「おとといきてください」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「夢は子供が見るものではなく

 大人こそが見るもの」



千田さん曰く、
『自分にとって建前の夢や嘘の夢を見ていても仕方がない。

 そんな夢は自分が叶わないことをよく知っているから
 絶対に叶わない。

 実は私達の人生は夢そのものなのだ。』
と。




「いつまでも夢ばかり追いかけていられない…」
「現実はシビアだよ。夢なんて…」
「大人になると現実を見るから夢を語らなくなる。」


なんて、
ねっとりした嘆きをよく聞きます。


そういう人たちは逆なんです。

「夢を語らなくなるから、つまらない現実を見ざる負えない」
のです。


自らそうしている。だけの話。


悲劇のヒーロー気取って、
実は勇気がないナマケモノです。



千田さんの言う
「私達の人生は夢そのもの」



夢も現実にできる。

自ら望めば、望んだ方向へ勝手に向かう。

そういう話です。





追伸
「人は、子供時代になりたくてなれなかった自分と
 現実になれた自分との間に折り合いをつけて
 そのとき大人になる。」

               by映画「20世紀少年」




そのあいまいさを理解することが
「大人になる」ということなら
丁重に断ろうと思います。





追伸2
結局、
「人間が生きるということ」は
「夢を叶えること」に他ならないのではないかと思います。


その夢を叶えた人、叶えられなかった人の
違いのは「熱意」と「目線」だけだと思います。


「人知を超える」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「夢には正解と不正解があるわけではなく

 本音と建前があるだけだ」




千田さん曰く、
『人から尊敬されるような夢を語ってはいけない。
 本当に心の奥底から思えるような本音を
 語らなければならない。』


そして千田さんは
『未来完了形で振舞うと夢は叶う』
と言います。


自信や確信でもなく
まるで夢が叶っているかのように振舞っている状態が
夢をかなえると。


非現実的に感じると思いますが、


事実、
脳が勘違いをして
現実とのギャップを埋めようとがんばります。


脳は毎秒1000万ビットを超える情報を
処理すると言われます。


この驚異的な脳の構造を考えれば
大抵の夢は叶わないわけがありません。


人の力は人知を超えます。





追伸
「脳の潜在能力を引き出すためには『楽しむ』感覚が必要です。
 そうでないと潜在能力だけでなく、
 身に着けたスキルも十分に発揮できない。」

                    by茂木健一郎




「ワクワク」「ニヤニヤ」しながら夢と現実を
「アウフヘーベン」した時、夢は叶うということです。


自ら行動を起こした者だけが夢を叶える。


「夢を語る114歳」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「夢は腕を組んで

 ウンウン考え込むものではない」



千田さん曰く、
『考え込むようなことは夢でもなんでもない。

 現実的か否かではなく
 直感で自分のやりたいことを思い出すだけだ。』
と。


「夢」とは
できるのかできないのかを考える前に
飛び出てきてしまうもの。




大山倍達さんの言葉で
「できるかできないかを考えるのではなく
 するかしないかを決めろ」
という名言があります。


そう、
本物の夢を語れる人と言うのは

「できるのか」「できないのか」を考えていません。

「するか」、「しないか」で
すでに「する」と決めてしまっている人です。

しかも
「する」を超えて「したい」とフライングしている人です。


・・・実は
夢を語るにも権利があったのです。



追伸

夢を夢に終わらせるほどの人生の悔いはありません。
だからこそ「フライング」です。





追伸2

100歳になっても
夢を熱く語れるおじいちゃんになりたいです。




「将来の夢は何ですか?」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。

「夢を即答できなくなった人を
 
 お年寄りと呼ぶ」



千田さん曰く、
『十代でもお年寄りはたくさんいるし
 九十代でも若者はたくさんいる。

 即答できなくなったら
 お年寄り。』
と。



子供頃

「将来の夢は?」
と聞かれ

「バイクのレーサー」
と即答していたのを今も覚えています。




大人だったら
「危険だし…」
「稼いでいるのはほんの一握りだし…」
「メカニックの知識もなくては…」
「安定はしていないし…」

と色々考えてしまいます。



子供の考えが故に
知識がない分
即答できていたのだと思います。


いや当時なら
それを教えられても

「なりたい」

と思ったはず。




そう
頭で計算してしまうような夢は
「夢」と呼びません。


「えーっと…」

と考え込んだ時点で夢ではない。



千田さんの言う

「即答できなければ夢ではない」
のです。





追伸

「夢を過大評価してはいけない。」

              byフロイト


評価した瞬間、
「夢」は「夢」で終わります。


夢とは冷静に見つめるものではなく

後先考えずに手が出てしまうもの。


「浮気が心配…」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「浮気を心配すると本当に
 
 浮気するようになる」



千田さん曰く、
『相手に浮気をしてほしかったら浮気を疑えばいい。

 いい事も悪い事もあなたが相手に
 思い描いた通りに振舞ってくれるのが
 人間関係だ。

 相手を強く念じるので
 相手はその通りに期待に応えてくれる。』



「念じたものが現実になる・・・」

人はつくづく
自分が思った通りの人生になるのだと思いました。

それも良し悪しに関係なく。



相手のことを、口に出さなくても

「ほんとこいつはダメな奴だな。」
と思っていると

相手はそれ通りになる。



その逆も然り。


ならば
ひょっとすると
人生を成功させるのは簡単かもしれない。


何の疑いもなく
ずっと「思ってさえいればいい」のだから。





追伸
「あらゆる事象は心の反映である。
 したがって純粋な心でひたすら念じ続ければ
 大概のことは成就する」
         
            by稲盛和夫




人工的につくられたものはすべて
人の「念」によって生み出されたもの。



もしかしたら
今、目の前にあるものは
実際には存在しないものかもしれません。

「覚醒」

 

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「『できちゃった婚』の

 『できちゃった子』は

 幸せだろうか?」




千田さん曰く、
『「できちゃった婚」は恥ずかしいこと。

 「できちゃった婚」という呼び方は
 生まれてくる子に失礼。

 別の造語に置き換えてごまかしただけの話。』



最近芸能人でも多いですね。

「できちゃった婚」


今や
「ああ、できちゃった婚ね…」
で済まされます。


これが普通になっていくのは危険です。


どんな言葉でも
何回も聞いているうちに
脳に刷り込まれて違和感がなくなります。


それが危険。

道具も言葉も使い方次第です。




「世の中全部疑え!」

…とは言いませんが
自分で気がつくことが必要です。




追伸

「『一日一善』ではなく『一日三疑』 」

             by安部譲二


それでもおつりが来るかと…


それだけ人は無意識で行動しているに過ぎません。






追伸2
「言葉」とは不思議です。


言葉に善悪の判断はなく
ただひたすら人に影響を与え続けます。


いい言葉はいい影響を
悪い言葉は悪い影響をひたすら与え続けます。



 

「あたまでかっち」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「インスタントラーメンと結婚は違う」


千田さん曰く、
『結婚するか否かは「そろそろ時間だから」
 決めるわけではない。

 運命の相手と出逢ったらそこに迷いはない。

 一点の曇りもなく一瞬でわかる。』




すばらしい名言です。


結婚を考える二人に送りたい言葉です。




結婚を決意する時は時期や時間で考えるのではなく

「今だ!」

と何の迷いなく直感で思った時。




確かに
恋愛にしても結婚にしても
頭で考えるものではありません。


好きで、くっついて
それから先のことは一緒にいながら考えていくことです。



現代人は
「損をしないように色々考えて、考えて・・・」
考えるだけで終わってしまう人ばかりです。


それは仕事や遊びやすべてに言えること。


頭でっかちになっています。




追伸

「私がオススメするのは、何か決断に迫られたら、
 とにかく三秒で決めること。
 直感を使えば、決断を下すのに三秒以上かかりません。
 正解はないのですから、どちらでもいいのです。 」

                     by本田健



「0秒で結婚決めました…」

言われた方は一瞬でノックアウトです。

「あるかもしれないし、ないかもしれない」

  001_convert_20120219205227.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「婚活という名前がいけないのかもしれない

 婚活ではなくて純粋な恋愛活動と考えたいものだ」



千田さん曰く、
『結婚が目的になった途端
 嘘の恋愛が始まる。

 結婚が先にあって恋愛があるのではなく
 恋愛が先にあって結婚があるかもしれないし
 ないかもしれない。

 この自然の流れを人工的に替えてしまうところから
 人生の不幸が始まる。』
と。



人間というのは不思議なもので

流行りの言葉に乗じてしまうと
何故か「罪の意識」や「羞恥」を感じなくなってしまいます。

冷静な判断ができなくなります。


「婚活」「ニート」「フリーター」




千田さんが言うように

「純粋な恋愛活動」

そう
「婚活」という言葉は誰かが意図的に
それも宣伝のために造ったものです。

変に踊らされ、結婚が目的になってしまい
自然の流れをなおざりにしています。

自然の流れをなおざりにするから
そのしわ寄せはどこかで必ずやってきます。




「手段」が「目的」になった典型です。






追伸
「結婚は鳥カゴのようなものだ。
 カゴの外の鳥は餌箱をついばみたくて中へ入りたがり、
 カゴの中の鳥は空を飛びたくて外へ出たがる。」

                  byモンテーニュ




人はどこまでいっても無いものねだりの生き物。

生きている以上、欲が満たされることはありません。

いや、満たされてはいけないのです。

「世界一愛すべき他人」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「親が世界一身近な他人であることに

 気づくと感謝できる」



千田さん曰く、
『「親は一番身近な他人である」と気付いたら
 心底感謝できる。

 自分と親は一心同体だとウェットに考えると
 感謝の心がなくなってしまう。

 何をやっても許されると勘違いしてしまう。

 死んでいく時は誰だって一人。
 
 本質に気づくことが大切。』
と。



心に響きました…


確かに
「親」「子供」と言えど
結局のところ人と人との集まり。


「一番身近な他人」です。


「お父さん」は「お父さん」という役割を果たしていて
「お母さん」は「お母さん」という役割を果たしている。


「お父さん」「お母さん」である前に一人の「人間」なのです。

その人「本人」。



そう考えると

「ここまで育ててくれてありがとう」

「何の見返りのみない愛情を注いでくれてありがとう」

「自分の命を削ってまで育ててくれてありがとう」

と自然と感謝できます。




一心同体と考えると
「当り前」すぎて感謝を感じられなくなります。


そこに気がつけるかどうかで
人生が変わります。

極論ではなく・・・





追伸

「一緒にいるけど全く感謝を感じられない」状況と
「離れ離れだけど深く感謝を感じられる」状況。


一体、
人はどちらが幸せなんでしょう?



完璧じゃないのが世の常。

それでバランスをとっています。



追伸2

「ありがとうございます…」

「おじいちゃん、おばあちゃん」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。

「20代までは両親に似て

 30代からは祖父母に似る」


千田さん曰く、
『自分の向き不向きは祖父母をみればわかる。

 三十代は以降は祖父母に似ていく。

 祖父母の行動を自分がそっくり繰り返している。』
と。



「隔世遺伝」。


30代以降はその傾向が強くなるのでしょうか…


「もし自分の「強み」を知りたければ
 祖父母を観察すること。」

と千田さんはいいます。


生きる時代は違えど
遺伝子というものは脈々と
受け継がれていくものなんですね。


そう考えると
「自分の子供が自分の両親に似る」ということです。


「親の分身は自分ではなく子供」


意味があって
存在し合っているのだと感じました。


人は一人では生きられないのだと…





追伸
「人物の絵というのは本人が嫌がると思うところを
 誇張すればするほど似てくるものです。」


                by日暮修一

絵は
「影の部分があって
「光の部分」が際立つ。


人間も
「嫌な部分」があって
「良い部分」が際立つ。




祖父母の「影の部分」が自分にとっては
とても勉強になります。


感謝してもしきれません。

「ニヤニヤ」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉ブログ「ki du ki」より。


「尊敬される抱負はやめよう」


千田さん曰く、
『尊敬される抱負なんてやめよう。

 あなたの本心からニヤニヤできる抱負は、
 正しい抱負。

 本心からニヤニヤできない抱負は、
 世間体を気にしている抱負だから偽物だ。』
と。


確かにその通りです。


自分の人生なのに
「建前」を気にしても何の得にもなりません。


千田さんの言う
「ニヤニヤできる」というのが
大事です。


本当に心の奥底から

  「したい!」

と思うのが自分であって

世間体を気にして掲げたものは
自分の人生ではありません。

それはすべてに言えることです。


人生最後の日に後悔だけはしたくありません。








追伸


「損計から尊敬へ変えるために、人間味を磨く。」

                    by小林敬

人生に計算はいらない。

ただ素直に生きるだけ。

ニヤニヤして生きるだけ。

「ヒラメ人間」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉ブログ『3行日記ーasshuku』より。

「できる人はいつも上から目線でもなく
 
 下から目線でもなく水平に生きている」


千田さん曰く、
『実力を磨くのを怠った人は愛想笑いをする。

 できる人は愛想笑いをしない。
 
 それは媚びる必要がないから。

 できる人はいつも上からでもなく下からでもなく、
 水平の目線でいる。』
と。




実力があるから媚びる必要がない。

実力があるからおどおどする必要もない。

実力があるから仕事をするふりをする必要がない。




すると
「人は自然と水平に生きられる。」

と千田さんは言います。


上から「力」で人を抑え込む必要もないし、
下から「ヒラメ」のように人の目を気にする必要ない。

自然と自然になれます。



上からや下からの人達は
自分の仕事のコンプレックスを隠すために
必死なのです。


必死になる方向を誤ったのです。


僕たちはただひたすら
実力をつけるのに必死になればいいのです。





追伸

「実力の前には、縁起も通じない。
 ジンクスも何も無力や。」

         by野村克也


人は素直に自分の実力を認めれば成長できます。

女々しい考えがあるから「ヒラメ人間」が生まれるのです。


ただ素直になるだけ。

「偽」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『人生で大切なことはすべて「書店」で買える。』より。


「考えてみればすべての職業は

 『人を幸せにすること』

 『人を喜ばせること』に集約されます」



千田さん曰く、
『人を喜ばせるのが仕事の本質。

 人を喜ばせる自分なりの方程式を見つけること。』
と。



お金というのは
「人を感動させたり」「幸せにしたり」
「喜ばせたり」してくれた人に
集まってきます。

千田さんは
「仕事の本質は人を幸せにすること」
といいます。


人を幸せにした報酬としてお金がもらえる。


人を幸せにすることが巡り巡り
自分を幸せにすることになります。


自分本位の人間が幸せになった話はありません。

自分本位がまかり通る世界はどこにも存在しません。




ところで人間が一番幸せを感じる時というのは

「人の役に立った時」
だそうです。


本能でも解かっていたんですね。




追伸
『「人」の「為」と書いて
 「偽り」と読むんだよ』
       
        by相田みつを



人の為は自分の為だった。

自分の為は人の為にならない。

そこがこの世の醍醐味です。


「ほん、本、HON」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『人生で大切なことはすべて「書店」で買える。』より。



「会いたい人の本をすべて読むと

 会ったときにチャンスを掴める」



千田さん曰く、
『著者にきちんと出逢いたい場合は
 その著者が出している本をすべて読んでおく

 「先生の本は100冊すべて読んでいます。
  この一言を伝えるために今日までがんばってきました。」

 これで相手はノックアウトされます。

 出逢いを創っていくというのはこういうこと』
と。



出逢いは自らが創るもの。


出逢いは相手が迎えてくれるものではなく
自らが動いて創るものだと思います。



一ファンとして会うなら「会う」
人と人との出逢いなら「逢う」


運命の出会いは
自らが創り出すものだったのです。



そして千田さんは
「売れなかった本にこそエネルギーが詰まっている」
といいます。


「売れなかった本」


何故か?


僕なりに出した答えは
「本の質は売れた数とは比例しない」
のではないかと、もっといえば

「著者の思いと売れた数は比例しない」
のではないかと勝手に憶測しています。






追伸
「ぼくは一冊の本だ。
 だれも読まない一冊の本だ。」

            by長谷川四郎


本は人。

人は本を読むことで強くなれます。


良書になれるように本を読みます。

「机上の空論?」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『人生で大切なことはすべて「書店」で買える。』より。


「まずはたくさん言葉のシャワーを浴びる
 
 言葉によってしか人はタフになれない」



千田さん曰く、
『食糧が肉体に欠かせないのと同じで
 精神に言葉の力は欠かせない。
 
 笑顔は言葉によって生まれる。
 知恵は言葉によって生まれる。』
と。





「言葉のちから」

毎日こうしてブログに
「言葉」を載せていくにつれ

「言葉」というのは「水」のようなもので
人のどんな心の隙間にも入り込みます。

人の心の状態も日によって様々、
けれど言葉はどんな状態でも同じように入り込みます。


そして「言葉」はその時の心の状態によって
感じ方が180度変わります。

昨日は何も感じなかったが今日は心打たれた。
なんてことが往々にあります。

不思議なちからです。



千田さんが言うように
「まずは言葉のシャワーを浴びる」

何も力の無いひとがそれを浴び続けたらどうなるのか?

どういう変化をもたらし、どんな方向へ向かってゆくのか?

実際に体験できることはできないが
ただシャワーを浴び続ける・・・


「机上の空論?」



いや…楽しみです。






追伸

「置かれるべき場所に置かれた言葉の威力は絶大だ。」

                        byボアロー



追伸に載せるべき「名言」を探していたら
ピンポイントでこんな名言が・・・


本当に不思議でおもしろい力です。


引き寄せたのか、引き寄せられたのか。

「武士の恥」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。』
より。

「最後には赦してあげると決める」


千田さん曰く、
『嫌がらせされた人間への最高の復讐は
 「見返す」ことではなく「赦してあげる」こと。

 「赦すこと」に勝る復讐はこの世に存在しない。』
と。



「赦すこと」が最高の復讐というのは誰もが度肝を抜かれたはず。




「目には目を、歯には歯を」


「やられたら、やりかえす」と思うのが普通の考え。



千田さんは
「赦す」と言います。


なぜ「赦す」ことが最高の復讐なのか?

それは
嫌がらせした相手に赦してもらったら
恥ずかしくてしょうがないからです。

スケールの小ささに悔やんでも悔やみきれなくなります。


惨めで反論の余地のない、
それは
「武士の恥」と言ってもいいです。






追伸


「恥は一つしかない。
 すなわち、なんの恥も感じないということだ。 」

                     byパスカル

 
赦してもらったのに恥すら感じない人間もいる・・・

だからこの世はおもしろい。




追伸2

「やられたら、やりかえす」には終わりがありませんが

「赦すこと」というのはそこで終わります。




「柔よく剛を制す」

「アウフへーべン」

  001+(7)_convert_20120209210939.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。』
より。


「静と動の一体化

 強と弱の一体化

 濃と淡の一体化

 光と陰の一体化
 

 大胆さと繊細さの一体化」



千田さん曰く、
『成功者たちは超リアリスト。
 
 夢を見ながらも厳しく現実を直視する。

 一見相矛盾するものを一体化させた人が成功する。』
と。




「あいむじゅんするものの一体化!?」

普通に考えたら・・・というか
対極なものを一体化すること自体の発想がありません。


千田さんは
「夢もリアル=現実という立場からしか見ない」
といいます。


「夢も現実」と一体化させることが成功への道
ということです。




日常に溢れるタブーな
「相反するものの一体化」


おもしろいものができそうです。







追伸

究極の一体化は「男」と「女」だそうです。

確かにその通りですね・・・






追伸2
「好きになった男と女が、
 無条件に自然にそのままの姿で合体する。
 それが純愛だ。」

            by 岡本太郎


タブーへの挑戦こそが人間の役目です。



追伸3
相反するものが一体化できるのなら
この世に一体化できないものはないと思います。

「貫通」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。』
より。


「自分の思い込みを世の中の模範解答に

 してしまうんだよ」



千田さん曰く、
『エジソンは
「夜も昼のように明るく生活できるようになるぞ」
 と思い込んで実際にそれを現実のものにした。

 ライト兄弟は
 「人も鳥のように空を飛ぶことができるぞ」
 と思い込んでそれを現実にした。

 当時の大人の常識からいったら
 もはやだれにも相手にされないくらい顰蹙を買っていた。
 
 成功者たちはインターネットで検索しない。

 自分の思い込みを世の模範解答にしてしまう。』
と。




今や「知識」というのは
インターネットでいくらでも手に入ります。

模範解答を得ようと思ったら
すぐにでも手に入る。


すでに「模範解答」は価値が無くなっている
世の中です。


さらに日常生活で必要なものもほとんど揃っているので
誰も平凡なものには興味を惹かなくなっている時代です。





これからは

「自分で自分の模範解答を創ってしまう」
時代です。


それが人を喜ばせ、人を感動させ、
発展させる術です。


モノでも考え方でも
「イノベーション」の発想への転換です。





追伸
「自分なりの思い込みを持っている人は強い。
 自分のやっていることが正解なんだと信じていれば、
 それが自信につながる。」

                 by秋元康



その思い込みを貫けるか否か。




「原点回帰」

  001_convert_20120208205636.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。


「第一志望に告白してフラれておくこと

 将来その第一志望を後悔させると決めること」



千田さん曰く、
『大学時代にしておきたいたった二つのこと。
 
 「第一志望に告白してフラれておくこと
  第一志望を後悔させると決めること」


 第二志望と別れないと第一志望とは
 永遠に出逢えない。』
と。



無難な線を狙って
第二、第三志望すると、
死ぬ間際に必ず後悔する。


「ああ、あのとき第一志望に告白すればよかった…」


恋愛に限らず仕事、家族、遊びと
すべてにおいて
「自分の持つ最高の力で最高の目標にチャレンジする。」



それが自分の人生です。



第二、第三で手軽に
自分を満たしてはいけない。



結局、自分に素直になることが
自分の望みが叶うことと一緒なのです。






追伸
Q、「どうしたら人生うまくいきますか?」
 「楽しい人生を送るにはどうしたらいいですか?」

A、「素直になること」




原点回帰・・・






追伸2

『人生、他人よりも「10」多く喜びを得ようと思ったら、
 必ず「10」多い中傷も他人から受ける。
 「プラス10」は「マイナス10」を伴う。
 無難でいたい奴は0でいろと言いたい。」
 
                  by矢沢永吉



振り幅のある人生。
振り幅のない人生。






「悪魔の言葉」

 
001+(10)_convert_20120207222501.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。




「ある人にって成功する魔法の言葉は
 
 別の人が別の時間に別の場所で
 
 使ってもとんだ失敗に終わることもある」


千田さん曰く、
『必ず成功する魔法の言葉はないが
 必ず落ちぶれる悪魔の言葉ならある。

 「どうせ」「だって」「でも」は
 貧しい人がよく口にする言葉。』
と。



僕にとっては心の奥底まで届く言葉です。

当初の僕の考えは正にこの通り。

「成功者の名言を知れば成功するのではないか」
と。


日々、成功者の名言を集めていくにつれ

確信したのは、
「『名言」とはその人のバックグラウンドが
 あって初めて命が宿る・・・」
ということでした。


その人の生い立ち、歩んできた道の中で
ポッと出た言葉。

それが名言です。


その魔法の言葉を別の時間に別の人が使っても
成功するとは限らない。


いい武器を持っているだけ、
使いこなせない状態。

「ネコに小判」です。




追伸


自分の「魔法の言葉」を創り出すのが
人生です。







「夢中こそ人生の魔法」

        byMr.マリック





自分で自分に魔法をかけるのです。



 

「アウトな人達」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。




『「遊び」と「仕事」の一体化が人生の醍醐味』


千田さん曰く、
『あなたの究極の遊びとあなたの究極の勉強は同じ。

 自分を磨く遊びが人生の醍醐味になる。』



人生最高の贅沢といえば

千田さんの言う
『「仕事」と「遊び」の一体化』です。







Aさん「趣味は仕事です・・・」

Bさん「え!?そんな人生つまんないじゃん。」

Bさん「人生楽しまなきゃ!」




多くの人は
「仕事」と「プライベート」は切り離して考えます。


正確に言うと
「切り離さなくてはやっていられない」状態です。


そんな人達は

「仕事をやらされている」人達。

「本当はこんなことしたくない」人達。

「仕事ではとてもじゃないけど
 欲求不満を解消できない」人達。

「世の中の大多数のそんな」人達。




確かに仕事はしなくては生きてはいけない。

人生を本当の意味で楽しむなら
「仕事」と「遊び」を一体化するしかありません。


24時間365日
好きなことに打ち込むことが自分の人生。


毎日が日曜日のような人生。


正に贅沢です。





追伸

「仕事は手段にあらずして目的だ。」

                by志賀直哉



そう仕事は人生の目的なのです。

手段にしたらアウト。
 

「人」

  001_convert_20120206204129.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。



「断られなければ人の痛みを理解できない
 
 人の心の痛みを理解できなければ幸せになれない」



千田さん曰く、
『人は就活を通して断れることの
 痛みを学んでいく。

 就活は「義務」ではなく「権利」だ。』
と。



人は自分が体験して初めて気がつくものです。


「断られること」をされて初めてその痛みを知る。


人伝に聞いたり見たりでは「その気持ち」にはなれない。


「その気持ち」になれなければ
人は幸せに気づくことすらできません。


今の自分の生活。

それは誰かの支えによって成り立っています。

「家族」「会社の従業員」「学校の先生」
「バスの運転手」「電力会社の人」
「近所のおじさん」


この人たちもまた他の誰かによって支えられています。


「人は一人では生きられない」


そして千田さんの言うように

「人の痛みを理解しなければ生きられない」
と。


世の中は自分のために回ってくれているように感じますが、
実は自分はその流れの一部でしかありません。


「人の気持ちがわかる」
というのは人間にとって
一番理解しなければならないものだと思います。



追伸
「結局、支えていると思っているもの支えられている」

                     by作者不詳


自分がいてあなたがいて今日がある。





「ピンチ  byチャンス」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。





「ピンチがきたら
 
 姿勢を正してお迎えしよう」



千田さん曰く、
『あらゆるピンチがやってきても
 解決策を見つける方法を習得しよう。

 どんなピンチも10年後には笑い話になっている。』
と。


「姿勢を正して・・・」という部分に惚れました。


「ピンチはチャンス」といいます。


勘違いしてはいけないのは
「ピンチがただでやってくるものではない」ということ。


ピンチは「動き」のあるところにやってきます。
毎日、ひたむきに努力をしている所に
「チャンス」は「ピンチ」の顔してやってきます。


もちろんその「ピンチ」をものにできなければそれは
ただの「ピンチ」でしかありません。



この千田さんの名言の真意は

「いつピンチ(チャンス)がきてもそれに対応できる実力を蓄えておくこと」


だと思います。
実力の表れが「正しい姿勢」にもなると思います。





追伸

「ピンチがきても気がつかない」のは最悪です。

まだ「ピンチから逃げ回っていた」ほうがマシ。





追伸2

「チャンスをピンチにするな。」
          
         by 松岡修造



紙一重です。

「素」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。




「好きになるのに理由はいらない
 
 ただ素直になるだけ」



千田さん曰く、
『恋愛において
 相手を好きになる理由なんていらない。

 理由を探している時点では
 本当に好きになったとは言えない。

 自分に素直になるだけ。』
と。




人を好きになる理由は後から分かるもの。



頭で色々考えて「ここが好き」というのは
ウソの恋か本当に愛していない証拠。


気づいたら「好きになっている」ものです。



そして恋愛で失敗し傷つくことも
その後の人生の大きな財産になります。



「痛み」を理解していないと
相手の気持ちがわからない。



相手の気持ちがわかることが
すべての始まりです。


人は一人では生きられない。




追伸

「悲しみも、喜びも、感動、落胆も
 常に素直に味わうことが大事だ。」

                  by本田宗一郎



結局
他人の気持ちがわかるには
自分が一番体験しなければわからないもの。

たくさん痛みを味わってこそ
いい人生です。

「1000000×0=0」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。




「過去の美しい思い出よりも
 
 熱い未来の話」



千田さん曰く、
『過去の栄光で盛り上がっている仲間がいるということは
 その仲間全体が過去に生きるグループということに
 他ならない。

 「成功していくグループ」と「落ちぶれていくグループ」
 と二通りしかない。』
と。



大好きな名言です。
そして今の日本に必要な言葉です。




「あの頃はああだった、こうだった・・・」


今も未来にも希望がない人がつぶやく常套句。

過去を美化しなければ
今のくだらない自分が報われないのかも知れません。

ちんけな思い出を美化したところで

「100×0=0」

「1000×0=0」



「過去に生きる人たち」とは対極にいる
「未来を熱く語れる人たち」のこだわりは常に「未来」です。


今日より明日の自分が勝っていなければ
ならないと考えています。



見ている方向が違うのです。




仮に
明日、この世の終焉を迎えても
未来を熱く語りたいです。






追伸
「もし世界の終りが明日だとしても私は今日林檎の種子をまくだろう。」
                            
                          byゲオルグ・ゲオルギウ


話すのは
今までのことよりこれからのこと。

人が向かっていけるのは常に未来という方向です。



「キガツク」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』


『「ついつい」やってしまうのが大人の勉強なのだ
 
 「ついつい」やってしまうのはすでにやっている』



千田さん曰く、
『この世に義務的な勉強はない。
 やりたくてやりたくてたまらない人がするもの。

 ついついやってしまう勉強は
 すでにしている。』


確かに
「やめろ」と言われてもついついやってしまう勉強は
「すでにやっている」のです。


気がついたらやってしまっている。
そして気がついたら「極めている」のが
本当の勉強だと。


この勉強は「義務」ではなく
与えられた「権利」。


現状を変えるには
今の自分の常識を変えるしか方法はありません。

まずは意識を変え行動するのみです。




追伸

『まだまだ勉強したい。
 「もう一生」欲しいなと思うくらいです。』

                   by谷桃子



その気持ちまで到達するくらいに
のめり込めるのが本当の勉強です。



気がついたら「そこにいた」。

ただそれだけかもしれません、

考える間もないくらいに。

「錐勉」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』
より。




『この世に「やらなくてはならない」

 勉強などない』



千田さん曰く、
『学生時代のやらされる義務勉強は
 本当の意味での勉強ではない。

 自ら進んで「やりたい」と思うのが
 本当の勉強。』
と。



社会に出てからは義務教育とは違い
自ら進んでやるのが勉強です。


むしろ
「勉強する」か「勉強しないか」の選択さえできる。


数年後、それはそのままその人の年収に比例してくる。


そして
勉強することに
「お金も時間も許す限り、ケチってはならない」
と千田さんは言います。


勉強は
唯一「ローリスクハイリターンの投資」です。

勉強は裏切りません。
裏切るのはいつも自分です。




追伸

「こんなことをしてる場合じゃなくて、
 私は勉強しなくちゃいけないはずなんだって思っていても、
 ついやめられないでやってしまていること、
 それがその人の本当に好きなことなんだよ。」

                    by中谷彰宏





そう
やめなくちゃいけないのにやめられないことが
その人の真の勉強なのです。

偽りの勉強をしているほど
人生長くない。


「錐」のように一点集中。

「肥やし」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『「大学時代』自分のために絶対やっておきたいこと』


「今、目を逸らした人があなたの運命の人」


千田さん曰く、
『嫌なタイプの人間から逃げない。

 学生時代に出逢った嫌なタイプの人間とは
 将来必ず一緒に仕事をすることになる。

 逃げ回っていても人生の最後まで逃げ切ることはできない。』
と。



嫌な人からは逃げ切ることはできない。


「自分の嫌なことから逃げ回っていると
 一生それをやらされ続けることになる」
と千田さんは言います。


結局「逃げる」というのは
問題解決にはならないということ。


立ち向かえばその時点で解決。

結果云々。


「嫌な人」も「嫌なこと」も
自分を成長させてくれる「肥料」のようなもの。

感謝するしかありません。


「目を逸らしたら、もったいない」





追伸
『「恐れ」は逃げると倍になるが、立ち向かえば半分になる。』
     
                   byウィンストン・チャーチル




半分になるどころか、0になります。

大事なのは結果ではなくその姿勢です。


「水のチカラ」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「人のレベルも放っておくと
 
 高きから低きに流れやすい」



千田さん曰く、
『結構イケてる人でも
 イケていない人グループの中にいると
 イケてない人になってしまう。

 水が高きから低きに流れるように
 人のレベルも放っておくと低きに流れやすい。

 花形部署にはモテる人が集い、
 斜陽部署にはモテない人が集う。』
と。


「類は類を呼ぶ」
と言いますが、正確には
「類は類になる」のです。

「類」の中に居ると
「類」になってしまうのです。

エネルギーが高いところから
低いところへ流れるのと一緒です。


人は同調してしまう生き物。


結果、
「優れたグループ」「劣っているグループ」
が自然と出来上がるのです。



一流になりたいのなら
いつも一流に触れている必要があります。



「頭ではなく肌で感じて初めて人は成長できる」
のではないかと思います。




追伸

「選択するということは優先度をつけることであり、
 エネルギーの分散を極力避けることである。」

                      by利根川進


逆に言えば
エネルギーは自らコントロールしないと
分散されるということ。

自ら選択することも大事なことです。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ