「挫折を味わったら」

  001 - コピー - コピー (7) - コピー


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。


千田さん曰く、
『負け続けて「これをやったら勝ち目はないな」と人生を予習するのだ。
 その結果、自分とちゃんと向き合うことができるようになる。』
 

                          -本文抜粋



「井の中の蛙大海を知らず」
意味は
自分のせまい考え方にとらわれた世間知らずの人のこと。




正にこの状態です。

自分は他人とは違う、他人より尊い存在だと思っていたが、
いざ世の中に出たら、自分より凄い奴がゴロゴロしていた。


千田さんは言います。
「それに気づくために、負けを知るために学校へ行く」のだと。

そうすることで
ちゃんと自分と向き合うことができる。

「自分のすべきことがわかる」とも言えます。

それが一番大事なことかも知れません。





「井の中の蛙大海を知らず」この後に
「されど空の高さを知る」と続きをつけた人がいるそうです。


大海に出よう試みた蛙が挫折したのか、
それともその一歩が踏み出せないのか。


それすらを知るだけでも儲けもんです。








【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言5

「愚痴を言いそうになったら」

  001 - コピー - コピー (6) - コピー




千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。


千田さん曰く、
『会社にリストラされるのではなく、
 人生からリストラされてしまう。』
 

                 -本文抜粋



「自分で自分をリストラ!?」

衝撃的な言葉です。



ページを開いた途端、
真っ先に目が止まった言葉です。





千田さんが言いたいのは、

「『仕事がつまらない』と愚痴っている人間は、
すべての組織からリストラされる。」


つまりは毎日、自殺行為をしているということ。


成るべくして成っているのですね。



会社の愚痴、世の中の愚痴、家庭の愚痴、
すべては自分に対する愚痴なのです。





「今日の目標は、明日のマンネリなんだよ」

            byデイル・ドーテン






明日のために掲げた目標というのは
すでにマンネリ化しているということ。


今日の延長線に明日があるという考えが
マンネリ化させるのだと思います。


未来から逆算して今日することを決める。
それがマンネリしない目標達成の方法です。


「明日、しよう」じゃなくて
「今、する」




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉4

「自分の性格が嫌になったら」

  001 - コピー - コピー (5) - コピー

千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。


千田さん曰く、
『性格を変えるより、ありのままの性格を受容する。』
 

                 -本文抜粋




「短気な性格を直したい」
「内気な性格を直したい」

自分の短所を直したいというのは自然だと思います。

けれど千田さんは言います。
「断言していいが、性格は変わらない」と。


だったら
その性格のままで生きていける人生に
するのが一番の近道だと。


確かに
性格というのはなかなか変えられるものではありません。

生まれもった「気質」なのでこれを変えるのは
時間と労力を必要とします。

それならその時間と労力を
自分のしたいようにできる人生に
費やしたほうがいいという考え方です。





短所を長所にして平均点を取るよりも、
短所を活かして高得点を取るほうが遥かに
簡単だと思います。



もともと、「長所、短所」なんて考え方次第。

よしと考えればよくなるし、ダメだと考えれば悪くなる。


「したいことを追及する」
それがシンプルで一番の方法です。







【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言3

「ホンマつらくなったら」

  001 - コピー - コピー (4) - コピー



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。


千田さん曰く、
『シンプルに考える人はいつも「本音」で生きている人だ
「ホンマ」に考えると問題はたちどころに解けてしまう』
 
                   -本文抜粋



『ホンマ』とは
「本当であること。またそのさま。」
という意味です。


つまりは「真実」。


「本音」を発し続けていれば
「真実」になるということです。



「ウソも言い続ければ真実になる」
といいます。だったら、
本音を発し続けて真実になるほうがずっと簡単だと思います。



そして千田さんは言います。
「問題は難しく考えるとそのまま超難問になる
 シンプルに考えるとそのままサービス問題になる」と。


正に言ったことが真実になった証拠です。


「忙しい、忙しい」と叫べば忙しくなる。
「大変だ、大変だ」と叫べば大変になる。

「楽しい、楽しい」と言えば楽しくなる。


選択の集大成です。
いたってシンプル。





「嘘も方便」
 
    byことわざ





時には本音と違っても
使い方次第なのかと思います。




【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言2

「最近、ゆでガエルになってるなぁと思ったら」

  001 - コピー - コピー (3) - コピー


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『つまり無意識のうちにお金持ちである成功者たちの
 真似をすることによって、自然にお金持ちになっていきやすい
 準備が整ってくるのだ。』


              -本文抜粋



「お金持ちになりたかったら
 お金持ちと付き合うようにするといい」
と千田さんは言います。


単純明快ですが、
それはなぜか?


それは無意識のうちに
「成功者の思考」になっていくからだといいます。


つまりは
水が高きから低きに流れるように、
高いエネルギーの持ち主の集まる所にいれば
低いエネルギーの自分が自然と高くなっていく
ということです。




「お金持ちになりたいけど、
 なかなか行動に移せないんだよな…」
という人は多いはず。


現状に満足してしまっている状態か、もしくは
現状に慣れてしまっている状態なのだと思います。


心地よい状態というのは、
成長していない証拠です。




「あなたの成長は、居心地の悪さから来るものなのです。
 あなたの成長は、居心地の悪さをどれだけ居心地良くするか」

                   byマイケル・ボルダック






最悪なのは
「居心地の悪さに慣れてしまうこと」


『ゆでガエルの法則』です。





【ヒトコトメイゲン】


sennda1.jpg

「給料が少ないと感じたら」

  001 - コピー - コピー (2)



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『月給20万の人は平日1日1万円ぽっきりで
 雇われているという意味では、
 アルバイトとなんら変わりはない。
 
 なけなしの1万円を1日当たりの勤務時間で割ったら
 単純に時給が出るではないか。』

                 -本文抜粋



今日も気づきの言葉に出逢えました。


確かに、
サラリーマンや公務員は成果を出さなくても
毎月給与がもらえます。

責任があろうが、なかろうが毎月もらえます。

その点から考えると
アルバイトと変わりありません。

時給換算したか月給換算したかの差です。


本当の完全成果主義で仕事をしている人には
遠く足元にも及びません。



千田さんは言います。
「営業目標を達成できなくても
 なんら変わりなく給与が支払われている限り、
 責任があるとはいえないと考えるのがプロの考え方なのだ。」と。


責任感もなく腐ってダラダラ仕事をしているような人間に
お金は集まってこないのは言うまでもありません。





「あらゆることの責任は自分にある。」

           byスティーブン・R・コヴィー




全部が「責任、責任」というと重くなってしまいます。

けれど、
「責任を感じること」と「負い目を感じること」を
イコールとしてはいけません。


「自分に非があった。ではどうするか?」
という考え方にするのです。







【ヒトコトメイゲン】


「『パッとしないなぁ』と思ったら」

  001 - コピー - コピー (2) - コピー

千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『あなたの友人5人を思い浮かべる。
 5人の将来性はあなたの将来そのもの。
 
 将来のあなたの姿は5人の平均値になる。』




いつも5人を批判していたそこのあなた。

「いや、俺は違う!」と思ったあなたこそ
見事に5人の平均値です。



これが客観的に己を知ることと言います。



「類は友を呼ぶ」や「朱に交われば赤くなる」
というように、同じ空間、場所にいる人間は
同調してしまうのです。



エネルギーが高いところから低いところに
流れてしまうのと一緒で、
能力の高い人間と能力の低い人間が同じ空間にいたら、
能力の高い人間は能力が下がり、
能力の低い人間は能力が上がります。

平均すると同じくらいになるのです。




そして千田さんは言います。

「解決方法は今すぐその5人組と縁を切ること。
 その5人組から飛び出して成功し、
 その5人がかけがえのない存在だったら、
 その時に引っぱり上げてやればいい。」と。


「裏切り者」と顰蹙を買うかもしれない、
けれど、誰かがいった言葉で
「改革には痛みが伴う」のです。



まずは事実を受容しなければなりません。




【ヒトコトメイゲン】

001.jpg

「遅刻をしてしまったら」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120720214938


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『遅刻の常習犯は人生の目標にも遅刻するから、
 夢は永遠に夢のままだ。
 夢を語るだけで、人生の幕を閉じる。』

               -本文抜粋


約束の期限ギリギリを目指す人は、
最初から心のどこかに「遅刻してもいいか…」
という気持ちがあります。


遅刻しない人というのは、あらゆる想定をして
間違いなく間に合うような段取りをする。



遅刻魔は慢心があるがゆえ
すべてにおいて遅刻する。

人生の目標にしても遅刻することで
達成から遠のく。



遅刻がなぜいけないのか?


それは
「時間は命だから」です。

千田さんは言います。
「時間を大切にできる人は、命を大切にできる人」と。


命を大事に扱ってくれる人に、人が集まるのは
当然のこと。

自他共に幸せになれるのです。




『「時間厳守」「時間尊守」というより
 「時間死守」です。』


          byゆうそ






「遅刻はしてはいけません」と学校で習いました。
その時は
「先生に怒られるから」「皆に迷惑をかけるから」
とその罪の重さに気づいていませんでした。


本当のところは、
「自分の命とその周りにいる人の命を奪っていた」のです。







【ヒトコトメイゲン】



「親友の見分け方」

  001 - コピー - コピー (11)


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『親友というのは相手がどんな状況になっても、
 きちんと相手の価値を認められる存在だ。』

                -本文抜粋

「親友」とはどんなにケンカしても
固い絆がある。

そして、世界中を敵に回しても最後の最後まで
相手のことを信じてあげられる存在です。


友人と親友の違いはそこにあるといいます。



そして千田さんは言います。

「時代が変われば解釈も変わる」

確かにその通りです。



世の中から見た相手の価値と
自分から見た相手の価値はまったく違うもの。


傍から見たら馬鹿げていても
本人たちは大真面目でやっていること。

それでいいと思います。



解釈なんてあってないようなもの。
自分で解釈したものが現実です。






「友人はロジカルで打算的に、
 親友は直感で損得抜きにつくるからではないか。」


               by千田琢哉


 


自分の魂が叫んでいることを信じるのは
自分が一番自分らしくいられる、
「生きる」ということだと思います。


              


【ヒトコトメイゲン】


「一人でいることに不安を感じたら」

  001 - コピー - コピー (10)




千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『孤独を好んでカッコよく自分磨きをしていると、
 結果として、ますます友人も増える。』




人間は群がると安心感を持てます。
群集心理が働くせいで気持ちが大きくなります。

すると普段一人ではできないことが
できてしまいます。


生存するため本能的に一人を避けるように
遺伝子にプログラムされているのだと思います。





千田さんは言います。
「負け犬同士で傷を舐め合うのが関の山だ。
 どうでもいい連中と群がっていても
 どうせその場にいない人間の噂話をして終わりだ。」と。


だったら1人でコツコツ自分磨きをしていたほうが
よっぽどいいといいます。



その結果
自分磨きをしてある水準に達した時に、
別の分野で同水準の人と出逢うことがある。

その人と自然と親友になれる。

切磋琢磨できる親友。

生涯たった一人いれば十分の親友です。






「自分は負け犬なのに、それに気づいていない人が多い。
 負け犬は群れるから、自分が負け犬であることに気づかない。」


                       by高橋がなり






「俺たち親友だよな。」
「私達って親友よね…」

確認し合わなければならないのは
本当の親友ではない。




「恋愛と仕事どちらを取るか迷った時」

  001 - コピー - コピー (8)




千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『世の中男だけでも女だけでもダメなのだ。
 どちらか片方では未完成である。
 
 引き離して考えるのではなく、一体化できないかを
 考えると幸せになれるのだ。』

              -本場抜粋


仕事と恋愛を生物に置き換えると
雌雄の関係になると千田さんは言います。


確かに
雌雄の関係はどちらか一つでは成立しない。

男はどんなに強くても一人では輝けない。
絶賛してくれる人がそばにいないと輝けない。

女はどんなに美しくても一人では輝けない。
「きれだね。」と囁いてくれる人がいないと輝けない。



仕事はどんなに出世しようが恋愛無しの人生ではつまらない。

恋愛にどれだけ力を入れても仕事がなければ
相手に与えることができない。



共に分かち合う相手がいなければつまらない人生になってしまう。



2つで1つの存在。






『「二兎追うものは一兎も得ず」というけれど
  二兎追った者だけしか二兎は得られない。』

             by作者不詳




分けて考えて、どちらか一つではなくて
2つとも融合できないかという選択肢を増やしてみる。

常識で存在しないものは「存在しない」のではなくて
「勝手に人がないものと決めつけている」に過ぎないのです。






【ヒトコトメイゲン】


「恋愛と仕事を両立させる方法」

  001 - コピー - コピー (7)



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『仕事と恋愛は分けて考えない。
 仕事と恋愛はつながっていることに気づく。

 仕事がバリバリこなせる人は恋愛も最高に楽しめる人だ。
 いい恋愛をしていると、仕事にも熱意が込められるようになる。』


                 -本文抜粋




「好きな人のことで頭がいっぱいで
 仕事がはかどらない」

「仕事が忙しすぎて、会う時間がない」

「仕事と恋愛の両立は難しい」
と言われます。




しかし、千田さんは言います。
「恋愛、仕事、どちらも輝かせていくために
 共鳴し合っていくものだ」
と。




共鳴し合っていく・・・


なんといい響きでしょう。



確かに、何をするにしても
恋愛をしている時というのはアドレナリン全開で
睡眠不足でもバリバリ仕事ができます。

これこそまさに、
共鳴して輝いている状態ではないでしょうか?


「できない」といえばできなくなるし
「できる」といえばできるようになる。


構造は単純でシンプル。

非現実的でも「そうかもなぁ」と思うことが肝です。




この名言があるおかげで、
恋愛と仕事が両立できるようになります。

まさにタブーへの挑戦です。

一見、相反する矛盾を融合させてしまう。


言葉が存在した途端、それが現実になります。


不思議です。
・・・本当に。



【ヒトコトメイゲン】

003.jpg

「人を外見で判断する方法」

  001 - コピー - コピー (6)


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『性根の腐った人は性根の腐った表情をしている。
 人を騙してきた人は人を騙してきた表情をしている。
 人の揚げ足を取ってきた人は人の揚げ足を取ってきた表情をしている。
 ヒソヒソ話が好きな人はヒソヒソ話が好きそうな表情をしている。
 冷徹な人は冷徹な表情をしている。』

                 -本文抜粋



「人を見かけで判断してはいけません」               

学校の先生がよく口にした言葉です。

当時は疑う余地もなく、
「人を見かけで判断してはダメ」と
半分、自己暗示のようでした。



3300人のエグゼクティブと
10000人を超えるビジネスパーソンたちと対話してきた
千田さんは言います。


「しかしそれは嘘だ。
 人は見かけで判断していい!」


撃ち抜かれた感じでした。


「特にその人の表情は過去を露呈している」と。




心理学では
顔の左側には本音、
右側にはよそ行きの表情が出るといわれています。

これは右脳がイメージや感情を担い、
左脳が言語や論理的な思考を司ることと関係しているそうです。

脳と体の関係は延髄交叉によって左右が逆になるために
感情は顔の左側に出るということです。



つまり千田さんの言う通り
「心で思ったことは表情に出てしまう」のです。


顔がキツイ人は心もキツイ。
顔がやさしそうな人は心もやさしい。


いたってシンプルです。






【ヒトコトメイゲン】



「売れる商品にするには」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+(5)_convert_20120714205059



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『売り手側がロジカルに考えた根拠はすべて
 机上の空論であり、本当の根拠は100%
 市場に決定する権利がある。』
 
            -本文抜粋



売り手側がどんなに
「この商品は売れる」
「論理的にみて売れないはずがない」と思っていても、
市場に出てみなければわからない。


判断はすべて市場に委ねられています。



結局、市場が「いらない」となれば
ただの自己満足で終わってしまいます。



だからこそ、
「勇気を持って仮説を立てていくこと」と
千田さんは言います。

仮説を立てることに意義があるのだと。




スタートはいつも何もないところから、
そこからすべてがはじまります。





「市場において最大ではなく、最適を目指す」

              byピーター・F・ドラッカー




「最大」とは自分本位の考え。

「最適」とは市場目線の考え。



自分のいる場所では見えない部分が必ずある。
逆に言えば、自分以外がすべて勉強の素材となる。





【ヒトコトメイゲン】



「仕方ないが口ぐせになってしまったら」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+(4)_convert_20120713204008


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『すべて自分で自分の罪を勝手に許してしまっている
 醜い言葉なのだ。
 
 つまり一瞬にして成長をストップさせてしまう
 恐ろしい言葉であり、急激に運気を落としてしまう。』

                 
                   -本文抜粋



「がんばったけど仕方ないよね」

確かに、「けど」の後半には「仕方ない」とついてしまいます。

しかも無意識的についてしまうことが質が悪い。
何よりそれを口にした瞬間に反省しなくなってしまう。


千田さんの言うように、
「醜い言葉であり、恐ろしい言葉」です。



同じ「プラス思考」にしても
その場の「慰めで終わってしまうプラス思考」というのは
その後の成長がありません。

無意識にその動作だから気づくこともなく
終わってしまいます。


「プラス思考」は自分の慰めのためでなく
自分の成長のために使うのです。





『プラス思考の最高のかたちは、感謝の言葉だ。
 「人生で成功させてくれてありがとう」
 そういう考え、思いを口にし、
 それに従って行動すれば、素晴らしい結果を生む。』


            byニール・ドナルド・ウォルシュ





感謝に気づいた時、
「仕方ないよね」なんて言えないと思います。

まずはそこから。







【ヒトコトメイゲン】


「結果が出せなくでも平気な人へ」

  001 - コピー - コピー (3)


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『実際には結果を出している人間に、
 結果を出していない人間は食べさせてもらっている。

 だから結果を出していない人間の家族は
 実際には結果を出している人間が養っている。
 これは紛れもない事実だ。』
  
               -本文抜粋





「結果を出していない人間は養ってもらっている。」



インパクトのある言葉ですが、
何も大げさなことを言っているわけではありません。

「紛れもない事実」です。




会社が存続できるのは、結果を出した人がいるからです。
結果を出し、その利益で会社は運営されます。

同じ会社にいる、結果を残せない人にも
ちゃんと給料は支払われます。

その流れを見れば、「養っている」といっても
過言ではありません。





千田さんは言います。

『ビジネスは「いい勉強」をするためにあるわけではない。
 ひたすら「結果」を出すためにある。』と。


そこには綺麗事も同情の余地もありません。


生きていくためには結果を出さなければならない。
ということです。





野生のトラが餌を取りに行くとします。

「今日は一匹も捕まえられなかったよ。
 がんばったけど結果を出せなかったよ。」

子供たちを前に
そんなことが通用するはずありません。



人間の世界ではそこまでシビアではありませんが
近いものはあると思います。




「1人の富者がなんと多数のこじきを養うことか。
 王が建築を始めれば、馬車ひきには仕事が生まれる。」     

                   byシラー





何も大げさなことを言ってるわけでもありません。
世の中の仕組みを見れば過言にはなりせん。







【ヒトコトメイゲン】


009.jpg

「奇跡に巡り合う方法」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+(2)_convert_20120711204054


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
「表だけで3年に1度だということは、
 裏も合わせると1年半に1度はこの奇跡に出逢う計算になる。

 誰にだって1年半に1度はこんな奇跡に
 出逢っているということだ。

 ここで大切なのことは、奇跡に出逢っていることと、
 ゲットすることはまったく別だということだ。』
    
              -本文抜粋




1年半に1度こんな奇跡に出逢っているなんて
気づきませんでした。

いえ、それに気づいていなかっただけの話…






千田さんは言います。
「奇跡は誰にだって同じ確率で降ってきているにもかかわらず
 それをゲットできるのは実力を磨いた人間に
 限定されるということだ。」と。



そう、
「奇跡は起こっている」でもそれに気づかない。

これが結論です。



逆に言えば、
「皆、平等にチャンスは巡ってきている」
ということです。
それもこんな身近に。


それに備えて、日々努力していく。



そしてその準備に必要なのは
その奇跡が巡ってきたときに脇目もふらず飛びつく「瞬発力」。
つかんだ奇跡を離さない「持久力」。


奇跡をつかむ方法を知っただけでも
‘奇跡’と呼べるのではないかと思います。








今日も気づきの言葉に出逢えました。
これも‘奇跡’の賜物です。
感謝致します。







【ヒトコトメイゲン】



「優柔不断で悩んだら」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120709210018



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『50対50なのだから、どうせどっちを選んでも同じなのだ。
 今すぐ得しない側を選んで運の貯金をしよう。』

                   -本文抜粋


人生は選択の連続です。

今この瞬間も選択しています。


このブログを読むのか?
やっぱりTVのほうがいい、となるのか?


常に選択しています。


小さな選択は判断に迷いませんが
大きな選択は判断に迷います。

千田さんは言います。
「50対50なのだからどちらを選んでも一緒」と。

確かに、
判断に迷っている状態なのだから、
どちらも長所、短所が似たような状態だということです。

となると、
どちらを選んでも後悔する時はする。


ならば
今すぐ得しないほうを側を選んで
運の貯金をするのが賢明です。





人間は2つの選択肢がある場合、
1つを選択します。

するとなぜか、選んでいないもう1つの選択肢が
すごく魅力的に見えてしまうそうです。

結局、どっちもどっちなのです。
迷いに値するものではなかったということです。






「もし迷ったら魂に聞け。
 魂が嫌だと言うなら無理をすることはない。」 
  
                  by立松和平







選択の基準は
「得か、損か」ではなく
「好きか嫌いか」で決める。

自分基準です。



【ヒトコトメイゲン】



「ムカっ!ときたら」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+(10)_convert_20120709202720


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『レベルの低い連中からカチン!とくることを言われたとしても、
 あなたのレベルが圧倒的に高ければ気にならないはずなのだ。

 例えば、幼稚園児から「バカ!」と言われて
 ケンカしてしまう大人はまずいないだろう。』

                  -本文抜粋



ケンカの本質は常に同レベルで勃発するということ。

兄弟喧嘩も、年が近いと勃発しやすいといいます。

自民党も民主党も同じレベル。
だから「どちらがやっても…」などと言われてしまう。
それはさておき…


職場では同じくらいのレベル同志がいつも対立している。


あなたもケンカを売られ買ってしまったら、
相手がどんなに自分より格下でも同じレベルになってしまう。



千田さんは言います。
「怒りの感情が出てきたら、王様目線になろう。」と。

超上から目線で見下してあげると、
逆に非常に丁寧に接することができると。

「逆に」なのです。


怒らないことが運を良くする方法です。






「怒りは敵と思え」

       by徳川家康


 
             
「怒り」の感情をそこで発散させないで、
「行動」へと転換できたら
それこそ凄いバネになりそうです。





【ヒトコトメイゲン】



「うまくいかないときは」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+(9)_convert_20120709070635


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『批判されたときこそチャンスだ。
 批判されるほどの人物になったということに誇りを持とう。

 世の中には批判もされず、誰の記憶にも残らないで
 人生を終える人たちがたくさんいる。』

                -本文抜粋

  

この
「正面から受け止めてごくりと…」

この「ごくりと」に惚れました。


この後に続く言葉で

「そして翌朝トイレに流してしまうのだ。
 批判なんてその程度のものだよ。」



なんとも力強く、けれど淡々としている。

いい言葉に説明なんていりません。








言葉とは不思議です。

言葉の意味がすごいと思うことはよくあるのですが、
稀に言葉を肌で感じるようなことが時があるのです。


太陽の光を浴びて温かく感じるような…
そんな感じです。



千田さんのこの言葉が正にそうなのです。


これも「言葉の力」だと思います。







「言葉の力は絶大だから、そこに何の真実性がなくとも
 他人に影響を与えてしまうのだ。」

               byマーク・フィッシャー





言葉には魂が宿っています。

同じ言葉でも悪意があればマイナスの影響を与えます。

日頃から「いい言葉を使う」「いい言葉を知る」ということこそ
絶対的な成功法則なのではないかと思います。





【ヒトコトメイゲン】



「批判されたら」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+(8)_convert_20120707210728


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代で身につけたい
 一度、手に入れたら一生モノの幸運をつかむ50の習慣』
より。


千田さん曰く、
『大切なことはアンチが生まれないことはあり得ないということだ。
 
 必ず一定の割合でアンチが棲息しているのが一番理に適った
 バランスのいい状態なのだ。』

                 -本文抜粋


褒められることは誰にとっても心地いいものです。

しかし、
批判されることは天地がひっくり返ったように
感じられます。



千田さんは言います、
「運のいい人は批判に強い」と。


批判されても平然な顔をしているので、
周りも「この人についていきたい」と思う。

批判に弱い人は言うまでもなく、批判を鵜呑みにして
潰れてしまう。


誰からも批判されない人は、逆に言えば
誰からも支持されないということ。


これは作用反作用の法則で
アンチが生まれたら信者も生まれる
と千田さんはいいます。


つまりは
自分のファンの中に
「批判してくる人」と「称賛してくる人」が
いなければならないということ。


批判してくる人もいて
いいバランスが取れるということです。







「くだらない人たちは、誰かを批判したり、
 非難したりすることによって 自らを慰めているのだ」
                
                byデール・カーネギー







彼らもまたバランスを取ろうと必死なのです。

自分に足りないものを相手を批判することによって
補おうとしているのです。

つまらない行為ですが…。




【ヒトコトメイゲン】


「感謝ができるようになるには」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+(6)_convert_20120706223328




千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう』より。



千田さん曰く、
『土地と同じで、この世に人間が本質的に所有できるものなんて
 一つもないことに気づかされるだろ?

 すべては借り物だと考えると、心から感謝もできるようになる。
 そしてどんな悩み事もちっぽけに思えてこないかい?』

                    -本文抜粋



「気づきの言葉」に感謝です。


確かに、
この世で本当に自分の物になるものは何もないです。



あの世にはお金も、家も、愛車も、お気に入りの腕時計も、
必死で集めたコレクションも持っていけません。


もちろんこの世で出逢った大切な人々も
あの世に行く時にはお別れです。


人間は悲しいけど、致死率100%です。
これが現実。

だからこそなんです。
だからこそ、今ある当り前のものに感謝できるのです。

千田さんの言うように、
すべては借り物だと考えると感謝できると。


この世で楽しむために神様が与えてくれた
「お楽しみ」を借りているのです。




そう考えると
どんな悩みもちっぽけに感じるし
この貴重な時間を楽しまなくてはと思えます。





「人間があの世へもっていけるものは、
 心のなかにある思い出だけしかないのです。」

                   by中坊公平



肉体もあの世へ行く前に焼かれてしまうので、
本当に持っていけるものは「思い」だけ。


その「思い」を大切に生きなければいけないと思いました。







【ヒトコトメイゲン】


「繁盛店にするには」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+(4)_convert_20120705210703



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう』より。



千田さん曰く、
『「接遇」というのは、好きな人を喜ばせてあげようとすること。
 「接客」は、好きでもない人を不快にさせないように、
 マニュアル通り接すること。
 

 「接遇」をする店には人もお金も集まって、
 「接客」をしている店からは人もお金も去っていく。』

                   -本文抜粋


「接遇」と「接客」。

同じ行為には変わりありませんが、
そこには大きな違いがあります。


「気持ち」の問題です。
「意識の違い」でもあります。


お客様を心から喜ばせようとするのか、
ただ機械的に業務をこなすのか。

「どこまで先を見て行動するか」だと思います。


千田さんは言います。

「業種業界は違えど、すべてはシンプルに繋がっている」
と。

そう、これは
どんなことにも言える法則なのです。





「お金をもらってから喜ばせてあげるというのは、
 人が離れていく法則」
  
            by千田琢哉





まずは与えること。

相手が感動するくらい与えること、
そこからはじまります。




【ヒトコトメイゲン】


「浮気心が出てきたら」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+(3)_convert_20120704215543


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう』より。



千田さん曰く、
『好きなことをやっていない人は、あちこち浮気して
 エネルギーが面展開になって分散するから、
 なかなか成功できない。』

                -本文抜粋



「浮気」とは恋愛に限らず、
「仕事」にも言えるし、
「結婚、家庭」にも言えるし。、
「自分の人生の目標」にも言える。


要するに、
あなたが何に一番「エネルギー」を注いでいるか?



ただそれだけなのです。



「エネルギー」とは「時間」とも言い換えられます。



「恋愛」で言ったら、
一人の人に全エネルギーを集中させるのか?
複数の人にエネルギーを分散させるのか?


「仕事」で言ったら、
一つの仕事を確実に仕上げていくか?
あれもこれもと中途半端にこなしていくのか?


「結婚、家庭」で言ったら、
自分の奥さんや子供に時間を注ぐのか?
愛人や浮気相手に時間を割くのか?


「自分の人生の目標」で言ったら、
本当にしたいことをしているか?
あれもこれもと迷っているのか?



一つだけ言えるのは、
「時間は平等には注げない有限なもの」です。


何を選ぶかは本当にあなた次第です。



こうして迷っている間にも時間は使われています。



「人生は短い」
   
     by作者不詳




【ヒトコトメイゲン】



「好きなことがしたかったら」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+(2)_convert_20120703202420


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう』より。



「生活のために働く」


当り前のことです。


「お金を稼ぐために働く」


それはそうです。


しかし、本当にそれでいいのでしょうか?




お金を稼ぐために、
嫌な上司におべっかを使いながら付き合い
納得できない仕事を我慢しながらやる。

お金は必要だがお金だけがすべてではありません。




「じゃあ、好きなことばかりしてお金が稼げるのか?」





確かに生活が成り立たなければ
好きなこともできないのは事実。


だからと言って
この世は「好きなこと」と「お金を稼ぐこと」を
一致できない仕組みにはなっていません。


誰だって好きなことをしてお金をもらえたら
この上ないです。


千田さんは言います。
「好きなことを忘れてしまうのは才能の無駄遣い」だと


自分のポテンシャル引き出す最大の方法はやはり、

「自分の好きなことする」
です。


言わずと知れたことなのですが、
最終的にはここに行きつくのです。






『才能というのは、
 本人が何がなんでもやりたいことにこそあると思うんです。
 だから「自分が何に向いているか」ではなく、
 「何がやりたいか」で考えればいいのです。』

   
               by堀之内九一郎




やりたいことをやるために僕らは生まれてきた。




【ヒトコトメイゲン】



「成人するためには」

  001+-+繧ウ繝斐・+(21)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120702194416


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう』より。


千田さん曰く、
『体だけが大きくなって、20歳になったから成人式を迎えて
 大人になるわけじゃない。

 20歳になったら自分でやった事の後始末が
 できるということだ。』

              -本文抜粋


あなたの周りにもいませんか?

「やたら老けこんだ未成年」


年ばかりくってしまって、肝心な部分が未成年のままな人が…

それは
「何が起こっても自己責任」という価値観です。



これがみんなわかっているようでわかっていない、

否、

「自分はできている」と思ってしまっている人が
多いのではないかと。



何かトラブルの時に他人のせいにしていないでしょうか?

原因を外に求めている限り、「ガキ」です。


「ガキ」がどんなに叫んでも、話も聞いてもらえません。



どんな逆境でも

「まずは事実を受容する」

       by千田琢哉





まずはありのままを受け入れたら、
そこからがスタート。





【ヒトコトメイゲン】


「自分の思いが伝わらなかったら」

  001+-+繧ウ繝斐・+(20)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120701203217


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう』より。


千田さん曰く、
『これは恋愛だけじゃない。
 子供を育てる時にも覚えておいてほしい。
 
 「こんなに自分は子供を愛しているのに!」
 「子供のために毎日遅くまで働いてきたのに!」
 
 と叫んでも、それが子供に伝わっていなかったら
 愛したことにはならない。
 
 何もしていないのと同じことなんだ。』




「相手を愛していること」
「相手を愛していることが伝わってること」


同じようでまったく違います。


いくら自分が愛していても、
その思いが伝わらなければ、何もしていないのと一緒です。

それほど人と人との間には温度差があります。



そして、それは逆も然りだと思います。


どんなにすごい知恵や知識が存在しても
そこに気づかなければ自分の人生の中では存在しないのと
一緒ということです。



「伝える側」も「受け取る側」も敏感なアンテナが必要です。





本当の会話とは体温計です。
 自分の心の温度を言葉で相手に伝える。
 相手の言葉を聞きながら、一生懸命に温度を感じようとする。」‪
 
                        byさだまさし




それはまたすべての状況に共通することだと思います。





【ヒトコトメイゲン】


「幸せになるためには」

  001+-+繧ウ繝斐・+(19)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120630165116


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう』より。


千田さん曰く、
『というより、われわれ人間は宇宙の一部だと思えてくるね。
 
 吸収して包み込むブラックホールを女性と考えると、
 放出するホワイトボールは男性でしょうか。

 大地を女性と考えると空から降り注ぐ雨は男性というわけですね。』

                    -本文抜粋


人間や動物、植物は知っての通り、
「雌雄の構造」になっています。


それは「宇宙の構造」を模倣しているといいます。

何も考えずに生きていたら一生巡り合えない、気づきでした。


雌雄の構造、宇宙の構造とは
両者が存在してはじめて成立するものなのです。



そして千田さんは言います。

「愛に嘘をつかないのが、幸せを享受するには大切なこと」と。


「偽物の愛」というのは
この世のあらゆる問題の根本原因です。

それは「宇宙の構造」を無視した結果です。


愛に嘘をつかないことが、幸せになる法則と言えます。





「すべての存在は
 そこにあるだけで宇宙に受け入れられているのです」

                byマザー・テレサ





そう考えると我々人間も何か役割があって
この世に存在しているのだと思います。

無駄なものなんて一切、存在しないのかも知れません。

すべては宇宙の構造の一部なのではないかと。




【ヒトコトメイゲン】

007_convert_20120630165338.jpg

「世間体が気になったら」

  001+-+繧ウ繝斐・+(19)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120629200120


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう』より。


千田さん曰く、
『よく考えてみてごらん。
 世間体といっても、せいぜい自分の周囲の十数人か
 数十人くらいだろう?』

             -本文抜粋



世界の人口が去年の10月に70億人に到したと推計されました。

日本の人口は1億2~3000万人。
世界のおよそ70分の1。

そして「世間」と言われる、
僕らの生活の中で共にする人、
職場の人、近所の人、知り合いでせいぜい10数人。

千田さんは言います。

「その世間がこの世界のすべてではつまらない」と。



確かに、
日本の中ですら、ごく一部の人としか接していないのに
それを“すべて”だと思うのは早計です。

ましてや、その人間関係が良好でなければと
必死にしがみつくのは以ての外。


「世間体を気にして…」なんてフレーズは
もはや死語であると思います。





『世間体や他人の思惑などにいっさい左右されず、
 「自分が自分の本音を生きる」ということだ。
 「自己が自己のいのちを本腰で生きる」ということだ。
 「自己が自己のいのちを本心で生きる」
 「本音で生きる」

 その時、最も自己のいのちが充実する。』

                 by相田みつを




本腰、本心、本音。

何より悲しいのは自分にウソをつくこと。


せっかく与えてもらった奇跡の一瞬、
本音で生きたいです。


【ヒトコトメイゲン】



「失敗したら」

  001+-+繧ウ繝斐・+(18)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120629070607


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著
『本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう』より。


千田さん曰く、
『「・・・かもしれないな」と思ってやってみて、
 そうならなかったとする。そうすると、
 「あ、このコースは通行止めなんだな」って
 確認できたことに喜びを感じるんだよね。

 「よし!じゃあ次は別のコースにチャレンジしてみよう」って
 ワクワクするじゃないか。』

                  -本文抜粋




そして千田さんは
「プラス思考というのは
 本当は自分でマイナスだと薄々気づいているのに、
 無理にプラスだと思い込もうとすること」と言っています。

この「無理に」というのがポイントです。

「無理に」か「自然に」かでは180度変わってきます。

考えるまでもなく自然な流れでプラスの考えに持っていける人が
本物の「プラス思考の人」となります。


その人の中には「成功」「失敗」の概念すらない、
気にしていない人だと言えます。

こだわりはもっと先の何かに向けられているので
気にならないのではないかと思います。


「999回失敗しても、1回うまくいけばいい。
 それが発明家なんだ。
 失敗は、うまくいくための練習だと考えているんだ。」
                   
               byチャールズ・ケタリング




「失敗はうまくいくための練習」

そう、
練習なのです。
大きなもののための練習。



通行止めは通過できた時と同じ価値があります。










【ヒトコトメイゲン】


本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ