「嫌いなこともやってみる」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 271


千田琢哉著
『就活で君を光らせる84の言葉
~就活では、モテる順に内定をもらう~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
仕事でも人間でも
「本当に好きなことの基準」というものがあるとすれば
それは何か?

「長続きすること」・・・確かに大事。

「あきないこと」・・・それもそう。

けれど、もっと重要なことがあります。

千田琢哉曰く、
「世界中すべてに批判されても、それでも好きでいられること」
と言います。

そう、建前も体裁も何も関係ない。

ただ自分が好きでいられるかどうか。

少し批判されたくらいでやめてしまうのは
証拠を提示しているようなもの。

本当に好きなことを貫くためには、ある経験も必要です。

それは、「本当に嫌いな事も経験する」ということ。

「好きだと思っている」ことの極限状態を体験することで
「好きだと思っている」が「本当に好きなこと」に変化するのです。

「窮鼠猫を咬む」の「咬む」を
体験しなければ本当に好きなことに出逢えないのです。















嫌なものは捨てずに要注意。
 
           by糸井重里









よく
「嫌ならやめたほうがいい」「嫌いなことはしなければいい」
と言います。

けれど「嫌」を最初から避けるのではなくて、
一旦飲み込んで自分の中で新陳代謝させるのです。

「嫌」は「好き」の一部だから。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 271 (2)

「やりたいやりがい」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 270


千田琢哉著
『就活で君を光らせる84の言葉
~就活では、モテる順に内定をもらう~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「やりがいのある仕事がしたい!」

「お金じゃない、やりがいだ!」

そう、豪語したい・・・と言う人は多い。

しかし、残念ながら千田琢哉曰く、
「やりがいのある仕事はこの世に存在しない」

そう、仕事そのものは、無機質でただ同じ作業の繰り返し。

では、「やりがい」とは何か?

それは、「人間(自分)が命を吹き込んだ仕事」が
「やりがいのある仕事」と言えます。

人間が心を籠めることで、感動が生まれる。

感動にやりがいを感じる。

「やりがい」とは「自分の命の表現」です。











やりがいや充実感は、結局は
自分の好きなことの中にしか見つからない。

               by水木しげる








好きじゃないことに、心は籠められません。

好きだから勝手に心が籠もる。

「やりがい」は疾うに表れているものなんだと思います。

「やりたい」「やりがい」似ていますし。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 270 (2)

「不純な動機」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 269



千田琢哉著
『就活で君を光らせる84の言葉
~就活では、モテる順に内定をもらう~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
どんなにカッコつけようと、人間の根源的欲求は
「モテたい」「よく見られたい」に行き着く。

そんなお下劣な・・・と思ったあなたは
自分に嘘をついている。

大義名分は申し分ない。
けれど、人間はそんなお下劣から動いている。

ただ「露骨」かどうかだけの差。

自分に嘘をつき、虎の威を借りていても
すぐにメッキは剥がれてしまう。

変に切り離すより、それを合体する。

肝心要は当人の「やる気」なのだから。











動機はできるだけ不純な方が持続する。
不純な動機はやがて純粋な動機に変わる。

            by中谷彰広









「不純」も「純粋」も、もともとは同じ根っこ。

どちらがスタートでもゴールでもいい。

純粋を突き詰めれば、不純になり、
不純を突き詰めれば、純粋になる。

モチベーションが上がることが動機でいい。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 269 (2)

「つべこべ言わずにやる」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 268



千田琢哉著
『就活で君を光らせる84の言葉
~就活では、モテる順に内定をもらう~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
今になってわかります。

本当にやりたい仕事とは何か。

「やりたい仕事」とは学校の三者面談の時に決めるものでもなく、
本やインターネットで調べた情報から決めるものでもなく、
実際に仕事に就いてから決めるもの。

小さな頃から、やりたかった仕事に就いた。

けれど、何か違ってやめてしまった・・・
なんてことは往々にしてある。

千田琢哉曰く、
「やりたい仕事が決まっているのは少数。
 まずは働いてから考えよう。」

情報の多い時代。
悩めば、悩むほどに答えは出なくなる。

選択肢が多い分、決めるのが難しい。

だからこそ、やってみる。

やってみて好きになる。

やってみて嫌いになる。

消去方。












今いる場所からスタートし、自分の使える道具を使おう。
そうすればやがてもっといい道具が見つかるだろう。
 
                    byナポレオン・ヒル








もしかしたら・・・

能力がないから楽しくないのかもしれない。

知識がないから楽しくないのかもしれない。

経験がないから楽しくないのかもしれない。

知らないから楽しくないのかもしれない。

やってみて気づくことはいっぱいある。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 268 (2)

「因」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 267



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「因果応報」とは
よい行いをした人にはよい報いが、悪い行いをした人には悪い報いが
返ってくるという意味。

「そんな雲をつかむような話・・・」
「科学的根拠は?」

そんな横槍をいなし、千田さんは言います。
「それは人間が未熟なために解明できないだけで、
 必ず結果には原因が存在している。
 人間の想像を遙かに超えた1億次方程式や1兆次方程式のような
 明確な根拠があるはずだ。」

単純に投げかけたものが、返ってくるのではなく
人と人とを介して自分に返ってくる。

時には時空を越えて返ってくる。

それを証明することはできないが、
それを解明するのが人間の役目。












科学的に証明されていることと、
宗教的に証明されていることの割合は、
50%程度と思って間違いない。
 
              by水野俊哉












そう考えると、「人間」が誕生した因業があるということ。

人間だけでなく、「宇宙」も誕生した因業があるということ。

すべてのものに原因があって、結果がついてくる。

今、自分のしていることが、未来の自分を創っている。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 267 (2)

「個」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 266



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
今の時代、一流会社のブランド名で相手を威嚇しようと思っても
その威光が弱っていると千田さんは言います。

「○○社の○○です。」

「○○社」を強調したところで反応は薄い。

インターネットの普及でいとも簡単に、コアな情報が手に入り、
逆に厳しい目で見られてしまうくらい。

「○○社」と会社の看板を掲げた瞬間に、
自分の価値を自分で低く設定することになる。

会社の威光に頼るのではなく、自分というブランドで勝負する。

「個」で勝負する。そんな時代に突入です。










個人は集団のために。
集団は個人のために。

         by金正成













個が輝くことによって、全体も輝く。

輝いている個が全体を更に輝かせる。

集団でいるから輝いてるように見えるのではなく、
個が輝いているから、全体も輝いて見える。

どちらかがではなく、どちらもなんです。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 266 (2)

「うれしい」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 265




千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
どんな人でも「決断の時」は少なからず迷いが生じます。

それが1秒なのか、1分なのか、1時間なのか、
1日なのか、1週間なのか、1ヶ月なのか、1年なのか、
10年なのか、100年なのか・・・0秒なのか。

一番罪が重いのは「100年」ではありません。

最終的に「決断しなかった」のが一番罪が重い。

千田さんは言います。
「決断しないままゲームオーバーを迎えるくらいなら、
 『責任を負う勇気がなくて決断できません』と告白できた人のほうが
 勇気があると言える。」

そう、仮にその決断が誤ったとしても、その勇気だけで
お釣りが返ってくる。

「決断する」ということは「責任を持つ」ということ。

決断できない人は、「逃げているだけ」なんです。












決断「できる、できない」ではない。
決断「するか、しないか」だけである。
 
                 byゆうそ










あなたは今、決断しました。

私のブログを見ようと決断してくれました。

私にとってあなたの決断はこの上なく嬉しいことでした。

あなたの決断が私に元気をくれた。

誰かの決断で不幸になる人もいれば、
誰かの決断で幸せにもなります。

決断は「自分独りだけのもの」でもなさそうです。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 265 (2)

「命の無駄遣い2強」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 264



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
ここに「命の無駄遣い2大論争」があります。

「できるできない論争」
「言った言わない論争」

「できる、できない」で議論をしている人たちがいる。

「できる、できない」は実際やってみれば結果はすぐに出るので
これはすでに答えが出ています。

「言った、言わない」で議論をしている人たちがいる。

「言った、言わない」は伝わらなかったことが原因で
圧倒的に言った側の責任です。

これもすでに答えが出ています。

曖昧な記憶での泥仕合。

登った木から降りられない状態の泥仕合。

千田さんは言います。
「泥仕合から抜け出すためには、まず自分から折れることだ」

例え自分に非がなかったとしても
自分から折れることでそれ以上、命を無駄に使わなくて済む。

相手も本心は「早く終わらせたい」と思っている。

そんなあなたに感謝すら覚えるかもしれない。














人はしばしばある意見に反対する。
ところが本当はその述べられた調子だけが
同感できないのに過ぎないのだが。
 
                byニーチェ











時折、本心とは裏腹で反対してしまうことがある。

「なんか気に入らない」「なんか腑に落ちない」

その「なんか」で人の意見は180度変わる。左右される。

ちょっと相手の命を敬う気持ちがあれば、
結果は違ってくるのだと思います。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 264 (2)

「出遭い」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 263



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「人脈は広ければ広いほどいい」と言ったのは
20数年前のバブル景気だったころの常套句。

今や時代も変わり、本質的なつき合いで人脈をつくらなければ
自分の大事な時間を空費してしまう。

もっとお互いが意味のある時間を過ごし、
命という時間を大切にしようという考えに時代は移行したのです。

千田琢哉曰く、
「出逢いがあなたの人生を変えるのも事実だが、
 出逢いが人生の貴重な時間を無駄にすることがあるのも
 また事実である」

すべての出逢いに時間を費やすことはできない。

人脈も自分で取捨選択しなければならない。

「ん、何か変だな?」と思う相手は簡単に切り捨てていい。

自分の命をお裾分けするに値する人物かどうかは
「好き、嫌い」で決めていい。














人脈をつくるコツは一つだけ。
「知り合う人を全力で応援できるか」だけです。
  
                by本田健












極論を言えば、それに対して「自分の命を懸けられますか?」
ということ。

本当に好きな恋人かどうか?

本当に好きな仕事かどうか?

本当に好きな「時間」を過ごすために。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 263 (2)

「間愛」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 262



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
相手と連絡を取る際、やったら「NGの鉄則」があります。

それは、
「折り返し電話ください」「大至急連絡ください」
という2大フレーズ。

「ハッ」としたあなたは、まだ救いがあります。

「なぜ?」と思ったあなたは、もう救いようがないかもしれません。

千田さんは言います。
「受ける相手のストレスを常に最小限にすること」

こちらから連絡したのにも関わらず、
「連絡ください」は自分の都合ばかり優先されている。

相手にストレスを与えた上に、相手から連絡させようという
上から目線がいやらしさのオンパレード。

お願いされる側がひたすら尊いのです。
お願いする側は頭を低くしなければなりません。

エネルギーは常に高いほうから低いほうへ流れる。












マナーとは他人の気持ちへの細やかな心遣いのことです。
それさえ弁えていたら、よいマナーを得ていることになります。
フォークの使い方など問題ではありません。

            byエミリー・ポスト









確かにそうです。

「作法」はあくまでも「方法」です。

そこに心が籠もっていなければ、
儀礼的にやっているだけになってしまいます。

やらされているだけ。

「相手のことを考える」というのが一番のマナーです。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 262 (2)

「計算はいらない」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 261



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「・・・だから好き」と「・・・なのに好き」

「・・・だから好き」は長所だけしか見ていない。
短所を知らない「好き」はブレまくる。

「・・・なのに好き」は短所も見ている。
短所を知った上の「好き」はブレない。

特に、お互いつき合いが浅いと「短所」は見えにくい。

そのまま結婚してから気づくことさえある。

千田さんは言います。
「一生つき合える関係になるには、
 あなたが相手のことを好きであることを伝え、
 すべてをさらけ出してしまうことだ」と。

すべてをさらけ出して長所も短所も見てもらうこと。

そして、その短所もすっ飛んでしまうくらいの魅力こそ
本当の「好き」なのです。












いちばん悪い欠点は、欠点を知らないことだ。
 
            byシルス









それは自分も気づいていない欠点かもしれない。

自然に接することが一番近道で、一番いい方法です。


俗にいう成功法則の原理は
「素直で自然体で本音である」ということだと思います。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 261 (2)

「リスクは人生の醍醐味」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 260



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
相手の「本音」を聞き出したい人は多い。

けれど、こっちから本音を聞き出そうとすればするほど
相手は心を閉ざしてしまう。

「追えば追うほど、逃げていく」なんて恋愛と同じですね。

千田さんは言います。
「あなたが本音でストレートに勝負してきた場合のみ
 相手は本気で応える」

最初に自分がリスクを負い、本音を口にすれば
自然と相手も本音を口にする。

「鏡」のようです。

人間は「天の邪鬼」な部分があったり
「鏡」のような素直な部分があったりします。

矛盾を兼ね備えている生き物です。












最大のリスクはリスクのない人生を送るリスクである。

              byスティーブン・R・コヴィー










相手とうまくいかないのは、
自分が本気になっていないだけではないだろうか。

自分が傷つくのが怖くて相手に本気になっていない
だけではないだろうか?

リスクを負わずに逃げ回っているから
リスクを追わされる。

そもそもリスクをリスクと感じる心が間違っているのかもしれない。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 260 (2)

「楽しんだだけだよ。」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 259


千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「努力なくして成功はない」

確かにその通り、それは間違いありません。

努力してきたからこそ、その結果が出たわけです。

けれど、勘違いしてはいけないのは、
「努力をすれば誰でも成功できるわけではない」
ということ。

一見、前途したことと矛盾していますが、
矛盾と言うより、着眼点が違うだけの話。

大事なのは
「成功者は自分が努力したと思っていない」ということ。

ただ一つのことに没頭して、ただひたすら楽しんでいたから
その分野で成功できただけの話。

そんな姿を周りが勝手に「あの人は努力している」と
評価しただけの話。

「自分は努力したから」と言っているうちは
まだまだ”甘ちゃん”なのかもしれません。

いや、自分で「努力」と言っている時点でアウトです。












人から言われてやった練習は努力とは言わない。

             by漫画「MAJOR」より











「自らやる」「人から言われてやる」

傍から見れば同じ姿に見えます。

けれど、意味も結果も180度違ってきます。

なにせ「心の籠め方」が違うのだから。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 259 (2)

「KAGIRI」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 258



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
時間は有限。

エネルギーも有限。

人間のできることも有限。

すべてのものに時間もエネルギーも費やすことはできない。

仕事に24時間費やすことはできない。

恋愛に24時間費やすことはできない。

家族に24時間費やすことはできない。

遊びに24時間費やすことはできない。

人は何にエネルギーを費やすか、常に選択している。

なかでも「人付き合い」に関して、千田さんは言います。

「つき合いの悪い人のほうが人生を楽しんでいる。」
 
確かに生活をしていく上で、人間関係は大切なもの。

しかし、それに奪われる時間もまた大切なもの。

どこかで線引きをして人間関係を絶つことも
人生において必要なことです。

何を選択するかは、絶対的にあなた次第。











誰の友になろうとする人間は、誰の友人でもない。
 
                byヴィルヘルム・ベッファー










八方美人に親友がいないように、
浮気魔に真の恋人がいないように、
相手を増やすだけ、その人に対する「愛」は限られてくる。

好きな人の為に、時間を費やせるのは人間の幸せです。


【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 258 (2)

「ウジウジ」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 257


千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「楽しくウジウジ」が気に入りました。

誰にだってウジウジと悩む時期があります。

ウジウジ悩んで答えを突き詰めていくと、
結局、「やるか、やらないか」にたどり着く。

そんな時には、
「会社をズル休みして一日中、本や映画に没頭してしまえばいい」
と千田さんは言います。

「楽しくウジウジ」していると普段気づかない大切なことに気づける。

「楽しくウジウジ」していると仕事の大切さを実感できる。

「楽しくウジウジ」しているといい言葉に出逢える。

「楽しくウジウジ」していると無駄なことなんて何もないと実感できる。

「楽しくウジウジ」するとまた仕事がしたくなる。

たまにはガス抜きをするのも必要だと言うことです。









現実逃避は心の小旅行。

       byゆうそ






正論を言うのは誰だって簡単だ。

しかし正論であり続けることが難しい。

機械ではなく、毎日新陳代謝を繰り返す人間なのだから。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 257 (2)

「因果」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 256



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

千田流の法則。

今回は「情報の法則」というもの。

「自分が発信した以上の情報は自分のもとには集まらない」
という法則。

情報は常に行き交うものであり、一方通行で終わることはない。

お金や権力で一時的に情報を集めたとしても
やはりそれは一時的なもので終わる。

つまりは、「価値のある情報が欲しいなら、
自分が価値のある情報を提供する必要がある」ということです。

情報は常にアウトプットとインプットがイコールになる。













本を出すと情報が加速度的に集まる。

            by本田直之









いい情報には、いい情報が集まり、
悪い情報には、悪い情報が集まる。

価値の高い情報には、価値の高い情報が集まり、
価値の低い情報には、価値の低い情報が集まる。

自分のしたことが返ってくる。

「情報」も因果が成り立つということです。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 256 (2)

「ゾっ」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 255


千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「後悔先に立たず」とは言いますが、
まだ若くて元気なうちは、特に何も感じないかもしれません。

けれど、人生も終盤に入り、いよいよ後に引けない時期に差し掛かると
「後悔先に立たず」が身に染みてわかるようになります。

身に染みてわかるような時には、時すでに遅しで
後悔を墓場まで持って行くようになる。

その後悔とは、「失敗した後悔」ではなく、
「挑戦しなかった後悔」と千田さんは言います。

誰でも失敗は怖いが、もっと怖いのはこの「挑戦しなかった後悔」

「死ぬ間際に最も後悔すること」と言います。

ゾッとしますね。

この「ゾッ」を実感し、「ゾッ」を忘れずに
やりたいことをやらなければなりません。

死ぬ間際というのは、何も何十年後のことではありません。

数時間後かもしれないし、数分後かもしれない、否、
数秒後のことかもしれない。

ゾッ・・・








後悔先に立たせよ。
 
       byゆうそ







後悔は先には立ちません・・・

いや、立ちます。

「ゾッ」とした気持ちは誰にでも想像できるはず。

「ゾッ」を先に立たせ、未来から逆算して、今動く。

人間にはそれができるのです。

【ヒトコトメイゲン】
   
千田琢哉名言 255 (2)

「安定という名の幻想」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 254



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

決断の際に迷うことがある。

どちらを選んだら適切か?

悩む・・・

けれど、その決断に正解はない。

不正解もない。

ただ、決断にかける時間は早いほうがいい。

早ければ、軌道修正がきくから。

決断をしていなければ時間切れで終わるだけ。

千田さんは言います。
「どちらを選んでも必ず幸せは用意されている。
 ただその幸せの種類に違いがあるだけ。」と。

「安定」を優先させたか、「冒険」を優先させたかの違い。

どちらを選ぶかは、誰が何と言おうとあなた次第。











医者は生活の安定を約束していた。
しかし、僕は画を描きたかったのだ。
   
           by手塚治虫










「安定」というのも自分が望んだことなら、すばらしい夢。

「安心して生きたい」というのは本能でもある。

「冒険という名の刺激がほしい」というのもまた本能である。

やりたいことをやればいい。

目の前に広がる自由。






【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 254 (2)

「孤独力」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 253


千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

チャンスとは「突然のにわか雨」のようなものと、
千田さんは言います。

この「突然のにわか雨」に傘を準備できているかが、
チャンスを掴める人、掴めない人の差になります。

チャンスが降ってきても「実力」という傘を準備していなければ
チャンスは掴めない。

チャンスが降ってきても「勇気」という傘を準備していなければ
チャンスは掴めない。

チャンスが降ってきても、その傘を掴み続ける「握力」がなければを
成功を持続できない。

そして「実際に傘をさせる人」なのか「傘をさす準備だけの人」か
そこが人生の分岐点。

世の中の8割の人が、傘をさす準備で人生を終える。

そのチャンスというにわか雨すら気づかずに人生を終える人もいる。









孤独とは物事を深く考えるチャンス。

              by美輪明宏












その他大勢と群れていては、傘をさせる人にはなれない。

その他大勢と群れていては、
そのにわか雨にすら気づかないかもしれない。

孤独に。
否、孤高に自分と向き合っている人だけが傘をさせる。

その勇気も自分と向き合っているときに養われる。





【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 253 (2)

「あなたはすでに洗脳されている」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 252



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。




【ゆうそ曰く】

仕事が最終的に行き着く場所があります。

それは
「急ぎではない、重要な仕事」

大半の人が、「急ぎで重要でない仕事」か「急ぎでも重要でもない仕事」
で人生を埋め尽くしている。

それは運命的にそうなったわけでもなく、自ら選択したこと。

みんな本心は「急ぎではない重要な仕事」をしたい。

けれど
「現実的ではない」「そんなに人生うまくいかない」と
自分に制限をかける。

つまり目指す前に、すでに選択しているのです。

「所詮」という悪魔の言葉で自分をマインドコントロールしている。
いや、誰かにマインドコントロールされているのかもしれません。












人はたいていの場合自らの意志ではなく、
他人の影響力の下に不十分な生き方をしているということです。
自分の意志で成長や成功を遠ざけているのではなく、
あなたについて語る周囲の人々によっていつのまにか
そうさせられてしまったのです。

                     by苫米地英人











つまりは今の自分の考えや感性は誰かによるもの。

誰かによって自分が作られているのです。

「洗脳」と言うと聞こえはよくないかもしれない、
けれど「洗脳」されていない人間などいないのが事実。

自分という人間は誰かによる洗脳の賜物です。

その上で何をするかです。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 252 (2)

「ヒーローは自分」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 251



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

千田さん曰く、
仕事は4種類に大別できると言います。

1、「急ぎ」かつ「重要」な仕事。

2、「急ぎではない」が「重要」な仕事。

3、「急ぎ」だけど「重要ではない」仕事。

4、「急ぎではない」かつ「重要ではない」仕事。

最終的に「2」のような「急がなくていい重要な仕事」で
人生を埋め尽せるように、
まず「1」の「急ぎで重要な仕事」に死力を尽くすのだと
千田さんは言います。

最終目標のために、まずは、「1」の仕事を終了させ、
それに生じた時間で「2」の仕事に移行する。

ほとんどの仕事が「3」に該当し、その2割が「1」に該当する。

「3」の仕事で消費するのは人生がもったいない。

「4」の仕事では仕事をしている意味がない。

せっかくこの世に生まれてきたのだから、「2」の人生を送りたい。












最終的な目標は手帳を白くすることだ。
つまり予定をいれないということ。

           by野口悠紀雄












自分の好きなことで人生を埋め尽くすのが人間の根源的な欲求。

他人のレールの上で尽き果てるのではつまらない。

人生の主人公はいつも自分なのだから。

【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 251 (2)

「自己管理能力」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 250


千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
千田さん曰く、
「締め切りはギリギリで提出しても、それはアウト」と。

「時間内だからアウトではないだろう」と
正論を盾にギリギリ魔は言う。

確かに、期限内なら正当です。

しかし、「24時間前提出」と「ギリギリ提出」では価値が全く
異なってしまうのです。

期日通りだと競争率が高い。

競争率が高ければそれに比例して価値も下がってくる。

「締め切りは自分で勝手に設定していくこと」

それは会社の話だけでなく、
自分の人生における、自己実現達成のためにも言えること。

人生の設定は常に自分がすることなのだから。

流されていては、他人の人生になる。











世の中は、君の目標が達成されるまで、じっと待っていたりはしない。

                    byデイル・ドーテン








「遅刻をしない」「期日を守る」

これらは、すべて「自己管理能力」なのです。

予算を達成するのも、夢を叶えるのも根は一緒。

「できない」というすべての原因は自分にあるのですね。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 250 (2)

「あたりまえのめぐみ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 249



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

自分が経験していないことは、何も感じません。

相手から何か贈られても、何も感じません。

ただ当たり前のように、それを受け入れる。

けれど、自分が経験していたら、「当たり前」ではないことに気づける。

親と同居していては、親のありがたみに気づきません。

当たり前に感じるから。

一人暮らしをして、はじめて親の「当たり前」に気づくのです。

日本にずっと住んでいると、日本の良さに気づきません。

海外へ出ると、日本の当たり前に気づきます。

夜出歩けたり、水道水は飲める、卵も生で食べられる。

当たり前に気づけないから、親と喧嘩する。

当たり前に気づけないから、「これだから日本は・・・」なんて
言葉が口をつく。

「当たり前に気づけない」というのは人生において
すごく「損」なのです。













孝は百行の本。

      byことわざ












それは自分が経験したときに気づくもの。

「何事も経験だ」という言葉の裏には、
経験しなければ感謝できない、
この世のありがたみが、わからないから「経験しろ」と言われるのです。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 249 (2)

「真心をこめて」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 248



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「心を籠めると芸術になる」

名言です。

雑用を雑なものにするのも、その人次第。

雑用を芸術にするのも、その人次第。

「言われたからやる」
「給料をもらっているから、やらなければならない」

これは心が無いからただの作業。

どんな雑用も心を籠めると、命が宿ります。

仕事とは心の籠め合いなのです。

仕事の極みは「芸術」なのです。










人間にとって、その人生は作品である。
 
            by司馬遼太郎









人の心を打つ作品というのは、心の籠め方が違っていたから。

駄作になるか、名作になるかはその人の「心」次第なんだと思います。

何事も芸術的に。

小さな事ほど芸術的に。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 248 (2)

「矛盾の一体化」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 247


千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
一見、
スピード重視だと、クオリティが下がり、
クオリティ重視だとスピードが下がる。

普通に考えれば、どちらか一方しか求められないと思います。

しかし、千田さんは言います。
「スピードとクオリティは相矛盾しない」
「スピードとクオリティは一体化できる」と。

では速さと質の一体化はどう実現化するか?

それは、
「圧倒的な量をこなす」ことです。

量をこなしているうちに、質が向上し、スピードが増してくる。

特に雑用に関しては、スピードとクオリティが露骨に反映される。

僕らの頭の中で、
「矛盾する」=「できない」という考えが
反射的に出てきます。

しかし、それは考えることを失った独り善がりに過ぎません。

矛盾するものにこそ、答えはあるのです。











仕事とは矛盾との戦いだ。
 
          byラジオより。










確かにそうかもしれません。

仕事をしていれば必ず「矛盾」と対峙します。

人間関係の矛盾、会社文化の矛盾。

「矛盾を一体化させるのが仕事」と言っても過言ではありません。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 247 (2)

「注力力」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 246



千田琢哉著
『誰よりもたくさん挑み、誰よりもたくさん負けろ
~最高の人生を手に入れる63のリスト~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
千田さんは言います。

「あらゆる仕事は絶対外せないポイントと
 外しても構わないポイントが混在している」

時間は有限なので、すべてのポイントをマークしていたら、
それだけで一日が終わってしまう。

かといって、「疲れたから今日はここまで」と気分で仕事はできない。

できる人というのは
「力の抜きどころをわかっている」のです。

それゆえ、大事なポイントに注力できるようになる。

その見極めが、仕事ができる人と仕事ができない人の差になってきます。

前者になるためには
「普段から外せないポイントを意識することだ」
と千田さんは言います。








成功の鍵は、的を見失わないことだ。
自分が最も力を発揮できる範囲を見極め
そこに時間とエネルギーを集中する事である。

              byビル・ゲイツ









エネルギーは有限なので、力を注ぐべきポイントに
注ぐことが大事です。

人間関係もこれにあたるのではないかと思います。

誰にでもいい顔をする八方美人は、
嫌われもしないが愛されることもない。

一点集中で愛さないから、一点集中で愛されることもない。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 246 (2)

「正論と思いやり」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 245




千田琢哉著
『結局、仕事は気配り
会社では教えてくれない100の基本』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
すばらしい言葉です。

「正論より今、大切な事を優先させる」

正論は誰でも言えます。

子供でも言えます。

模範解答をそのまま引用すればいいだけの話だから。

自分の意見ではなく模範解答だから気持ちが大きくなるのは自然なこと。

「正論を言って何が悪い!」と声を荒げて逆ギレする。

確かに、おっしゃる通りです。

けれど、人間は
「正論より、今、大切なこと」を優先しなければならない時があります。

物事すべてが、「1+1=2」にならないように、
答えは状況によって変わるということです。










戦というものは兵法書の暗記で勝てるものではない。
それをいかに応用するかにある。
  
              by韓信









「臨機応変さ」というのは、その状況にいかに
順応できるかだと思います。

「順応力」

模範解答で凝り固まった頭では、到底、及ばない力。

いくら正論を振りかざしても、人間である以上、
大切なことをなおざりにしてはいけない。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 245 (2)

「1」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 244


千田琢哉著
『結局、仕事は気配り
会社では教えてくれない100の基本』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「そんな小さなことで・・・」と思う人はすでに
他人の不幸の上で生きている人。

その感性が周りの人を不快にさせています。




買い物の時、レジ待ちでイライラしている人。

バスや電車で座れない人がいるのにも関わらず、
座席に荷物を置いている人。

飲食店で子供を野放しにしている親。

通路を塞いで井戸端会議をしている主婦。





本人たちは他人を不幸にしているとは思わない、
と言うより気づいていない。

ほんの些細なことで人を嫌な気持ちにするのは一番質が悪いのです。

大きな事ならすぐに罰せられますが、小さな事は見逃される。

故に、小さな事には「罪の意識」がない。

そして、小さな事は大きな事へ繋がる一歩です。










毫釐千里

     byことわざ











「ハインリッヒの法則」という法則があります。

ハーバード・ウィリアム・ハインリッヒが提唱したもので、
労働災害における経験則。

「1の重大な事故、災害の背後には
 29の軽微な事故、災害がありその背後には
 300の異常がある。」




前途したことは、この法則に似ています。

他人に嫌な思いをさせていること「300」で気づける人。

他人に嫌な思いをさせていること「29」で気づく人。

他人に嫌な思いをさせていること「1」でやっと気づく人。

「1」でやっと気づいた人もう手遅れ・・・

あなたはどこで気づけますか?

【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 244 (2)

「つまりは一歩」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 243


千田琢哉著
『結局、仕事は気配り
会社では教えてくれない100の基本』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
人は機械ではありません。

感情の生き物です。

論理的では納得しないことがあります。

正論では気に入らない時があります。

依頼を断られる理由が
「ただ、何となく・・・」でも、それは正当な理由です。

皆、建前で断る理由を並べますが、
本質は「ただ嫌だから」かもしれません。

更に状況を悪化させるのは、
その断る理由をしつこく聞いてしまうことだと
千田さんは言います。

断る理由を聞いてくる人は、その理由潰しに一生懸命になる。
堂々巡りになると。

去っていく者を追いかけてしまう状態。

恋愛と同じく、
追いかければ、追いかけるほど逃げていくものです。









一日一歩、三日で三歩、
三歩進んで二歩さがる

         by三百六十五のマーチより











「三歩進んで二歩さがる」くらいのバランスが
人間にとってはちょうどいい。

人間の本能に、急な変化に対する抵抗があります。

これを「ホメオスタシス」と言います。

いつもの水準に戻そうという機能。

だから変化は徐々にがいい。

「三歩進んで二歩さがる」くらいのペースで。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 243 (2)

「活きのいいのが入ってるよ!」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 242


千田琢哉著
『結局、仕事は気配り
会社では教えてくれない100の基本』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
食べ物に賞味期限があるように、
「チャンス」にも賞味期限があると千田さんは言います。

「チャンス」の賞味期限は24時間。

「チャンス」をものにするスピードこそ熱意の表れ。

暢気に考えている間に「チャンス」は腐り始めます。

早くものにできれば「旬」を味わうことができるのです。

そこは食べ物と一緒です。

多くの人がチャンスをものにできない理由は
この「旬」を逃してしまっているからだと思います。

チャンスは平等にやってきます。

しかし、「こっちの準備ができてから・・・」という人は旬を逃します。

いつも「空腹状態」でなければ、どんなおいしい料理もおいしく感じられません。











チャンスに出会わない人間は一人もいない。
それをチャンスにできなかっただけである。

           byアンドリュー・カーネギー










中にはこれがチャンスだと気づかない人もいます。

「チャンスが巡ってこない」ではなく、
単純に見過ごしてしまっているだけ。

鮮度のいいチャンスを見分ける「目」を持ちたいものです。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 242 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ