「アレ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 335



千田琢哉著
『「どうせ変われない」とあなたが思うのは
「ありのままの自分」を受け容れたくないからだ』
より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

ありのままの自分?

ありのままの自分とは何のこと?

ありのままの自分とは、自分がひた隠しにしたい「アレ」です。

「アレ」とは自分の弱さや醜さのことです。

「アレ」は自分にとって必要な部分。

「アレ」がなければ、他人を愛することができない。

ありのままの他人を受け入れないのは、
ありのままの自分を受け入れられないからだ。

千田琢哉曰く、
「欠点も含めたすべてが自分なのだと愛おしくなる。」

本当は切り離したい部分だからこそ、本質に近いものがある。

そこは、自分の温かい部分。自分の懐かしい部分。

他人を愛する為には、まず自分を愛さなければならない。

他人は自分で、
自分は、他の誰かなのかもしれません。












自分を心から愛せるようになると
他人をもっと深く愛せるようになる。
自分の欲求を敏感に察知できるようになると
他人には大らかに優しくなれる。

               byエダ・レシャン











自己愛があれば、素直に人を好きになれる。

「他人は自分を写す鏡」なのだから。

自分を愛することは、他人を愛することと変わらない。

ありのままの自分を愛せることで人は変われる。






【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 335 (2)

「発展途上人」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 334



千田琢哉著
『君にはそんなことをしている時間は残されていない』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「生成発展のリレー」

今があるのは、ご先祖様が生成発展してくれたおかげ。

そのご先祖様がいるのは、
その前のご先祖様が生成発展してくれたおかげ。

正に「生成発展のリレー」です。

ご先祖様から、僕らの時代へと移り変わり、
今度は僕らがその役を担う。

では、具体的には何をすればよいのか?

それは「やりたいことをやればいい」ということ。

自分がやりたいことというのは神様から与えられた「gifted」。

その「gifted」を極めていくのが、
世の中を生成発展させるということ。

千田琢哉曰く、
「生成発展しているということは、
 すべてまだ途中だということ。」

そう、まだ「途中」なのです。

人間が存在している限り、ずっと「途中」なのです。










人生は進化だ。
そして進化のすばらしいところは、
最終的にどこに行き着くか、まったくわからないところなんだ。
 
                    byデイル・ドーテン











終わりなき進化だから、わかるはずもない。

自分の世代が終わり、後世に引き継がれる。

その流れは、川の流れと同様です。

立ち止まっている時間はない。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 334 (2)

「末期」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 333



千田琢哉著
『君にはそんなことをしている時間は残されていない』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「準備」が「本番」で、その「本番」を「準備」することが、
成功の秘訣。

つまり、「ぶっつけ本番」ということです。

「まだ、その時ではない」

「まだ、準備が足りない」

「まだ、実力がない」

と本番を先送りにして、走り出せない人がいる。

「走り出せない」というより、「走り出さない」と言う方が正確。

走り出すより、練習の方が気が楽だし、大変じゃないし。

実のところ、準備で満足してしまっている状態。

笑っている場合ではなく、あなたもそうかもしれない。

気がついたときには、末期。

それか即死。










準備ばかりの人生はやめよう。
 
            by本田健












準備だけで人生が終わってしまうのは勿体ない。

準備の為の、準備ではなく、
本番の為の本番をやらねばならない。

準備ばかりしている時間はない。




【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 333 (2)

「過去形」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 332


千田琢哉著
『君にはそんなことをしている時間は残されていない』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

一年も終わりに近づくと、来年の話題になってくる。

「一年はあっという間だったね。」

「今年も何もできなかったよ。」

そんなフレーズは、どこからともなく聞こえてきます。

そして来年もそのフレーズが、どこからともなく聞こえてくる。

今日できなかったことが、明日できないように、
今年できなかったことが、来年できるはずもない。

規模の差であって、同じことだから。

そしてそれが、来年、再来年と続き、気づいたら
年も取ってやりたかったことができなくなっている。

やりたいことも、やりたくなくなっている。

なんてことに。

千田琢哉曰く、
「今できることから逃げるために、来年を利用してはいないだろうか
 今できることから逃げると、来年もそれを繰り返すことになる。」

「明日やろう」ではなく、今日やる。

「今日やろう」ではなく、今やる。

未来にできる保証なんて、これっぽっちもない。












いつやるか? 今でしょ!

         by林修










いつやるのかを迷うのは、ひょっとしたら
やりたくないことなのかもしれません。

やりたいことなら、もうやっている。

やりたいことは「進行形」ではなく「過去形」になっている。

今やれることから、逃げている時間はない。



【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 332 (2)

「既存人生」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 331


千田琢哉著
『君にはそんなことをしている時間は残されていない』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

世の中すべて「自己責任」

「私は被害者なんです!」

でも100%被害者は、この世には存在しません。

詐欺に遭うのは、自分の心の中に「楽して儲けよう」という
卑しさがあったから。

リストラに遭うのは、自分の中に怠惰の心があったから。

友達に裏切られたのは、自分の中に自己中心的な心があったから。

結婚できなかったのは、自分の中に人を信じる心がなかったから。

千田琢哉曰く、
「自分の人生はあくまでも、自分でクリエイトしていくのだ。」

誰でもない、自分の人生が、今この瞬間。










何か新しいことをクリエイトしている人間てのは
光り輝いているものだ。

              byマイケル・デイビス












「既存」を選ぶのは、確かに安心感はある。

安心感はあるがどこか、腑に落ちないのが人間。

動物園の動物のようなテンションの低さ。

光輝くためには、「既存」ではなく、「創造」です。

相手のせいにしている時間はない。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 330 (2)

「好きを通せる」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 329


千田琢哉著
『君にはそんなことをしている時間は残されていない』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

逆にサラリーマンの基準は「正しいか、否か」で決まると
千田琢哉曰く。

成功者は好き嫌いで、自分の時間をコントロールできる。

サラリーマンはと言うと、時間が拘束され、行動が制約されている。

サラリーマンは管理下だから、好き嫌いで行動はできない。

好き嫌いで時間をコントロールできるのは、
「成功者の証」です。

千田琢哉曰く、
「成功者は、サラリーマンと違って、誰にも強制されない。」

誰にも強制されないというのは、本来の人間の姿です。











楽しいことは長続きする。
好きなことは長続きする。
気持ちいいことは長続きする。
そうでないことは、どんなに強制されても
結局は続かない。

               by五木寛之














そんなサラリーマンだからこそ、
そんな不自由だからこそ、
「物事の判断の基準は好き嫌いで決める」

「好き嫌い<お金」では長続きしない。

「好き嫌い<建前」では長続きしない。

「好き嫌い<モテモテ」でも長続きしない。

好き嫌いさせてもらえない人生を送っている時間はない。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 329 (2)

「勉強不足」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 328


千田琢哉著
『君にはそんなことをしている時間は残されていない』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

店でぞんざいな扱いを受けた。

「何もしないのが、大人だ」と何もしない。

確かに、キレて怒鳴りまくった挙げ句、
警察沙汰になりかねない。

被害者が逆に加害者になることもある。

けれど、千田琢哉曰く、
「キレないことは大人ぶること。
 大人ぶることは子供の証拠だ。」

では、どうすればよいか?

そんなときは、会社にクレームを伝える。

つまり、「正攻法」です。

静かにキレると言った感じ。

大人ぶって、泣き寝入りが一番悪い。

何もしないことが、大人なのではなく
正しいやり方で、正すのが大人の喧嘩の仕方です。

泣き寝入りとやせ我慢は子供の喧嘩です。












すぐキレるのは、
自分の気持ちを表現する、適切な言葉を知らないから。
たくさんの本を読んで言葉を知れば、ストレスは溜まらない。

                   by美輪明宏










キレるのは勉強不足、経験不足だから。

それなりの対応を知っておけば、ストレスも最小限。

「これが自分、これが現実」なんて自分で決めてしまったもの。

すべては勉強不足から生じる。

ウジウジキレている時間はない。




【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 328 (2)

「たった一句」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 327


千田琢哉著
『君にはそんなことをしている時間は残されていない』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「!!?」

青天の霹靂とは正にこのこと。

「本は全部読まない!?」

今までの僕らの固定観念を「キン肉バスター」された気分です。

「本は全部読むもの」と言うのが、本を読む行為だった。

全部読まなければ大事なところを逃しているかもしれない。

全部読まなければもったいない。

そう思って過ごしていると、ものの見事に「積ん読現象」が
お目にかかれました。

千田琢哉曰く、
「我慢してすべて読んでも、身につくものは少ないからだ。」

そう、我慢して読んでも、すぐに飽きてしまう。

飽きてしまうと今度は、本自体めっきり読まなくなってしまう。

丁度、仕事が山積みになり、どこから手をつければよいか
わからなくなり、やる気を失った状態に似ています。

目次を見て、ピンと来た部分だけを拾い読みする。

それだけで、十分。

自分の感性とその本の感性がマッチした部分が
自分の一番のエッセンスです。












よい言葉の一句は、悪い本の一冊に勝る。
 
                 byルナール













あなたにとってその本の価値は、そのたった一句のために
あったといってもいい。

それだけで価値がありすぎる。

名著とは自分で創っていくものなんですね。

追伸:
たった一句によって人生が変わってしまうことは多々ある。




【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 327 (2)

「迷える者」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 326


千田琢哉著
『君にはそんなことをしている時間は残されていない』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

やるか、やらないかの決断は「1分」がリミット。

1分以内で決断できないことは「現状維持」と決めておくと
千田琢哉曰く。

「決断の時間がたった1分・・・」
溜め息混じりに聞こえてきそうです。

けれど、本当は「やるか」「やらないか」は
一瞬で決まるものだといいます。

予め、決まっているから一瞬で判断できるのです。

今の相手と結婚するか、しないかを1分以内に答えられなければ
それはしない方がいい。

今の仕事が、本当にやりたい仕事かどうか1分以内に、答えられなければ
今すぐ転職するか、独立した方がいい。

1分以上迷う人は、一生迷い続ける。

千田琢哉曰く、
「最初からやらないと決めておけば、楽だったのに」

決断する前に、決断しておくことは楽しいということです。












即断、即行できる見識と
機敏な実行力は指導者に不可欠の要件だ。

             by松下幸之助











不利だと思ったら挑戦しないことも、正しい決断となる。

迷えば迷うほど、人はやらなくなるもの。

迷った時間で、次に進めるもの。

迷っている時間は残されていない。







【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 326 (2)

「瞳孔が開いています!」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 325


千田琢哉著
『君にはそんなことをしている時間は残されていない』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

睡魔と戦っている自分は本当の自分ではない。

本気でやりたことなら、眠いはずの目が逆に冴えてしまう。

それは勉強、仕事、恋愛すべてに言えること。

千田琢哉曰く、
「眠くなったら眠る以外に方法はない。
 眠くなったら直ちに熟睡し、スカッとした頭で勉強や仕事をしよう。」

「眠い」というのは本能が拒絶しているので、
それに打ち勝つのは至難の業。

本を読んでいるとき眠くなるのは、その本に飽きてきたサイン。

映画を観ているとき眠くなるのは、その映画に飽きてきたサイン。

授業を受けているとき眠くなるのは、その授業に飽きてきたサイン。

思わず、瞳孔が開いてしまうようなことがあなたの本音。










目覚ましなしで目が覚めるようなことを
仕事に選ぶべきだ。

           by中谷彰広











理性は上っ面だが、本能は本質。

理性に勝ったつもりでも本能には永遠に逆らえない。

頭をカックン、カックンさせている時間は残されていない。







【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 325 (2)

「押して押して押しまくる」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 324


千田琢哉著
『君にはそんなことをしている時間は残されていない』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

あいさつをためらってその日一日、
気まずい雰囲気で過ごしたことは誰にもある。

ちょっとタイミングがズレただけで、
その日一日、ブルーな気分で終わってしまったことは誰にもある。

「挨拶」の「挨」と言う字は
「押す、進む」と言う意味で、「拶」と言う字も
「押す、進む」と言う意味が含まれている。

挨拶は自ら進んでするものだという語原です。

挨拶されるのを待っているのは、挨拶ではありません。

挨拶されるのを待って、そわそわしている人はダサい。











あいさつからすべてが始まる。
大きな声で挨拶すると心の扉が開く。

                 by渡邉美樹











例え挨拶をして無視されたとしても、
見てくれている人は見ている。

あなたと同じ感性を持った人が見てくれている。

「良さ」に気づける感性です。

あいさつをためらっている時間は残されていない。








【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 324 (2)

「体で感じるもの」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 323



千田琢哉著
『君にはそんなことをしている時間は残されていない』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「考える時間」と「好き嫌い」は比例しない。

じっくり、考えて「嫌い」というのは、計算上嫌いなだけ。

じっくり、考えて「好き」というのは、計算上好きなだけ。

どちらも、本当の意味では、「好き嫌い」で判断していない。

「好き、嫌い」は頭で考えるものではなくて、
「体で感じる」ものだから。

考えるのには、時間がかかるが、感じるのは一瞬。

本当の「好き嫌いは」フライングで決まってしまう。

千田琢哉曰く、
「好き、嫌いに素直に従うと大好きな人だけに囲まれる人生になる。」

好き嫌いを決断、実行すると、
自分の本音でつき合える相手だけが残る。

人生消去法なのかも。













好きが可能性を広げる。
   
          by澤穂希












人間は、好きなことだけをするために生まれてきた。

やりたいことをやるために生まれてきた。

「好きか嫌い」かで悩んでいる時間は残されていない。







【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 323 (2)

「命」「時間」「お金」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 322


千田琢哉著
『君にはそんなことをしている時間は残されていない』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「時間はお金」ではない、「時間はお命」

「時は金なり」と言った、ベンジャミン・フランクリン。

けれどこれはバブル期の謳い文句。

今こうして、現実が見えるようになった現代。

時はいつしか、命となった。

本質が見え、本当に大切なものは何かわからせてもらえた。

転んで、はじめて気づくコンクリートの固さを知る。

「Time is money.」

そう、お金が尊いのは事実。
けれど、お金だけが尊いのは幻想。

「Time is life.」

そう、時間は僕らのすべて。
時間切れがすべての終わり。

仕事をしていても、遊んでいても、寝ていても、
死へと向かっている。













アノネ、時は金なりなんていうけれどね。
時はいのちだよ。
「いま」というこの時は自分の人生の中の1瞬だからね。

                  by相田みつを










「一瞬」

 その「一瞬」すら命。

80年も命。

0.0000000001秒も命。

何ら変わりない。

今が、命。

今を大切に。
   

【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 322 (2)

「気持ちいい、恥ずかしい」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 321



千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

一見、意味深な名言ですが・・・

実は、この名言「男と女」を凝縮して表してる名言なのです。

「気持ちいい」というのは男の人生そのもの。つまり男の性。

「恥ずかしい」というのは女の人生そのもの。つまり女の性。

「気持ちいい」は体を表し、「恥ずかしい」は心を表します。

男の性は心より、体が先行してしまいがち。対して
女の性はまず、心ありき。それから体へと移行する。

男は体ばかりが先行してしまうので
「心を考えなさい」という教え。

女はその男の特質を「理解しなさい」と言う教え。

今回の名言は、その男女へ送ったメッセージなのです。














愛の反対は憎しみではなく、無関心です。

               byマザー・テレサ












男と女は憎しみ合うために存在しているのではない。

お互いが尊重して、助け合っていくために、
共に咲くために存在している。

男も女もなかったら、無関心になってしまう。

お互いの必要性もなくなってしまう。

お互い歩み寄る勉強もしなくなってしまう。

だから神様は、お互い全く異なる性質を生み出したのだと思います。

男がいて、女がいて人間は磨かれる。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 321 (2)

「42.196キロ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 319



千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

とてもわかりやすい表現です。

恋を短距離走。愛を長距離走。

恋の始まりは短距離走のような瞬発力。

恋から愛へと変わっていくには、長距離走のように
息の長い持久力が必要となる。

恋から愛へと変わるのが人生のおもしろいところ。

恋愛の醍醐味。

千田琢哉曰く、
「恋の延長線上に、愛があるとは限らない。
 恋をきっかけとした、愛があるだけなのだ。
 恋に覚悟はさほどいらないが、
 愛には覚悟が必要だ。」

恋はきっかけで、愛には覚悟が必要。

恋がスタートになり、そのゴールが「愛のスタート」となる。

愛の42.195キロはまだ始まったばかりです。











色あせたものを捨てないのは努力がいる。
色のあせるとき、本当の愛情が生まれる。

            by遠藤周作













長距離走に必要な持久力とは、つまり「忍耐力」。

我慢というより「忍耐力」。

その忍耐力も覚悟によって身につく。

決めることが、忍耐に繋がるのです。

バテない持久力によって人は磨かれる。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 319 (2)

「ちっぽけな」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 318


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「自分は口説かれた」と言って天狗になっている女性がいる。

確かにそれは事実。その女性が魅力的だったに違いない。

しかし、だからといって、いつまでもふんぞり返っているのは
愚の骨頂だと言えます。

千田琢哉曰く、
「最初は優越感に浸っていたとしても
 相手のことを愛しているならちゃんと尊敬することだ。」

そんなちっぽけな自分に勇気を出して告白してくれた。

ただその事実を尊敬してあげる。

つき合うきっかけを作ってくれた相手に感謝する。









誰かを愛するということは、他人には見えない奇跡を
ただ一人見ることである。

               byモーリアック









ただ一人それを見ることができるのは自分。

「相手の勇気」それすらが財産で、すでに奇跡です。

そんな当たり前に感謝です。

相手を敬うことで人は磨かれる。



【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 318 (2)

「正論<大切なこと」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 317



千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

正論は確かに正論です。

正論は世の中の指針だし、必要なもの。模範解答。 

正解はなくてはならないもの。

しかし、100%正しくないのが「正論」でもあるのです。

正論が正しくない時とは、どんな時か?

それは「大切さ」が必要な時です。

人間には感情があります。

どんなに正論を振りかざしても、感情を前に
正論は無意味。

話を聞く心がなければ、会話すら成り立たない。

正論と言えど、言い方一つで曲論と化します。












正論とか常識とかってふりまわすけど、
それが間違っていたらどうする?

                 by永六輔









確かに・・・

正論は今、この時代の常識。

ところ変われば、常識も非常識。

正論も曲論。

正論を振りかざす正義ほど質の悪いものはない

大切なことを優先させることで人は磨かれる。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 317 (2)

「傍を楽しませる」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 316


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】
 
人に尽くすということは、見返りを求めるものではない。

「感謝」が一方通行であるように、
「尽くす」も一方通行。

「感謝」に対する感謝を求めているようでは、
本当に感謝したことにならない。

「尽くした」ことに対する見返りを求めているようでは、
本当に尽くしたことにはならない。

「あんなに尽くしたのに捨てられた!」と常套句。

けれど、それは最初から見返りを求めた自分に原因がある。

千田琢哉曰く、
「尽くしたのに捨てられたというのは
 明らかに見返りを期待している。
 まるでビジネスのようにキブ&テイクを押しつけられているようで
 窮屈極まりない。」

見返りを期待した自分が、相手を逃がしたことに気づかないといけない。

結局、自分のことばかり考えてたことの、因果応報です。











「私は何のために生まれてきたんでしょうか?」と問う若者がいます。
「人間は他人に尽くすために生まれたきたのです。」と私は答えます。
人の役に立ち、人のために尽くすこと、
それが私達の生きる意味です。

                 by瀬戸内寂聴










人は人に尽くすために生まれてきた。

人間は働かなければ生きていけない。

働くの語原は、「傍を楽にする」という意。

「楽にする」というより、人を楽しませる為に、僕らは存在する。

人に尽くすことで、人は磨かれる。



【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 316 (2)

「楽しませ合い」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 315



千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

人に尽くすということは、見返りを求めるものではない。

「感謝」が一方通行であるように、
「尽くす」も一方通行。

「感謝」に対する感謝を求めているようでは、
本当に感謝したことにならない。

「尽くした」ことに対する見返りを求めているようでは、
本当に尽くしたことにはならない。

「あんなに尽くしたのに捨てられた!」と常套句。

けれど、それは最初から見返りを求めた自分に原因がある。

千田琢哉曰く、
「尽くしたのに捨てられたというのは
 明らかに見返りを期待している。
 まるでビジネスのようにキブ&テイクを押しつけられているようで
 窮屈極まりない。」

見返りを期待した自分が、相手を逃がしたことに気づかないといけない。

結局、自分のことばかり考えてたことの、因果応報です。










「私は何のために生まれてきたんでしょうか?」と問う若者がいます。
「人間は他人に尽くすために生まれたきたのです。」と私は答えます。
人の役に立ち、人のために尽くすこと、
それが私達の生きる意味です。

                 by瀬戸内寂聴









人は人に尽くすために生まれてきた。

人間は働かなければ生きていけない。

働くの語原は、「傍を楽にする」という意。

「楽にする」というより、人を楽しませる為に、僕らは存在する。

人に尽くすことで、人は磨かれる。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 315 (2)

「聴」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 314



千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「話し上手は聞き上手」といいます。

話がうまいと呼ばれる人は、概して聴き方がうまい。

逆に、話しが下手と呼ばれる人は、概して
自分ばかりが、喋っている。

一見、よく喋る人の方が、饒舌で「話し上手」と思われるが
会話としては、成り立たない。

落語家ではないのだから。

千田琢哉曰く、
「ねえ、ちょっと聞いてと突然割り込む人は
 普段から他人の話を遮ってしまい
 最後まで聞くことができないひとだ。」

誰だって順番待ちにレジに割り込まれたら憤慨する。

会話も順番待ち。










口下手な人は単に、人に話しかけるのが下手なのではありません。
自分に語りかけるのが下手なのです。

               byJ・マーフィー













人の話を聞くということは、自分と向き合うことと似ています。

会話は、自分を相手に投影して話すので、
言い換えれば自分と会話しているということです。

人の話を聴くことで人は磨かれる。




【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 314 (2)

「天為と人為」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 313



千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

結婚はするのもであって、恋愛はしてしまうもの。

「結婚がしたい」と「恋愛がしたい」というのは
似ているようで、似ていない。

「結婚がしたい」というのは、
頭であれこれ考えて計画的にするのもであって、

「恋愛がしたい」というのは、
頭で何も考えることなくしてしまうもの。

前者が「理性」で、後者は「本能」。

結婚は理性でするのもの。
恋愛は本能でするもの。

似ているようで、全く逆なんですね。











真の幸福な結婚においては、
恋愛が友情と混和していなければならない。

                  byモーロア







恋愛によって結婚はするものの。
恋愛の延長では、結婚は続きません。

本能的なものを、理性でカバーするには限界があるからです。

その先からが大事なのです。

人は恋愛と結婚によって磨かれる。







【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 313 (2)

「1番とそれ以外」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 312



千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

Aにしようか、Bにしようか。

けれど「迷う」ということはAもBも本命ではないのです。

本命だったら選択肢にはならない。

迷いが生じた瞬間にどちらを選んでも大差はない。

結果も同じです。

学校のテスト問題のように迷っていては、
いつまでたっても本命は手に入れられません。

千田琢哉曰く、
「1番と2番の差は、2番と100番の差より遙かに大きい。
 否、1番と2番の差は2番と1億番の差より大きいのだ。」

オリンピックの金メダリストと銀メダリストの実力は微差ですが、
「好き嫌いオリンピック」の金メダルと、銀メダルでは
遙かに価値が違うと言うことです。

1番目と後はその他大勢。

1番が1番いいのだから。













迷ったら剣は出ない。

          by漫画「バカボンド」










選ぶには二つ以上の対象が存在します。

比較するというのは、計算するということ。
計算するというのは、無難な結果になるということ。

安全圏を求めるのが、必ずしも自分の本命とは限りません。

本命一筋で人は磨かれる。






【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 312 (2)

「一秒の命」

  千田琢哉曰く、



千田琢哉名言 311


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「Time is money.」に代わって
「Time is life.」という言葉が世に定着してきました。

時間はお金。
時間にルーズな人は命に対してもルーズ。

その代表格が「遅刻」

「1、2分くらい、いいでしょ・・・」

その「いいでしょ」が命を軽視している。

1分、2分もその人の命に変わりない。

長いスパンでの「殺人」に変わりありません。

時代変われば、ところ変われば、「犯罪」になるかもしれません。

千田琢哉曰く、
「本気であなたの命を大切に思っているのなら
 遅刻など言語道断でいつも約束の時間前には到着している。」

命と命のやりとりに遅刻などありえない。

人間関係は、お互いの命のお裾分け合いなのだから。












一時間の浪費を何とも思わない人は、
人生の価値をまだ発見していない。

              byダーウィン












1時間が貴重になれば、10分も貴重に。

10分が貴重になれば、1分も貴重に。

1分が貴重になれば、1秒も貴重になります。

1秒を大切にすることで人は磨かれる。





【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 311 (2)

「bonbonn」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 310



千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】


生きる力と書いて「生命力」。

「生命力」とは現在の資産の状況ではなく、
これから稼ぎ続けられることだと言います。

今現在、資源を築いていても、それは生命力とは言いません。

ゼロから財を成すことが男にとっての生命力なのです。

千田琢哉曰く、
「男社会の最高ランクは、何と言っても稼ぎ続けることである。」

何をさしおいても、「稼げる人」は尊い。

ボンボンでも稼ぎ続けることができなければ、
生命力は弱いと言える。













私達は、お金を稼ぐために頭脳を持ち
金を使うために心情を持っている。
 
               byジョージ・ファーカー











頭は生きているうちに使わなければなりません。

脳味噌に汗をかくくらい使わなければ何も生み出せない。

稼ぐことで人は磨かれる。





【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 310 (2)

「悲しき現実か」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 309


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

「夢の卵」「現実の卵」

人は選択できる。

「夢の卵」を選ぶのか?

「現実の卵」で我慢するのか?

「夢の卵が孵化する可能性は限りなくゼロに近い」
と千田琢哉曰く。

ならばと、女性なら安定を求めて「現実卵」を選ぶ人は多い。

本能的に危険より無難を選ぶのは無理はないでしょう。

しかし、リスクのない愛はリターンのない愛、
平凡の中には平凡しかありません。

千田琢哉曰く、
「女性には到底理解しがたいかもしれないが、
 たとえ最終的に無理でも夢を追いかけ続けたいのが
 男性の特質である。」

男性の脳は、太古の昔から遠いものを見ることに
特化した目の作りになっているそうです。

原始時代に獣を見つけたり回避するために
遠くを見るということが本能的に強くなったといわれます。

ならば、遠くの夢を追いかけるのは太古からの本能なのかもしれません。








リスクなき構想は必ず失敗する。
成功の可能性は必要だが等しく、失敗の可能性も必要なのだ。
 
                 byピーター・F・ドラッカー









成功して愛が深まるのは言うまでもありません。

しかし、失敗によって愛が深まることもある。
(ほとんどは、深まることはないが…)

リスクの伴う人生の方が本当の愛に巡り逢えそうです。

リスクを伴って人は磨かれる。

【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 309 (2)

「本」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 308


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

恋愛で傷ついた・・・

仕事で凹んだ・・・

そんな時、皆さんならどう傷を癒しますか?

友達と飲み!

やけ食いしたる!

しかし、それは一時的に忘れただけで、
問題解決にはならない。

群れていると解決はしない。

それはなぜか?

Ans.自分と向き合えないから。

恋愛で傷つくのも、仕事で凹むのも、
原因はすべて自分の中にあるということ。

自分の中にあるのに、外に飛び出して群れていては
何も解決しない。

では自分と向き合うためにはどうしたらよいか?

Ans.千田琢哉曰く、
「自分と会話する為にはダントツで読書がいい。」

読書をすることで自分を省みることができる。

自分に気づくことが最大の癒しです。













読書の目的は要するに自分の原点を発見することに尽きる。
 
                   by亀井勝一郎










読書をすると運命の言葉に出逢う。

運面の言葉とはその日、その時、リアルタイムでなければ
感じられない。

普段なら自分の中で通過していた言葉が、
凹んだときにはフィルターに詰まったかのように自分の中に留まる。

自分の答えが出た証拠です。

読書をすることで、人はより磨かれる。


【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 308 (2)

「当事者意識」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 307


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

他人の心の痛みは一生理解できない。

「そんなことはない、同じ人間なんだからわかるよ!」

しかし、どこまでいっても痛みとは常に当事者のもの。

いざ、自分がならなければわからない。

傷ついたことのない人ほど悪人はいない。

病気を患ったことがない人ほど病人はいない。

自分は被災していないのに、偽善者ぶる偽悪者はいない。

結局、自分が傷ついてはじめて、相手の気持ちになれるのです。

千田琢哉曰く、
「傷ついて初めて、他人の心の痛みを理解する姿勢が芽生える。」

何もないところから煙が立たないように、
傷つかなければ臨場感を味わえない。

だからこそ、相手を思いやる気持ち、理解する気持ちが
大事なのです。
















「人」の隣に「夢」と書いて「儚い」。
「人」の隣に「為」と書いて「偽り」。
 
                by山本敏晴













親身になって考える。

この親身とは、自分が以前、うけた痛みでなければ
感じなれない。

だからといって相手の痛みを感じなくていいという話ではなく、
理解しようとする姿勢が大事なのです。

人の痛みを理解することで、人は磨かれる。







【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 307 (2)

「生命活動停止」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 306


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

もう恋なんて・・・」とめげていても、
人は永遠に幸せになれない。

結局、人は、人を好きになり、
人から愛されることでしか幸せを感じられないようにできている。

いつも平穏無事で恋愛ができていたら、
その有り難みがわからない。

だから、時々、神様は人を不幸にする。

不幸になれば幸福になれるから。

「幸福」は「有り難みを感じる」ことなんです。

失恋し、また恋をすることで
次の恋はより磨かれた恋愛となる。

「もう恋なんて・・・」というのは
生命活動を根本から否定することになります。

つまりは「死」です。








花はただ咲く。
ただひたすらに。
 
        by相田みつを










花は何か目的があって咲くのではない。

ひたすら咲きたいから咲くのです。

恋愛も一緒。

ひたすらしたいのが恋愛。

ひたすら生きることで人は磨かれる。
【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 306 (2)

「わー、すごい!を聞くために」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 305


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

よく「男は単純な生き物」と言われます。

確かに間違いではありません。

男の遺伝子は本当に単純で純粋。

惚れた女の為なら、犯罪すら厭わない。

惚れた女に全身全霊の限りを尽くす。

確かに単純だ。

千田琢哉曰く
「その国の未来は、
 その国の女性が男性に何を求めているかで決まる。」

女性が経済力を求めると、男性は経済力を求める。

女性が一緒にいる時間を求めると、男性は一緒にいようとする。

とてもシンプルで自然の摂理にかなっています。












女はすばらしい楽器である。
恋がその弓で、男が演奏者である。

          byスタンダール












すべては女次第であり、
すべてはそれに答えようとする男次第であります。

どこまでいってもこの世には男と女しかおらず、
お互いが足りない部分を補い合いながら生きている。

男は女によって、
女は男によって磨かれる。



【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 305 (2)

「精神年齢80歳」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 304


千田琢哉著
『人は、恋愛でこそ磨かれる』より。



千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。





【ゆうそ曰く】

よく「若さを妬むのは自分が年老いた証拠」と言います。

「俺だって10年若ければ・・・」

そんな実現できない空想を言われたところで、
解決にはほど遠い。

そもそも、時代も、年代も、状況も違う「今」とまったく
比較にならない。

千田琢哉曰く、
「若い頃にきちんと生きた人は、こんな発言を絶対しない。
 若い頃をいい加減に生きた人がこんな発言をしているだけだ。」

そう、過ぎたことを悔いるのは、自分が挑戦しなかった証拠。

もう老人になったのです。









反省は未来につながるけど、
後悔は過去にしばられているだけ。

               byテイルズ・オブ・ディスティニー






時間が戻ることはない。

故に「若い頃に戻れたら」という仮定も存在しない。

人間は、今を生きることしかできない。

今を生きるということは、未来も生きると言うこと。

未来に笑えるように今、動きたい。

未来を見つめることで、人は磨かれる。




【ヒトコトメイゲン】
千田琢哉名言 304 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ