「成功習慣2」

  001_convert_20120327212051.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。



千田さん曰く、
『成功が継続するか否かというのは 
 結局たった一つのことができるか否かの違いだった。

 後始末ができること。

 ただそれだけの違いだった。』

             -本文抜粋



子供の頃に公園の砂場で気づかされたこと。


「後始末ができる習慣」が
継続して成功するための秘訣。


成功するためのヒントは
子供の頃に教わったこと、夢中だったことです。


人間の一番の根本的な部分だと思います。


それが大人になると
できない人がいかに多いことか。


自分はできていると思いたいのが大人で
できていないけどできていると思わせたいのが
大人です。


ただ「素直になる」
その一言に尽きます。




「口説くのではなく、魂を素直に語ることだ」

             byジャック・ケルアック



いくら取り繕っても魂の素直さには勝てない。

どんな状況でも言える事だと思います。

素直であるが故、人の意見を聞き入れる。
素直であるが故、すぐに実行することができる。





【ヒトコトメイゲン】



「成功習慣」

  001_convert_20120327084711.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。



千田さん曰く、
『世の中には成功が一瞬で終わった人と
 継続して成功し続けている人がいる。

 成功が一瞬で終わる人は
 ホテルのチェックアウト後の部屋がとても醜かった。
 掃除係の人が溜め息をつくのが目に浮かんだ。

 成功が継続している人は
 チェックアウト後の部屋がとても美しかった。
 あたかも部屋には誰も宿泊していなかったのように。』


                    -本文抜粋




成功するか否かは
「後始末ができること」

それだけだと千田さんは言います。



「習慣」というのは人生を左右する力があって
よい習慣を実行できるかどうかで
未来が決まります。


ヒンズー教の教えにもあるように


『心が変われば、態度が変わる
 態度が変われば、行動が変わる
 行動が変われば、習慣が変わる
 習慣が変われば、人格が変わる
 人格が変われば、運命が変わる
 運命が変われば、人生が変わる』



実行できるかどうかが未来を決める。


心が変わっても、態度が変わっても
行動できなければ何も変わりません。


一見、
全く関係のないような小さなことが
できるかどうかなのです。



「バタフライエフェクト」

複雑系の世界で使われる用語で
「蝶」の羽ばたきのような小さな要素すら
将来の気候変動のような大きな変化につながるという
考え方。


見落としてしまいそうな
どんな小さなことすら、影響力はあるのだと。

すべては一本の線のように
繋がっているのだと思います。




追伸

先のヒンズーの教えのですが

『心が変われば、態度が変わる
 態度が変われば・・・
 
・・・運命が変われば、人生が変わる』



そして自分が思ったのは

運命が変わればまた
心も変わって、態度も変わって
行動も変わって・・・と
そして人生が変わる。


何となく
人は大なり小なりこのサイクルの中で
生きているのではないかと思います。





【ヒトコトメイゲン】



「気持ちよく生きる方法」

  001_convert_20120325232155.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。



千田さん曰く、
『人間関係を難しくしているのは、
 大人はみんな天邪鬼だということだ。

 好きなものを嫌いだといい
 嫌いなものでも好きだと嘘つくことは多い。
 

 嫌いな人は努力して好きにならなくていい。』

                  -本部抜粋



挨拶など最低限のこと以外は
きちんとこなして後は無関心でいい。


がんばっても好きになれないものは
好きになれない。



カナダのトロント大学のカレン・ディオンによると

「独立心」が「魅力」をつくるというデータがあり、
魅力的な人は独立心があって他者にあまり依存しない 
生き方をしているという。

  
他人に振り回されてばかりいる人は魅力を感じられない。
ということです。


ある程度の村社会は必要ですが
村社会に依存している人は人として弱いのです。


「苦手、嫌い」を克服するための時間は是非
「得意、好き」の時間に割り当てたいと思います。


好きなことをして好きな人と居るのがいい。




「力を借りることは、弱さを作り出す」

             byスティーブン・R・コヴィー
         



人に依存した生き方は
その人の人生を歩まざる負えなくなる。






【ヒトコトメイゲン】



「自分を成長させる方法」

 


001_convert_20120324221421.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。



千田さん曰く、
『ダメ30代が集う稼げない会社の特徴は
 集団で訪問してくることだ。

 稼ぐ人同士の商談はいつもお互い決定権者同士が二人でやるので
 余計な根回しは不要でスピードが猛烈に速い。
 
 そしてそのまま形になりやすい。』

                -本文抜粋


三人組で胸を張って会社訪問してくる
稼げない集団は数で物言わす。


むしろ、個々が弱いため
数で勝負しなければ太刀打ちできないと考えている。


群れの中でしか吠えられない。

人間の心理は
集団の中にいると大きくなる傾向があるので
それを好む。


しかし千田さんは言います。

「そんな時代はとっくに終わった…」


今時そんなことをしていたら
人件費がいくらあっても足りない。


これからの時代
数で勝負することは恥ずかしい事以上に
選手生命にも関わってきます。




人は鍛えられるのは一人でいる時間。



「士別れて三日まさに刮目して相待つべし」

               by古いことわざ




三日会わないうちにお互いがすごい成長を遂げている。
という意味です。


孤独の時間と向き合った時、人は成長できます。


一人で居られる時間は正にゴールデンタイムです。





【ヒトコトメイゲン】



「パソコンに勝つ方法」

  001_convert_20120323221900.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。


千田さん曰く、
『すでに物知りの優位性はパソコンにどんどん奪われている。
 パソコンどころかスマートフォンなどの端末機に奪われている。

 パソコンやスマートフォンにはできない部分こそ
 人間の知力が試される。』

                  -本文抜粋




20世紀は「ものしり博士」は重宝されました。

けれど今や情報というのがこれだけすぐに
手に入るようになっている状況。

しかもその時の最新情報が手に入るので
「ものしり博士」は必要のない存在へと
変わりつつあります。


千田さんは言います。

「時代は『情報』から『知恵』へシフトした」と。


「知識」を「知恵」にするのが人間の役目。


人間がパソコンにはできない
「閃き」の部分を常に発信していかなければいけません。




「我々は他人の知識によって物知りにはなれるが
 賢くなるには、我々自身の知恵によるしかない。」


                   byモンテーニュ




本当にその通りだと思います。

知識とは
結局のところ他人によって得られたもの。

そこからどう化学反応を起こし「知」の「恵」みにするかが
これからの時代、必要とされます。






【ヒトコトメイゲン】

「自分が高まる考え方」

  001+(13)_convert_20120322220604.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。


千田さん曰く、
『予備校生のように必死で学び続けようとする
 姿勢があるか否かである。

 そして学び続ける人は常に変化しているから
 周囲に「教えてください」と人が寄ってくる。』

              -本文抜粋


自分はまだまだ発展途上と考える人と
自分はすでに完成形と考える人。


そもそもこの世に「完成形」なんて存在しません。


人間は一生学び続けていく生き物。


自分は完成形だと胡坐をかいている人は
現状維持すらできなくなります。


変化を求めなくなった時、人は
「お年寄り」と呼ばれます。


いくつになっても必死こいて勉強している姿というのは
生命を感じさせる。








「私は常に学んでいる。墓石が私の卒業証書だ。」

              byアーサー キット





「生涯現役」でいられること自体とても幸せなことだと思います。


本当のところ
人は老後の生活をするために頑張るわけでも
お金のために頑張るわけでもありません。


生きるために頑張る。


ただそれだけだと思います。





【ヒトコトメイゲン】



「必要とされる存在になる方法」

  002_convert_20120321203041.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。


千田さん曰く、
『会社でもすでに出世コースが閉ざされた補欠の先輩には
 教えたがり屋さんが多い。

 稼ぐ人は求められない限り教えたがらない。』

                  -本文抜粋


確かに、仕事ができなければ
「人に教える」ことはできません。

ただそれは程度の問題で年がら年中、
教えたがり屋さんは「怠惰的自己満足」に過ぎません。



自分よりできない人に教えて優越感に浸りたいだけなのです。



そんなところでしか自分の存在意義を確認できないのです。





「自分がいなくても会社が回るのが理想だろう。だが、
 それがいざ実現すると会社における自分の存在意義が
 無くなったことに気づく。 」


                   by流音弥




どんなに有能な人、一人いなくなったところで
会社が回らなくなることはないといいます。


だからこそ日々淡々と
創造しながら仕事をしなければなりません。


自己満足のために会社は存在していません。




【ヒトコトメイゲン】


「危険な場所回避法」

  001_convert_20120321081840.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。


千田さん曰く、
『勉強ができない人の特徴として自分より勉強ができない人に
 やたら教えたがることがある。
 
 先月ゴルフをはじめてばかりの人が、今日からゴルフを始めた人に対して
 人生論を踏まえてレクチャーしたがるのと同じだ。』
 
                       -本文抜粋



「人の不幸は蜜の味」と言いますが、

この「蜜」を食い物生きている人は多いです。


どんな職場でも、人のちょっとした不幸に対して
すぐに近寄ってくる人がいます。


そういう人は
不幸の「蜜」を察知するの力が高いので
すぐさま反応します。


 
自分が不幸人生を歩んでいるがため
他人にも不幸になってほしいという嫉妬心が強いのです。


他人の不幸によって自分が少しでも報われた気になるようです。


こういう人を見かけたらすぐに避難すべし。





「不幸なる人々は、さらに不幸な人々によって慰められる。」

                         byイソップ

                  

そこはそういう人たちが集まる場所。




自然界には危険な場所があります。
危険とわかっているから誰も近寄りません。



人間社会にも近寄ってはいけない場所があると
肝に銘じておきたいです。

                            


【ヒトコトメイゲン】




「ストレス解消法」

  001_convert_20120320072646.jpg




千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。



千田さん曰く、
『行動力をアップさせるためには常に適度なストレスが必要条件だ。
 
 口から発散してしまうのではなく
 栄養ドリンクのように飲み込んでおくのだ。

 適度なストレスは必ず行動力の源泉となってくれる。』
 
                     ―本文抜粋




つらい時、群れたくなるのが人の本能。


「慰めてほしい・・・」
「傷をなめてほしい・・・」
「気を紛らわしたい・・・」


そうやって群れていきます。


確かにその時は、なんとなく解決したように思えますが
実際は深刻化しているだけ。


「問題解決」ではなく「現実逃避」。



結果、千田さんの言う
「行動力に転換できない人たち」
になってしまいます。


何かあったら
問題解決のために行動力に転換するのです。






「多くの人は勘違いをしている。
 ツライことは避け、
 ラクなことをした方が人生は幸せなのではないかと。
 でも逆なんです。」


              by片山右京




群れる人。
群れない人。
どっちでもいい人。


色々な人がいたから人は絶滅しないで済んでいるのかもしれません。


皆が皆、同じ行動をとっていたら一気に絶滅してしまうから。



【ヒトコトメイゲン】



「絶対的成功法」

  001_convert_20120320073007.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。


千田さん曰く、
『成功するために嫌いなことでも我慢しなければならない。
 という間違った認識がある。

 我慢の先に明るい未来があると思っているのだ。
 ところが現実はこうだ。
 
 我慢の延長線上にはさらなる我慢が強いられるだけであり
 いつまで経っても明るい未来などやってこない。

 それどころか我慢していることに慣れてしまって
 自分が我慢の人生を送っているという
 認識すらなくなってしまう。』

                    -本文抜粋



「仕事は我慢の連続だ」

「我慢してやっていればいつかいい事がある」


よく言われた言葉です。


当時は
「そうだよな、それが仕事だよな…」

と洗脳のように思い込んでいました。



けれど
「我慢が後に報われる」

そこには何の根拠もありません。


仮に
我慢して、我慢して、成功したとしても
それがすべて嫌いなことだったら
果たしてそれは心から喜べることでしょうか?


それは生き地獄でしかありません。


成功や失敗は結果的な部分です。



その費やした自分の命を存分に
楽しめたかが人生だと思います。



生き地獄に慣れてはいけない。




追伸
「矛盾を受け入れる力をサラリーマン時代につける。
 サラリーマン人生は僕にとって最高の地獄でしたね。
 最低じゃなくて最高の…。
 だからこそ、いまの自分がある」。

                byテリー伊藤


矛盾を感じたから、今の自分がある。



【ヒトコトメイゲン】


「クオリティが上がる方法」

  千田琢哉ブログ
『ki du ki』
より。







「『じっくり考えます』を正式に翻訳すると

『普段何も考えていない

知的怠惰の給料泥棒です』」


                  
by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田さん曰く、
『「じっくり考える人」は普段何も考えていないから
 土壇場になって考える。
 
 そういう人は知的怠惰で
 じっくり考えてもろくなアイデアが生まれないと
 わかっているので先延ばしにする。』
と。




即時処理しないから更にクオリティが下がる。

なぜ即時処理なのか?
そのときが相手にとって一番熱意がある時だからです。


「鉄は熱いうちに打て」です。


人間は感情の生き物。

一番ホットな精神状態だからこそ効果があるのです。


「じっくり考えます」ほど
社交辞令染みた言葉はありません。


「先送りにしたい」とひしひし伝わってきます。

そうはっきりと言ってくれた方が
まだ付き合っていけるのではないかと思います。




「知的惰の給料泥棒」

このフレーズがいいです。

もし本人がこれを言えたら
逆に赦してあげそうなくらい正直です。



【一文字名言へ転換】




「邪魔する人の対処法」

  千田琢哉ブログ
『ki du ki』
より。






「あなたの人生のジグソーパズルに

必要なピースなのだ

光を映えさせるための真っ暗闇のピース」


                                                     by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『生涯、人を邪魔し続ける人というのは
 あなたの人生にとって必要な存在だったということ。

 自分の人生のジグソーパズルに必要な1ピース。』
と。





「闇があるから、光が映える」

どんな職場にも生息する「邪魔しマン」


彼らは人の人生を邪魔しまくってその人生を終えてゆく。
(本人たちは気づいていないが…)

もはやそういう役割だと割り切るしかない。

他人のジグソーパズルの真っ暗の1ピースなんだと。






もしかしたら自分も
ある人にとっては光輝く1ピースになるかもしれないし
またある人にとってはどす黒い1ピースになるかもしれない。



けれど安心してください。
どちらにとっても相手にとっては必要な1ピース。


人生に無駄になる事なんて1つもないのだと実感しました。



「ブタに真珠」
「ネコに小判」


「ブタ」も「ネコ」も価値あるものを、さらに価値を上げる役割を担っていた。

無駄なものはなに1つ存在しない。



【一文字名言に転換】


「学びの心得」

  千田琢哉ブログ
『ki du ki』
より。






「無能な敵はありがたいけど

 無能な身内ってこれ以上に質の悪い敵は

いないわけだ」


                                                     
by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『この人たちが凄いのは
 自分で邪魔していることに気づいていない。
 
 だから生涯を人の邪魔しまくって終えていく。
 
 そういう役割なんだと解釈する以外に納得できない。』
と。



こういう人は典型的な原因他人論者であるといいます。


世の中すべてが敵に見えてしまう、
だから他人の欠点を見抜く力は物凄い。

欠点ではないのに欠点として持ち上げてしまうのが
この人の得意技。



僕らにできることは「割り切ること」

修行するためにこの人と出会ったのだと割り切ること。


この世には必要なものしか存在しないのだと思いました。







「私たちはすべてのことから学べる。
 悪からも善からも、実からも虚からもおそらく学べる。
 狭い見方が敵なのであろう。」

                     by曽野綾子



考え方次第で
敵にも味方にも善にもにもなる。

自分がなりたいものになれるなんて
ありがたいことです。



【一文字名言に転換】




「将来笑う方法」

  千田琢哉ブログ
『ki du ki』
より。






「笑いごとではない。あなたはどうだろうか?

 大切なのは他人の過去を笑うことではなく、

 あなたが将来笑うことだ。」


                                                     by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『今から3、40年前の就職ランキングでは
 上位20社には今は存在しない会社が半分近くもある。

 当時の学校秀才たちは、
 周囲の期待に応えるために真剣にそれらの会社を目指していた。

 歴史的事実をきちんと直視したほうがいい』
と。







当時この会社に入れば「一生安泰」という文字通り幻想に
見事に捕われていました。


それが40年後の今、当時輝いていた会社は消え去った。

これが事実。


僕らは他人の過去を笑っている場合でなく
「自分が将来笑っていられるか」を真剣に考えなければ
ならない。

ここ40年ではたまたま半分残ったが
これから先40年はもっと入れ替わりが激しいかもしれない。






「自らの道を歩め。他人には好きに語らせよ。」

               byカール・マルクス



結局、未来を予測することは不可能。

自ら選んだ道、
好きで選んだ道を選択することが一番ではないかと
思います。



振り回されるも人生。
我が道を行くも人生。

泣くて過ごすも人生。
って過ごすも人生。

同じ時間です。






【一文字名言に転換】



「飛び立つ技術」

  千田琢哉
『何となく20代を過ごしてしまった人が
30代で変わるための100の言葉』
より。






「やがて背中の荷物は翼となって

 あなたは飛躍する時がやってくる

 長い間飛躍したかったら存分に荷物を

背負っておくことだ」


                                         by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『あなたの背中に荷物が背負わされているのは頑張っている証拠。
 頑張っていない人には何も背負わせてもらえない。

 背中に背負った荷物が重ければ思いほどあなたの脚力が鍛えられる。』
と。




名言ですね。



逃げ回ってばかりで何も背負っていない人は、
飛び立つための脚力が弱いため少ししか飛べない。
むしろ飛び立つことすらできないかもしれない。

けれどそれは自分が一番わかっていることなので
飛ぼうとも思わない。

一生、現状維持で幕を閉じる。


一方
今頑張ってたくさんの荷物を背負わされている人は
脚力が鍛えられる。

そして、いざ飛び立とうと思った時にいつでも飛び立てる。
その自信もあり、夢も広がる。



僕らは、その飛び立つための「」を
今、鍛えなければならない。






「自分のだけで飛ぶなら、鳥は高く舞い上がることはできない」


                        byウィリアム・ブレイク



高く舞い上がるためには人間も同じかも知れません。


もちろん自力で飛ぶことができなければ
高く舞い上がることもできません。



【一文字名言に転換】




「閃く方法」

  千田琢哉
『何となく20代を過ごしてしまった人が
30代で変わるための100の言葉』
より。






「発想力が豊かだというのは

ある日、突然何かひらめくのではなく

日常の裏側を覗くことだ」


                              by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『世間体という表ばかりを見ていながら
 大切なことを見落としてはいないだろうか?

 あなたから世間体を外した裏側には何が残されるのか?

 あの日、学校のテストの裏に描いた落書きこそが
 自分の本当に好きなこと』
と。




「自分の本当に好きなこと」




つまり、
本当はやってはいけない事だけど
ついついやってしまったことが
その人にとって一番ポテンシャルが発揮できること。


世間体を無視して自分がのめり込んだことこそが
発想力を生み出すんだと千田さんは言います。


普段の試行錯誤の努力があって
その上、日常の裏側を覗くことができた時
ひらめきが生まれる。




あの偉大なエジソンも言います。


「天才とは99%の努力と1%の閃き」
と。



「努力前提」があって「ひらめき」があるのは不変です


日常の「」つまり「非日常」。




【一文字名言に転換】


「決める方法」

  千田琢哉
『何となく20代を過ごしてしまった人が
30代で変わるための100の言葉』
より。






「判断は論理的に、決断は感情的に」

                              by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田さん曰く、
『判断は周囲に相談したり情報収集したり納得いくまでやる。
 その道のプロの判断は必ず一致する。

 決断とは判断した複数の選択肢の中からいずれか1つに絞り込むこと。
 プロから見て正しい選択肢を捨てる作業でもある。

 判断の基準は好き嫌いという感情で決めていい。

 多数決で決めてはいけない。』
と。


論理的に行ったものを「判断」。

その判断の中の選りすぐりが「決断」。

そしてその決断の基準は「好き嫌い」。




言ってしまえば

「人生、決断の毎日」です。

日々、様々な情報が入れ替わり立ち替わっています。

そんな中から取捨選択し、判断する。



こうしている間にも
無意識的に判断し、決断しているのです。



その決断の基準はあくまでも自分の「好き嫌い」。


自分の「好き嫌い」で生きていける。

こうしてみると
それだけ僕らは恵まれていることに
気づかされます。


日々感謝です。



「感情」に生きれば後悔はない。




【一文字名言に転換】







「望まれてリーダーになる方法」

  千田琢哉
『何となく20代を過ごしてしまった人が
30代で変わるための100の言葉』
より。






「聞かせる人ではなく聞く人」

                              by千田琢哉




千田琢哉
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





千田さん曰く、
『リーダーといえば部下に指示を出して
 自分の言うことを聞いてもらう人だ、という誤解がある。

 リーダーというのは言うことを聞いてもらう人ではなくて
 聞いてあげる人。

 人の話を聞き続ける人が最終的に望まれたリーダーになる。』
と。




ただのリーダーは
部下の話を遮って大声を張り上げる。

ひたすら自分の話を聞かせることが任務だと
思っているのでよくしゃべる。

千田さんが言うように
「聞く人が真のリーダーになれる」と。


「話し上手」より「聞き上手」の方が
好感をもたれる割合が高いのは言うまでもありませんが、

それを実際行っている人の割合が少ないのも
言うまでもありません。


徹底して人の話を聞く。


耳を立て、相手の目をみて、うなずいて・・・

正に「聴」くということです。





【一文字名言に転換】











「カルマ」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『リーダーになる前に20代でインストールしておきたい
大切な70のこと』



「宇宙には善悪を判断する力はない

 ひたすらバランスをとりたがっているだけなのだ」



千田さん曰く、
『いい行いをして放っておくと
 巡り巡って大きな利息を雪だるま式につけた幸福が訪れる。

 悪い行いをして放っておくと
 巡り巡って大きな利息を雪だるま式につけた不幸が訪れる。

 こんなにシンプルな法則の中で私達は生きている』
と。


これを「カルマの法則」といいます。


カルマとは仏教用語で
「自分の成した行為は必ず自分に返る」と言う意。


つまりは
「因果応報」


自分がしたことがブーメランのように返ってくると。

直接的に返ってくるわけでもなく、
直後に返ってくるものでなない。


間接的に時間差をおいて返ってくるといいます。




「宇宙はひたすらバランスをとりたがる」

という法則にも当てはまります。



ここで少し疑問が…

「行為」自体は同じとする。

「純粋な行為」でした事と
「打算的な行為」でした事では
結果はどうなるのか?

ということですが、



もちろん相手は純粋か打算かなんてわからない。
それでも同じくバランスは取るのか?



善悪の判断は持っていないのだから
結果は「同じ」ということでしょう。







追伸

「人間として正しいことをすれば、宇宙は応えてくれる」


                       by稲盛和夫


それがバランスを取るということ。

同じく、正しくないことをしても、宇宙は応えてくれる。


至ってシンプルですね。

「ツケ」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『リーダーになる前に20代でインストールしておきたい
大切な70のこと』



「事実をありのまま受容するだけで

 問題の半分は解決している」



千田さん曰く、
『何が起こっても自分に原因がある。

 逃げたとしてもそのツケは必ずやってくる、
 それも利息を付けて。

 目の前の苦しいことを受け入れた時
 問題の半分は解決している。』
と。



結局
「苦しいことから逃げだすことはできない。」
ということです。


一生。


自分が苦手だと思うこと、逃げ出したいことは
再び、似たような形でやってくることは間違いありません。


それは皆さんも何度も経験してるからわかるはず。


自分で乗り越えない限り
それが無くなることはないこともわかっているはず。


当たり前のことです。




起こることすべてに理由があるのです。



「事実は小説より奇なり」

起こったことを周りのせいにすると「奇」でしかありません。


起こったことは自分が原因と考えると
すでに解決に向かっています。





追伸
「原因なくして何事も起こりません。
 その原因は予期せぬ方向からやってくるのではなく
 あなた自身が作り出すものなのです」
                                                                   byマーフィー



自分が原因と考えた方が「楽」だし「早い」です。

そう考えることで「潔さ」と「時間」が手に入ります。

そして1つの考えに固執しない
柔軟な考え方ができる人になります。

いい事だらけ。

「あの日」

 
千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉ブログ『ki du ki』より。


「人生どんなことがあっても
 
 腐らなければきっといいことがある」





「3.11」

あの日から早一年。


TVでは大々的に特集が組まれ、
あの日を振り返っています。


あの日を忘れてはいけない!と
言わんばかりに特集が組まれるのはどんなものかと…



「ちょうど一年経ったから・・・」


被災者に向けて発信しているようには到底思えません。

結局「TV」というのはその他大勢を惹きつけるためのものでしかありません。

被災者にとっては一日も一年も
変わらず心に刻まれています。



ただどんな状況でも
「腐らなければきっといいことがある」
と千田さんは言います。


それはすべてに言えること。


家族や友達を失った悲しみは
失った本人にしかわかりません。


けれど腐らなければ、生きていれば、
きっと今日を迎えられてよかった思える日が来るはず。



気づいたのは
今を嘆くことも希望の光に向っていくのも
同じ一年だったということ。



生きることは決断です。






追伸

「あの日、私は命を与えられたんです…」

                3.11の被災者より。




今ある現実はあくまでも自分が感じたこと。

実際起こっている事は、
自分の考え方、価値観、記憶、感情、を通して
自分が感じたこと。


人と違うのは当り前です。


そんな中で自分はどう捉えるのか?

人生の幸、不幸を決められるのも自分です。




「お洒落」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『リーダーになる前に20代でインストールしておきたい
大切な70のこと』



「青信号の点滅では

 横断歩道を渡らないというお洒落」



千田さん曰く、
『ビヘイビアを身につけたいのなら
 身近なところから変えていくこと。

 横断歩道を走って渡るのは
 カッコ悪い。

 それは自分の段取りの悪さを
 披露しているようなもの。

 普段から前倒しで生きる習慣があれば
 横断歩道をダッシュする必要はない。』
と。




横断歩道を無理して渡っている姿がカッコ悪い。

横断歩道を無理して渡らなければならないほど余裕がないのがカッコ悪い。


ちょっとした行動がその人の生き様を表してしまうのが
おもしろいところです。


エレベーターを利用する時にもそれは潜んでいると言います。

「乗り合わせた人に挨拶をしない」
「足音が近づいてきたのに『閉』ボタンを連打する」
「乗る順番と降りる順番を守らない」

簡単で当り前のことができるかできないかそこが
分かれ道です。




「壁に耳あり、障子に目あり」


自分で見られていないと思っている行動こそ
人の目にはよく飛び込んでくるものです。




追伸
「あたりまえのことを、あたりまえにすれば
 あたりまえのことが、あたりまえにできる」


                by藤田元司



だからできる人は10人に1人。

当り前過ぎてできない。

できない人が多いから、できてる人は光る。

「顎の筋肉」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『リーダーになる前に20代でインストールしておきたい
大切な70のこと』



「確認してからキスするのではない
  
 キスしてから確認するのだ」


千田さん曰く
『できるリーダーははじめの一歩がはやい。

 だから夢を形にできる。

 スポーツの世界ではフライングは失敗だが
 人生においてはフライングしなければ失格だ。

 確認する前にキスしてしまうのだ。』
と。




「!?」


ページをめくった瞬間、
目ん玉に飛び込んできた名言です。


そういう意味だったのですね。




「夢を語る時間」と「実際に踏み出した時間」は対極。



いつまでたっても、夢を実現できない人は
はじめの一歩が怖いから
夢を語ることで自分自身のバランスをとっています。
だから実現できない。
そして、やたらあごの筋肉が筋肉が発達している。



次々と、夢を実現できる人は
はじめの一歩も、確認することなく
フライングしてしてしまうから失敗も多いが
後で振り返ってみると夢を実現させている。
そして、やたら魅力的なオーラを発している。




今やるしかない。

「明日から…」
「キリのいいところから…」


「明日」も「キリのいいところ」も実際にはお目にかかれません。
あるのは「今」という時間だけ。


「未来、現在、過去」
これらすべては単に人間の取り決めであって
存在することはないのです。









追伸
「飛び込んじゃえ!」

          byyousow

「やり方」「結果」なんて即興で考えればいい。

とにかく
後先考えずその理想に飛びこんでしまえ
ということです。


これぞまさしくフライング!


一歩は怖くない。

一歩を怖くしているだけ。

「かわらないもの」

  001_convert_20120305075052.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『リーダーになる前に20代でインストールしておきたい
大切な70のこと』



「アナログとデジタルは常に一体化するものであって

 デジタル化は究極のアナログ化実現のための

 手段にすぎない」



千田さん曰く、
『コミュニケーション手段として「メール」がある。
 
 デジタル化真っただ中のメールのやりとりでこそ
 その人のアナログ力が露呈される。

 アナログというのはデジタルと相反するものではない。』
と。




「アナログ」はどこまでいっても「アナログ」で
デジタル化はあくまでも「手段」にすぎません。


メールに関して言えば
「内容」「送る時間帯」などで
相手の表情はわからなくとも
思っていることは伝わります。


「デジタル」を装った「アナログ」なのです。
そこに見え隠れするのは人の本性です。


デジタルという無機質なものだからこそ
本性が露わになってしまうのかもしれません。



追伸
「理性は、本性よりもしばしば我々を欺く」

             byヴォーヴナルグ


罪を罪と感じないのが最大の罪だと思います。

「人の気持ちがわかること」
こういった超アナログなことが
デジタルが進んだ今一番必要なことだと思います。






追伸2
手段が手軽にできるようになった今
求められるのは何なのか?

これからもっとデジタル化が進み生活が変わるとしても
人とのつながりの大切さは不変だと思います。

「不言」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『リーダーになる前に20代でインストールしておきたい
大切な70のこと』



「『話』:『聴』の配分はいつも
 
 『1』:『9』」




千田さん曰く、
『世の中は教えたがり屋さんで溢れかえっている。
 自分の話を聞いてほしい人ばかりなのだ。

 人は教えてくれる人ではなく
 聴いてくれる人を好きになる。

 1:9くらいでちょうどよい。』
と。



「話上手は聞き上手」と言います。

話上手な人は常に聞く姿勢です。

有力な情報だとか、話の内容でその人が
「話し上手」になるのではなく
ひたすら聞いてくれたから
「話し上手」として見受けられたのです。


そして千田さんは言います。
「比率は1:9」と。

そのくらいの心構えの方が結果「2:8」くらいになって
ちょうどいいのかも知れません。

それほど人は話したがり屋なのですね。







追伸
イタリアの経済学者ヴィルフレッド・パレートが唱えた
「80対20の法則」というのがあります。

「イタリア国民の全体の80%の富を20%の人々が生みだしている」
というものですが

この比率は随所に当てはまると言います。

例えば
「会社の売り上げ」
「国家の犯罪」など。


「2:8」というのはバランスをとるための
比率なのです。





追伸2
「不言の言を聞く」

        by荘子


「口には出さない、言葉として発しない言葉を聞くことが大切」
という意味ですが



究極はそこへ行きつくのではないかと思います。









「感情」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『リーダーになる前に20代でインストールしておきたい
大切な70のこと』



「感情で褒めちぎって

 理性で淡々と叱る」



千田さん曰く、
『できるリーダーは部下を褒める際に感情はむき出しにして
 まるで自分の事のように喜ぶ。

 逆に叱るときは冷静沈着になって理性的に淡々と論じながら
 気づかせる。

 ダメなリーダーは部下を褒める時冷静になって
 「いい気になるなよ」と妙に冷めている。

 逆に叱る際は感情むき出しにし怒鳴り散らす。

 感情と理性を出すタイミングがその人の
 年収やポジションを決定していく。』
と。


名言です。


全くその通り。

世の中
「感情で叱って理性で褒める」上司がいかに多いことか・・・

納得の数だけ存在しています。




「感情で褒めちぎって理性で叱る」上司だったら
誰もがついていきたいと思います。


そこにはまぎれもなく「愛」があるからだと思います。

自分の事のように喜んでしまう…


感情を出すタイミングでこうも人生が変わってしまうのですね。





追伸

「反面教師として見ているから大丈夫」
と高を括っている人は危険。

類は友になってしまいます。




追伸2
「思考が人生を形づくり、感情が人生をコントロールしている」


                           by本田健




…ということは
感情をコントロールできれば
人生もコントロールできるということ。


千田さんの言葉
「感情を出すタイミングがその人の年収やポジションを決定していく」
と同じですね。



「黒子」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『リーダーになる前に20代でインストールしておきたい
大切な70のこと』



「いる時に目立たず

 いない時に目立つ」




千田さん曰く、
『存在感とはいなくなった時に目立つこと。

 黒子的存在で周囲を応援し続けてきた人が
 時を経て存在感が際立ってくる。

 「いつも目立たないけど、あなたがいないと何も始まらないんだよね」
 という人が結果的に認められる。』
と。


皆さんの職場にも
「いる時はやたら声が大きくて自己主張して
 騒いでいるのにいなくなると目立たない人」
が生息していると思います。


映画でもそうですが
「黒幕」というのは
普段は目立たず、とっておきというシーンで登場します。


本当の実力者というのは
澄ました顔して存在感のない人を装っていたのです。


そこでバランスをとっていたのですね。



そして「存在感」というのは
自分で確認できない所がミソです。

あくまでも周りの感想であって
自己評価できるものではありません。


遅刻しても気づかれなくなったら
かなり危険です。



追伸

「失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけだ」


                           byシェイクスピア


目立とうとすればするほど目立たなくなっていく。
そういう人は
何らかコンプレックスを隠すために大きな声を出して
目立とうしていることがわかる。




追伸2
「見えないところをきれいにすると、見えるところが光りだす。」

                        by松下 幸之助

こういうことでもあります。

「役割演技」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『リーダーになる前に20代でインストールしておきたい
大切な70のこと』



「『人の上に立ちたい』

という人はもっともリーダーに向いていない」




「人の上に立ちたい人」というのは
「権限」と「権力」を勘違いしている人。



与えられているのは「権限」であって
決して「権力」ではない。


そもそも「権力」とは?

辞書で調べると
「強制執行能力を行使できる権限」
とあります。


つまりは
相手を力で動かすことができるということ。


「権限」とは?

「ある範囲のことを正当に行うことができるものとして
与えられている能力。」とあります。

つまりは
何かに則って行使できる能力。立場。



両者は
同じ意味を持っていますが、性質は全く違います。


「権力を持っている人」は自分が凄いと勘違いしてしまう。

「権限を持っている人」は自分がその立場を与えられているだけの話。


ここを勘違いしてしまう人が多いのです。




「人の上に立っている」じゃなくて
「今回はたまたま人の上に立たせてもらっている」という
気持ちが大事だと思います。




追伸
人は与えられた役割を忠実すぎるほど演じる傾向があります。

これを心理学用語で「役割演技」と言います。

職場における上司・部下という関係も
「役割演技」の法則が働くそうです。



つまりは人はその立場になると
その立場の人間を忠実すぎるほど演じてしまう
ということです。



自分の中のモデルがいかに大事かということです。





追伸2
「理想のバッティングフォームとは
 一晩中素振りを続けて、疲れたときに出てくるフォームが
 君にとって一番無理の無い理想のフォーム。」


                      by張本勲



「理想の上司」とは
自然体でいることなのかもしれません。

「ロバ」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉ブログ『ki du ki』より。

「人生を好転させるバンジージャンプお試しあれ」


千田さん曰く、
『腐った人脈を絶つことから素晴らしい人生がスタートする。

「興味ない」の一言が言えないと泥沼人生に引きずり込まれる。

 あなたの人生や人脈がパッとしなかったのは
「興味ない」の一言が言えなかったから。』
と。



旧友から借金や押し売りをされて
嫌われまいと「断れない」人がいる。


曖昧な表現でお茶を濁したりする。


千田さんは言います。
『「興味ない」の一言が言えないから人生や人脈がパッとしない』
と。


もうすでに相手も決めています。
あなたのことを「金」でしか見ていないということに。

だからこちらも覚悟を決めて
「興味ない」と断ってあげるのがお互いの為。


「人生を好転させるバンジージャンプ」


飛ぶ前は怖くて仕方ないけれど
飛び終わったあとの爽快感は病みつきになります。


この「人生のバンジージャンプ」

「飛ぶ」「飛ばない」の選択肢の他に
「飛ぶか飛ばないかどうしよう」という選択肢もあります。


世の中の大多数の人がこの
「飛ぶか飛ばないかどうしよう」の人生で幕を閉じます。




「ビュリダンのロバ」という有名な寓話があります。

別れ道でおなかをすかせたロバが迷っている。
右に行けば水があるかもしれないし、
左に行けば餌があるかもしれない。

ロバがどうなったか?

結局どちらの道も選ぶことができず餓死してしまった。


という話ですが
世の中の大多数の人たちがこの
「餓死してしまったロバ」なのです。



「どちらにしようか」というのも
選択肢の内のひとつだったのです。


時間と共に自分を取り巻く状況は変化して行くのは
自然の摂理です。





追伸
「好転する前には、悪化するという段階もあり得る。」

                     byチャーチル




それが人生の醍醐味でもあります。


「完璧」なんてつまらない。

「完璧」・・・そんな言葉すら存在しません。


 


「たった1つ」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと』より。


「『すべての原因は自分の心の中にある』
 
 ということに」



千田さん曰く、
『原因を外に求めれば求めるほどに
 ますます苦しまなければならない。

 すべての原因は自分の心の中にあることに気づけば
 幸せになれる。』
と。



この本のタイトルである
「人生で差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと」



その1つとは
「すべての原因は自分の心の中にある」
ということ。



それに気づいた時、人は幸せになれると。



それに気づいた時、相手を赦すことができます。
それに気づいた時、上司をもっと尊敬できるようになります。
それに気づいた時、会社に行くのが楽しくなります。
それに気づいた時、当り前と思っていることが当り前ではないと思います。


・・・それに気づいた時、人に感謝できるようになります。




自分が「悪い」ということではなく
自分に「原因がある」と思うこと。


変われるのは常に自分だということです。


そんな人は放っておいても幸せになると思います。






追伸
「過去の因を知らんと欲せば其の現在の果を見よ
 未来の果を知らんと欲せば其の現在の因を見よ」


                   by心地観経



原因は「今」(自分)にあると考えると
未来も過去も変えられます。





本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ