「準備は終わらない」

  001_convert_20120527202930.jpg




千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代仕事に躓いた時に読む本』より。


千田さん曰く、
『人生は、躓いた者勝ち』
     
          -本文抜粋


「石橋を叩いて渡る」
     byことわざ


意味は用心に用心を重ね物事を行うこと。
と記してあります。


石橋を叩いてばかりで一生準備で終わってしまう人。


「備えあれば憂いなし」
      byことわざ


というように
準備したり予測して対策することは大事です。
けれど


「過ぎたるは及ばざるが如し」
            by「論語」


何事もやり過ぎはよくありません。


やり過ぎると
「石橋を叩いて壊す」状態になります。


「1000」の準備より
「1」の行動のほうが遥かに価値があるのかもしれません。




ちなみに
「論語」というのは2500年も前につくられた書物ですが、
人間というのは今も昔も変わらないものだと思いました。








【ヒトコトメイゲン】



「真剣に生きる方法」

  001_convert_20120526203045.jpg


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『死ぬまでに悔いのない生き方をする45の言葉』より。



千田さん曰く、
『世間体を重視して無難なほうを選んだ未来は
 無難な人生で幕を閉じる。
 
 スケールの小さな村社会に別れを告げて
 大好きなことだけを選んでみると人生が一変する。』
  
                  ―本文抜粋

そもそも僕らが気にしている世間とは一体何なのか?

意味を調べると
「社会的な視点からの自分の見られ方。」
と記してあります。

つまり
「周りから自分がどう見られているのか?」
ということです。


その「周り」とは、職場の人、取引先の人、近所の人、
人数でいったら数十人程度の人々のことをいいます。


その人々のために僕らはひたすら気にしているのです。


「世間に嫌われたない」と、
世間のための人生を歩むのです。


果たしてそれでいいのか?


世間といっても、本当のところ
皆、関心があると装って、実際は関心がありません。

皆のめざす「世間体」とは幻想なのです。



千田さんの言うように
「好きなことだけを選んでいく」

それが本当の意味での人生です。



「世間体や他人の思惑などにいっさい左右されず、
 自分が自分の本音を生きる。
 自己が自己のいのちを本腰で生きる。」

               by相田みつを





皆、真剣に自分と向き合っていないということです。
自分と真剣に向き合うことができる人は、
他人と真剣に向き合うことができる。






【ヒトコトメイゲン】


「夢を現実にする方法」

  001_convert_20120525202351.jpg



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『死ぬまでに悔いのない生き方をする45の言葉』より。



千田さん曰く、
『世の中というのは言行一致度によって
 ピラミッドを構築していることがわかってくる。

 言行一致度が高い人は、言うまでもなく
 夢を形にしていくことができる。』
     
              -本文抜粋



言動と行動が一致していることを
「言行一致」と言います。



言行一致度の高い人は夢を現実にできる。
これはもちろんのこと。

言行一致度の低い人は夢を現実にできない。
これももちろんのこと。



夢を現実にできる人というのは
どんな小さなことでも例外なく言行一致させる。

夢を現実にできない人というのは
小さなことは軽んじて言行不一致させる。


人間関係が信頼で成りたっている以上、
当り前のことなのかも知れません。


そして千田さんは言います。
「なかなか言行一致度の高い人に出逢えなくても
 めげないことだ。」と。

周囲を見渡せば納得できます。

けれど腐っていても状況は変わりません。

大事なのは自分が変われるかどうか?
ただそれだけだと思います。




「人生にはふ二つの形態しかない。
 腐っているか、燃えているか。」

        byゴーリキー






【ヒトコトメイゲン】


「パニックに陥らない方法」

  001_convert_20120525073337.jpg


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『死ぬまでに悔いのない生き方をする45の言葉』より。



千田さん曰く、
『「大丈夫」があってから初めて「根拠」を考えていくのだ。

 「大丈夫」のないまま「根拠」を見つけようとすると、
 大丈夫ではない結果に終わると相場は決まっている。』
 
                 -本文抜粋


「根拠のない大丈夫」は次第に「大丈夫」になっていくと
千田さんは言います。

パニックを起こさないことがまずは先決。

「大丈夫」と自分と周りに言い聞かせる。
それから「根拠」を考えればいい。




集団心理学で
「集団パニック」というものがあります。
人は不安な恐怖などから混乱した心理状態になり
パニックを起こします。

日常とは違う状態になった時、素早く正しい情報が
伝達されないとその危険性が増加してしまいます。

パニックはその周辺にいる人にまで伝播する
といいます。


どんな状況になっても
「安心」や「大丈夫」が先行すれば
的確な判断ができるようになります。






『「大丈夫」という漢字には人が3人集まっている。
 だから、「大丈夫」は安心を感じる言葉なんだよ。』

                 ネットより。





「大丈夫」という言葉は魔法の言葉です。

良くも悪くも
「言葉の影響力」というのはすごいものです。



【ヒトコトメイゲン】



「トラブルが発生した時の心構え」

  001_convert_20120524065945.jpg


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『死ぬまでに悔いのない生き方をする45の言葉』より。



千田さん曰く、
『予想外の問題に遭遇した場合に大切なのは、
 頭で考える前に「ちょうど待っていたところだ」と
 口に出して言ってみることだ。』
 
            -本文抜粋



予想外のことがや問題が起きたらチャンス。

待っていたとばかりに身を乗り出し、
歓迎する。

「その根拠は?」と言う質問に

「今から考える。」と言う。




こういう展開を目の当たりにしたら
問題も問題として感じられなくなりそうです。

むしろ「問題歓迎」と言わんばかりのムードです。


確かに
パニックになったところで状況は一ミリも変わらないし、
周囲に不安を与えるだけマイナス。


けれど「根拠がない大丈夫」はなぜか不安が消えてゆく。



誰も未来を予測することはできない。

一秒後には考えてもいない問題が発生するかもしれない。

だからこそ、「起こってから考える」くらいで
ちょうどいいのかも知れません。


未来を予想するより、
即興で対応できる力をつけておいたほうが
役に立つと思います。






「この世の中は問題解決に対して
 報酬が支払われる仕組みになっているので、
 問題を解決すればだれでも金持ちになれる。」

         byスティーブ・シーボルト



仕事そのものが問題解決の繰り返しなのかも知れません。





【ヒトコトメイゲン】


「チャンスを得る方法」

  001_convert_20120522084936.jpg

千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『死ぬまでに悔いのない生き方をする45の言葉』より。



千田さん曰く、
『ずっと陰口をいい合っているグループは、
 人生すべてを陰口で埋め尽くしていくため行動力が鈍る。

 行動して何かを成し遂げる喜びを知らないままに
 人生を終えていく。』
 
               -本文抜粋



愚痴を言う人というのは、
愚痴を言いたいので自然と愚痴の言える場所へと
赴いてしまう。

そこで時間の限りエネルギーを発散させてしまう。

もちろん、得るものは何もなくただの「お金と命」
の浪費だけ。


愚痴を言わずにがんばる人というのは、
愚痴を発散する場を求めないので時間がある。

その時間で自分磨きをしているので
チャンスに恵まれる。

愚痴を言わないことで信頼も得ることができ
自然と出世する。


千田さんは言います。
「今日一日だけ陰口を禁止してみると
 人生が変わり始める。」と。




「愚痴は愚図の母。」

   by齋藤勇





「愚痴」は百害あって一利なし。

言葉というものは
「薬」にもなれば「毒」にもなります。

使い方次第なんですね。



【ヒトコトメイゲン】


「自分を知る方法」

  001_convert_20120522075947.jpg


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『死ぬまでに悔いのない生き方をする45の言葉』より。



千田さん曰く、
『名刺交換の際には相手のフルネームを唱える。
 
 名前というものは切っても切れない一心同体の関係だ。
 
 自分の名前に興味を持ってもらえるということは、
 それだけでもうれしいものだ。』

               -本文抜粋


前回記事で
「他人は自分を映す鏡」
「相手から好かれるにはまずは自分から」
というテーマでした。


名刺交換の際で
相手の役職名で呼べば、相手もあなたに対して
それ相応の反応をします。

「社交辞令だけでたいして自分には興味がないのだな…」
と。

翻って、
相手をフルネームで呼べば、相手も
自分に興味があるのだと思い熱意が伝わると
千田さんは言います。


人は自分に興味があると伝わると
自然と相手を好むということです。




ある心理学教授の話によると、

もし、生まれた時から自分ひとりしかこの世に存在しなければ、
「自我」というものは生まれないそうです。

「自分以外の誰か」によって「自分以外とは違う自分」を
発見できるのだといいます。

周りに誰もいなければ自分を知ることはできないということです。

他人によって自分の気づきが得られるのです。




【ヒトコトメイゲン】


「人間関係を円滑にするルール」

  001_convert_20120520210036.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『死ぬまでに悔いのない生き方をする45の言葉』より。



千田さん曰く、
『ある人にとってはいい人でも、
 別の人に対しては悪い人に映ることがある。
 
 それはあった人によっていい部分が引き出されることもあれば
 悪い部分が引き出されることもあるからだ。』

                    -本文抜粋


相手に好かれたかったら
じぶんがまず相手を好きになる事と言います。

「他人はじぶんを映す鏡」と言いますが、
正にその通りです。



社会心理学者である渋谷 昌三教授は

人間関係で苦しむ多くの原因は
「相手と自分は違う人間」という前提を忘れてしまったまま
コミュニケーションを取ろうとすることにあるといい、

相手を知ることが人間関係のトラブルを解決する
第一歩と言います。

人間関係の基本は相手を理解し自分を理解するの
繰り返しだといいます。




つまりは自分から相手を知ること
自分から好きになろうと知ることが
人間関係を円滑にするルールだということです。





「嫌いだからと距離を置くのではなく、
 もっと相手の懐に入っていけば知ることができて、
 好きになることができる。」

              by西山昭彦



どんな分野でも
「まずは自分から…」
という姿勢がいつも成功をもたらすカギとなります。

常に自分からエネルギーを発するのです。



【ヒトコトメイゲン】



「自分が本当に好きなことを探す方法」

  001_convert_20120519181959.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『死ぬまでに悔いのない生き方をする45の言葉』より。



千田さん曰く、
『あなたがお金と時間を費やしてきたことは、
 あなたが本当に興味のあることだ。

 浪費してきたことこそが、その人の
 ポテンシャルなのだ。』

           -本文抜粋


お金がないけどついついやってしまったこと。
時間がないけどついついやってしまったことが
自分にとって本当に好きなこと。

論理的に説明して
「・・・・・・・・・・・・・。
 故に僕は〇〇が好きなんです。」
というのは本当は好きではないこと。

「やってしまった」と
結果が先に来てしまうことにヒントがあります。


千田さんのいう
「感情むき出し」で好きなことが
本当に好きなことです。

そして、幸せに必要な「時間とお金」を
今まで何に一番浪費したかでその答えが
解かってきます。

言い訳抜きで、結果的にやってしまったことが
その人にとって人生を楽しむ材料です。





「壁にぶつかった時や重大な決断を下すときは、
 論理的な思考よりも感情が訴えかけてくるものに従う、
 つまり直感を信じることが大事です。」
                  
                by茂木健一郎




ずばり、千田さんと同じことを言っています。

人間が機械ではなく生身である以上、
直感的な部分は大事だと思います。





【ヒトコトメイゲン】



「未来をやり直す方法」

  001_convert_20120519080003.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『死ぬまでに悔いのない生き方をする45の言葉』より。



千田さん曰く、
『あなたはもう10年前に戻ることはできない。
 10年後に振り返ったら、今、
 この瞬間がまさにあなたの10年前だ。』

                  -本文抜粋



まったくその通りです。

時間というのは永遠に続きますが、
僕らの命は期限があります。

食べ物と同じで旬もあります。
旬とは「情熱」や「勇気」。

その「旬」を過ぎるとやっぱりおいしくない。


時間が経つということは僕らにとって
間違いなく、不利になっていくということです。






「10年後にはきっと、せめて10年前でいいから
 もどってやり直したいと思っているだろう。
 
 今やり直せば、未来を。
 10年後か20年後か、50年後から戻ってきたんだよ。
 『今』。」

               ネットより。
 







未来で後悔している自分を想像する。

「あの頃にもどりたい!」と。


今、この瞬間が未来から戻ってきた。

未来はやり直せるのです。






【ヒトコトメイゲン】



「迷ったら…」

  001_convert_20120516175013.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



ベストセラーズチャンネル(R)より。


人生という名の列車の運転手はあなた、

安全だけど他人の敷いたレールを選ぶのか?

ちっぽけだけど自分の敷いたレールを選ぶのか?



千田さんは
「ちっぽけでも自分の敷いたレールがいい」
といいます。


確かに他人の敷いたレールは安全だし開拓も進んでいるかも知れません。

しかし
そこには「自由」がありません。

他人のレールである以上、一生自分のものにはなりません。


人間の最大の幸福は「自由」だといいます。

自由を選択してこそ生き甲斐を感じます。

一度きりの人生、楽しまなければ損です。



心理学者バリー・シュワルツによると

あらゆる選択肢で
「自分が欲しいものは最高のものであり、最高でないと満足できない」
と考える傾向のある人を
「マキシサイザー」といいます。

人間は常に最高のものが手に入ると信じていると
どうしても現状に満足できなくなり、やがて
客観的には不幸とは思えないような状況でも
自分は不幸だと考えてしまうそうです。


選択肢がたくさんあると「あれも、これも」と
結局、満足できないのです。


今や情報がすぐ手に入る時代。

必然的に選択肢が増える時代でもあります。

何を選択し、どう生きるか?
と自然に悩まなければならないと思います。

良くもあるし、悪くもある。


最終的に行きつく場所というのは、
ちっぽけでも自分が好きで選んだ場所です。


【ヒトコトメイゲン】


「夢をかなえる方法」

  001_convert_20120516174528.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



ベストセラーズチャンネル(R)より。




現実逃避が現実になる。

「嘘が誠になる」とはこのことかも知れません。

「まさか」と思う事ほど案外、身近に起こる現象だと言います。


「現実逃避」というのは言いかえれば
「好きなことをする」ということです。

現実を忘れるほど好きなもの。

これは正真正銘の自分の「好きなこと」だと思います。


千田さんのこのリアルな表現に惹かれました。





「現実が夢を壊すことがある。
 だったら夢が現実を壊したっていいではないか?」

 
             byジョージ・ムーア




本当は「夢」も「現実」も存在せず
あるのは「今」。

今、何をしているか?

それがすべてではないかと思います。

その延長線上に出来事が存在するだけ。

「夢」は「今」です。





【ヒトコトメイゲン】



「若返りの魔法」

  001_convert_20120515202339.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



ベストセラーズチャンネル(R)より。

千田さんの本のタイトルで「20代」という
言葉がよく使われています。

その「20代」というのは年齢の「20代」と
もうひとつ意味があります。

それは
「20代」とは年齢を問わず「勇気ある挑戦者」のこと指すと。

つまり
「30代」「40代」「50代」「60代」
「70代」「80代」「90代」「100代」・・・
何歳でも挑戦する人のことを千田さんは
「20代」といいます。



米国国立加齢研究所のアントニオ・テラチャーノ博士が
国勢調査をもとに、42年間追跡調査を行ったところ、

「私たちの性格は30歳を過ぎると安定して変わりにくくなる」
という研究結果になったそうです。

概して
私たちの考え方は30歳を過ぎると固執しやすいのです。

固執してしまったら成長はありません。

だからこそ
千田さんの言う、「挑戦する20代」を
心掛けなければなりません。

何歳になっても「20代」を意識するのです。
恥ずかしいなんて、もってのほか。



「100歳の挑戦者」

すばらしい響きです。




【ヒトコトメイゲン】



「いいものを生み出す方法」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉ブログ『3行日記ーasshuku』より。


千田さん曰く、
『一流とは清濁併せ呑めるということ。
 
 文筆家の一流は
 「言葉で自殺を思いとどまらせる、
  言葉で人を殺せる」ができること。』



「清濁併せ呑む」とは
善・悪のわけへだてなく、来るがままに受け容れること。

つまりは
相反するものの組み合わせができる度量の大きさ。


それはもはや能力と言ってもいいです。




第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した、
「おくりびと」という映画があります。

この映画のコンセプトは
「対極にあるものを結んで、今までありそうで
 なかったものを生み出す」というものです。

それは「死の美しさ」です。

「死」は怖いもの避けたいものです。
「美」とはその対極になります。

その二つの融合によってあれだけのすばらしい作品ができあがりました。


まさに
「清濁併せのむ」効果です。





「何故死を恐れるのか?死は人生で最も美しい冒険なのだから。」

                    byフローマン



「光と影」対極するものの組み合わせは、考えもつきません。

その考えは先入観で自動的に削除されてしまいます。

そこに気がつけたかどうかが天才、凡才の差です。





【ヒトコトメイゲン】



001_convert_20120515075334.jpg

「挑戦する気持ちを取り戻す方法」

  001_convert_20120514081351.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉ブログ『3行日記ーasshuku』より。


千田さん曰く、
『人生に遅すぎることはない。
 「今」この瞬間は二度とやってこない。

 転ぶのは誰だって怖いが、もう一度
 あの頃のように自転車を乗る練習をしよう。

 ライバルは幼稚園の頃のあなただ。』



幼稚園の頃、自転車を初めて乗った時、
転びまくりました。

転んだ時、
すごく怖かったけれど「乗れるようになりたい。」
ただそれだけでした。

何度か転んで乗れるようになったあの喜びは
今も忘れることはありません。



僕ら大人は
いつしか、転ぶことに恐れ、
「補助輪」という名の保険をたくさん掛けてきました。

「失敗してはいけない…」
「赦されない…」

「安定」を求めることは人間の防衛本能なので
自然なことです。

けれどこの「安定」というのは
幻想でしかありません。

今の日本を見れば一目瞭然。
どこにも「安定」「絶対」はありません。


だからこそ、もう一度
幼稚園の頃の純粋な気持ちで挑戦しよう。
 




こんな記事が・・・






人生に遅すぎるということはない。
何をするにも一番の若い瞬間は「今」です。


【ヒトコトメイゲン】


こんな記事が・・・

「同志」

  001_convert_20120512084940.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき』
より。


千田さん曰く、
『誰にも邪魔されずに好きな人と好きなように仕事が
 やりたいという人がいる。
 
 実際には本当に一人で生きていくことは無理だ。』
 
                -本文抜粋



「誰にも邪魔されず、ひとり黙々と仕事をしたい」
という人は結構いると思います。

僕もそのうちの一人ですが…

結論は「無理」です。

人とのつながりをゼロにするということは、
誰からも批判もなければ、称賛もありません。
感動もなければ成長もなく、完全な独りよがりになります。

想像しただけでも楽しくありません。

人は人との間で感動を得るのです。



千田さんは言います。
「一人で仕事をしたい人というのは、
 本当は深く話せる相手が欲しいだけなのかもしれない」
と。


つまり
他人と自分との温度差があるから
「一人でやりたい」と思ってしまう。

深く話せる相手がいれば、
そうは思わないのかも知れません。




「口に大義を唱えても、
 心に一致する何ものもなければ、
 同志も同志ではない。」

         by曹操孟徳





心に一致する同志とは親友です。


【ヒトコトメイゲン】


「自分を変える方法」

  001_convert_20120512081235.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき』
より。


千田さん曰く、
『本当は嫌なことなのに長年がまんを重ねるより、
 ほんの一瞬の勇気のほうが人生を変えることが多い。

 もし皆勤賞で心身ともにボロボロなのであれば、
 早速今から断ってみよう。』
 
             ―本文抜粋


千田さんは
「参加したくない飲み会やカラオケは一回目に断ること」
と言います。

確かに
1回目より親密になった2回目のほうが断りにくいです。

断るのに必要とする「労力」というものは
すごいものです。

「なんて断ったらいいか…」
「嫌な顔されたらどうしよう…」
などと頭の中がそれでいっぱいになります。

だから
断るなら傷の浅い1回目だと千田さんは言います。

毎回、嫌々飲み会に行っている人も今からでも遅くはありません。

人生で一番若い日、
人生で一番変わることのできる日というのは
今この瞬間です。



「忙しい人達が、やめても問題ないことをいかに多くしているかは
 驚くほどである。なすべきことは、自分自身、自らの組織、
 他の組織に何ら貢献しない仕事に対しては、ノーと言うことである。」

                   byピーター・ドラッカー




意味のないことをするのは時間の無駄ですが、
その前にその意味に効果があるかないかの判断をできる
チカラが必要です。





【ヒトコトメイゲン】



「現状維持でいることの危険」

  001_convert_20120510173201.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき』
より。


千田さん曰く、
『最終的には会社の業績はすべて社長の手柄となるのだ。
 きれいごと抜きにするとすべての組織は
 こうして成り立っている。

 自分の頭で考えて動かなければ、
 必ず搾取される側になるように世の中の構造はできている。』

                     ―本文抜粋


「郷に入れば郷に従え」という言葉がありますが、

正確には「郷に入れば郷に従うしかない」のです。

「郷」も「組織」も同じ。

そこに属している限り、そこのルールに従うしかありません。

従っていればいいので
自分で考える必要がないから楽といえば楽かもしれませんが、
搾取され続けます。


それが嫌なら独立して、自分が組織をつくるしかありません。

千田さんは言います。
「問題なのは現状維持でいること」

そう、
嫌なんだけど、何もしないのが一番問題です。





「チャレンジして失敗することを恐れるより、
 何もしないことを恐れろ。」

          by本田宗一郎





何もしないということは、もはや
「罪」なのかもしれません。



【ヒトコトメイゲン】



「人から好かれる方法」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき』
より。


千田さん曰く、
『組織の評価というのは好き嫌いで決まる。
 どんなに理論平然と理屈を並べたてられようが
 そんなのは建前であって本音は好き嫌いで決まっている。』
  
                     -本文抜粋



人間はどこまでいってもアナログです。
そして感情の生きもの。

それは原始時代から現代にいたるまで
人間の本質が変わらないのと一緒です。

どこの世界も「好き」「嫌い」しかありません。

村社会が消えて無くならないもの
人間がアナログだからです。

この現実を受け止めて
どう行動するか?

村社会で生き残りを懸けるもよし、
独立し世に出るのもよしです。

全部、自分で決められます。

とはいえ
人間は一人では生きていけません。

人間関係で好かれるに越したことはありません。


心理学で、
「好意の返報性」という法則があります。

人は自分に好意を持ってくれる人を、
好きになりやすいというものです。

つまりは
食わず嫌いせず、どんな人にでも
好意的に接していけば自然と好かれる人になります。



「他人は自分を映す鏡」

その通りだと思います。

【ヒトコトメイゲン】

001_convert_20120509204803.jpg

「知恵を生み出す方法」

  001_convert_20120508202241.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき』
より。


千田さん曰く、
『どんなに科学技術が進化してもゼロから人体を
 創り上げるのは無理なように、
 どんなにデジタル化してもコンピュータから知恵は
 生み出せないからだ。』
 
             -本文抜粋   

今や「知識」「情報」というのは
誰もがすぐに手に入る時代になりました。

人がいくら頭に知識を詰め込んでも
コンピュータには敵いません。

けれど
その「情報」や「知識」に意味を与えられるのは
人間の脳です。

つまり
知恵の「発想」です。


「知恵は人間の頭脳を通過しないと生まれない」
と千田さんは言います。

これからの人間の役目というのは
「知識や情報という道具を使って創造する」
ということだと思います。





成功哲学の第一人者である、ナポレオンヒルは
「想像力には二つのパターンがある」と言います。


ひとつは「改良型想像力」。
これは、古い概念、アイデア、プランなどを
組み合わせることによって、
従来には見られなかった新しいものを創造する想像力。


もうひとつは「独創的想像力」。
これは、直観やインスピレーションによって
湧き出てくるもの想像力。


後者の直観的な想像力が、
千田さんの言う
「全身に電気が走るような知恵」
だと思います。






【追伸】
あなたは
その無機質な単語の羅列に
「命」を吹き込めることができますか?

【ヒトコトメイゲン】



「ナントカシテ教から脱する方法」

  001_convert_20120508080737.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき』
より。


千田さん曰く、
『他人に依存している間はまだ成人式を迎えていない。

 人生は「なんとかしてもらう」のではなくて
 自分で「なんとかする」ものだ。

 「何とかしてもらう」という発想である限り
 一生人にこき使われて安月給で働かなければならない。』

                    -本文抜粋

周りを見渡すと

「ナントカシテ教」

の人は意外と存在します。


「会社に何とかしてもらおう」
「国に何とかしてもらおう」
「政治に・・・」


下手をすると
「なんとかしてもらわなきゃ困る!」
と叫ぶ人もいます。

そうなると、もはや
「洗脳されている」としか言いようがありません。

でなければ
「親」が「国や政治」になっただけの話で
根本的にその人は未成年や子供と一緒です


それも千田さんの言う
「やたら老けこんだ未成年」と。


おもしろいくらい適役な人が
あなたのまわりにもたくさんいると思います。

ひょっとするとあなたも
無意識に口にしているかもしれません。



まずは精神的自立から。
そこから始まります。



「本当の”自立”とは、
 自分をきちんとコントロールする”自律”でもある」

                     by斎藤茂太



それも細かいところまで「自律」しなければなりません。

特に「言葉の力」は重要です。

「それくらい…」と思うことほど重要です。



【ヒトコトメイゲン】


「独立する方法」

  001_convert_20120507080345.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき』
より。


千田さん曰く、
『一番独立に向いてなくて、結局サラリーマンのまま人生を
 終える人は、実力をつけるためにずっと準備ばかりしている人だ。

 安居酒屋のサラリーマンたちの話を聞いていると、
 揃いも揃って「独立準備中」の勇者ばかりに見えてしまう。』

                   -本文抜粋




独立するのに一番の好機とは?


それは
「俺は人に使われる人生なんてまっぴらだ。
 独立する」
と思った時です。


単純明快。
そう思った時が好機です。


確かに
独立のための実力や環境をつくることは必要ですが、
千田さんは言います。

「独立に向いている人は実力をつけるまで待てずに
 会社を辞めてしまう人。」


やりたい気持ちに負けて
ついついフライングしてしまう人が独立向きな人
ということです。


語り続けることで満足するのも人生。
結果無視してフライングするも人生。

どちらにしても
人生最後の日には満足していたいです。




「独立とは、自分自身の能力を自覚して、それを現実化することである。」

                     by内村鑑三



自覚していたら、いつまでたってもスタートできないと思います。

むしろ、その「思い」を現実化したほうが、独立に成功すると思います。






「夢を叶える方法」

  001_convert_20120505172251.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき』
より。


千田さん曰く、
『未来は遠いどこかの夢の話ではなくて、
 今もう始まっているのだ。

 今やっていることが、あなたの夢であり
 未来そのもの。』

              -本文抜粋



「未来」「将来」と聞くと
遥か遠く先のように思えます。

けれど千田さんは言います。

「今やっていることが未来そのもの」と。

今、自分がやっていることが
将来、自分がやっていることになるということ。



「いや、違う。俺は将来ビックになるんだ」

と全否定する気持ちもわかりますが、
今が人生の中で一番若い日。

その今の連続があなたの「将来」になります。

明日という言葉もなく、
今日寝て起きればまた今日があるだけです。

夢と現実の一致が夢を叶える方法。




「未来とは、現在によって条件づけられた追憶の投影にほかならない。」

                  byアブラハム・リンカーン




「過去、現在、未来」
これは人間が創った考えであって
実際、人は
「活動して、寝て、活動して…」の繰り返しです。


無限に続くと思ってしまうこの人生で
いかに現実を見つめられるかがカギとなります。



【ヒトコトメイゲン】


「本質的な回答のしかた」

  001_convert_20120505075938.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『昔から女性が男性によく聞く質問に
 「私のこと、どれくらい好きなの?」というのがある。

 「シャワーを浴びなくても、
  キミのお尻の穴を舐められるくらい好きだよ。」
 と即答できたら、かっこいいと思うのだが。

 男女ともに、正体は変態のはずだから。』
 
                 ―本文抜粋


どんなに顰蹙を買われても、二人だけの世界があれば
もう充分なのかもしれません。

世間体を気にして楽しめないのなら
それは本物の愛ではないし、周りのために
一緒になった証拠。

二人の間だけ笑い合えるような関係が
本質的な関係だと思います。




「本質と存在の融合が最高度に実現されるのは、
 まさに愛を通してのみである。 」

                 byプラトン



逆を言えば、本質を表現するためには
「愛」がなければならないのだと思います。

これはすべてに共通することではないでしょうか?





「君さえいれば世界中を敵に回してもかまわない」


よくあるセリフですが、逆に言えば

「二人以外はみんな敵、周りは敵だらけ」
ということです。


実際そうはならないと思いますが、
それくらい覚悟があるという表れだと思います。



【ヒトコトメイゲン】


「成功を紐解くカギ」

  001_convert_20120503172749.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『矛盾しているものが人を幸せにすることだってある。
 
 その証拠に矛盾を頭から否定し続けてきた人は、
 お勉強はできても豊かにはなっていない。』

          
                 -本文抜粋


そして千田さんはこう言います。

「矛盾を含めた、ありのままを非ロジカルにインプットし、
 ロジカルにアウトプットできるように努めよう。」と。


つまり、成功を紐解くカギは「矛盾」を「非矛盾」にする。
問題やサービスを「両立、統一」させてしまうことです。


理にかなっていないこととされる非常識を
常識に変えていくことでもあります。

そんな自分流の模範解答を創ってしまえばいいのです。


時代、国、文化によって「常識」は変わります。
いかに常識というものを外せるか、それだけです。





「常識と非常識がぶつかり合ったときに、
 イノベーションが生まれることがあるんです。」

                   by井深大





「常識」と「非常識」のアウフヘーベン。
人間の常識ではタブーとされることへの挑戦が
いつも時代を発展させてきた。





【ヒトコトメイゲン】



「言葉の力に気づく方法」

  5+001_convert_20120502201547.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『「お金なんて」と綺麗事を言っていると、
 本当に貧乏になるように周囲から応援される。』

                -本文抜粋

「言ったことは現実になる」


言葉というのは時として
薬にもなれば毒にもなります。
 
いい言葉はいい感情を生み、
悪い言葉は悪い感情を生みます。


言ったこと、言われたこと。
冗談でもまじめでも。

あなたの脳は素直にそれを受け入れます。
そして周りにいる人達の脳も素直にそれを受け入れます。

いつしか
その言ったことが現実となるのです。

その事実を知った上で
迷った時、倒れそうになった時に
自分を正しい方向に導く「言葉」を持っているのと
持っていないのとでは、人生において
明らかな差が出ます。




人間は放っておくと、ついつい
悪いことに目がいってしまいます。

あなたは無意識に悪愚痴やグチを言っていないでしょうか?

これは意識して注意しなければなりません。

健康に気を使うようなものです。




「置かれるべき場所に置かれた言葉の威力は絶大だ。」

                        byボアロー



大事な言葉に反応できる自分もいて
はじめて言葉に力が宿ります。

私がいて、あなたがいて、
言葉がある。




「お金の必要性を知る方法」

  001_convert_20120502081705.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『お金が嫌いだという人間を信用してはいけない。
 
 ダメなのはお金がすべてだと妄信してしまうことであって
 お金そのものではない。
 お金はないよりあったほうが断然幸せに近づきやすい。』

                     -本文抜粋



「地獄の沙汰は金次第」と言われますが、

「この世の沙汰も金次第」です。 


お金がこの世のすべてではありませんが
お金があれば幸せになれるのは周知の事実。


お金があっても幸せじゃない人はいますが、
お金がまったく無くて幸せだという人はいません。

お金をたくさん持っていて幸せな人もいれば
お金はあまりないけど幸せという人もいます。


「幸せ」と「お金」の関係は
バランスでもなく
比重でもなく、距離でもありません。

でも切り離せない関係です。




「かねが人生のすべてではないが、
 有れば便利、無いと不便です。
 便利のほうがいいなあ。」

      by相田みつを





お金は「可能性」を広げるアイテム。

お金がなければできないことはたくさんあります。

お金を稼ぐことはやはり必要なことです。


【ヒトコトメイゲン】


「いい人間関係を保つ方法」

  001_convert_20120430193830.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『一度紹介してもらった人間は、
 次から紹介を当り前と思うようになる。
 
 紹介が出なくなると、ポイ捨てだ。』

                -本文抜粋


人は感謝を忘れる生きものです。

「感謝の記憶力」というものがめっぽう弱い。

そして一度、甘いものを食べてしまうと
ハードルが低くなったのか、
それが当り前のように感じてしまいます。

そして次がなくなった途端に、
何を履き違えたのか、恨みすら買うようになる。


千田さんは言います。
「立場をわきまえてもらうため躾をする。」


そう、
どんな間柄にも「水の如し関係」でなければ
なりません。




「水の如し関係」とは

荘子の言葉で
「君子の交わりは淡きこと水の如し、小人の交わりは甘きこと醴の如し」

意味は
大物、偉い人達の付き合いは水のようにさっぱりとしているが
小物同士の付き合いは、まるで甘酒のように甘く、ネトネトした関係で
一時的には親密に見えても、長続きせず、破綻しやすいもの。





どんなに親しい中でも依存し過ぎると破綻を招きます。
「着かず離れず」の距離が大事だと思います。


常に感謝を感じる心があれば
このような関係にはなりません。



【ヒトコトメイゲン】



「本気を伝える方法」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『「熱意はあります」「やる気だけは誰にも負けません」
 と近づいてくる人がいる。
 何のことはない。

 単に条件の悪さを抽象的な表現であやふやにしているだけの話だ。
 本当に熱意があるのであれば、必ず条件にそれを反映させる。』
 
                        -本文抜粋
 

ヤル気、本気、本音というのは
口で熱く語るだけでは伝わらない。

「熱意」というは何らかの形にしないと
人は聞いてもくれない。

それはお金であったり、条件であったり
何か目に見えるもので本気度が伝わる。

千田さんの言う
「抽象的な表現でごまかしている」と。

それは
「言うだけはタダ」にほど近い。

相手に本気を見せたいなら
これでもかというくらいわかりやすい「形」を
見せるのです。




「事実は『目に見える』が、本質は『目に見えない』。」

             by野中郁次郎




本質は目に見えないからこそ

見えた時に人は感動を覚える。

目に見えないものにこそ価値があり、感動があります。

それを形にしていくのが仕事だと思います。





【ヒトコトメイゲン】


001_convert_20120429205853.jpg

「人を引き寄せる方法」

  001_convert_20120428212838.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『20代で群れから抜け出すために
顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉』
より。


千田さん曰く、
『詐欺師を見抜くのは簡単だ。

 ブランド品に身を包み、やけに饒舌に
 「ラクして儲かる話」を持ちかけてくる人は
 詐欺師だと思っていい。』




どの世にも「ラクして儲かる」話なんて存在しない。

自ら敵を増やし、自分の首を絞めることになるのに
そんな話を他人に持ちかけることはまずない。

そもそも「ラクして儲ける」こと自体が不可能。

そんな矛盾を持ちかけてくる相手は
「詐欺師」といいます。




「偽物は自ら無理に勧誘しなければならない」
と千田さんは言います。

これはすべてに言えることだと思います。

商品を売るにしたって、営業をかけるにしたって
「力」がないから無理が生じます。

「魅力」がないということです。



「本物には人が勝手に集まってくる」

その商品や人に魅力があるなら
相手からすり寄ってきます。


「追っている」うちはまだまだということ。
「追われる」くらいじゃないと本物とは言えない。
そう、恋愛を除いては。






「あらゆる詐欺のうちで第一の最悪のものは自己欺瞞である。」


                       byベイリー




人から騙されるのはつらい。

もっとつらいのは自分を騙すこと。

「必然的」なのが最もつらい。

せめて自分にだけは自分を偽りたくない。




【ヒトコトメイゲン】



本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ