「敬」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 303


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

すばらしい言葉です。

確かにこの世には男と女しか存在しません。

この全く性質の違う男女がわざわざ存在している意味があるのです。

もし、男も女もなく、両生類のように一種しか存在しなかったら
どうなるでしょうか?

すれ違いもなく、喧嘩もなく、意見の不一致もなく
失恋もない平和な世の中だったかもしれません。

けれど、それは平和ではあるが「発展」しない退屈な世の中に
なります。

男は女がいるからがんばれた。

女は男がいるからがんばれた。

千田琢哉曰く、
「幸か不幸かこの世には男性と女性しかいない。」

どんなに腐っても男が存在し、
どんなに落ち込んでも女が存在する。

恋は神様からのプレゼント。

人間をがんばらせるためのプレゼント。














人を尊敬するが故にのみ、人は尊敬される。

                byエマーソン











相手を敬うことから始まる。

男を敬う女がいて、女を敬う男がいる。

存在意義なんて考える間もなく、男と女がいる。

ただ目の前の人を大切にすることが存在意義なのだから。

お互いを敬うことで人は磨かれる。

【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 303 (2)

「ギャップ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 302


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

理想と現実にギャップを感じると
裏切られた気持ちになります。

理想と現実は違うものと最初から割り切っていれば
裏切られた気持ちにはならない。

すべては依存心が原因。

思うのは勝手に自分が思っただけ。
その依存が強ければその分、反動も強い。


千田琢哉曰く、
「裏切られるのはあなたが相手に期待し過ぎた証拠。」

相手との関係を長続きさせるコツは「相手との距離感」。

遠すぎず、近づき過ぎず。












本当に問題なのは自分の妻(夫)だけだろうか。
妻(夫)の欠点に対して過剰に反応し、
自分の生活や幸せをすべて彼女(彼)の行動に
依存させてはいないだろうか。

            byスティーブン・R・コヴィー










相手に期待をするから、欠点が目に入ってしまう。

結局、他人のアラはよく見え、
自分のアラはよく見えない。

自己の過大評価。他人の過小評価。

期待して裏切られて人は磨かれる。

【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 302 (2)

「人生のスピード」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 301


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

気づきの名言です。

「歩き方」というのは、その人の性格が表れます。

臆病な人が歩けばオドオドした歩き方

自信満々な人が歩けば堂々とした歩き方。

自分を強く、大きく見せたい人が歩けばオラオラした歩き方。

歩き方一つ、千差万別。

千田琢哉曰く、
「知的な美人の歩き方を観察していると、
 歩くスピードが速い」

速いから知的になる。

知的だから余計に速くなる。

速いから更に知的になる。

歩くスピードは知性の表れです。












知性もあらゆる物と同じく消耗する。
学問はその栄養である。
知性を養い、かつそれを消耗する。

              byジャン・ド・ラ・ブリュイエール












体が新陳代謝を繰り返すように、
知性もインプットとアウトプットを繰り返して新陳代謝をする。

体が歩くことによって健康を維持できるように、
知性もインプット、アウトプットで健康を維持できる。

歩くスピードを上げて人は磨かれる。



【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 301 (2)

「どちらも正解」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 300



千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「人は見た目じゃない!」

なんて言うけれど、

「人は見た目で決まる。」
「第一印象がすべて。」

とも言う。

人は外見でもなく、中身でもなく「両方」で決まる。
と言った方が清々します。

外見は、内面への入り口。

お互いが引き合うための外見。

お互いが長続きするための内面。

外見は野性的であるのに対して、
内面は理性的である。

どちらも互いに相互して存在する。











羊頭狗肉
 
    by四字熟語












外見と内面のバランスが取れてなければ羊頭狗肉。

外見ばかり着飾っても、内面までは覆えない。

内面はすばらしくても格好で損をすることもある。

何事もバランスだと知ることで人は磨かれる。



【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 300 (2)

「予選の鬼」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 299


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

ルックスは予選。

逆に言えば、ルックスをよくしなければ
スタートラインに立つことすらできないということ。

ルックスとは何も顔だけではない。

その人の立ち振る舞い、つまり「躾」もその人のルックスになる。

美人がモテるのは「美人」だから。

モテない人ががモテないのは同じ土俵にすら上がっていないから。

当たり前のことだが、この事実を受け入れることから始まる。

「人はルックスで選ぶ」と言う事実を受け入れることから始まる。

千田琢哉曰く、
「あなたが好きな人の好みに合わせる努力は
 無駄にはならない。」

ルックスが「予選」ならば、中身は「本番」。

外見から入り、中身へと向かう。










外見と中身を分けて考えている人がいるが、
外見は一番外側の中身なんです。
 
                by佐藤可士和









外見も中身ももともとは同じ。

中身によって外見は変わるし、
外見によって中身も変わる。

外見から始まると知ることで人は磨かれる。

【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 299 (2)

「うっかりはちべえ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 298


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

話さないコミュニケーション!?

話すことがコミュニケーションなのでは!!?

話すことがコミュニケーションのはずが、それとは全く逆の
話さないコミュニケーションが「究極」だと千田琢哉曰く。

よく長年連れ添った老夫婦(アメリカの映画などで出てくる)が
お互い見つめ合って、微笑んでいるシーンがある。

あれがまさに究極のコミュニケーション。

沈黙の中に意志の疎通がある。

沈黙を恐れて、ベラベラと空をつかむだけの話をするカップルは
欲求不満を会話で満たす。
 
お互いの自信の無さを会話で埋める。

千田琢哉曰く、
「言葉足らずが原因でトラブルになるよりも
 話しすぎがトラブルの原因になることが圧倒的に多いのだ。」

過ぎたるは、尚及ばざるが如し。

超過は不足より質が悪いのです。












コミュニケーションをはかろうとする試みは、
しゃべりすぎによって無効になることが多いものだ。

               byロバート・グリーン・リーフ










ついうっかりが人間の本音。

車に乗れば事故に遭う確率が上がるのと一緒で
しゃべれば、しゃべるほどトラブルのもとになる。

話さないコミュニケーションで人は磨かれる。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 297 (2)

「花の如し」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 297


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「なんで僕はモテないのだろう・・・」
「どうしたら私はモテるようになるの・・・」

でも本当は知っている。

「モテない原因は自分にある」と。

ただ、精神的バランスを取るために事実を受容しないだけ。

モテない人のモテない理由、それは・・・

「どうせモテない」を前提にしているから。

どうせ嫌われるのだから、先に相手を嫌ってしまおう。

そんな考えが可能性を潰している。

「モテないチャンピオン」の「防衛戦」です。

千田琢哉曰く、
「自分を偽って、自分から先に嫌うことによって
 すてきな出逢いを自ら捨てているのだ」

そう、やっぱり原因は自分にあるのだと再認識。










枝葉をみて、根を知る。
根のごとく、枝葉は出る。

           by東城百合子








「根」が原因。

「枝葉」が結果。

「根」が自分の心。

「枝葉」が既成事実。

すべてきれいな花を咲かせるために存在する。

自分が原因だと知ることで心は磨かれる。

【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 296 (2)

「原点回帰」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 296


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

恋愛で凹んだ・・・さてどうする?

・酒を飲んで憂さはらし。
・友達に傷を舐めてもらう。
・映画を観て気分転換。
・失恋ソングに浸る。
・眺めのいい場所へ行く。
・好きなものを食べまくる。
・カラオケに赴く。

確かに、その一瞬は忘れられる。
けれど、家に帰ってきて一人になった時、ふと我に返る。

「あれ、何も解決してない」

結局のところ、何かに逃げたところで現実逃避にしかならない。

現実逃避は人を元気にしない。

ではどうすれば人は元気になれるのか?

千田琢哉曰く、
「あなたが元気になるためには、
 やはり人を好きになる以外、方法がないということだ。」

この答えはわかっていたはず。

けれど、わかろうとしていなかっただけ。

「見て見ぬふり」をしていただけ。

どんなに逃げ回っていても、最終的に戻ってきてしまう。

いや、戻るしかないのか。













迷ったらもとの場所に戻れ。

           by登山家の基本











もとの場所に戻るのは、ある意味
もう一度その問題に立ち向かうことを意味している。

もう一回やってみたら案外うまくいくこともある。

もう一回やってみて人は磨かれる。

【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 295 (2)

「寿命」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 295


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「寿命」とは何でしょうか?

人が生きられる時間のこと。

人生80年のこと。

・・・違います。

「寿命」とは「本気で生きている時間のこと」です。

ただ生きているだけ、呼吸しているだけでは
「寿命」とは呼ばない。

本気とは、命を懸けること。

自分の命を懸けたことを「寿命」と呼ぶ。

千田琢哉曰く、
「せっかく授かった命だ。
 正々堂々と不器用に生きよう。
 正々堂々と本命を好きになろう。」

不器用でもいい、命懸けで本命にアタックする。

人間はつまりこれです。










何でもいいからさ、本気でやってごらん。
本気でやればたのしいから、
本気でやればつかれないから、
つかれても、つかれがさわやかだから。
 
                by相田みつを












本気でやれば例え失敗しても、後悔はしない。

失敗しても「さわやか」。

自分の寿命は自分で決められる。

自分の時間を生きて人は磨かれる。

【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 294 (2)

「不器用美人」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 294


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「器用になりたい」「世渡り上手になりたい」

そう思っている人は多い。

何でも器用にこなせるのは確かにカッコいい。

けれど、スマートでカッコいいというのは、
どこか定番臭くて、表面的で、機械的な感じがする。

「人間味」がないのです。

人間味とは「不器用」の中にある。

不器用だからこそ人は見てくれている。

不器用だからこそカッコいい。

千田琢哉曰く、
「偽りの自分を演じ続けた時間は
 あなたの寿命にカウントできない。」

カッコつけて自分を演じても、誰が見てもどこか腑に落ちない。

なりふり構わずが自分の味。










不器用な男ですから。
  
          by高倉健










男は不器用なままでいい。

器用で当たり障りのない男はどこか計算高くて最終的に女々しい。

汗臭くてがむしゃらな男が女を喜ばせようと背伸びして、
人類は発展してきた。

「不器用」でこそ人は磨かれる。






【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 293 (2)

「曇りのち晴れ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 293


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

どんな悲劇に見舞われても、どんな災難に苛まれても、
物事はすべて正しい方向に向かっていくと言います。

「自然」、この宇宙というのは常にバランスを保とうとしています。

僕ら人間が、どんなに足掻こうと、
陽はまた上るし、川は上から下へと流れる。

千田琢哉曰く、
「所詮は人間が作ったにすぎない法よりも、
 自然のバランス感覚のほうが偉大であるということに。」

確かに、僕らの悩む範囲なんて、たかが知れています。

所詮人間の創ったルールの中で奔走しているだけ。

宇宙目線で見たら、小さすぎて見えない。

どんなにマイナスに振れようと、その分ちゃんとプラスに振れる。













宇宙は常にバランスを保とうとします。
自然なあなたとは「バランスが取れたあなた」です。
自分のバランスが取れていないとき
宇宙はそれを知らせるためにいろいろなものを創って見せてくれます。

                   byパシャール











悪いことが起こるのは、バランスを保つため。

いいことが起こるのは、バランスを保つため。

あなたに気づきを与えるために、起こる。

起こるべくして、起こるのです。

雨の日の後は、いい天気です。




【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 292 (2)

「本番練習」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 291


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「下準備人生」

ほとんどの人が、この「下準備人生」を送っている。

まだ準備が足りないからと、「下準備人生」を送っている。

いつしか、「下準備も満更じゃないな」なんて思ったりする自分がいる。

ぬるま湯に浸って満足する。

いや、本当は「本番」が恐くて、
下準備で気を紛らわそうとしているのかも。

ただ、無情にも時は過ぎてゆく・・・

千田琢哉曰く、
「成功している人たちの共通点は、
 下書きをそのまま清書してしまうことだ。」

準備不足のまま本番に向かう。

自分の実力がどうあれ、本番というステージに上がってしまう人が
成功する人だと。

実際、どこまでが下準備で、どこからが本番かなんて
わかりはしない。

ずっと準備もできるし、すぐに走り出すこともできる。












練習には限界があります。
本番のゲームでしか、縮まらないものがある。

               byイチロー












スポーツの世界だと、さらに顕著。

素振りばかりしていても、ホームランは打てない。

投球練習ばかりしていても、三振は取れない。

すっと走り込んでいても、ゲームには勝てない。

「本番」が一番の練習です。




【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 291 (2)

「裏切られないと価値がわからない」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 290



千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

人に信じてもらえるのは、当たり前のことだと思っていた。

人を信じることは、当たり前のことだと思っていた。

人を信じ続けることも当たり前のことだと思っていた。

大切な人に、裏切られたときこれに気づく。

墜ちて、初めて気づく。

それまで、信じることの奇跡は、「景色」のようなものだった。

目には映っているけれど、ぼんやりとしか意識がない。

自然すぎて気づかないのかも。

「もともとあるもの」ではなく
「最初からないもの」だったということに。



千田琢哉曰く、
「信頼する人生と、信頼させる人生を獲得するためには
 何が必要だろうか?
 それは大切な人に裏切られる経験をするすることなのだ。」


「信頼」とは、
その逆の「裏切り」を経験しないと本当の意味では
成り立たない。

絵は、
「光」だけでは真っ白で何が描かれているかわからない。
「影」があってはじめて、形が見える。

いいことも悪いことも、経験することで、やっと命が宿る。












欺瞞し、裏切るが、これ人生生来の心根なり。

                 byソフォクレス











「必要悪」

悪は必要だから存在する。

平和をいかに実感させてくれる。

人に気づかせるために存在する。



【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 290 (2)

「原因はすべて自分にある」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 289


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

裏を読んで相手を手玉に取ったといい気になる人がいます。

しかしそれは単なる思いこみです。

むしろ相手の悪い部分をより引き出してしまう行為と言います。

今、目の前に見えている現実は、あくまで
「自分の脳が作りだしているもの」

同じ物体を見ても、その人が興味のあるものだったら、
よりよく見えますが、
その人が全く興味のないものだったら、
目に止まることすらないかもしれません。

気づかなかったら、その人にとって
「存在しなかった」のと一緒です。

つまり思い込んだことが、
その人にとっては現実。

千田琢哉曰く
「いい人と悪い人がいるのではなく、
 同じ人間の中に、いい部分と悪い部分があるのだ」

いい部分に目を向ければ、いい部分が際だつ。
悪い部分に目を向ければ、悪い部分が際だつ。














人間はすべて善であり、悪でもある。
極端はほとんどなく、すべて中途半端だ。
  
                byアレキサンダー・ホープ













善であり、悪でもあるのが人間。

どちらも必要だから存在する。

意味があって存在する。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 289 (2)

「気になる」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 288



千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

核心をつく名言です。

そして皆の関心を惹く言葉。

人はタブーにこそ、一番興味を惹かれます。

「そんな汚らわしい!」と言う人ほど
一番気になっている。

千田琢哉曰く、
「なぜ略奪愛があれほどまでに野次馬を騒がせるかというと
 みんなの願望だからである。」

芸能人のゴシップ、有名人のスキャンダルが大好きなのは、
みんなの憧れだから。

憧れていて、自分には到底及ばないことなので
嫉妬心から騒いでしまう。

人は、関心事には過剰反応を示してしまう生き物です。









最も永く続く愛は、報われない愛である。
  
                byモーム






叶わないから想いが強くなる。

報われないから想い続ける。

結局、人は、「ないものねだり」をしながら生きていく。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 287 (2)

「無駄こそ人生」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 287


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「無駄な時間を過ごした」「無意味なことはしたくない」

確かに限られた時間の中で「無駄な時間」を過ごすのは
誰だって嫌です。

「Time is life.」 と言うように、
時間は命、その命を無駄遣いしたくないのはよくわかります。

けれど、千田琢哉曰く、
「時間の大切さを学んだ人間は残された時間で
 自分の才能を磨こうとする」

そう、無駄な時間を経験すると
「時間がいかに大事」かを自覚できるのです。

無駄な時間は、無駄ではなかったのです。

無駄な時間は、活きてくれた。














若いうちは無駄が栄養ですね。
   
          by野茂英雄













現代社会が求めるもの。

「コスト削減」「能率的」「機能的」
「経済的」「効率的」

果てして、そこに答えがあるのか?
と言ったら、そうでもなさそうです。

「無駄なこと、必要のないこと」からも
たくさんの学ぶ要素があります。

そこに気づけた人は強いです。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 288 (2)

「わかりやすい」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 286


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「とてもわかりやすい」とあります。

何がわかりやすいのか?

恋の終わりには基準があるからです。

「浮気をしたら終わり」・・・違う。

「会話が無くなったら終わり」・・・違う。

「マンネリしたら終わり」・・・違う。


千田琢哉曰く、
「恋の終わりはいつだって、あなたががんばり始めた瞬間だ」

がんばり始めたら終わりなのです。

「自分に嘘をついて我慢している」

「やらなければ」「しなければ」と義務感に駆られたら終わり。

恋とは、義務ではなくフライングしてしまうもの。

自分の感情と理性が離れてしまうから、「わかりやすい」のです。










だいたいうまくいかないものは、
無理してがんばらないほうがいいんです。
人生「消去法」だからね。
 
            by風間完










「したいことをする」というのは言い方を変えれば、
「消去法」なのかもしれません。

したいことをするためには、
「したくないこと」が明確でなければなりません。

「したくないこと」を自分の人生から「消去」する。

すると「したいこと」が浮き彫りになる。

ただでさえ、情報の多い時代。

そんな「取捨選択能力」が問われる時代です。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 286 (2)

「自分との戦い」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 285


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

仕事を辞める理由は様々。

「給与」「労働環境」「人間関係」「仕事内容」など。

その中でもダントツで一番多い退職理由は・・・

「人間関係」です。

これは、仕事に限ったことではありません。

人間である以上、人間関係は付き物。

もはや、人類のテーマとも言えます。

それが嫌なら無人島で暮らすしかありません。

そんな人間関係のベースは「実力」であると千田琢哉曰く。

苦手な相手がいたとして、どう打ち解けるか考えるよりも
圧倒的実力をつけて、眼中から消してしまったほうが早いと言います。

好きになろうと無理をした時点で、その人とは
永遠に分かち合えない。

それは自分が一番わかっているはず。












実力の前には縁起も通じない、
ジンクスも何も無力や。

         by野村克也










実力が高まってくれば、それ相応の相手が勝手に
目の前に表れる。

向けるべき努力の方向は相手ではなく、
「自分」なのです。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 285 (2)

「外も内のもの」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 284


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

なるほど・・・

普通に考えたら、服装を自由にしたほうが
個性が出るのではないかと考える。

けれど、外見はやはり外見。

外からでは本質は見えません。

皆、同じ条件にすると、外見だけでは勝負できなくなる。

今度は中身や態度で自分を表現しなければなりません。

外見はすぐに変えられるが、内面はすぐには変えられない。

どんなに着飾っても、内面が露出してしまうのは常です。













外見なんて個性じゃない。

       byソフトバンクCMのお父さん犬











動物は吠えたり、すごいポーズで威嚇したりします。

それは、相手がそこで怯んでくれれば「戦わずに済むから」です。

無駄な体力の消耗ないし、
いざ戦いとなったら命の危機すらあるからです。

そんな威嚇は、人間で言ったら「服装」なのかもしれません。

いい印象を与えるにせよ、恐い印象を与えるにせよ、
少なからず「服装で判断してくれれば」という気持ちがあるはずです。

ということは、外見も内面から生まれたものになります。

外見も内面の一部です。






【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 284 (2)

「全エネルギー」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 283


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

八方美人は万人受けするけれど、
1人から猛烈に愛されることはない。

無難であるがため「深さ」に欠けてしまうのです。

八方美人は誰に対しても「浅く」接するので
相手もそれなりにしか反応できない。

嫌われるでもなく、好かれるでもない、
一番つまらない関係なのかもしれません。

千田琢哉曰く、
「記憶に残らなかったら存在しなかったのと同じ」

エネルギーは有限です。

人間の時間をエネルギーとすると、
すべての人に全エネルギーを注ぐことは不可能です。

命が尽きてしまいます。

もし、注ぐとしても一人当たりのエネルギーは極わずか。

下手をしたら、気づかない人もいるかもしれません。

何も相手が「人」に限ったことではありません。

「仕事」にエネルギーを注ぐ人もいれば、
「趣味」にエネルギーを注ぐ人もいる。、

「家族」にエネルギーを注ぐ人もいれば、
「アイドル」に全エネルギーを注ぐ人もいる。

あなたは何に一番エネルギーを注ぎますか?

それがあなたの人生です。











成功の鍵は的を見失わないことだ。
自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、
そこに時間とエネルギーを集中することである。

                 byビル・ゲイツ










八方美人というのは、もしかしたら、

目的を見失っているのかもしれません。

目的がないから、エネルギーが分散してしまう。

目的がないから、全部気になっちゃう。

集中の反対です。

自分の意識の反対です。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 283 (2)

「専売特許」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 282


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

言葉の力とは本当に強くて恐いものです。

冗談でも口にしようものなら、
あなたの脳はそれに向かって最善の方法を見つけようとします。

「できない」「向いていない」「合わない」「わからない」
とうっかり口にしてしまった瞬間に脳は、
「できないもの」「向いていないもの」「合わないもの」
「わからいないもの」と判断します。

千田琢哉曰く、
「大切なことは、
 目標の達成に自分が不利だとわかっている場合の対応だ」

確かに不利なのは百も承知。自分が一番わかっている。

「承知の上、何をするのか?」という答えしかありません。

「できない」「やりたくない」は子供の専売特許。

「できない」を「できる」に変えるのが大人の専売特許。













不利は一方の側だけにあるものではない。
 
                byチャーチル












どんなに実力ある人でも、不安要素は確実に存在する。

不安があるからその穴を埋めようと努力する。

不安があるからその不安をかき消そうとモガク。

「不安」が人を強くする。






【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 282 (2)

「したいことは義務ではない」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 281


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

自分が選んだ道がたまたま「会社務め」だったと言う話。

そのために「就活」をしている。

分解して、一つ一つ見るとすべて自分が選んできたパーツばかり。

組み立てたのは自分。

就活でつらそうな顔をしているのはおかしい。

就活で「内定が取れない」とグチるのはおかしい。

千田琢哉曰く、
「就活は義務ではない」

そう、「義務」ではないのです。

嫌ならやめてしまえばいい。

選択肢が無いわけではない。











君が義務だと思い込んでいることのほとんどが義務ではない。
やらなくていいことなんだ。

                by中谷彰広











千田さんの今日の名言は「就活」という言葉を変えることができます。

例え)
 誰かに強いられるのではなく、
 ひたすら自分がしたいからするのが「仕事」なのだ。

 誰かに強いられるのではなく、
 ひたすら自分がしたいからするのが「恋愛」なのだ。

 誰かに強いられるのではなく、
 ひたすら自分がしたいからするのが「生きること」なのだ。

ひたすら自分がしたいことの結果が今の現実です。

 


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 281 (2)

「カゲグチズム」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 280


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

その人の「出世」や「年収」は一体何が決め手なのでしょうか?

「実績を残す」
「会社に貢献する」

学校のテストなら合格点です。

しかし、シビアな現実社会では不合格。

千田琢哉曰く、
「信頼がその人の出世、年収を決めている」

答えは「信頼」なのです。

当たり前のように聞こえますが、
その「信頼」こそがスタートでありゴールであります。

その信頼はどうやって築くのか?

「媚を売る」
「YESマンを通す」
「上司をおだてまくる」

これらも模範解答。

信頼を築くためには

「陰口を言わない」

ただそれだけ。

陰口が最終的に本人の耳に入ることは、ご存じの通り。

あいつは「カゲグチズム」
そんな評判がたった瞬間に信頼は無くなるのは言うまでもありません。

仕事も私生活も人間関係で成り立っている以上、
「信頼」は切っても切れません。














信頼こそ、才知より交際を深める。
 
              byラ・ロシュフコー












「信頼」は「ジェンガで遊ぶこと」に似ています。

積方次第で強固なものになるし、
適当に積めば、安定感が無くグラグラしてしまう。

倒れるときは一瞬で倒れてしまう。

1ピースでも抜いたらそれでグラグラになってしまう。

人間関係にそっくりです。


【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 280 (2)

「片や」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 279



千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「人間、皆平等」

「人は生まれながらにして皆平等です。」

果たして、本当にそうだろうか?

現状を見て本気でそう思えるのだろうか?

「生まれた時から平等?」

ではなぜ、世界では年間1500万人の人々が
食べ物がなくて死んでしまっているのか?

世界の飢餓人口は10億人と言われ、年々増加傾向にあるそうです。

「年々増加傾向・・・。」

片や、先進国では食べ物が飽和状態。

まだ食べられるにも関わらず、「賞味期限」とつけば処分し、
「規格外」とつけば廃棄します。

日本人男性30代の3人に1人は「肥満」だそうです。

これらを見て本当に「平等」と言えるのか?

同じ世界、同じ時を過ごしているのに
片や「栄養過多」片や「栄養不足」。

生まれ落ちた場所が違うと言うだけ。

人間生まれながらにして、不平等極まりないのです。

千田琢哉曰く、
「こうして社会はどこまで言っても
 公平、不公平で成り立っている」のです。

まずはこの事実を受容すること
そして感謝することから始まります。












人目に立つ公平は、取り繕った不公平だ。
 
             byバンジャマン・コンスタン












「こんなの不公平だ」と思っているその心が、
もはや「公平」と言うことを忘れている。

腐っても、嘆いてもこの事実は変わらない。

ではどうするか?

だったらどうするか?

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 279 (2)

「半端じゃない焦り具合」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 278



千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

全くその通りです。

子供の頃のピンチと今のピンチでは比較になりません。

しかし、子供の頃の”焦り”具合は
「人生が終わってしまう」くらいの焦りっぷりです。

あの頃の「絶体絶命」は、今考えるといい思い出に浸れます。

今の「絶体絶命」はというと、「命の危機」くらいのものです。

その他は「絶体絶命」とまではいかないはず。

それはあらゆるピンチをくぐり抜けてきたからに他ありません。

・・・と言う考えともう一つ、

単に物事に対する感受性が鈍くなってしまったのではないかと
思ったりもします。

私が思うに、感受性の極地が「死」。
「死」とは何も感じなくなってしまうことではないかと思います。

それは言わば「悟り」に近いものでもあると思います。













悟りというのは、いかなる場合にも平気で死ぬことではなく
いかなる場合にも平気で生きていることである。
 
                  by正岡子規












「平気で生きられる」とあります。

悪いことに対して平気で生きられるならよいですが、
いいことに対して平気で生きられるのは、
それはそれで楽しくないのではないかと思います。

どんなものにも一長一短があり、
「すべてがすべていい」は存在しません。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 278 (2)

「悪いことは前菜」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 277




千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「いいこと」と「わるいこと」というのは
浮き沈みがあるものだと考える人は多い。

「いいことがあったから悪いことが起こる」

「最近悪いことばかりだったから、きっといいことがある」

けれど、これは根本的に違ったのです。

千田琢哉曰く、
「いいことの感謝を忘れると悪いことが起こる」

そう、神様が感謝に気づかせるために、
悪いことを起こしてくれているのです。

当たり前のことに感謝できなくなると、悪いことを起こして
当たり前がどれだけ大事なことだったか知らせてくれる。

これからの新常識は
・当たり前の感謝を忘れると悪いことが起こる。
・当たり前に感謝ができるといいことが起こる。
です。










いいことはおかげさま。
わるいことは身から出たサビ。

           by相田みつを








やっぱり人間です。

「いいことばかり続かないかな」なんて思ったりします。

けれど、もしいいことばかりが続いたら
それが当たり前になってしまい、いいことを「いいこと」と
思えなくなってしまいます。

悪いことが存在して初めて、「いいこと」を感じられるのです。

悪いことが起こるのは人間にとって必要なことです。

そう考えると、「悪いこと」は悪いことなのか?

悪いことは「いいこと」の一部。

つまり、「悪いこと」も「いいこと」なのです。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 277 (2)

「鎖に繋がれた人間」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 276


千田琢哉著
『たった2分で、道は開ける。
~君のピンチをチャンスに変える70の幸運の言葉~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「道は一瞬で開ける!?」

模範解答で生きてきた大人にとって、青天の霹靂。

「だって道は何十年も掛からないと開かないんだ!
 現にまだ開いていないじゃないか。」
と我慢に我慢を重ねてきた大人達が言う。

けれど、千田琢哉曰く、
「一瞬で開けない道は、今のあなたにとって行き止まりであり
 関わるべきではない」と。

道は一瞬で開けるものである。
というより、もうすでに開いているものです。

もともと開いている道に気がつけたかどうか。

開いていない道だと思っているその道は、実は行き止まりで、
その行き止まりをつくっているのは誰でもない、自分なのです。

開いているのに、「開いていない」と思い込んでいる。

思い込んでいることは、その人にとったらリアルな現実。

思ったことがすべて現実となります。













自分はこんな人間であるという思いこみが
あなたをつくっている。

                 by佐藤富雄












「鎖に繋がれたゾウ」という話があります。

逆に言えば、思いこみを変えることで
現実が変わるということです。

現実は起こるものではなくて、
自分で創りだしているものなのです。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 276 (2)

「就活はスポーツだ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 275


千田琢哉著
『就活で君を光らせる84の言葉
~就活では、モテる順に内定をもらう~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
この言葉、まるで「スポーツ」の世界です。

正々堂々戦って、勝っても負けても恨みっこなし。

戦いの中で心通わせ、戦いを通じて相手と
コミュニケーションを深める。

「戦争」と違って、ただ勝つことを目的としていない。

「就活」も言わば「スポーツ」

自分の実力を出し切って、相手に認めてもらう。

千田さんの言う
「勝っても負けてもきちんとお辞儀をする」
という潔さ。

採用、不採用でも最後には感謝をし合う。

「就活」は出逢いのスポーツです。











勝ち負けではない。
みんなの心が一つになるかならないかが課題なんだ。
  
                 by金八先生









戦ってくれたことに感謝。

戦える状況に感謝。

戦える相手がいることに感謝。

戦えるだけで感謝。




【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 275 (2)

「out!」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 274


千田琢哉著
『就活で君を光らせる84の言葉
~就活では、モテる順に内定をもらう~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
「僕は今の仕事、向いていないんですよ。」

「私に向いてる仕事ってなんだろう?」

よく、耳にする言葉です。

しかし、千田琢哉曰く、
「好き嫌いは本人が、向き不向きは他人が決める」と。

「向き不向き」はもともと、自分で決めるものではないということ。

「向き不向き」というのは、あくまで他人が決めることなんです。

自分は「好き嫌い」でしか判断できない。

そこは俯瞰しかできない。

本当に好きなことならブレないのが前提。

「向いているかどうか?」なんて疑問を持った瞬間、out!

自分の感情が無いのだから、即out!

「向き不向き」で考えた時点で好きではないことが証明されました。













向き不向きではなく、
これだと思う仕事を一生懸命することが何より大事。
 
          by柳井正











「これだ!」が大事。

「これだ!」を自分の人生にしなければならない。

「これだ!」に命を懸ける。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 274 (2)

「人生で一番若い日」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 273


千田琢哉著
『就活で君を光らせる84の言葉
~就活では、モテる順に内定をもらう~』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
どんなに厳しい現実を突きつけられても
どんなに悪条件が揃ったとしても、
今の現実からしか出発できないのが人間です。

どんなにふて腐れても、誰かが手を差し伸べてくれることもないし、
いい状況を用意してくれるわけでもない。

ただ無情にも時間が過ぎてゆくだけ。

気がついたときにはもう随分と年をくっていて
体力、気力、共に萎えてしまう。

「人生そんなもんだ」と妙に納得してしまう始末。
いや、納得しなければ精神的バランスを取れないのかもしれない。

そんな悲惨な未来を創らないために、今スタートする。
いや、スタートするしかないのです。

千田琢哉曰く、
「人生で一番若い日は今日」

今、この瞬間が最善で最高の条件です。













現実は公式からはみ出す。

        byファーブル











だからこそ、どんな現実も受容しなければならない。

最悪も、最低も、最高も受容していい。

自分に起こることの原因が自分だとして
現実も自分が作り出している。

自分が作り出したのだから、
自分で解決できるのは言うまでもありません。



【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 273 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ