「その程度」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 398



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

世間というと、すごくたくさんいるように思えます。

けれど世間とは、せいぜい身近にいる数十人のこと。

そして、この世間で今の自分は成り立っている。

もし、人生を変えたかったら、この世間を変えるしかない。

「長年のつき合いだから。」

「当時、お世話になったから。」

「ご近所さんだから。」

今の人生で満足しているなら、これでいい。

けれど、うだつが上がらないと思っているなら、
やはり、抜け出すしかない。

千田琢哉曰く、
「ちっぽけな世間に縛られていないか?」

我慢して続けているつき合いは、本当のつき合いではないのです。















世間体などクソ食らえです。
自分が思っているほど、世間は何とも思っていないのです。
 
                     by島田紳助













芸能人ですら、そうなのだから、
僕らの想像以上に、世間は無関心。

「人の噂も七十五日」

どんな大事件ももって、七十五日。

どんなスキャンダルももって、七十五日。

皆、自分のことで精一杯。

むしろ、自分のことしか興味がない。

そんな世間です。








【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 398 (2)

「ちょっとしたこと」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 397




千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「手放す」とは、今までの自分を捨てるということ。

誰だって、今までの自分を否定されるつらさはこの上ない。

今までの自分を捨てろと言われても、そう簡単にはいきません。

けれど今、翔べないのは、何か原因があるとしかいえない。

その原因とは何か?

千田琢哉曰く、
「ダサい価値観を捨てない限り、運命の人とはいつも
 通りすがりの人として終わっていく。」

そう、原因は自分の「ダサい価値観」。

ダサいと言われてカチンと来るかもしれません。

けれど、翔べないのだから、やはりそれはダサいのです。

結果が物語っています。













義を見てせざるは勇なりけり
 
               by論語












本当はわかっている。

うすうすとは、気づいている。

翔べないのは、自分のせいだって。

だから、ちょっとでいいから変えてみる。

そのちょっとの勇気が、大きな変化をもたらします。


【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 397 (2)

「ダサ空間」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 396




千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

辛口神髄名言です。

「辛口神髄名言」とは、辛口だけど神髄を突いているから、
何も言い返せない名言のことを言います。

そのまんまですが・・・

人間自体が、ダサい価値観なら、そこに集まるすべてのものは
ダサくなる。

ダサい価値観から派生するものだから、当たり前と言えば
当たり前。

ダサい発想。ダサいセンス。ダサい発言。ダサい感覚。

言うまでもなく、その周辺はダサダサになる。

千田琢哉曰く、
「人生を一変させると言うことは、
 今、しがみついているダサい価値観を捨てる覚悟を持つことだ。」

人生を一変させるためには、自分を変えるほかない。

今までの、価値観を捨てるほかない。











誰かからもらった価値観で生きているから、退屈を感じる。
誰かからの評価にとらわれているから、苦しみを感じる。

                    by小泉吉宏










そのダサい価値観は、誰かからの影響です。

と言うことは、
考えを少し変えれば、すぐにでも抜け出せるということ。

出逢い一つ一つで価値観が変わる。

人によって変われる。





【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 396 (2)

「本当のこと」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 395



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「宇宙の構造自体が愛でできている」

愛とは、構造。

愛とは仕組みそのもの。

愛とは、動力。

確かに、「愛」というと、人間的なものだと思ってしまいます。

けれど、それは傲慢もいいところ。

宇宙全体が、「愛」でできている。

千田琢哉曰く、
「自然の摂理に則ることはすべて正しいから、物事はうまく運ぶ。
 自然の摂理に反することはすべて間違っているから、物事は滞る。」

男が女を愛する。女が男を愛する。

親が子を愛する。子が親を愛する。

空から降ってくる雨、それを受け止める大地。

川の水が、上から下へと流れる。

下へ流れた水は、また空へと上る。













愛の光なき人生は、無意味である。

            byフリードリヒ・フォン・シラー















愛という動力がないと、意味を成さない。

男は女によって、女は男によってしか意味を成さない。

「愛こそすべて」とは本当のこと。


【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 395 (2)

「重」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 394



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「歳を取る」と言うと、歳相応になっていく。

「歳を重ねる」と言うと、歳不相応になっていく。

「歳を取る」と言うと、人生を能動的に生きてしまったことになる。

「歳を重ねる」と言うと、人生を主体的に生きたことになる。

同じ意味ですが、言葉が少し違うだけで、180°違ってきます。

歳は重ねるものだから、「老いていく」というより、
成長していくもの。

体は、有機化合物だから老いていく。

けれど、心は成長していく。













年を重ねるとヒーローを見つけるのが、より難しくなる。
でも本当は年を重ねたときこそ、必要みたいです。

                byヘミングウェイ












「ヒーロー」とは、自分の憧れ。理想のことです。

子供の頃は純粋に楽しめたが、大人になっていくにつれ、
自分の中のヒーローは冷めていく。

死ぬまでヒーローを持ち続けることが必要です。

【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 394 (2)

「マンネリ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 393




千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

つまり、「恋<愛」ということ。

恋より、愛のほうが大きい。

「恋」はあくまでスタートライン。

お互いを引き寄せ合う「着火剤」のようなものです。

「愛」とはその付いた火が、消えないように
お互いが見つめ合う新たな段階になります。

マンネリ気味になったカップル。

倦怠期の夫婦。

そこからがスタート。

千田琢哉曰く、
「もうお互い知りつくしてしまうと恋が終わるのではない。
 次のステージである愛が始まるのだ。」

そう、冷めきった瞬間から次のステージ。

本能から理性的へ変化する。

猿人から人へと進化を遂げたような感覚。














愛というのは、どんどん自分を磨いていくことなんだよ。

                by尾崎豊










「愛する」ことは、お互いを磨くこと。

終わりだと思った瞬間がはじまり、新たなスタート。

新たな出逢いとも言えます。








【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 393 (2)

「損得感情」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 392



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

仕事においては、計算して論理的に考えることが大事です。

恋愛は逆で、頭で考えるより体で感じる方が大事です。

頭であれこれ考えて計算上好きだというのは、
好きでもなんでもない。

損得勘定上好きなだけ。

損になったら終わり。

損になったら終わりなのは仕事です。

千田琢哉曰く、
「ところがこれが人の好き嫌いになると
 論理的に考えるふりをしてしまう」

いわばこれも本能だから仕方ありません。

自分にメリットのある事を求めるのが人間。

安定を求めるのも人間。

そこに何もないことに気づくのも人間。





















損得勘定に縛られると、人生において大切な何かを失う。
 
                     by上西聰










大切な何かとは、人の感覚。

つまり心です。

論理的、計算的、損得で考えると人は鈍感になります。

人が人を好きになるのはあくまでも自然の摂理なのだから。

【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 392 (2)

「ナウ」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 391



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

人と会おうと思ったら、日を改めて会うのが普通。

けれど、明日1時間会うより、今日1分会うほうが価値があると千田琢哉曰く。

「日を改めた方が、自分も相手も都合がつくのでは。」

「何かと準備ができるでしょう」

これは模範解答。

正解は、明日がある保証なんてどこにもないから、すぐに会いに行く。

むしろ、数時間後、数秒後の保証すらない。

1秒後に、交通事故に遭うかも知れないし、1秒後に地球が爆発するかもしれない。

保証なんてどこにもない。

だから、今、会いに行く。

その行動力が特別な人と会える力です。














勝利はわが迅速果敢な行動にあり。

            byナポレオン・ボナパルト










即行動というのは、気持ちの面でも絶大な効果があります。

「鉄は熱いうちに打て」と言うように、
気持ちも「会いたい」と思った時が最高潮。

一番hotな精神状態で相手過ごす。

これ以上はありません。









【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 391 (2)

「まず」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 389



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

この「極上の愛」というのは、与えたり、与えられたりするものではありません。

「極上の愛」とは、今この瞬間に感謝できることだと千田琢哉曰く。

ありのままの自分に感謝できることが「極上の愛」だと。

愛とは、「give and take」ではなく、
すでにそこにあるもの。

「感謝」が「愛」なのだと。

千田琢哉曰く、
「先にご利益があってから、お賽銭を入れるのではなく
 お賽銭を入れるほうが先なのだ」

そう、先に感謝することで愛される。

愛されてから、感謝したのでは遅い。











感謝の心が、高まれば高まるほど、
それに正比例して幸福感が高まっていく。

                    by松下幸之助











奇跡的な確率でこの世に生まれたことに、まず感謝。

ここまで無事生きてこれたことに、まず感謝。

生活ができることに、まず感謝。

家族がいることに、まず感謝。

今に、まず感謝。


【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 390 (2)

「間力」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 388



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


恋愛において「早さ」は大事なことです。

モタモタ度は「運」の問題ではなく、
その人の実力そのもの。

遅いというのは、明らかな実力不足。

逆に、スピーディな人は、モテる。

千田琢哉曰く、
「恋愛においては、いい人で、モタモタしているよりも
 それほどいい人ではなくても、スピーディな人に負けることが多い。」

モタモタしているうちに、特別な人は奪われてしまう。

指をくわえて待っている間に、
特別なあの人は、誰かの元へ行ってしまう。

「モタモタ度」は「モテモテ度」に反比例します。

スピーディは恋愛でもモテますが、
仕事においても同じことが言えると思います。













巧遅は拙速に如かず。
 
          byことわざ












ヘタでも早いほうがいい。

うまくても遅いのは罪。

モタモタしているうちに、人生のほうが終わってしまう。

特別な人と出逢うこともなく。

【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 389 (2)

「正が負を補い、負が正を補う」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 387



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

やさしいことは、いいことです。

誰だってやさしくされたいし、
やさしい人と一緒にいたい。

けれど、やさしいのにモテないのは
そのやさしさが誰でもない、「自分の為」だから。

そのやさしさが、常に自分にばかりに向いていたら
誰だって、呆れてしまう。

千田琢哉曰く、
「あなたの愛は、見返りを期待するものになっていないだろうか?」

そう、下心が見え見えのやさしさは、嘘のやさしさ。

そこに愛がないから、偽りとなってしまう。

愛とは受け取るものではなく、与えるもの。

愛は、一方通行。












自然にやさしいとは、人間に厳しいこと。

                by石井弘之











言い換えれば、
「他人」にやさしいとは、「自分」に厳しいこと。

他人にやさしくできるのは、自分に厳しいから。

他人にも、自分にもやさしいのはありえない。

どこか、下心がある。

どこか計算されている。

純粋に人の為にするには、必ず身を犠牲にする部分が出てくる。





【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 388 (2)

「ブレない」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 386


千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

幸せになれる人と、幸せになれない人を
分けるものは何でしょう?

・努力したかどうか。

・才能があるかどうか。

・そもそも運があるかどうか。

千田琢哉曰く、それともう一つ。
「隣人の幸せに祝福できたかどうか?」

隣人の幸せを祝福できた人は、
今度は自分が祝福される側になる。

自分から遠い存在に対しては、素直に拍手できるが、
自分から近い存在に対しては、素直に拍手できない。

嫉妬してしまうのです。












人は自分に自信のないとき、嫉妬する。

              byジョセフ・マーフィー











そうかもしれません。

自信というのは、ブレない軸のようなものです。

自信があれば、隣人が幸せになろうと素直に喜べる。

自信があるから、隣人の幸せが自分への栄養にさえ転換されてしまう。

ブレない軸とは、ニュートラルな自分です。







【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 387 (2)

「反応」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 385


千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


「gifted」とは天からの授かり物のこと。

それは、他人の半分しか努力していないのに
他人の倍以上の結果を出してしまったもの。

無意識のうちに、結果を出してしまったものが「gifted」です。

千田琢哉曰く、
「あなたが自分のgiftedを磨いていないと、
 周囲の雑音が気になる。」

「雑音」とあります。

この「雑音」というのは、言い換えれば、
「何をやってもうまくいかない状態」のことを言います。

雑音がストレートに効いてしまう状態です。

雑音は常に飛び交っている。

ただ、没頭するあまり、聞こえていなかっただけ。

















何かに一生懸命打ち込んでいると、それに響くものがある。
それが出会いだと思う。
   
            by小島直記














「gifted」に打ち込んだ結果、運命の人に出逢った。

これが、本当の「出逢うべくして、出逢う」ということ。

何も意気込む必要もないし、計算する必要もない。

自然に出逢う。

【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 386 (2)

「すべて今生の別れ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 384



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

よく、
「第一印象は大事」
「第一印象ですべて決まる」なんて言います。

けれど、千田琢哉曰く、
「第一印象に気合いを入れる半分でいいから
 別れ際に注力しよう。」

千田さんは、第一印象より「別れ際」のほうが
相手に与える印象は大きいと言います。

別れ際で行うことと言えば、「お辞儀」です。

このお辞儀の美しさが、その人の伸びしろになるのだと言います。

確かに「第一印象」は大事です。

けれど、皆、第一印象に気を遣うあまり、
分かれ際を疎かにしてしまいます。












出逢いは神の御業、別れは人の仕業。

                 by作者不詳











だからこそ、別れ際は大事。

必然的に終わりにするのだから、大事にしなくてはならない。

どんな、別れも一生の別れになるかもしれない。







【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 385 (2)

「ドリームキラーキラー」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 383




千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


俗に言う、「ドリームキラー」とはこのこと。

少年のように大志を抱き、羽ばたこうとしているのに
現実に叩き落とそうとしている輩のこと。

「そんなことをしたら大変だ!」

「今の時代、安定しているほうがいい。」

「失敗したら、家族は路頭に迷うよ。」

彼らの質が悪いのは、
「本当に相手のことを想っている」というところ。

無意識のうちに、「成功されては困る」と、
あの手この手で阻止する。

千田琢哉曰く、
「せっかくこれから輝いていくために
 心地良く勘違いしているのに、うだうだ言われては
 気分をぶち壊されてしまう。」

「安定すること」が人生のすべてではない。

「挑戦すること」が人生の醍醐味。













ハングリーであれ。
馬鹿であれ。

         byスティーブ・ジョブス









ハングリーであることは大前提。

バカになるには、本物のバカになってはいけない。

酸いも甘いも知り尽くしたバカにならなければならない。

特別な人は、バカにもなれる天才です。






【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 384 (2)

「心地よい逆風」

  千田琢哉曰く、



コピー千田琢哉名言 - コピー (212) - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー - コピー




千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

大嫌いな人がいます。

この大嫌いな人は、誰にとっても大嫌いとは限りません。

他の人にとったら大好きな人だけど、
自分にとったら大嫌いな人になる。

そう考えると、大嫌いな人は意味あって、あなたのために
大嫌いな人を演じてくれているということ。

演じていると言っても、本人は無意識でやっているので
自覚はありません。

ただ、あなたにとってその人はその役を担っているのです。

千田琢哉曰く、
「大嫌いな人はいつだって、あなたがこれから成長するために
 欠かせないものを、運んできてくれているということだ。」

そう、大嫌いなあの人は、あなたにとって必要な存在。

次のステップで行くための、大事な存在。












逆風は嫌いではなく、ありがたい。
どんなことでも逆風がなければ次のステップに行けないから。
 
               byイチロー













逆風は「向かい風」ではない。

逆風はいつしか、次のステップのための「追い風」となる。

追い風に乗って、特別な人と出逢う。


【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 383 (2)

「人間くささ」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 382




千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

おいしいご飯を食べるためには、おいしいご飯の炊き方を知らなければなりません。

ただ炊くだけなら、誰でもできる。

同じく、この人間社会で成功するには、
人の気持ちをわかっていなければ成功できません。

人が喜んでくれて、初めてその対価を得る。

人が喜ぶために必要なのは何か?

それは「人の喜怒哀楽を知る」ということ。

建前ではなく、心で相手の喜怒哀楽を感じる事ができるかどうか?

千田琢哉曰く
「自分の中にないものは、どんな喜怒哀楽も察知できない」

自分も喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりしないと
相手の気持ちは永遠にわからない。











喜怒哀楽の振れ幅が小さいほど犬猫に近く、
つまり人間から遠のく。

             by高須賀宣








喜怒哀楽を感じやすい人ほど、人の気持ちがわかる。

人間らしさとは、人間臭さ。

人間臭さって人間にとって一番大事なことかもしれません。



【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 382 (2)

「自分=相手」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 381




千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「相手の中に自分を見つける」

人間関係のすべては、
この言葉に集約されると思います。

相手のここが嫌だ。

その相手の嫌な部分は、かつての自分の姿。

だから、イラっとしてしまう。

千田琢哉曰く、
「あなたをイラっとさせた人は、
 最近のあなたの姿そのものなのだ。」

もし、自分が「ここは許せない」と言う部分がなければ、
もちろん、相手にもイラっとしない。

自分が許せないから、相手も許せないのです。

自分が満足していることは、相手に不満を持つことはない。

自分が不満なことは、相手にもその不満を感じる。

相手は、自分であり、自分は相手でもあります。












すべての人間は、他人の中に鏡を持っている。

               byショーペン・ハウアー











その鏡に自分が映る。

人間関係を築くことは、自分を築くことでもあるのです。

特別な人との出会いは、自分が特別になる機会です。





【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 381 (2)

「通行人」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 380



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「にわか雨のようなもの」

これは、どんな意味でしょうか?

出会いは予測できません、突然起こります。

そして、そのチャンスは、
常日頃から準備していた人間にしか、ものにできません。

運良く出逢えたとしても、準備していなければ
「一通行人」で終わってしまう。

「準備」とは「実力」のこと。

自分にとって特別な人は、相手にとっても特別な人でなければ
「出逢い」ではなく「通過」になります。

千田琢哉曰く、
「だから、それは偶然ではなく、必然だった」

そう、実力がなければ、偶然。

実力があれば、必然に変わります。

運命の出逢いは、自分で創るものだったのです。











努力は言うまでもないが、
人は出会いによって作られ、能力は引き出される。
   
           by太田朋子











出会いは作るもの。

出会いによって覚醒する。

どちらにせよ、「一人」では成功と呼べない。

自己満足。

人の出会いによって、より変化できる。




【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 380 (2)

「未来を創」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 379



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


「自分の未来をデザインしているか?」

カッコいい名言です。

「皆さんは、自分の未来をデザインしていますか?」

言ってみたい名言です。

人生は一つの「芸術」と考える。

どんな仕上がりにしようか?

その仕上がりの為に何をしようか?

それは、まさに人生設計そのものです。

千田琢哉曰く、
「成功者になり切って、今からサインの練習をしておく」

こんな自分がサインだなんて・・・

と思った人ほど、興味がある。

と思った人ほど、素質はある。

そんな自分をイメージするだけでも、将来が楽しくなります。













人生は石材である。
これで神を彫ろうが、悪魔を彫ろうが
各人の意のままだ。

               byスペンサー













人生は、いかようにもデザインできる。

そして、僕らはどのようにもデザインできる環境に置かれている。

僕らは、特別な人になるために生まれてきた。









【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 379 (2)

「最高のパートナー」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 378




千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


スタートするためには、まずは現実を直視する事から始まる。

「現実」とは、「今の自分のこと」

今の自分を受け入れることで、行動できるのだと。

「今の自分」とは、何も取り繕っていない自分のこと。

それは、「裸」の自分です。

「心の裸」でもあり、「体の裸」でもあります。

千田琢哉曰く、
「私は自分の体は、天から授かった借り物だと考えている。
 天から授かった自分の体を直視することによって
 これ以上でも、これ以下でもない自分の存在を
 受容することができる。」

よく「心と体は一緒のもの」と言います。

けれど、それは「セットで考えなければならない」という
「考え方」であって、根本は別のものです。

「体は借り物」そして「心があなた」。

あなたの体は、いつもあなたのわがままにつき合ってくれている。

つらいときも一緒。楽しいときも一緒。

最高にして、唯一無二の存在、それが
あなたの「体」です。












どんな意志を貫くにしても、体が資本だ。

             by漫画「保健室の死神」より











体をパートナーと考えると、体を大事にできる。

体を好きになれる。

自分の体を好きになれた人は、どんな時もブレない。

特別な人と出逢うために、自分の体を好きになる。





【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 378 (2)

「虚」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 377


千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「観たくもないテレビをつけっ放しにしている。」

おもしろい表現です。

おもしろいが故、わかりやすくもあります。

観たくもないテレビほど無駄なものはなく、
無意識のうちにただ時間だけが過ぎてゆく。

この限りある人生で無駄にしている時間がないのは、百も承知。

本音は言えず、建前で成り立っている関係ほど
命の無駄遣いはありません。

テレビの前のあなたは、
「時間はただ過ぎ去ってゆくもの」と考える。

ただ、その時の流れに身を委ねているだけ。

そんな誰かのための人生を歩んでいる。

千田琢哉曰く、
「あなたは特別な人と出逢うために生まれてきた」

この時間は、誰の為にあるものではない。

特別な人と、本音を語り、
腹の底から笑うためにあるのです。













君自身の声を、聞こえないふりをしていると
そのうち本当に聞こえなくなってしまう。

                 by漫画「リアル」より











「聞こえないふり」とは、「建前の自分で生きている」ということ。

本当はやりたくない仕事。

本当は一緒にいたくもない人間関係。

偽りの自分がいつしか、本当の自分になってしまう。



【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 377 (2)

「なつかしい」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 376


千田琢哉著
『死ぬまでに悔いのない生き方をする45の言葉(文庫版)』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「他人は自分を映す鏡」と言います。

優しく接すれば、優しくされる。

厳しく接していれば、厳しくされる。

好感を抱けば、好かれる。

嫌悪感を抱けば、嫌われる。

仲間だと思えば、仲間に。

敵視すれば、敵に。

千田琢哉曰く、
「あなたが相手を大切に思う気持ちは、必ず伝わる」

今、目の前の相手と一緒にいるのは、
必要な歯車だから。

次のステップの為の必要な歯車。













対面同席五百生

       byお釈迦様














必要な巡り合わせによって、自分がいて、相手がいる。

ちょっと考えればわかります。

「あの人と出逢ったから、今の自分があるのだと」

今の自分は出逢った人の集大成です。










【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 376 (2)

「フライング」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 375


千田琢哉著
『死ぬまでに悔いのない生き方をする45の言葉(文庫版)』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

もうこれ以上、言うことはないかもしれません。

確かに、「好き」は成功への鍵です。

どんなに条件がよくても、「好き」でなければ続かない。

けれど
「好きなこと」と言うのは、「好きになる」ことではなく、
「好きなこと」は「とうにやってしまっている」もの。

受動的、でなく能動的。

「好きなこと」というは探すものではなく、
気づいたら、フライングしてやってしまったということ。

寝食を忘れ、没頭してしまったことが、あなたの「好きなこと」

過去形なもの。











好きこそ物の上手なれ。
 
         byことわざ










好きだから上達も早い。

正に、正のスパイラル。

嫌いだから、能率もよくないし、上達もない。

正に、負のスパイラル。

自分を偽って「下手の横好き」に成り下がってはいけない。






【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 375 (2)

「今」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 374



千田琢哉著
『死ぬまでに悔いのない生き方をする45の言葉(文庫版)』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


未来というと、ずっと先にあるような気がします。

「いつか、いつか」という、
その「いつか」は永遠に来ることはありません。

「いつか」とは人間にとって最も都合のいい断りにしかならない。

「いつか」という未来も、「あの頃はよかった」という過去も
すべて幻想。

あるのは「今」という現実しかありません。

10年後、20年後といえど、「今」の連続に過ぎない。

千田琢哉曰く、
「今、ここでやっていることが未来そのものだ。」

未来が今なら、今が未来です。













頑張るときは、今!

         byネットより









未来の自分に期待するのではなく、
今の自分が頑張る。

今の自分が未来の姿。

未来はいつもここにある。


【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 374 (2)

「それはあきらかに現実」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 373



千田琢哉著
『「デキるふり」からはじめなさい』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

思い続けたら、それは現実。

勉強して、いい大学を出て、大きな会社に入って
結婚して、子供を産んで、定年退職して
老後はのんびり過ごす。

人生はこうでなければならない。

この道をはずれたら、ダメ人間。

これは、実体のない世間に思い込まされているだけ。

こうしなければ、人は幸せになれないというのは、
そう、思い込まされているだけです。

「人の一生」は思い込まされているもので、
「自分の一生」は思い込んでいるもの。

この人生は誰でもないあなたのもの。

いい大学に出なくても、大きい会社に入らなくても
結婚しなくても、子供がいなくても、
老後はなく、死ぬまで働き続けても、
それは、自分の人生。

どんな生き方をしても、それは人生になる。












自分の好きなところに比べて、
嫌なところは勘違いしていることが多い。
   
                 byエレン・グッドマン











好きなところも、嫌いなところも勘違いでいい。

「ふり」でもいいから、それを一生続ければ
それが現実になる。

現実はどこかにあるのではなく、
自分が作り出しているものだから。

死ぬまで勘違いすることから、はじめなさい。
 




【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 373 (2)

「先でいいんだって」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 372


千田琢哉著
『「デキるふり」からはじめなさい』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

自分の夢を実現できない人は、
「建前」ばかり先に考えて、
「こうありたい」を後に考えてしまいます。

「実力がないから無理だな・・・」

「お金がないから無理だな・・・」

「家族がいるから無理だな・・・」

が先にきてしまいます。

けれど、千田琢哉曰く、
「人生のラストシーンを決めよう」

そう、まず自分の思うラストシーンを思い浮かべる
それから、どうすべきかを考える。

つべこべ言わずに「こうしたい」を先に考える。

方法は後から考える。

ナポレオン・ヒル著「思考は現実化する」の
タイトルの通り、思ったことは実現すると言うことです。











夢見ることができれば
それを実現することができる。

               byウォルト・ディズニー









もしあなたが、したくないことで一日が終わるとするなら、
それは「そこに思いがない」からかもしれません。

何か別のものに気を取られているか、
そう思い込まされているからかもしれません。

「こうしたい」からはじめなさい。



【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 372 (2)

「一回目はあいさつ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 371


千田琢哉著
『「デキるふり」からはじめなさい』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

なんと、千田琢哉曰く、
「告白は一回で終わらない。
 1度目は挨拶、2度目が本番」と。

2度も告白するなんて、無謀だ。

それが一般論です。

しかし、2度目の告白というのは、以外や以外、
成功する可能性が高くなるのです。

それはなぜか?

告白されて嫌な気分になる人は、まずいません。

むしろ、告白されることで、
今まで意識していなかったのに急に気になりだす。

そんな中の「2度目の告白」

確かに成功率は格段に上がりそうです。

2度フラれる恐ろしさは計りしれません。けれど、
本命と永遠に結ばれない「確定」のほうがツラい。












思い切ってやるか、願うだけか、黙っているか。

         byアレクサンドル・カリオストロ












どんなことをしても、終わりは来る。

死の際に後悔しても、先にも後にもたちません。

思い切ってやっても、黙っていても、同じに終わりは来る。

そう思うことからはじめなさい。





【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 371 (2)

「ストレートパンチ」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 370



千田琢哉著
『「デキるふり」からはじめなさい』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

モテる人は、この2パターンに分かれるそうです。

1の「相手に告白されるような存在」というのは
圧倒的な実力や魅力の持ち主。

何もしなくても、お声がかかる状態。

2の「変化球なしのストレート勝負で愛を告白」
ほとんどの人がこちらを選択します。

ああだ、こうだ理由を並べて、脚色するよりも
ストレートに勝負する。

「好きだ」「結婚しよう」

「ストレート」とは一秒以内に言える言葉のこと。

つまり圧縮された言葉です。

千田琢哉曰く、
「まずは、今すぐできることをやったほうが人生は楽しい。」

見逃し三振をするよりも、
大降りで三振するほうがカッコいい。











愛を告白しようとか、
自分の気持ちを言葉で訴えようなんて構える必要はない。
きみの体全体が愛の告白なのだ。
 
                 by岡本太郎










直球勝負は、すぐに答えが出るメリットもある。

人生の旬は短いから何事も、早くに答えが出るほうがいい。

もう一度挑戦することもできるし、軌道修正もできる。

ストレート勝負することから、はじめなさい。




【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 370 (2)

「素直」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 369



千田琢哉著
『「デキるふり」からはじめなさい』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

ズバっと斬りました。

ズバリと斬りました。

・・・今日の千田名言。

男がモテるためには、ズバリ「知恵」

女がモテるためには、ズバリ「容姿」

本質を突きすぎて、反論の余地はありません。

それでも・・・

「人間はそれだけじゃない、
 もっと大事なことがあるじゃないか!」と聞こえてきます。

しかし、これが現実のボーダーラインというもの。

このボーダーラインを越えることから恋愛は始まります。

このボーダーラインを越えた上でどう恋愛するかが、
一番の醍醐味。












男が男らしく振る舞うことから解放されたとたん、
より男らしく魅力的になれる。
女が女らしく振る舞うことから解放されたとたん、
より女らしく魅力的になれる。

                  by神田昌典










つまり、建前の自分を捨て、ひたすら本能に従った瞬間に
男は男らしさ、女は女らしさが解放される。

素直になることからはじめなさい。


【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 369 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ