「やりたいことができるようになる方法」

  001_convert_20120426203901.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『雑用をふられた同僚が「え~、それ私がやるんですか?」
 という反応をしたとしよう。

 これはチャンスだ。

 相手が「え~」と言いかけた途端、「私にやらせてください」 
 といって横取りしてしまうのだ。』

                  -本文抜粋



「やりたくなければ、やらなければいい」


「やらなければならないこと」はこの世に存在しない。
あるのは
「やりたいこと」と「やりたくないこと」


本当にやりたくなければクビ覚悟、減給を覚悟で
やらなければいい。

独立して、自分のしたいことだけする選択肢もある。

そこまで会社も拘束力はないし、
一人欠けたくらいでは誰かがカバーしてくれる。

義務的な仕事は存在せず、
それを本人が勝手に「義務」だと思いこんでいるだけ。
単純なことです。


「雑用」も仕事を成立させる仕事。
小さな歯車かもしれないがどれも必要です。
本来、「雑用」という言葉自体も存在しません。


今自分がやっていることは
自分がやりたいと思った事の延長線上にあるものです。


千田さんは言います。
『「義務」ではなく「権利」』だと。


そこを履き違えて
「やりたくないけど、俺がやらなければならない…」

こんな矛盾した言葉を発さなければならないのは
学生時代に義務的にやらされた勉強です。


「やりたいからやっている。」
「やりたくないからやっていない。」

それだけの話。


【ヒトコトメイゲン】



「不安の付き合い方」

  001_convert_20120426075500.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』
より。


千田さん曰く、
『ヒツジは20代の頃から老後の年金を心配している。

 ライオンは老後の心配によって思い切り好きなことをするのを
 妨げられるくらいなら、自力で生涯賃金を早めに稼いでしまおう
 という発想だ。

 ライオンがお金を稼ぎ続けるのは、あくまでも
 自分の好きなことを好きなだけして人生を謳歌するための
 手段なのだ。』

                 -本文抜粋


ヒツジは
「年金制度が破綻したら…」
「日本経済が破綻したら…」
「マヤ文明の予言通りになったら…」
と見えない物体と日々格闘しています。


ライオンは
そんな不安と一生付き合っていくくらいなら
さっさと生涯賃金を稼いでしまおうという発想。
やりたいことを好きなだけできる
人生にしてしまおうと考える。


確かに人間は「不安」というものを
本能的に常に持っている生きものです。

身の危険を予測することは
大事な本能です。


けれど
「過ぎたるは尚及ばざるが如し」

腕を組んでウンウン考え込んでも
答えはでません。

そのエネルギーをそのまま
行動に転換したほうが断然お得です。



フランス・ランス大学の
ファビエン・レグランド博士が提唱する。
「リバーサル理論」というものがあります。

絶叫マシーンに乗る前後の気分を調べたところ
乗る前の不安が多い人ほど乗り終わった後の興奮度が
高かったそうです。


「人間は不安が大きい方がかえって後で喜べる」
というものです。


不安は感情の高まりであり、
その状態から解放された時に一気に快適な興奮へと
変わるそうです。



今大きな不安を抱えている人も
それを乗り越えた時、現実的な不安からも解放され
更にすごい興奮も味わえます。





【ヒトコトメイゲン】


「長続きする方法」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』
より。


千田さん曰く、
『20代で報われなかったことが30代で、
 30代で報われなかったことが40代や50代になって
 まったく別の形で報われるようになっている。

 振りかえったら、いつも一本の糸で
 繋がっているのだ。』

              -本文抜粋


ヒツジは結果を早く求めがちで
それが長続きしない原因になります。

今、結果が出ないものは
複利で経験は蓄積されていると
千田さんは言います。

その経験が
自分の血や肉になっていると思うことが
大切です。



「パブロフの犬」のように条件反射的に
「今やっていることは未来に繋がっている」
という思考をつくれば、
辛いことを率先してできるようになると思います。

「辛いこと、成果の出ないこと」=「成功への糧」
のように。




「報われぬ愛はなし。
 これか、あれか、方法は違うが報いられるのは確かである。」

                    byホイットマン



どんなことでも報われる時が
必ず来る。

それは形を変えてくるかもしれないし、
時間差があるかもしれない、
自分はすでに覚えていないかもしれない。


そのロマンこそ人生の楽しみの1つかもしれません。




【ヒトコトメイゲン】


001_convert_20120424073044.jpg

「努力が報われる方法」

  001_convert_20120423223450.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』
より。


千田さん曰く、
『ヒツジは努力がすぐに報われると考えている。
 
 ヒツジが努力せずに何事も長続きしない理由は、
 努力と成果は1:1だと考えていることと、
 成果を早く求め過ぎるからだ。

 ライオンは努力が繋がっていると考えている。』



世の中のほとんどのヒツジたちは
「努力」がすぐに報われると考える。

見返りをすぐに求めたがるのです。

そもそも多少の努力ですぐに報われるなら
世の中成功者だらけで
つまらない世界ができていると思います。


ここにトーマス・エジソンの名言があります。

「ほとんどの人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは
 不可能だというところまで行きつくと、そこでやる気をなくしてしまう。
 いよいよこれからだというのに。」

              

だから世に成功者が少ないのです。


みんなもうちょっとで報われるところで
やめてしまっているのです。

こんなもったいないことはありません。


千田さんの言う
「努力は繋がっている」と考えれば
すぐに結果を求めることもなく
あきらめることもないと思います。


気長に待つというより
今この瞬間が成功へ繋がっていると
考えるのです。







『「努力」の果に光はあるのか?もしかしたら
そこには「更なる努力」しかないのかもしれない。』

          byyousow



人の何倍も努力しても
その努力が報われない時があります。


結果を早く求め過ぎたのかもしれないし
努力の方向が間違っていたのかもしれない。


すべては考え方一つ。

あきらめるのはいつも自分です。




【ヒトコトメイゲン】


「仕事に熱くなれる方法」

  001_convert_20120422205813.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』
より。


千田さん曰く、
『ヒツジは自分の給料は会社からもらっていると
 信じて疑わない。
 だから社長や上司には
 ペコペコしていつも卑屈に振る舞っている。

 ライオンは自分の給料は
 お客様からもらっていると考える。
 だから、日々接客はやる気で漲っているし、
 クレームにも真摯に対応できる。』



自分の給料の出所は会社ではありません。

お客様を喜こばせた結果、会社を通して
給料がもらえるのです。

決して、会社から、社長から
もらっているわけではありません。

この本質をわかっていない人が多いのが今の現実です。


お客様はさておき
「社長様様」「上司様様」の人間が多いです。


会社の目的は
お客様を喜ばせることです。

お金を稼ぐことを目的にした途端に
このようなヒラメ人間が増殖します。


お金とはあくまでも
「対価」であり結果的なものです。


見るべき正しい方向を定めて
仕事をしなければなりません。


皆が見るべき方向を定めて仕事をすれば
結果的に会社の業績も伸びることになります。


「富は手段であり、その目的は人間である。物質的な富は、
 人間の向上のために用いられなければ意味がないと言ってよい。」

                  byジョン・F・ケネディ



人が幸せになるための手段として「お金」が存在します。
「お金」をたくさん集めることが目的になっては
本末転倒です。



【ヒトコトメイゲン】



「究極!幸せになる方法」

  001_convert_20120422073634.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』
より。


千田さん曰く、
『まずはこの世に生まれてきた奇跡に感謝して
 日常の小さな幸せに対しても「ありがたい」
 という気持ちを決して忘れない。』

           -本文抜粋



人がこの地球に誕生できる確率というのは

「箱の中に時計の部品を入れ、その箱を振って時計が完成する確率」
といいます。

これは皆無に等しい。

地球の自転の速度・公転の角度・太陽までの距離など
奇跡が奇跡を生んで人類が誕生したそうです。




一方で
精子から見て、自分が生まれてくる確率というのは
「 1/300,000,000」
つまり天文学的な数字になるそうです。


これもほとんど皆無です。



「地球に人類が誕生した」確率。
「その人がこの世に生まれてきた」確率。

この二つを合わせればとんでもない確率になります。

0%に近い数字です。


それがあなたであり、あなたの周りにいる人です。

人間の存在自体がすでに奇跡。

その瞬間に僕らは生きています。



人は「幸せになろう」「もっと裕福になろう」
と考えますが、
すでに「幸せ」なのです。
幸せは生まれた時から持っているものなのです。


千田さんの言う
「日常に感謝する」


そう
今目の前にある「日常」こそがすでに幸せなのです。







【ヒトコトメイゲン】



「幸せになる方法」

  001_convert_20120420205839.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』
より。


千田さん曰く、
『ヒツジは自分より不幸な人が大好きで、
 不幸な人を探しては同情して慰めている。

 ライオンはありのままの現実を受容して
 ありのままの幸せを享受する。』

              ー本文抜粋



ヒツジは他人の不幸を見て
「自分はこの人よりまし。」
と幸せを感じる。

自分より下の人を探して安心を得ている。
でなければやっていられないのである。

こうして不幸探しをすることで
少しは報われた気になって人生の幕を閉じる。



ライオンはありのままの現実を見ている。

どんな小さなことにすら感謝ができて
幸せを感じることができる。

他人にも感謝ができるから
幸せな人に囲まれて楽しい人生を過ごせる。


「幸せはその人にのみ帰属するものであり
 幸せが見つからないと言っている人は
 幸せを感じる心を動かしていないだけかもしれません。」

               by小林正観 




幸せとはどこか探しに行くものではない。
すでに持っているもの。
そこに気がつけるどうかなのです。


幸せを探しに行った瞬間、他人の幸せばかりが
目につき、嫉妬し、
出口のないトンネルをさまようことになります。


今、目の前の現実を享受するのです。


【ヒトコトメイゲン】


「奴隷にならない方法」

  001_convert_20120420081734.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』
より。


千田さん曰く、
『ヒツジは模範解答こそが命であり、そこから外れる人を悪と見なす。
 それがたとえお客様でも模範回答から外れると対立してしまう。

 ライオンはお客様が自社のルールから外れた際には
 ひょっとしたらルール自体が間違っているのではないかと考える。』

                    -本文抜粋



「ひょっとしたらルール自体が…」

この「ひょっとしたら」に気づけるか否かが
人生を決めていると言っても過言ではありません。


どんなに正論をまくし立てても
別の角度から見たら全く違う方向に突っ走っていた。
なんてことは往々にしてあります。

どこの世界にも「絶対的な」ものなんて存在しません。

「模範解答は常にリニューアルされるべき」
と千田さんは言います。

そう考えると
「模範解答」自体存在しないものかもしれません。

「模範解答」を正確に言えば
「現時点での模範解答とされるもの」です。





「あなたは、模範の奴隷になるな。」
           
            byゴッホ




奴隷になった時点で、
その模範解答以上になれません。

考えが「固執、執着」した時点で退化の一途をたどります。




【ヒトコトメイゲン】


「行動する力を得る方法」

  002_convert_20120418204206.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』
より。


千田さん曰く、
『ヒツジは勇気がないので、
 絶対の安全を確認してからでないと動けない。

 いい悪いは別として、世の中には考える前に
 行動する人がいることを知っておくことだ。

 ライオンは人生すべてにおいて、
 行動しながら相手を納得させる。』

             -本文抜粋


「石橋をたたいて渡る」という
ことわざがあります。


慎重に慎重を重ねた行動のことを言いますが、
石橋を叩きまくってから渡っていたのでは
何もすることなく確認作業で人生を終えます。


こうやって「確認作業」で人生を終えてしまう人が大多数。


臆病で勇気の無さが、行動を制限してしまっているのです。


しかし世の中には
「考える前に行動する人種」がいると
千田さんは言います。


とりあえずそこへ飛び込んでしまう人。
考えるのはそれから。

いくら結論を予想しても、結局のところ
行動しない限り、自分で体験しない限り
結果はわかりません。

100%的中することはありません。

だったらさっさと行動して
ダメとわかったら路線変更したほうが良いのは
言うまでもありません。


肘鉄は食らうかもしれませんが…






「行動し、進むにつれ、行動を正せ」

         byマックスウェル・マルツ



行動を修正するのは、やりながらでもできる。
やる前から頭でっかちになって動けないのは
本当にもったいないです。




【ヒトコトメイゲン】


「人生を泥沼化されない方法」

  001_convert_20120417165251.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』
より。


千田さん曰く、
「ヒツジはクレームを言う。
 ライオンは黙って二度と足を運ばない。

 ヒツジはサービスの悪い相手に自ら深く関わって
 人生を泥沼化させていく。

 直訴する価値があるのは、
 これからずっと付き合っていく相手のみである。」

                 -本文抜粋


人生を泥沼化され、自分の感性と時間という命を
奪われたければ「クレーム」を言い続けるといい。


善意を大義名分としてクレームを言う人もいれば
悪意に満ち、純粋に相手を屈服させたい人もいる。


両者とも奪われるものは一緒。


千田さんは言います。
「クレームに対して価値があるのは
 これから共にしていく相手のみ」
だと。


これを機に変わってほしい。
あなたとこれからも一緒にやっていきたいと
思う相手に対しては言うべきだと。





「クレームの半分は、聞くだけで解決する」
               by中谷彰宏



もし自分がクレームを言われる立場になってしまい、
更にそれが自分の犯したミスではないとしても
真摯に聞くだけで問題の半分は解決する。

そして
真摯な対応をしたあなたに対して
ファンの感情すら持ってくれるようになる。



人の感情は
「好き」と「嫌い」を併せもっている。


「嫌いだから好きで好きだから嫌い」ということ。







【ヒトコトメイゲン】


「本物の力を得る方法」

  001_convert_20120417065957.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』
より。


千田さん曰く、
『目上の人から依頼を受けた際に、ヒツジは
「それをやる理由は何ですか?」「根拠は?」と
 ふんぞり返って質問してしまう。

 勇気がないヒツジは根拠を聞くことによって
 単に実行を先延ばしにしているだけだ。

 ライオンはうだうだ能書きを垂れずに、
「とりあえず」一度はやってみる。』

               -本文抜粋



「これはおススメ!」
と言われ

「その根拠は何ですか?」
と返してしまう、冷めた人間がいます。



「根拠」とは自ら気づいていくものであって
人からどんなに説明をされてもわかりません。


革命と呼ばれる革命的な出来事はすべて
「とりあえずやってみる」
から生まれたのです。



本物の力とは
実際の体験と机上の空論を併せ持つことだと思います。



実際のところ
「根拠」なんて必要ないものかも知れません。

「科学的根拠」「医学的根拠」
などは常に覆されるもの。

だとしたら
「根拠」とは自分で決めていい、
自分の感じたままでいいと思います。

世の中に
「絶対的根拠」は存在しませんから。






【ヒトコトメイゲン】


「ライバルに勝つ方法」

  001_convert_20120415201916.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。



自分の圧倒的勘違いを世の模範解答にした人を
「成功者」といいます。


だから競争率はいつも1.0倍なのです。

競争相手は自分だけです。


まさに『ブルーオーシャン』。


『ブルーオーシャン』とは
競争の激しい既存の市場で戦うのではなく、
未開拓で新たなマーケットへ進出することを
提唱した経営戦略論のこと。

競争の激しい市場を
『レッドオーシャン』といいます。


ブルーオーシャンは未開拓なので
競争もなく、高利益、そして
自分が先駆者となれます。

ライバルは自分だけです。




「俺のライバルは明日の俺だ。過去の俺とは戦わない。」

                by松本人志




ライバルは自分以外いないのが前提で
更に過去の自分とは戦わない。
常に未来の自分と戦う。
気がついたら、自分がパイオニアになっていた…




【ヒトコトメイゲン】



「小粒回避法」

  001_convert_20120414203729.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。


千田さん曰く、
『ふて腐れている時間は、
 生きているのではなく死んでいるのだ。

 ふて腐れている時間があるのなら、
 もっと生きたい人に時間をプレゼントしたい。
 
 ピカソやダヴィンチ、モーツアルトといった
 天才たちにもっと長生きしてもらいたい。』

                  -本文抜粋


子供ならまだかわいげがありますが、
ふて腐れている大人ほど不要なものはありません。


いい年こいたおっさんが
「不公平だ!」「全然わかってくれない!」
と不平不満をまき散らす。


ふて腐れたところで自分がより小粒になっていくだけで、
「結果は自分が物語っている」
としか言いようがありません。


千田さんは言います。
「死んでいるのと同じだ」と。


確かに
時間だけは誰にでも平等に与えられています。


「あなたは人々に貢献できなかったから
 寿命を10時間減らします」

「あなたは人々に多大な貢献をしたので
 寿命を100時間増やします」

・・・とはできません。



腐った時間も、パチンコした時間も、
愚痴を言った時間も、ダラダラ酒を飲んだ時間も、
同じく「時間」=「寿命」なのです。






「人生にはふ二つの形態しかない。
 腐っているか、燃えているか。」

        byゴーリキー




腐っている時間をなるべく減らすこと、
自分をコントロールすることが成功への道です。



【ヒトコトメイゲン】


「ビックになる方法」

  001_convert_20120414080110.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。



すごくおもしろい名言です。


尊敬する人物

「自分」

といえる状況。


まずその状況を創れるくらいの人物なることが
前提ですが、


ゴールを頭の中に描くことはとても重要なことだと
言われています。



その夢や目標を定めることを
「ゴールセッティング」
と言います。


成功本の元祖『思考は現実化する』ナポレオンヒル著では
「あなたが達成したいと思っている願望を
 実現する『最終期限』を決めること」

と定義されています。


つまりは
「いつまでに何をどうやって実現すべきか」というように
その内容は具体的であればあるほど良いとされています。



「具体的に決めなければならない。」
と言われると何だか気が遠くなります。



けれど
「ゴール」さえ、ちゃんと定まっていれば
自ずとそこへ向かうのではないかと思います。



具体的にどうしたらいいかは
ゴールに向かっている途中でわかってくるもの。



まずは
「ゴールセッティング」です。



【ヒトコトメイゲン】


「過去を変える方法」

  001_convert_20120412213945.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。


千田さん曰く、
『多くの成功者たちの人生は、
 決して順風満帆ではなかったというのは
 周知の事実だ。

 中には投獄されたい人もいるし
 夜逃げの経験も珍しくない。

 だがその後圧倒的な実績を残してしまえば
 過去の事実はすべて美談となる。』

               ―本文抜粋



「過去は変えられない」

でも

「過去は上書きすることができる」



起こってしまった事実を変えることはできませんが
解釈の仕方は変えることができます。


「あのつらい経験があったこそ、今の自分がある」


そのつらい過去こそ、
未来に成功するための必要な材料だったのです。



意味のないものに意味を与えるのも
その人の解釈一つです。


人間の役目って「出来事に意味づけ」することだと思います。





「人生とは、
 生涯をかけて自らが存在することの意味を探求する営みである。」

                   
                     by作者不詳




そう考えると
いかに僕らが「先入観、固定観念、既成観念、思い込み」
などを持っているかがわかります。

そしてそれが自分の行動をどれだけ規制しているかがわかります。




【ヒトコトメイゲン】


「優柔不断を無くす方法」

  001_convert_20120411202829.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。


千田さん曰く、
『何かを購入する際に、どちらを選ぶのか時間をかけて
 迷いに迷う人がいる。
 
 それが住宅や車であれば迷うのもわかるが、
 本で迷うのはもったいない。

 本は安価だし得るのも大きいのだから、迷った場合は
 ぜひ両方とも買うことだ。』

                -本文抜粋



どちらにしようか迷った時は
「A&B」という選択肢も考えてみるというのは
おもしろいです。




何かを購入する時もそうですが

「Aもやってみたいけど、Bもいいな・・・」
というとき

「両方やってしまう」というのを選択肢のうちの一つにすると
また人生が変わると思います。




「二兎追うものは一兎も得ず」


といいますが、あえて
両方追ってみるものおもしろいと思います。
きっと新しいものが生まれます。



もっとおもしろいのは
「対極のモノの組み合わせ」です。



千田さんの言う
普通には考えつかない組み合わせ。

「静と動」「強と弱」「濃と淡」
「光と陰」「大胆さ繊細さ」
「正解と不正解」



両方とも選んでしまうという選択肢。



「それはできないだろう…」と思えるものほど
価値のあるものが生まれます。



まさにタブーへの挑戦。

【ヒトコトメイゲン】



「偉くなる方法」

  001_convert_20120410215755.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』より。


千田さん曰く、
『ある時、ハっと気がつかされた。
 
 社会では教えている側より教わっている側のほうが
 偉いのだと。
 
 学ぶ人は富む人なのだ。』


 
 「聞くは一時の恥」と思っている人は多いです。


「今さらそんなこと聞けない」
と思ってしまいます。



社会では
「教える側」が強く、「教わる側」は弱く見られる
からです。



けれど
千田さんは言います。

「社会では先生より生徒の方が数段偉いことが多い。」
と。


全くの新人を除いては
素直に教わることができるのは
実力が伴っていなければできないことです。


ほんとうは実力がないのに
なんでも知っているふりして実力者を装っていても
メッキが剥がれるのは時間の問題です。





「教えようと思っている人から教わった人はひとりもいない。」

                    by小林秀雄



人は「やれ」と言われるとやりたくなくなる生きもの。
自らやりたいと思わなければ何も頭に入ってきません。




【ヒトコトメイゲン】



「小者回避法」

  001_convert_20120410083748.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。


千田さん曰く、
『「自分には守るものがある」というセリフは
 大統領になってから言う。

 「私には守るべき家族がいるんです」
 「まだ家のローンが残っているんです。
  どうしてくれるんですか?」

 そもそも家族を養う甲斐性がなかっただけの話だし、
 ローンが払えないのは分不相応の買い物をしただけの話だ。

 リストラされてから「守るべきものがある」と気づいても
 ちと遅い。』

                 -本文抜粋




「私には守るべき家族がいるんです」
「まだ家のローンが残っているんです。どうしてくれるんですか?」

リストラされたサラリーマンの常套句。


どんな状況になっても家族を守るのは当り前の話で
そもそもリストラの対象になっている時点で
自分の責任以外なにものでもないです。


負け惜しみしたところで状況が変わるわけでもなく
自分の無能を露呈してしまうだけ。







「弱い犬ほどよく吠える」


心理学的に「強さ」を表現するものに、
「大きい」や「重い」があります。


声を大きくして人を威嚇するのは
自分の弱さ隠すためなのです。



こういった人々は
背負っている物が小さいだけに
騒ぐことでバランスをとっています。






「決断力をつける方法」

  001_convert_20120408205334.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。


千田さん曰く、
『パッとしない人生を歩みたいのであれば、
 親のアドバイス通りの人生を生きることだ。

 そのまま従えば小粒人生は約束される。

 もはや人間ではなく、まるでラジコンカーのようだった。』

                   -本文抜粋

これは親だけではなく、
自分の周りにいる、先生や友達の意見も
同じだと思います。


他人の意見ばかり聞いていて
そこに自分の意思がなければ
「ラジコンカー」です。


心理学的に
「人間というのは議論を尽していると動けなくなる。」
「他人の意見に耳を貸さない人は決断力が早い。」
といいます。

「自己完結」だと決心も揺るがなく決断力もつきます。


自分の人生は誰のものでもなく
「自分」のもの。


 


「決断は七分の理、三分の運」

        by松尾金蔵



自分なりの完結も七分くらいでいいのです。

残りは自分の「感覚」でいい。







【ヒトコトメイゲン】







【追伸】
だからと言って
親への感謝、助言をくれた周りの人への感謝は
忘れてはいけません。

「意見を鵜呑みにしない」ことと「感謝をしない」こと
を混同している人がいかに多いことか。

周りの人たちの助けがあって今の自分が
成立しています。

「不安を解消する方法」

  001_convert_20120408073414.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』
より。


千田さん曰く、
『人生は想定外の連続だ。

 想定外のことに出逢うということは
 それだけあなたが挑戦している証拠だ。

 想定外とは大発見のチャンスであり
 成功のきっかけなのだ。』

              ―本文抜粋




人は「想定外」のことに出遭うと
落ち込んだり、悔んだりします。


いくら回避しようとしても
出逢うのが想定外。


千田さんは言います。
「想定外、それは大発見」


「想定外」によって考えが変わり
また違う可能性をみる。


そうやって人類は発展を遂げてきたのです。





「想定外」も人の捉え方次第。


挑戦しない人にとって想定外は「出遭う」。
挑戦する人にとって想定外は「出逢う」。


「想定外」は100%起こります。
自分の出逢い方次第なのです。





「私は実験において 失敗など一度たりともしていない。
 この方法ではうまく行かないということを発見したのだ。」

                      byエジソン


「ポジティブシンキング」の人は、
「ポジティブシンキング」を心掛けているわけではありません。
周りからそう呼ばれているだけなのです。

 

「夢の叶え方」

  001_convert_20120405171754.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著『「やめること」からはじめなさい』より。


千田さん曰く、
『夢なんて叶わない。
 叶うのは常軌を逸した勘違いだけだ。

 夢を語ることが夢を実現させるのに有効であるならば
 夜の居酒屋にわんさと群がっているサラリーマンは
 全員英雄になっているはずだ。』

               -本文抜粋


「夢は語らなければ叶わない」


よく叫ばれる言葉ですが、
その割には成功者がいないし、相変わらず、
「成功法」やら「夢の叶え方」本が売れています。


千田さんの言うように
「『夢』は圧倒的な勘違いによって現実になる」
と。


従来の模範回答からは生まれるのは、
「模範解答」です。


自分の圧倒的勘違いを
世の模範解答にしてしまうのが、
夢の正しい叶え方。


もう夢を語るのは終わりです。




「『夢』は幻想。
 『夢』は『夢』でしかなく、あるのは現実。
  実現できたものを周りが『夢』と呼んでいるだけ。」

                  by yousow
  




「夜見る夢」も「昼間語る夢」も変わりはないのです。

一人ひとりの捉え方次第です。






【ヒトコトメイゲン】


「奴隷にならない方法」

  001_convert_20120405173311.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著『「やめること」からはじめなさい』より。


千田さん曰く、
『「奴隷」という表現を口にすることは
 一種のタブーになっている。
 
 換言すれば、そのくらい人間社会の本質に 
 関わっている問題だという証拠だ。

 本質的なことだからタブーになるのであって
 本質から外れていたらタブーにならない。』

               -本文抜粋


千田さんは言います。


「宇宙人から見たら
 この星の人間は平等ではないと思うだろう」



確かに
朝から何かに取りつかれたかのように
満員電車に揺られ、定刻までに各々お屋敷に駆け込んで行く人間たち。


方や、高級外車でゆったりと出社してくる人間がいる。



その両方を見たら
現代人も古代文明の奴隷たちも何ら変わりは
ないと思います。



「幸いにも現代人には選択の余地がある」
と千田さんは言います。

「王様」になるか「奴隷の長」になるか
自分で選べます。




そんな中にいる僕らは幸いです。
そんなことに気づけたあなたは幸いです。


【ヒトコトメイゲン】






【追伸】

「人間皆平等」といいます。



果たして、何をもって平等と言っているのでしょうか?


朝昼晩と三食きちんと食べられて、
学校にも行けて、
蛇口をひねれば水が出て、
スイッチを押せば電気が光る、
車があり、家があり、自分の時間もつくれる。

今僕らの目の前にある当たり前の光景。



方や
今晩のご飯もままならない、
学校へはいけない、電気も水道もない
飲み水は濁った水を飲む。
それが当り前の生活をしている人たちがいます。




僕らは同じ世界に住み、同じ時間を生きています。



この事実を知り、
本当に「人は皆平等だ!」と
真顔で言えるでしょうか?


「平和ボケ」してていいのでしょうか?

「成功法」

  001_convert_20120404202824.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著『「やめること」からはじめなさい』より。


千田さん曰く、
『「モテたい」「いい車に乗りたい」「大豪邸に住みたい」
 これらの欲望はすべて正しい。

 やりたい気持ちを押し殺していいことなど
 何もないと断言していい。

 法的に許されないことはもちろんやってはいけないが
 本能が叫んでいる欲望というのは
 あなたにとってすべて正しい。』
          
              -本文抜粋



本音の欲望が原動力になるのなら
それを使わない手はありません。

体裁がどうとか、恥ずべきものだとか
変に気持ちを押し殺してもいいことは
何1つありません。


「ありのままを受け入れる」ことは
人生を楽しむ上ですべての基準になります。






学生時代であまりに役に立たない日本の教育で
散々「個性と夢と欲」を押しつぶされてきた私達は
なかなか素直になれないのです。


それが巨力なバネになるとは知らず…

人柄だけでは成功しないのは事実です。






「大欲は無欲に似たり」
   
          byことわざ



同じ「欲」なら大きい方がいいです。

普段から小さな欲望ばかり満たしていると
まず大きな欲望を満たすことは皆無です。

今の世、見渡せば
小さな欲望を満たすものばかりです。

いかに自分の欲望を大きなものに向けるかが
大事だと思います。



    


【ヒトコトメイゲン】


「清々しい気持ちになる方法」

  001_convert_20120403210901.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著『「やめること」からはじめなさい』より。


千田さん曰く、
『お金持ちの家には物が少ない。

 必要最低限のものはどれも趣味がよくて
 落ち着いている。

 よく使いこんであるから手入れもきちんとされており
 ピカピカの状態だ。

 貧しい人の家には物が溢れかえっている。
 溢れかえっている物はどれも安物で使われていない
 物ばかりだからホコリをかぶっている。』

                 -本文抜粋




よく
「部屋は今の自分の心の状態を表す」
と言います。


不要な物で溢れている状態です。


心理学的に
物を捨てられないことの原因は
人間関係で悩んでいたり
過去へのとらわれやこだわりが潜んでいるそうです。


人間関係などが原因で部屋が汚れるのか、
部屋が汚れるから人間関係がこじれるのか、


どちらも根本は同じ。


すぐにできる改善策は
不要なものは捨て、整理整頓を心掛ける
ということだと思います。


「視覚」の情報処理能力というのは
毎秒1000万ビットという研究結果があります。


目に入った物の数が多ければ多いほど
それだけ情報処理をしなければならないのだから
何か新しいものを生み出すことなんてできません。


必要最低限を心掛けたいです。




「シンプルこそ究極」





【ヒトコトメイゲン】



「人間の質を高める方法」

  001_convert_20120402082544.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著『「やめること」からはじめなさい』より。



安いものに群がると「安い感性」が研ぎ澄まされる。
高いものに群がると「高い感性」が研ぎ澄まされる。


安いものに群がって
「高い感性」が研ぎ澄まされることはない。
その逆も然り。

性格の悪い人と一緒にいれば自分も悪くなる。
その逆も然り。

無能な上司のもとで働いていれば自分も無能になる。
その逆も然り。

社交辞令で装った職場にいれば自分も社交辞令人間になる。
その逆も然り。




「朱に交われば赤くなる」というように



人は環境に影響されやすいということです。


ならばそれを逆手にとって
必然的に自らをエネルギーの高い場所へと身を置く。


そうすることで
高いエネルギーをもった人間になることができます。







「類を以て集まる」

     byことわざ




「類は友を呼ぶ」とも言いますが

「類」というのは勝手に集まるものではなく
「類」が「類」となってしまうだけではないかと思います。





【ヒトコトメイゲン】


「人とお金の集め方2」

  001_convert_20120401200852.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著『「やめること」からはじめなさい』より。


千田さん曰く、
『社交辞令に麻痺した人生を送っていると
 仕事も家庭もボロボロに破壊されていく。

 当り前の話だ。

 すべての言行が不一致で
 頭と体がバラバラになっているのだから。

 社交辞令に感染した組織はもちろん業績不振で
 衰退の一途をたどると相場は決まっている。

 あなたの人生から社交辞令を撲滅し、
 口にしたことをすべて行動に移していくと
 驚くように人とお金が集まってくる。』

                -本文抜粋



社会生活を営む上での最低限ルールは、
子供の頃に教わった
「約束は守る」という
当り前すぎるような約束事。



世の中の仕組みというのは
子供の頃に砂場で決めた「取り決め」。
その延長線上に大人の社会があるだけ。



「言ったことは実行する」


これができない人が世の中に
7~8割いるとされています。

「仕事が・・・」
「時間が・・・」
「家族が・・・」
「お金が・・・」


という理由ではぐらかされ
最終的に実行しない。


「できない」というより「しない」。



千田さんは言います。

「言行一致度が低い人同士で貧しくなる」
と。


正にその通りです。



「書いたものより口約束こそは守れ。
 ウソをついてはいけない。」
              by市村清



子供の頃、先生から教わったものに
人生を成功させるヒントがあったのです。


「あいさつをしましょう。」
「約束を守りましょう。」
「他人を思いやりましょう。」





【ヒトコトメイゲン】



「人とお金の集め方」

  001_convert_20120331204025.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著『「やめること」からはじめなさい』より。


千田さん曰く、
『社交辞令というのはわずか数年の
 サラリーマン生活をしていると細胞の隅々まで
 浸透していくのだ。

 10代の学生にはこうした大人の嘘が
 どこか不自然でカッコ悪いと思っていたのに
 20代も半ばになるとすっかりオヤジになって
 社交辞令の連発をしている。』

                -本文抜粋


気づきの名言です。


確かに
あの頃、誰もが感じた違和感。


ウソくさいおだての言葉や
ペコペコと頭を下げる姿。


「社交辞令」という装いが
いつしか本当の自分の姿になるなんて
誰も思いません。




幼少の頃や10代で感じた感性というのは
一生忘れてはならないと思います。


好きなことや、嫌いなことに
過剰に反応できたその感性こそ
自分なのです。





「感性であるべき姿を捉え、理性をもって現実とのギャップを埋める」


                          by関本忠弘




「好き嫌い」というのは感情的なのでしょうか?

究極の「理性」なのではないかと思います。





【ヒトコトメイゲン】



「親友を見つける方法」

  001_convert_20120330215330.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著『「やめること」からはじめなさい』より。



千田さん曰く、
『前置きをやめる。
 
 生涯の友と出会うためのコツは本音の結論を述べることだ。
 
 「こういうのが好き」「ああいうのは嫌いだ」というのは
 冒頭で述べてしまうこと。

 去っていく人というのはいずれにせよ、
 必ずあなたのもとを去っていくのだ。

 それが早いか遅いかの違いに過ぎない。』
           
                  ―本文抜粋



生涯の友を「見つける」というより
「消去法」によって残ってくれた人が
運命の人だということです。


全くその通りだと思います。


「本音の結論」を述べてしまえば
それ以上でもそれ以下でもありません。
よければ残るし、嫌なら去る。


至ってシンプルで、最良の方法です。


また他人の時間を奪わない点でも最良の方法と言えます。


前置きの長い人ほどたいした結論ではなく、
人を冷めさせます。



KISSの原則」というものがあります。


"Keep It Short and Simple" (簡潔に単純化しておけ)


「設計の単純性(簡潔性)は成功への鍵だということ」
「不必要な複雑性は避けるべきだということ」
という経験的な原則の略語です。




シンプルこそ神が宿ります。




【ヒトコトメイゲン】



「番狂わせ法」

  001_convert_20120329212919.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。



巻末の
『迷った時君を勇気づける言葉』です。



「なんであいつばかりが評価されるんだ…」


千田さんは言います。

「組織の評価はオセロゲーム」と。


そう、
「オセロゲーム」だから
評価なんて、あってないようなもの。
翻弄されて当たり前。


さっきまで優位だったのが
今はもう劣勢に立たされている。


また、そう思い込んでおる場合もある。


だからこそ
最後にひっくり返す力を「黙って」つけておく。


「黙って」というのがポイント。
口から発散してはいけない。


最後の最後で大番狂わせ。






かれこれ、10年くらい前にラジオで聞いた言葉を
今も覚えています。



「仕事とは常に矛盾である。」


当時はすごく納得していたと思います。


…今も変わりはありませんが、
そんな矛盾の中だからこそ
いいものが生まれるのではないかと思います。



残された道は
淡々と力をつけておくこと。


それだけ。








【ヒトコトメイゲン】


「凹んで立ち直る方法」

  001_convert_20120328205223.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『稼げる30代になるために
絶対に染まってはいけない70の習慣』
より。



巻末の
『迷った時君を勇気づける言葉』です。




「凹む」原因は様々。

「仕事で凡ミスをした」
「上司に叱責された」
「濡れ衣を着せられた」
「恋人にふられた」
「財布を落とした」




千田さんは言います。
「凹んだ分だけ笑顔が美しくなる」と。


「凹んで立ち直る」というのは
人間の成長幅が一番広いのではないかと思います。





「筋トレ」がいい例です。

筋肉に負荷をかけると筋繊維が破壊されます。

そして破壊された筋繊維が治癒されると
以前よりも増して強く太くなります。


これを「超回復」と呼んでいます。



精神的な部分も「超回復」があるのではないかと
思います。


凹んだ後、「立ち直る」というのがポイントです。






「涙の数だけ強くなれるよアスファルトに咲く花のように」

                    by岡本真夜




凹んだり、涙を流したり。


振り子がマイナスに振れた分、
今度はプラスの方へ振れます。
それも勢いをつけて。



【ヒトコトメイゲン】



本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ