分との闘いなのです。






         

「変換スイッチ、ON!」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。

「人生のハズレをいかに

 当たりに変換していくかが

 その人の知性だ」



千田さん曰く、
『短所を見つけるのは子供でもできるが
 長所を見つけるには知性が必要。

 誉める言葉を発する人と欠点ばかり指摘する人
 では周囲に集う人の層が違う。』


単純に考え方をネガティブからポジティブへ
変換するだけではありません。


実際に
「ハズレくじ」を「当たりくじ」に自分で変えてしまう
ということです。

例えば
「クレームの対応」


たまたま
クレームの電話に出てしまった時、

「!?しまった、ハズレくじを引いた…」

と思うのが普通。

怒鳴り散らすお客様。

けれどお客様自身もどこかで
「本当はこの人が悪いわけではないけれど…」
と思いつつ怒っています。

それなのに
自分のクレームに対して丁寧に対応してくれたことで
その人に好意を持つようになります。

いつしか自分の顧客になる可能性もあります。


「好き」の対極は「嫌い」ではありません。
「好き」の対極は「関心がない」

「怒る」ということは感情的な部分はありますが
「その人によくなってほしい」という気持ちも含まれています。

「好き」「嫌い」は仲間。

クレームの「ハズレくじ」を「当たりくじ」に
変換できる力がその人の「知性」です。




追伸
どんな状況でも腐らずにいれば
いつか変換スイッチに気がつきます。


「鈍行で行くの?」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「お金をケチるのはよくないが

 時間はケチった方がいい」


千田さん曰く、
『お金があるから本を買うのではない。
 名もなく貧しい頃に本を買うから
 お金持ちになるのだ。

 お金持ちは「購入する」と決めるまでの時間が短い。』
と。


「東京~大阪」間

「新幹線」なら
片道15000円ほど。
時間は2時間30分ほど。


「東京~大阪」間

「鈍行列車」なら
片道2300円 (青春18きっぷ)ほど。
時間は 9時間ほど。


「新幹線」
時間は「鈍行列車」の約6倍早く
お金は「鈍行列車」の約6倍かかります。

「鈍行列車」
時間は「新幹線」の約6倍かかり、
お金は「新幹線」の約6分の1です。



あなたはどちらの人生を選びますか?

そう、これこそ
まさに「人生そのもの」を表しています。


お金をケチる人は正に「鈍行人生」

時間をケチる人は正に「高速鉄道人生」


「小銭」を選んだあなたは
終着する頃にはすっかり老けこんで
したいことをするのに手遅れになります。

「時間」を選んだあなたは
人の何倍も早く終着し、したい事できて
とても幸せな時間を過ごせます。


どうがんばっても
「時間」と「お金」の比重が
釣り合うことはありません。


「時間」は「命」


「失ったお金」は増やすことはできるが
「失った時間」は残念ながら増やすことはできません。

その貴重な時間にどれだけ
大切なものを刻めるかが人生です。


追伸

ことわざ。

「少年老い易く学成り難し」(しょうねんおいやすくがくなりがたし)



貴重だと気づく人生からは短い。

今を大切に。

「自分に素直。そこから」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「自分で自分の模範解答を

 フルオーダーメイドで創るしか

 方法はない」



千田さん曰く、
『10の力で10の成果を上げるよりも
 1の力で10の成果を上げる方が尊い。

 どうしたら人の10倍成果を上げられるか。
 どうしたら定時でピタリと帰ってもいい存在に
 なることができるか。

 昨日より今日、今朝より今のほうが進化しているか
 常に意識する。』
と。


本当に意味で

「自分の人生を生きている」

とは正にこの名言です。


「~しなければ人生」は他人の人生。

「~したい人生」が自分の人生。


ではどうしたら自分の人生を送ることができるのか?

答えは簡単。

「したいことをすればいい」

逆に
自分の中で
「したくないことをしなければいい」
のです。


そして
「夢が叶った自分を演じる」

あたかも
その夢が現実となったようにふるまうのです。

そう
千田さんの言う
「人生のフライング」です。

「フライング」してしまって
夢が叶ったかのようにしていれば
それが本当に現実となります。


「やりたいことをフライングする」

これです。



追伸
人から尊敬される模範回答で
自分を偽りで満たしてしまうと
「爬虫類化」してしまいます。

「時間感覚無」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「つい10年

 楽しく続けてしまうことを勉強する」


千田さん曰く、
『大人の勉強は
 暗記ではなくて広がりと深さを
 追求していくもの。

 模範解答からもさっさと卒業する。

 10年単位の長距離走が
 大人の勉強の仕方。』
と。


学生時代の試験勉強や
資格取得試験の勉強はせいぜい数カ月から
長くて数年。

けれど千田さんは言います。

「真の勉強は10年単位」

「本物」と呼ばれるまでには
「10年」と言います。


この名言のように

「つい10年続けてしまう…」

それが本当に自分が好きな事、
勉強したい事、自分の命を懸けたい事です。


「ついついやってしまう」というのがポイントです。




 こんな名言が

『無知による失敗を怖れるあまり、
 行動することなく調査や勉強ばかりに力を注いでいると、
 失敗によって 失うものより、
 さらに大事なやる気と時間を失うことになります』

                         by畑村洋太郎



「これが勉強だ、修行だ」
と思ってやっている人と、

「これが楽しくて楽しくてしょうがない」
と思ってやっている人の差だと
思います。





追伸

「命を懸けてやります!」


考えたら
人は生きている限り命が懸かっています。

「寿命」という命を。

「寝食を忘れるくらい」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。

「好きなことというのは

 たとえば明日テストがあって

 自分は準備不足なのに

 ついついやってしまうことである」


千田さん曰く、
『世間体のいいことと好きなことは一緒ではない。

 自分が隠れてこっそりやっていたこと
 三度の飯より好きなことが
 本当に自分がしたいこと。』
と。



人から尊敬されたり
世間体がいいからという理由で
やっていることは
本当に自分のしたいことではないはず。

自分が「したい」事と
「しなければ」という事を
一緒にしているのです。

変に賢くなっています。


純粋にやりたいことが
その人の生き方。

人から「これいいよ」
と言われたものが自分の好きなことにならない。

皆、幻想の中で生きています。




「夢中になる」という言葉。

夢中になる人は
「夢」の「中」にはいません。

「夢中になる」人は
一番のリアリストです。


追伸
こんな名言が

「好きだということが一番の才能だよ」


それさえあればなんでもできる。


それしかいらない。







 

「成程」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「なるほど」

千田さん曰く、
『「なるほど」と言われると話し手は
 もっと話したくなるし、応援したくなる。

 沈む人というのは
 「でも」「納得できないんですけど」
 が口ぐせ。』
と。


「なるほど」
という言葉には
「同意見である」という意味のほかに
もうひとつ
 「その範囲でできるだけのことをする」という意味がある。



「なるほど」には
相手の話に対する敬意があるのです。

人は相手が敬意して自分の話を聞いてくれたら
もっと話したくなるのは自然です。

そして
人は「なるほど」の数だけ成長します。


後輩から
ズバリを指摘された時
「なんだその口のきき方は!」
と怒鳴る上司。

後輩から
ズバリを指摘された時
「なるほど…」
という上司。

100%対極関係。

「どちらがいい…」
なんてわかりきったことは置いといて、


「なるほど」と
納得できるには勉強が必要です。


「なるほど」が言えないというのは
勉強不足以外何物でもない。



100歳になっても
「なるほど…」
と言っていたいです。

 


「そんなもんは通過点に過ぎないんだよ」

 

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。


「『ゴール』と書いて
 
 『スタート』と読む」



千田さん曰く、
『人生というレースには永遠と
 スタートが始まる。

 『目標』は『ゴール』ではなく
 次の目標の通過点。

 一休みは死ぬ時だけ。』


となると
「ゴール」というものは存在しません。

すべてのものに「ゴール」はない、
「ゴール」とは次の「スタート」の為にある。



となると
自分の人生の「ゴール」って
やはり「死」なのでしょうか?


「死」が「ゴール」。

時々
一気に「ゴール」へ向かう人がいます。



でも
「ゴール」というのは
途中の過程があって初めて
「ゴール」に意味が吹き込まれるのだと
思います。


「過程」があって「ゴール」がある。


その過程を楽しくするのが
人生なんだと思います。




「アイビー・ベーカー・プリースト」の名言


『地球は丸い
 「終わり」に見える場所はまた
 「始まり」に過ぎないかもしれない』






追伸

「十」「月」「十」「日」(とつきとうか)

で「朝」。

朝になるたび
僕たちは生まれ変わっているのです。



「分を知る」

  001_convert_20120107155722.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。

「人間がどんなに勉強し続けても

 宇宙から見たら針の穴程度のことを

 ごちゃごちゃやっているだけです」



千田さん曰く、
『頭のいい人は自分が頭がいいと思っていません。
 だからいろんなものを吸収できる。
 
 自分の弱さを知らないと
 強くなれない。
 
 自分を知ること。』
と。



満天の星空を見ると
自分がいかにちっぽけで
たいしたことはないと感じます。

悩みなんて
どうでもよくなるくらいです。

千田さんは言います。

「それを知ることが大事」

そうです。
自分がたいしたことないと
思えれば謙虚になれます。

謙虚な気持ちは
なんでも吸収しようとします。




アメリカの物理学者は

「宇宙は『無』から誕生した」

といいます。


そうすべては
時間もエネルギーも何もないところから
始まったのです。


僕たち人間もそう
何もない状態にこそ
「始まりがある」のではないかと思います。




追伸

今この地球で生命が誕生できたのは
様々な好条件、
太陽との距離、地球の大きさ、重力、地軸の傾き、自転速度、
奇跡と言える確率がそろっているから
人は生きられます。


その奇跡の瞬間に僕らは
いるのです。

存在していること自体、奇跡です。

感謝してもしきれません。

「いい事も悪い事も意味がある」

  001_convert_20120106171336.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。


「幸運だったのは

 自分が他の誰かに親切にしていたからです

 不運だったのは

 自分が他の誰かに

 不幸にしていたからです」




千田さん曰く、
『困難から逃げても必ず何らかの形で
 同じ困難が出現し続ける。

 困難から逃れて「ラッキー」ではなく
 それは時間を経て必ず返ってくる。

 今それを感じられるか
 感じられないかの話。』
と。




すべては「因果応報」です。

自分がした事が自分に返ってくる。
いい事も悪い事も。



小さい頃に読んだ

「かさじぞう」

おじいさんが雪の降る中
お地蔵様がかわいそうだと
自分の作った笠をかぶせてやり
その恩返しを受けるという話です。


これぞまさしく
「因果応報」


おじいさんは何の期待もしませんでした。
その報いが返ってきました。



千田さんは言います。

「今それに、気がつけたかどうか?」

だと。


すべてつじつまが合うようになっているはず。


人にやさしくした時
人から優しくされます。

人に愚痴をこぼした時
その人も自分に愚痴をこぼしてきます。

人に笑いかけると
人も笑いかけてきます。

とても気がつかない小さな事ですが
それも「因果応報」。


人生はただバランスをとりたがっている
だけなのかも知れません。


「自分原因主義」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。


「詐欺にあった原因は

 自分以外にはない」



千田さん曰く、
『詐欺に遭った人が最後に到達する結論は
 「原因は自分以外になかった」
 という紛れもない事実。

 心の隙が詐欺師にカモと思わせてしまった。

 自分に降りかかったすべての原因は自分自身にあると
 考えるとすべての問題が解決する。』


「騙す方が悪い」

確かに
人を騙すということは
悪いこと。


しかし
世の常に、

「騙される方も悪い」
という言葉があります。




「自分は被害者なんだ、
 騙される方が悪いとは何だ?」

と激怒されそうですが、

原因追求していくにつれ
結局、自分以外の原因はないということに
気づかされます。


自分の心のスキ、知識の無さが
露呈されます。


世の中には
「他人に原因を求める人」と
「自分に原因を求める人」しかいません。



他人に原因を求めた時
人は思考停止し、恨みの念でいっぱいになります。


自分に原因を求めた時
人は「なぜ失敗したのか?」と
脳がフル回転で原因を探し始めます。
そして前向きな気持ちでいっぱいになります。




追伸
「ポジティブシンキング」か「ネガティブシンキング」か
を言っているのではありません。


「現実を見つめられるか」
「現実から目を背けるのか」を言っています。


「0スタート」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。


「問題解決は

 マイナスを0の状態に

 戻したに過ぎない」



千田さん曰く、
『問題を解決して満足してはいけない。

 問題解決に明けても暮れても進歩する事はなく
 問題解決してからがスタート。』
と。


必殺!
千田さんの気づきの言葉です。


またも気づかせてもらえました。


確かに
何か問題に直面したとき
それを解決するのに必死になり

いつしかそれを解決すること自体が
目的になり

答えが見つかったときには
すでに満足している・・・


現実は
マイナスに振れていた針が
元の位置に戻っただけなのに。


千田さんは言います。

「そこからがスタート」だと。


普通に生きていたら
出逢えなかったこの「気づき」。


この「気づき」に出逢えた
あなたも私も運がいいと思います。




追伸

松下幸之助の名言です。

「問題を解決するより、
 問題に陥らないよう手を打つ」


そう
常に一寸先を見て、手を打つ。

何事も先手必勝。

「360度」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。


「迷ったら原理原則に立ち返ると
 
 解決策のヒントがある」



千田さん曰く、
『迷う人は欲張りに広げたから。
 
 広げるとますます迷う。

 迷った時こそ初心に立ち返ること』
と。


人が迷う時というのは
拡げ過ぎて『複雑化』している時です。


物事がつまずく時、大概
頭の中がゴチャゴチャしている時です。


選択肢が多すぎて迷っています。

物事の答えは至ってシンプル。



千田さんは
「原理とはすでに宇宙に備わっていたもの
 原則とはその原理を人間がルール化したもの」


そう
原理(答え)はもうすでに
そこにあるのです。


すでにあるものに
あれも、これもと欲をかいていくうちに
結局、「原点がいい」と戻ってきます。


人間はそのサイクルの中で
ただ生きているだけです。


「原点」⇒「複雑化」⇒「原点」・・・


というように。




追伸
自分の原点とは一体何なんでしょう?

それをルール化した時
人は成功へ、まっしぐら。







「好きこそものの継続なる」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。


「根性があるから続けられるのではない
 
 好きなことだから続くだけ」


千田さん曰く、
『根性や忍耐力があるから
 続けられるのではありません。

 嫌いなことを根性や忍耐で続けた人は
 廃人になります。

 続けている人は
 好きなことをやっているから
 続くだけ。』
と。




「継続は力なり」といいますが、
その力となる
「継続」をするにはどうしたらよいか
疑問視されます。


正解は至ってシンプル。


「やめろ」と言われても
ついついやってしまうことが
結果として継続することに繋がるだけ。


好きだからついついやってしまう。

「気がついたらここまで来てた。」
というように。


頑張って続ける、義務的に
なる時点で継続はできません。



「好きなことで埋めつくされた人生」と
「義務的で頑張ってやらされる人生」

見るも無惨な差です。


「継続」とは結果論であって
その過程が重要です。





追伸
世間体を気にしたり
尊敬されることを自ら選択すると
義務的な人生になります。


尊敬は勝手にされるもので
自ら選択するものではありません。



「私はあなた、あなたは私」

  001_convert_20111231163051.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。


「いじめられているのは

 あなたがいじめっ子だから」



千田さん曰く、
『「いじめっ子」と「いじめられっ子」は
全く同じグループで構成されている。

学校だけでなく会社でも同じ。
大人も子供もありません。


「いじめっ子」は「元いじめられっ子」
「いじめられっ子」は「元いじめっ子」

そして例外はない。』
と。


いじめとは
陰湿で卑怯で
弱者に対して一方的な感じがします。

けれど
100%いじめれる側が悪いのか?

千田さんは言います。

「いじめっ子はいじめられていた。」
「いじめられっ子はいじめていた。」


よく
「どうしても好きになれない」
「なんか気に入らない」
という人がいます。

理由はわからない。


その答えは
「その人が自分に似ているから」
です。

その人は自分が嫌いだと思うことを
平気でするから気に入らないのです。


その要素は自分も持ち合わせているから
他なりません。

そう
「相手は自分を映す鏡」

「いじめられっ子」が社会に出て「いじめっ子」
になるのはよくある話。

「いじめっ子」が社会に出て「いじめられっ子」
になるのはよくある話。





追伸


正に「因果応報」ですね。

千田さんの言う

「感情の記憶力」というのは

ずっと持ち続けるものなんですね。




自分の放ったものが「ブーメラン」のように
返って来るのです。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ