「嫉妬や嫌がらせを受けたら」

  千田琢哉名言 37



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代の心構えが奇跡を生む』より。



千田琢哉曰く、
『この世の中には、下に逃げるとか横に逃げるとかはありません。
 上に逃げないといけません。
 幸せは上にしかないということです。』

                      -本文抜粋


組織の中で優秀な社員は周りから
嫉妬されたり、嫌がらせを受けたりします。


出世したらもっとひどくなるのではないかと
出世を拒んだりする。


しかしこれでは、一生逃れることはできません。


千田さんは言います。
「逃げ道は上にしかない」と。

出世してグンと実力差をつけてしまうか、
独立してしまえばいいのです。


下に逃げたり、横に逃げたりしていたら
結局、相変わらず同じメンツの同じ人生か
それ以下の人生が待っているだけ。






「成功の階段は、上に行くほどすいている。」
     
              by中谷彰宏






それはなぜかと考える。


大多数の人は上を目指すと言いつつも
心のどこかで現状で満足している。


今の日本は、普通に働いている限り
そこそこの生活ができます。


欲しいものもほとんど手に入ってしまう。


無理をすれば「家」まで買えてしまう
システムになっています。


本心は
「そんな苦労してまで高見を目指さなくてもいい…」
と思っています。


そこまでリスクを負うくらいなら今のままでいいと。

ただ「上を目指せ!」と言いたいだけ。

カッコよさはあるから。


本当に上に行きたい人は
口で発散せず、すでに行動力のエネルギーとなっている。




だから
「成功の階段は上に行くほどすいている」のです。




満たされていると成長はない。
足りないからそれを埋めようと頑張る。

人間はどこか満たされていない部分がないと
ダメなのです。





【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 37 (2)

「アイデア発掘法」

  千田琢哉名言 36


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代の心構えが奇跡を生む』より。



千田琢哉曰く、
『しずかちゃんと結婚できるとわかっていたところから
 今に戻ってくるイメージです。
 そこから、今の自分にこれから何が起こるだろう、
 何を起こそうかと考えることが大事なのです。』

                      -本文抜粋

「所詮、夢は夢なんだ…」と終わっていく人は
「現実と夢のギャップを埋めよう」とするから
失敗に終わるのです。

そのギャップに押しつぶされてしまうのです。



ドラえもんで言うと、
のび太はしずかちゃんと結婚できるとわかっていたから、
めげずに頑張れたのであって、
「しずかちゃんと結婚するぞ」と意気込んだところで
ダメなのび太はそのギャップにあきらめていたかも知れません。



つまり
「圧倒的な勘違い」によって実現した夢です。


「そうなると決まっている」
これが大事なのです。



考え方が逆なのだと千田さんは言います。




「いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ。
 やってごらん。」

                   by岡本太郎






逆のもの同士の組み合わせで感動してしまったのが
数年前に流行った、
「ファンタふるふるシェイカー」
です。


炭酸飲料を振ることは厳禁。


しかし、
この飲み物は振らないと飲めない
炭酸飲料なのです。


やってはいけないところから生まれた
発想です。


見事に矛盾をアウフベーヘンしたものです。


事実、これはブレイクしました。



「逆に…」を現実にしてしまったのです。



僕らの生活の中にまだまだこういった発想が
眠っているかもしれません。

気づかないだけです。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 36 (2)

「人生に迷いが出てきたら」

  千田琢哉名言 35



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代の心構えが奇跡を生む』より。



千田琢哉曰く、
『1000人中999人に嫉妬されたり「無理だよ」と
 説得されたとしても、自分だけは圧倒的に勘違いをし続けられることが、
 才能があるという意味なのです。』

                      -本文抜粋





「才能とは長い努力の賜物である」

           byフローベール




フランスの作家が残したこの言葉。


長い努力を続けられる能力こそが
「才能」だと言うことです。



けれど、1つ勘違いしてしまうのが
傍から見たら、「あの人努力している」と思われているが、
当の本人たちは「努力と感じていない」ということ。

ただやりたいことをやっているだけです。


千田さんの言う
「圧倒的勘違い」です。


「これでうまくいく」
「絶対成功する」


傍から見たら「勘違い」
本人は「現実」だと思っている。


そんな勘違いを続けられるかどうかなのです。


周りから信じてもらえなくてもいい、
信じてあげるのは自分だけで十分なのかもしれません。







「向き不向きではなく、
 これだと思う仕事を一生継続することが何より大事」

                   by柳井正





「これだと思う」が大事です。


そこに正解はありません。


正解は自分で決めるものだから。








【追伸】
 
 もともと僕らのやることに正解なんて
 存在しないと思います。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 35 (2)

「趣味人間になってきたら」

  千田琢哉名言 34


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代の心構えが奇跡を生む』より。



千田琢哉曰く、
『人生をハッピーにしてくれるのは、
 仕事の後ほっと一息ついたビールの時間ではありません。』

                      -本文抜粋



人生の大部分を占める「仕事」。


「何が楽しみで生きているのですか?」
という質問に。


「仕事の後の一杯!」


千田さんは言います。
「仕事そのものを人生そのものにして楽しむほうが絶対に得」


そう、
仕事自体を「仕事の後の一杯!」並みの楽しさに
してしまうのです。


そんな人生考えただけでも楽しくなります。


事実、
成功者として輝いている人は
仕事と人生が一体化している人が多いと言います。


好きだから楽しくなる、楽しいからもっと頑張る。
頑張るから結果が出る・・・

正に
好循環です。



「人生そんなにうまくいかないよ…」
「それができれば苦労はない。」



では仕事を「仕事の後の一杯!」にするには
どうすればよいか?


それは「本音」で生きる、に尽きます。


「やりたいことをやる」
たったそれだけなのです。


それだけなのにできない人がたくさんいます。


「家族が…」「子供が…」「お金が…」「時間が…」


それらを理由にされては家族も子供も迷惑です。
お金と時間にも嫌われるでしょう。



本当にできないのか?
本当はやる気がないでは?
その勇気がないのでは?
できないと思い込んでいるだけではないのか?
どこかで今のままでいいと思っているのでは?



一度自分に正直になる。
そこからがスタートです。


そこからしかスタートできません。






【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 34 (2)

「頭がカチカチ状態になったら」

  千田琢哉名言 33





千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代の心構えが奇跡を生む』より。



千田琢哉曰く、
『フェルメールの何がすごいのかというと、
 光の描き方以上に「光を当てる対象」がすばらしいのです。』

                      -本文抜粋


ヨハネス・フェルメール
オランダ生まれの画家、光と影の調和を描く天才。


100人いたら100人が注目するようなスポットライトの浴びせ方。
これがフェルメールの凄さだと千田さんは言います。



100人いたら99人が見ている部分ではなく
一人だけポツンとみているような「角度」。


それが人を感動させる物の視点なのです。



100人が100人納得するような模範回答ではなく
まったく別の角度から光を当てるのです。



別の角度からということは一般とはかけ離れている。

逆境の中その角度から見ようと挑戦する。

だからこそ輝くのです。





「逆境もよし、順境もよし、
 要はその与えられた境涯を素直に生き抜くことである。」

                    by松下幸之助





逆境も逆境と思うから辛くなる。
順境も順境と思うから甘くなる。

「素直に生き抜くこと」
これは本音で生きるということです。

本音でやりたいことをやっていれば
気がついたら逆境も乗り越えていた状態。

脇目もふらず、ただ好きなことに打ち込む。

成功とは最大の結果的副産物なのかもしれません。








【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 33 (2)

「考えが『オヤジ化』してきたら」

  千田琢哉名言 32




千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代の心構えが奇跡を生む』より。



千田琢哉曰く、
『輝いていく瞬間とは、光の当て方を人生でいくつ、
 みんなが見ていない方向から当てられるかなのです。』

                      -本文抜粋



心に響く名言です・・・



人が心動かされるのは
自分と価値観がまったく一緒だった時と、
自分の価値観がすべて崩される時です。




「目からウロコ状態」で人は感動します。




人それぞれ、光の当て方は違います。


同じものを見ていても
同じ考えにはなりません。


十人いたら十人違います。



「目からウロコ状態」にさせるには
さまざまな角度を自分で体験しなければ
ならないということです。



芸術家、音楽家、書家、革命家、執筆家。



手段が違うだけで
目的は一緒なのかもしれません。








「負いかた一つで重荷も軽い。
 見えにくいものでも、視点を変えれば見えてくる。
 難しいことでも、方法を変えれば解決する。」

              byフィールディング






視点を変えたら見えなくなる部分もある。

見えなくなることで見える部分も出てくる。

見えなくなることは悪いことではない。

見えないからこそ気づくものもあり、
切り捨てるべきものも見えてくる。

動きがなくなることが一番恐いのです。







【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 32 (2)

「サービスの価値」

  千田琢哉名言 31


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田琢哉曰く、
『サービスの価値>価格
 と感じた瞬間が「ありがとう」と伝えたくなる瞬間だろう。』

                      -本文抜粋




「サービスの価値>価格=感動」


これは人類が存在する限り不変の法則だと思います。



価格が高いからといって
必ずサービスの価値が上回るとは限らず、
価格が低いからといって
必ずサービスの価値が下回るわけでもありません。



別れ際にお客様が満足してくれたかどうか、
それだけなのです。




自己満足の独りよがりではそこに気づきません。


提供しているサービスが価格を上回ることを常に
考える必要があるのです。



「ありがとう」


お金持ちとして成功するには「ありがとう」という言葉を

「言うこと」
「言われること」です。



「ありがとう」は魔法の言葉です。





「神にただ、『ああしてください』『こうしてください』
 と願い事をするだけではいけない。
 自分の今の状態から幸せを考えもしないで、もっといい状態を得たいと
 欲望だけをぎらぎらさせている人が多い。
 今生かされていることへの感謝の気持ちを持たないと。」

                    byフジ子・ヘミング




まずは感謝というスタートラインに立つこと。
そこからすべて始まります。







【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 31 (2)

「嫌な空気」

  千田琢哉名言 30



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田琢哉曰く、
『医師側に感謝の気持ちが薄い病院は、例外なく倒産の
 憂き目にあっているのは周知の事実である。
 
 結局お客様接する機会の多い組織の末端が、
 お客様に傲慢な態度を取ってしまう。』

              -本文抜粋



「音」は空気を媒体として発生する「波」です。


水たまりに石を落とすと、
落下した地点から丸い形をした波が次々と広がっていくような
イメージです。


空気を振動させて伝わる、
これが「音」の伝わる仕組みです。




その音は「組織のトップ」。
そして空気は「部下」。



そう考えると
病院に限らず、組織のトップの傲慢な態度によって
下の社員のやる気が削がれてしまう。


それが波及し
お客様接する末端の社員までもが
お客様に対し傲慢な態度を取ってしまう。


組織の斜陽化の原因です。



結局、そのしわ寄せは発生もとの
トップに返ってきます。



環境によって影響されるし、
自分が発するものは必ず周りに伝播する。

人間もいわゆる1つの「媒体物」として考えられます。






「正しさは伝染らないけど、楽しさは伝染る。」

                     by森毅





いくら正論を唱えても、「楽しさ」には勝てない。
究極はそこなんですね。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 30 (2)

「憧れの人がいたら」

  千田琢哉名言 29


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田琢哉曰く、
『お金持ちは打ち合わせ場所にとことんこだわる。
 間違っても、噂好きが集うような安っぽい場所を
 選んではならないのだ。』

               -本文抜粋





「お金持ちは打ち合わせ場所にこだわる」


なぜだろうか?


「人は空間に影響されてしまうものだから」




安っぽい場所にはそれにふさわしい人が群がる。


自分の能力がいくら高くても
その空間に身を置いた瞬間にその集団の一員になってしまう。


正に
「朱に交われば・・・」である。


逆を言えば、
「環境でコントロールできる」ということ。


自分が多少無理してでも、
憧れの人が集うような場所で生活してみることです。








「快適な気分にひたれる空間をあなた自身の手でつくりだしていきなさい。
 そうすることによって、あなたは幸運をひきつけることになります。」

  
                        byジョセフ・マーフィー






エネルギーは高きから低きに流れるように
その空間に人間は左右されてしまいます。


自分を高めたかったら、
エネルギーの高い場所に身を置くことです。



現状のほうが居心地がいいのなら
いつまでもエネルギーは低いままです。








【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 29 (2)

「お金持ちになっていくルール」

  千田琢哉名言 28



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田琢哉曰く、
『お金持ちというのは多くの人に応援された結果だ。
 つまり応援されない人はお金持ちにはなれない。』

                 -本文抜粋




ビジネスとは周りにいる人によって支えられている。

商品を企画する人。
商品を一緒につくっていく人。
商品を売っていく人。
売った後にサービスをしていく人。
それを買ってくれるお客様。


どんなに優秀な人でもその「人」が
いなければ成功することはできないのです。


「僕は偉いんだ」「僕はすごいんだ」
と一人叫んでもお金持ちにはなれない。


周りに支えられて始めて成立するのです。





千田さんは言います。

「お金持ちというのは多くの人に応援された結果だ。」




物凄く基本的なことなのに
人はそれを忘れてしまうものなんですね。






「人という字をよく見てみろ。
 人と人が支えあって出来てる訳ではないぞ。
 大きい方が小さい方に寄っかかってんだぞ。」

                by藤岡藤巻




物の見方ですべて変わる。

1度、角度が違うだけで結果は180度変わってくることも。

おもしろいといえばおもしろい。

悲しいといえば悲しい。




【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 28 (2)

「なんかうまくいかないと思ったら」

  千田琢哉名言 27



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田琢哉曰く、
『いかにして人にもてるかを突き詰めて考えると、
 それは言葉の力であることに気づかされる。』



「発する言葉とタイミングが重要」
と千田さんは言います。


そのタイミングとは
たとえばリクライニングを大きく下げる時。

このとき振り返って会釈をする。


これがお洒落なタイミング。


新幹線や飛行機に限らず、
エレベーター内や街を歩いている姿も必ず誰かに見られている。

その一瞬で決着がついてしまうのです。


「微差」が「大差」になります。







「普通の人が10回するところを成功する人は11回する。
 その差はわずか1割。1回は神様へのチップだ。」

             by中谷彰宏






ほんのわずかな差で、成功するか否かが決まる。

そこに気づけるかどうかなのだと思います。



千田琢哉名言 27 (2)

「仕事に行き詰ったら」

  千田琢哉名言 26


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田琢哉曰く、
『体にだけ汗をかいていてはお金持ちにはなれないし、
 脳みそにだけ汗をかいていては一時的にお金持ちになったとしても
 継続できない。』

              -本文抜粋



体にだけ汗をかいていれば報われる時代は終わった。
脳みそだけ汗をかいていれば報われる時代も終わった。


これからの時代は
肉体労働的な仕事で脳みそに汗をかく必要があるし
知的労働的な仕事で体に汗をかく必要がある。


双方バランスを取りながら汗をかいていく。


千田さんは言います。
「どちらか片方に偏れば偏るほどに
 問題は深刻化していく」と。


壁にぶつかったら、偏っていないか
そのバランスを確認しなければなりません。








「生きることはバランスを求めることであり、
 美しくなろうとすることだ。
 人間だけでなく花でも動物でも。」

              by平山郁夫





すべてはバランスを取るために存在する。


「因果応報」、
自分の投げかけたものがブーメランのように
返ってくる。

それもバランスを取るため。


自分が死んでも尚、
その「帳尻合わせレース」は続いていくのです。





【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 26(2)

「輝き続けるためには」

  千田琢哉名言 25



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田琢哉曰く、
『人が輝き続けられるのは成長している間。
 最も輝きを発する瞬間は何かを成し遂げる直前。』

                  -本文抜粋



「ダイアモンドは永遠の輝き」



人間もずっと輝いていたいと思うのは誰も同じ。


20代までは親から受け継いだ遺伝子と若さで輝く。

つまり、天性的なもので輝いていた。


しかし、残りの人生で輝き続ける人は少ない。


人はどんな時に輝きを放つのか?




千田さんは言います。

「成長し続けている間」



そう、
人間は成長している時が
一番エネルギッシュで、魅力的な瞬間です。



では、輝き続けるためにはどうすればよいか?




「常に何かを成し遂げようとする気持ち。
 ゴールとスタートを繰り返し続けること。」


そのコツは?

 「嫌いなことを我慢してやらない」

ということです。



好きなふりをして、我慢してやらない。

ただこれだけです。






「ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨けない。
 あなたを輝かせるのは あなたしかいない。」

            by『Dreams Come True』






おじいちゃん、おばあちゃんになっても輝いている…

そんな人生に。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 25 (2)

「やりたいことができないと思ったら」

  千田琢哉名言 24



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田さん曰く
『人生とは
 大好きな人と大好きなことをするためにあるもの。

 どんな事でも嫌々やっているのは
 死んでいるのと同じだ。』
 
              -本文抜粋



私たちがこの世に生まれてきた理由はいたって
シンプル。



「好きな人と好きなことをするために生まれた」



それ以上でも、それ以下でもありません。




お金を稼ぐために生まれたきたわけではありません。

嫌な上司にペコペコするために生まれたきたのではありません。

世間体を気にして本当はしたくないことをするために
生まれてきたのではありません。




嫌なものは嫌だと思っているうちはまだいいです。

一番恐いのは、それに慣れてしまうこと。


嫌いのことに慣れてしまうのは、
本来の自分を見失ってる状態です。




「自分に正直になる」



これが最高の気づきだと思います。






「幸福に生きる秘訣は、
 自分のいちばん好きなことをして生きるということに尽きる」


                     by大林宣彦



「それができれば苦労はない…」
「人生そんなに甘いものではない…」
「生活があるんだ。」


そんな声が聞こえてきそうですが、
けれど、
それはどこかで逃げているようにしか思えません。



本当に自分と向き合ったのでしょうか?
本当に自分に正直になったのでしょうか?


「改革には痛みが伴う」と、どこぞの方が言ったように、
何かをするためには何かを犠牲にするしかありません。


「全部、全部がいい」などと考えるほど
甘いものはないと思います。



どんな生き方にしろ、
タイムリミットは近づいています。









【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 24 (2)

「お金がすべてと感じたら」

  千田琢哉名言 23



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田さん曰く
『もし学問がなくなったら、それは人類が滅んだ時だ。
 権力はいずれ崩壊するが、学問は永続する。』

                -本文抜粋




時代は変わっても、受け継がれるもの。
それは「財産」ではありません。



「知恵」です。



お金はいずれ無くなってしまうが、
「知恵」は時代が変わっても受け継がれます。





「人間の営みすべてが学問だ」




僕らの遺伝子にも
500万年前からの「学問」が受け継がれています。


飢えに対する欲が強かったり、
寒さに敏感な感覚を持っていたり、
高いところに行くと恐怖心を感じたり、
「蜂」や「蛇」といった外敵を危険と察知したり。
夜は危険なので、昼行性です。


それもこれも、僕らの遠い遠い御先祖様が
学習してき賜物です。



これも言わば「学問」です。





千田さんは言います。
「今、目の前にいる人を笑顔にできる知恵があれば、
 どんな時代も生きていくことができる。」



そう、
「学問」とは「人を笑顔にする方法」なのです。



「人を笑顔にする方法」とは
有史以来、普遍的なものなのです。









「学問は結局、世のため、人のためでなくてはならない」

              by柳田国男








「自分だけ…」という考えは
遺伝子に逆らっているようなものです。


幸せになれるはずがありません。



人間は500万年も前から、
「人のために頑張る」というのを
一番に価値をおいて生きてきたのです。




【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 23 (2)

「お金持ちになるには」

  千田琢哉名言 22


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田さん曰く
『この世の中のすべてはバランスで成り立っている。
 インプットだけでもアウトプットだけでも継続することはできない。
 
 インプットもアウトプットも両方バランスを取ることができて、
 初めて正のスパイラルで生成発展していくことが可能になる。』

        
                  -本文抜粋





「金は天下の回り物」


お金は常に世の中を巡っているもので、
一か所に留まるものではないという意味です。




「水」がキレイなのは流れがあるからで
流れが留まると腐ってしまう。


お金も同じで、自分のところばかりで
ため込んでいるといずれ枯渇してしまう。


千田さんは言います。
「継続的なお金持ちになるにはどうすればいいか。
 たくさん稼いでたくさん使うことだ」


いたってシンプル。


「稼いだら、使う」ことで
社会にお金を循環させていくのです。




そして今日の名言の
「好きな人に好きなサービスをして稼いだお金を、
 好きな人から好きなサービスを受けるために使う。」


これが自他共に幸せになる最高のお金の回り方です。


あなたも幸せ。
私も幸せ。
お金も幸せ。






「お金は淋しがりやなんですよ。
 だから、お金はお金のあるところに行くんですね。」

                by永六輔





お金は淋しがり屋。
お金を雑に使う人からお金は去ってゆく。
お金は気持ちよく使ってくれる人に集まる。


お金には意思があるみたいですね。





【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 22(2)

「ヒソヒソと陰口を言われたら」

  千田琢哉名言 21 


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『20代のうちに知っておきたいお金のルール38』より。



千田さん曰く
『「負けたけど勉強になった、頑張った」というのは
 負け犬の遠吠え。』

          -本文抜粋


努力とは、
傍から見て「あの人努力してるね。」と言われること。

他人が評価するもので自分自身で
「努力している」と言っているうちは努力ではない。


それを評価してもらいたがっているようではもちろん
成功できない。



成功する人というのは「努力」を「努力」と思っていない。


ただ子供のように「好きなことに打ち込んでいる」だけ
なのです。


それを世間が「努力」と評価しているだけの話。


他人をヒソヒソと評価しているうちは
成功はまず、ありえません。








「実は世間は、安住の場所を大切にするくせに、
 そういう枠をぶっ壊す爆弾みたいな人物の出現を待っているのだ」

                   by堀江貴文





自分には勇気がなくてできないから
心のどこかでそのヒーローに憧れている。


どんな映画でもヒーローが必要なように
世間も陰ではヒソヒソしながらヒーローを求めている。










【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 21 (2)

「負けまくったら」

  千田琢哉名言 20



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『全力を出し切っても敵わない相手がゴロゴロいることを
 人生の早い段階で知っておくことは大切なことだ。』

                  -本文抜粋



最終的に自分の得意分野で勝つためには、
早くに「負け」を知っておくことだといいます。


学校は何のために通うのか、
疑問に持った人は多いはず。


「いい大学に出て大きい会社に入るため…」
「みんなが行ってるから…」


そんな小さな理由ではありません。



千田さんは言います。
「学校は負けを学ぶために通っている。
 負けが分かれば自分の長所だけに集中できるからだ。」



自分の負けの分野を努力して克服するのは
「報われない努力」

人の何倍も努力して苦手を克服しても
それは長所にはなりません。
それは平均か、もしくは短所のままです。





「『負けたことがある』というのが、いつか大きな財産になる」

                  by堂本五郎(漫画スラムダンク)





負けは負けでいいのです。

その事実を知るほうが何百倍も大事だから。

自分の得意分野を発見するきっかけになります。








【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 20 (2)

「恋愛と仕事で悩んだら」

  千田琢哉名言 19


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『仕事と恋愛のどちらか一方を充実させるよりも、
 両方充実させるほうが簡単な上に長期的に幸せになれるのだ。

 どちらか一方が充実してくると、
 必ずもう片方も充実してくる。』

                 -本文抜粋



「二兎追うものは一兎も得ず」
という言葉があります。



同時に二つ事をしようとすると、
どちらも成功しないという意味ですが



果たして、本当でしょうか?



逆を言えば、
二兎追わないものは一生、二兎得ることはないということ。
二兎追った者だけしか、二兎得ることはできないということ。




千田さんはこう言います。
「二兎追うものは、二兎も三兎も得るのが現実だ。」


恋愛と仕事は両立できないと言われますが、
果たして、本当でしょうか?


恋愛がうまくいけば仕事にも力が入るだろうし、
その逆もまた然り。


そこには密接な関係があるといいます。



どちらもバランスを取って底上げしていくものなのです。





「1つのドアが閉まれば、もう1つのドアが必ず開きます。
 それはバランスをとるための、自然の法則なのです」

                byブライアン・アダムス





何事も
切り離して考えるからバランスを崩します。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 19 (2)

「親友が欲しいと思ったら」

  001+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+(20)+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20120808071950


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『本物の友人に一日も早く出逢いたかったら
 方法は一つだ。

 自分が大好きに生きることだ。』

              -本文抜粋

 


私には親友と呼べる人がいない…

そんな悩みを抱えている人が現代には多いようです。


世間体を気にしたところで
「本物の友人」は現れません。



千田さんは言います。

「大好きに生きていると大好きな人に出逢える」



自分が大好きに…つまり本音で生きていると
あなたと建前で付き合ってる人間が去っていきます。


そこに残ってくれた人が「本物の友人」です。



本音で生きる、ただそれだけのことなのです。



必要なのはちょっとした勇気。




「最も大切なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。
 自分の本当になりたい姿を知っているのは、
 自分の心と直感なのだから」

             byスティーブ・ジョブズ







「本音で生きる」

人生において、
これほど理にかなった成功方法はありません。





【ヒトコトメイゲン】


001_convert_20120809065020.jpg


「悪口を言いたくなったら」

  千田琢哉名言17 (2)


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『悪口というのは関わる人すべてに悪口菌を感染させていくのだ。
 
 麻薬の常習犯と似ていて一度このサイクルにはまったら抜け出すのが
 大変だ。』

                -本文抜粋





不満や悪口を言うとスッキリする。

誰もが経験するこの感覚。


根本は、
自分を認めてもらいたくて愚痴を言います。


他人にわかってもらうと安心するのです。


けれど、それは一瞬の解決にしかなりません。


自分を変えない限り、不満は無くならない。


千田さんは言います。

「不満は浄化する」



不満は吐き出さずに
好きなことをする行動力に転換する。

それが「浄化」するということ。



「浄化」。


いい響きです。





悪口は「タバコ」みたいなものです。

その一瞬は快楽を得ますが、その後は
また吸いたくなる。

やめない限り、永遠と吸いたくなる。

健康被害の自覚症状も少ないので、
気がついたころには手遅れ。



悪口や愚痴もやめない限り、
また言いたくなる。

言うと運が逃げる。

そしてまた言いたくなるスパイラルに堕ちます。


一瞬、一瞬で満足感を得てしまうので
大きな目標を達成できないのです。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言17

「本の選び方」

  千田琢哉名言16 (2)



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『つまりあなたに必要な本が向ってきてくれているのだ。

 自分に必要なメッセージは発信しているタイトルが
 目に飛び込んでくる。』

                -本文抜粋



本屋に行きました。

そして、本を選びます。

いいなと思って、自分の意思で選んだ本。


しかし、千田さんは言います。

「あなたが一方的に本を選ぶというより、
 本もあなたを選んでいる」


数万冊の中から、
その一冊を選ぶのだから、
必要な本がこちらに向かってきているということ。


本は「五感」で選んでいるのです。


そう考えると、
本との出逢いは必然なのかもしれません。


出逢うベくして出逢っている…




そしてそこから繋がる縁もあります。


こうして千田さんのホームページに載せて
頂けたのも「本」があったから。

「本」が無かったら、
このたくさんの「気づき」とも一生出逢えなかった…


すべてに感謝です。





「読書の時間を大切にしなさい。
 一冊の本との出会いが
 あなたの生き方を変えてくれることだってあります」

           byジョセフ・マーフィー






すべて偶然の積み重ねで、今があるように思えますが、

「あの日、あの本屋に入らなかったら…」

「あの時、本が必要になるような出来事がなかったら…」

ほんの少し歯車が狂っただけで、人生は180度変わる。

現在から過去を振り返ると、
とても偶然で割り切れない何かがあったとしか思えないのです。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言16

「仕事がつまらないと感じたら」

  千田琢哉名言15 (2)



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『仕事というのは誰がやるかによって
 価値が決まるということだ。

 カッコいい人がやる雑巾掛けはやっぱりカッコいいが、
 カッコ悪い人がやる企画の仕事はやっぱりカッコ悪い。』
 
                 -本文抜粋


「雑用ばかりで仕事がつまらない」


そんな悩みを持っている人は少なくありません。


「もっと花形の仕事がしたい」


誰だって、カッコいい仕事に憧れる。




千田さんは言います。

「あまり大きな声では言えないが仕事の9割が雑用だ」



出世したり独立して輝いている人というのは
『雑用を雑用でなくする』ことに成功した人。


その人が仕事を花形にしているのです。


競争率が低い雑用こそ輝かせるのは簡単です。





「用を雑にした時、『雑用』になります」

                by格言





仕事をつまらなくしてるのは、
会社の方針でも、上司でもなく
「自分」なのです。


どんな小さな事にも魂を込められるかどうかが、
その人の「魅力」です。



すべての原因は
自分の中にあったのですね。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言15

「問題が雪だるま式に発生したら」

  千田琢哉名言14 (2)



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『紙に書き出すと悩みは半減する。』

          -本文抜粋




人は3つ以上の仕事を抱えると、
世の中すべての苦労を一人で抱えていると
錯覚する生き物だと、千田さんは言います。



そんな時は「紙に書き出す」。


3次元の空間でモノを考えるより、
2次元の空間でモノを考えたほうが、
問題が可視化されます。


可視化されることで10も20もあるように
思えていた得体の知れない悩み事が一気に無くなる。


書き出してみると、
「案外そんなものか…」
と思えます。


問題があったのではなく、
人間が考え方を複雑にしていただけだったのです。






「事は易きにあれどもこれを難きに求む」

             by孟子






問題は勝手に複雑化していく「天災」のように感じますが、
実際は「人災」。


人間が複雑化している。


物事をよくしていくためには、はまったく逆の
「簡素化」であります。


まさに「シンプルに生きる!」です。






【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言14

「頭の中がゴチャゴチャしてきたら」

  千田琢哉名言13 (2)


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『パニックになりそうになったら
 1分で落ち着かせる方法がある。

 自分をパニックにさせている仕事を 
 紙に書き出してみることだ。』

            -本文抜粋



あれもこれもと、気がつくと
やらなければいけないことが山積みに
なっていることがあります。


人間、そうなるとパニックに陥ります。


「1」の話を「100」くらい捉えてしまいます。


千田さんは言います。

「紙に書き出してみよ。」と。


すると、不思議なことに
自分を悩まさせている原因がせいぜい3つくらいだと
気づくことができる。

それに順位づけをして1位から片づけていくと
嘘のようにはかどってしまうのです。




人は何か1つのものに捕われると
その悩みが頭の中で増殖して手がつけられなくなります。

そんな時に
「紙に書く」という行為が
頭の中をシンプルにしてくれます。






「迷ったら剣はでない。」

          by漫画『バカボンド』より





人間迷ったら、
攻めることも、守ることもできなくなります。


つまり
「考える」事ができなくなるのです。

人間にとってこれが一番、致命傷です。








【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言13

「理不尽さに嫌気がさしたら」

  千田琢哉名言12 (2)



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『学歴どころか仕事で成果を上げたとしても
 昇進できるとは限らない。
 そんな理不尽さから脱出するのも、
 理不尽さを活かすのも自分で決めていい。』
  
                -本文抜粋


昇進でできるかどうかは、
決定権者の「好き嫌い」で決まる。



どんなに優秀で、仕事で結果を残せたとしても

「嫌い」

と思われていたら昇進できなくなる。



これが現実です。



そんな理不尽なことがあっていいいのか?



いいことか悪いことかはそこには存在せず、
あるのは現実と人間とはどこまでいっても
アナログで村社会な生き物なんだと。





そして千田さんは言います。

「その理不尽さに乗っかるのも、そこから脱出するのも
 自分で決めていい」と。


ただそれが現実だということを
直視しなければならない。


批判だけの人生にならぬように。






「世の中に怒っている人は世の中は公平で理不尽ではないと思っている。
 だからそうではない現実が受け入れられない。
 子供が親に甘える感情。現実社会は理不尽で不公平。
 その上で人間らしくあろうと皆生きている。」


              by為末大






理不尽さを現実として受け止めただけでも、
大きな成長です。

その上でどうするのか、決めることができるのだから。







 
【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言12

「『仕事が楽だ』と感じたら」

  千田琢哉名言11 (2)



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く
『唯一合格ラインがあるとすれば、
 それは自分の心にある。

 ある人にとっては雑用でも、
 ある人にとっては好奇心をかきたてられる。』

              -本文抜粋




今日もまた1つ気づくことができました。


「仕事は易しくもあり難しくもある」


つまり、
易しい合格ラインにするも
難しい合格ラインにするも
すべて自分で決めていいということです。


合格ラインとは「志の高さ」。

「こだわりの域」と言っても過言ではありません。


志の低い満足で幸せと感じてもいいし。
志の高い満足で感動してもいい。



すべて自分で決めていいということです。









「難きを見て為さざるは、丈夫の志にあらず。」


           by福沢諭吉











合格ラインって本当はないのかもしれません。

「ここで終わり」と思わなければずっと
追求できるものだと思います。


何十年とかかってその延長線上に、
輝かしい未来があるかもしれないし
たいした結果にならないものが待っているかもしれません。


どちらも同じ人生という時間。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言11

「『結果がすべてだ!』と叱責されたら」

  千田琢哉名言9 (2)


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く、
『どんなに優秀な人でもずっとピークを
 維持し続けることなどできない。
 幸せを継続させていくためには、
 プロセスである努力を楽しむこと。』
                   
              -本文抜粋




結果がすべてと言われているこの世の中。




「仕事は結果が全て。いくら努力をしても、
 結果が出せなければ努力をしていないのと同じだ。」

「実らない努力は時間の無駄だ。」




確かに、
会社は利益(結果)が出なければ存続できません。

結果を出すことに力を入れるのは
当然といえば当然。




しかし、
本当にそれでいいのでしょうか?


過程は無視されてもいいのでしょうか?





千田さんは言います。

「すべての仕事において本番よりもプロセスのほうが
 圧倒的に時間が長いからだ。」

そしてこう続けます。

「幸せな人生という意味においては
 苦労に苦労を重ねて寿命を削りながら結果を残すよりも
 思い切り楽しみながら失敗したほうが勝ちだ。」と。




どんな人でも圧倒的に結果より、
プロセスの時間のほうが長いはず。

その長いほうが楽しめなければ、辛いだけの人生です。








「お金を必要以上に増やしてどうするんだろうか?
 地球上すべての物を買える大きい金額のお金が存在しても
 そこに何の意味があるんだろうか
 際限なく儲けを追及する人達は自分の愚かさに気づくべきだ。」


               by水野俊哉




今や地球には地球上すべての物を買える以上のお金が
存在していると言います。



一生かかっても使えない資産を築き、
さらにお金を増やし続ける人。
そして今日の食事にも困る人達が
同じ地球上に存在します。



これが現実です。


この現実でいいのでしょうか?


何かに気づくべき時だと思います。








【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言10





「インターネット時代で知識をつける必要はあるか?」

  千田琢哉名言7 (2)


千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く、
『インターネットの検索能力は、持っている知識量に比例する。
 
 自分の欲しい情報を引き出すのに5秒もかからない人もいれば
 いくら時間をかけても永遠に迷宮入りの人もいる。』

                      -本文抜粋


インターネットによって
いつでも、だれでも、どこでも
「情報」が手に入る時代となりました。


もはや、ものしり博士くらいでは無価値です。


しかし、ここで千田さんの気づきの名言です。


「新しい知識は、
 自分の持っている知識量によって雲泥の差がでる」と。


つまり、
自分のセンスと知識量次第で、
検索結果が変わってくる。


「検索能力が露呈される」ということです。




「インターネットで調べれば何でも解決だ!」
という考えは、もはや死語となっています。


これからは、その検索結果のセンスが問われる時代です。





「インターネット社会はきわめてモダンな社会に見えるが、
 実はある種の原始社会である。
 すべての情報が均等に行き渡ることになると、
 そこに生じる不平等は個人差に還元してしまうからである」
 
                   by養老孟司





千田さんの言うとおり、
時代はデジタルに進んでいくようで、実は
アナログ化してるのです。





ぼやけてしまっているようで、
ハッキリとしてきているのがこの時代です。








【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言7

「仕事がうまくいっていなかったら」

  千田琢哉名言6 (2)



千田琢哉さんの名言です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




千田琢哉著

『本音でシンプルに生きる!』より。



千田さん曰く、
『いかなる画期的な経営戦略も、
 それを実行するメンバーの人間関係の決裂によって
 一瞬で絵に描いた餅で終わってしまう。』

                   -本文抜粋



仕事は「従」。
人間が「主」。

仕事を形にするのは人間

人間同士の試行錯誤によって仕事が実現する。


プロジェクトが計画通りに進まなかった場合
そのイライラをいかに仲間と一緒に乗り越えていくかがカギだと
千田さんは言います。




仕事がはかどっていない時は
人間関係がうまくいっていない時なのです。


何が何でも仕事が優先になってしまっては
本末転倒ということです。




大切なのは人間関係です。







この世の中でいちばん大切なことは、「人間関係」ですよ。

                   by土光敏夫





人間社会で生きているのだから、当り前といえば当り前。

どこまでいっても切り離せないもの

その上で僕らの生活が成り立っています。

人間関係こそよく考える必要があります。







【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言6

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ