「お格様」

  【千田琢哉曰く、】


千田琢哉名言 428




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

全くその通りです。

高級ブランドショップの店員が、身なりのダサいお客様に対して
小馬鹿にしていることがあります。

けれどそのお客様は、所変わればそのショップ店員より稼いでいる
成功者かもしれません。

ショップ店員は、雇われの身なのになぜか横柄。

お客様は、お客様で成功であるのになぜか謙虚。

身なりによって判断できることもあれば、
できないこともある。

身なりは一次情報に過ぎない。

だからこそ、心から敬う姿勢が大事です。

千田琢哉曰く、
「お客様というのは、
 自社の社長よりも格上だと気づかされるはずだ。」

そう考えると、やはり世の中は
「与える側が謙虚で、与えられる側が横柄。
「与える側は批判される、与えられる側は批判する」

そうやって、うまくバランスをとっているのです。















修理にこられるお客さんは車だけでなく、どこか心も傷ついています。
車だけでなく、その人の心の傷もなおして差し上げるような思いで
修理をしてさしあげましょう。
     
             by本田宗一郎















接客のベースは、お客様を心から敬うこと。

その上でのサービス。

どこまでいっても、人間関係。

この世のすべては人間関係。






【ヒトコトメイゲン】



千田琢哉名言 428 (2)

「畜」

  【千田琢哉曰く、】



千田琢哉名言 427



千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

相手を自分のレベルまで落とすのは、
白旗を振っているのを証明しているようなもの。

そうではなくて、自分が相手のレベルまで上がっていくのだと、
千田さんは言います。

批判なら誰でもできる。

子供でもできる。

手軽で簡単だからこそ、ついやってしまうのかもしれない。

手軽だから、人口密度も高くて、すぐに群れることができるのかも
しれない。

千田琢哉曰く、
「こき下ろすのは楽しいかもしれないが、
 上がっていくのはその1億倍楽しい。」

そう、自分が相手のレベルまで行くほうが、断然楽しいのです。














道徳とは個人における畜群本能である。

                 byニーチェ















それを良しとする、道徳はその群の中でしか活きない。

逆に言えば、群の中でしか生きられないのです。

群れて、ヒソヒソ話をすることで、自分を慰めているのです。

飼い慣らされて、疑問すら持たなくなったら
やはり、「畜群」です。






【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 427 (2)

「批判は証」

  【千田琢哉曰く、】


千田琢哉名言 426




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「批判は自己紹介」

人は批判をするとき、自分にないものを批判する。

自分が欲しくてしかたないものを、批判する。

まさに「嫉妬」です。

美人を批判するのは、自分が「美」がないから。

お金持ちを批判するのは、自分に「お金」がないから。

目立っている人を批判するのは、自分が地味だから。

千田琢哉曰く、
「自分には欠けているものを、寝ても覚めても
 成功者へ向けて叫び続ける」

そうやって、精神的バランスを取るのです。

そうやってしか、精神的バランスを取れないのです。

批判するということは、そういうことです。
















人から批判されることを恐れてはならない。
それは成長の肥やしとなる。
 
               byトーマス・エジソン














逆に言えば、批判されてきたら自分が頭角を現した証拠。

批判される何か持ち始めた証拠。

批判される人は、持っている人です。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 426 (2)

「伝わっている」

  【千田琢哉曰く、】


千田琢哉名言 425




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。


【ゆうそ曰く】

・挨拶は人間関係のベースとなるもの。
・挨拶からすべて始まる。
・挨拶によって心が開ける。
・挨拶とは言わば、相手との波長を合わせる一番容易な方法。
・挨拶とは人間関係の潤滑油のようなものだ。
・挨拶は社会性をもった人間だからこそ必要なもの。
・挨拶をすると、親近感がわく。
・挨拶をすると気持ちがいい。
・挨拶をすると、好印象を与えられる。
・挨拶をすると、勇気が出てくる。

「挨拶」一つで、これだけのメリットがあります。

しかし、現代はインターネットやメール、携帯電話の普及により、
挨拶をする機会がめっきり減っているのが事実です。

すると、挨拶をする状況も自然と減ります。

「挨拶のできない現代人」と呼ばれる有様。

重要性はあるのだけれど、必要性が希薄になっているのです。

千田琢哉曰く、
「挨拶のできない人は以外と多い。
 挨拶ができないどころか、挨拶されても返さない人もいる。」

なぜ返せないのか?

それは、周囲から愛されてこなかったからです。

だから、同じことを他人にやってしまうのです。

挨拶は、愛情だからです。


















挨拶は人間らしく生きるための基本の心である。
親に挨拶の心がないと、それは必ず子供にも表れる。

             by野村克也














挨拶一つで心が開くなら、それほど大きなリターンはありません。

仮に、挨拶をして、返ってこなかったとしても、
大きなリターンはあります。

自分からした「勇気」と、それは必ず「伝わっているという事実」。

【ヒトコトメイゲン】



千田琢哉名言 425 (2)

「考えよ、さらば与えられん」

  【千田琢哉曰く、】


千田琢哉名言 424




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。



【ゆうそ曰く】

「義務」は奴隷。

「権利」は王様。

「義務」はやらされるから奴隷になります。

「権利」はやるから王様になります。

受動的だと、奴隷。

能動的だと、王様。

そう考えると、自分の心持ち次第で、
「奴隷になるか、王様になるか決められる」ということです。

民主主義国家と言えど、貴族と奴隷の名残はぬぐい去れない。

社会が成り立っている以上、どちらかが貴族、
どちらかが奴隷になります。

搾取する側と、搾取される側。

千田琢哉曰く、
「今の時代、奴隷人生か王様人生かの選択は
 あなた自身で決めることができる」

すべては考え方一つです。






















あらゆる人間は、いかなる時代におけるのと同じく、
現在でも奴隷と自由人に分かれる。
自分の一日の三分の二を自己のために持っていない者は奴隷である。
   
                     byニーチェ














奴隷社会とは、表面に見えないだけで
水面下では存在している。

露骨な奴隷制度すらなくなったが、
気がつかないように、操作されている。

だからこそ、「考える」必要がある。




【ヒトコトメイゲン】



千田琢哉名言 424 (2)

「権利なんだ」

  【千田琢哉曰く、】


千田琢哉名言 423




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。



【ゆうそ曰く】

「言葉を置き換える」とは、どういう意味でしょうか?

それは、「義務」だと思っていることを、
「権利」と置き換えてみるのです。

「義務教育」を「権利教育」

「納税の義務」を「納税の権利」

「扶養の義務」を「扶養の権利」

「法的義務」を「法的権利」

「義務」を「権利」にするだけで、前向きに考えられます。

「義務」というと、プレッシャーを感じますが、
「権利」というと、希望が感じられます。

千田琢哉曰く、
「正論がつまらないのは、当たり前のことをいくら叫んでみたところで
 そこに幸せを感じられないからだ」

そう、いくら正論と言えど、つまらないものはつまらない。

つまらない模範解答をいかに面白くするかが、
人生を楽しむコツです。














悦びのない人生は油のないランプである。

              byウォルター・スコット













言葉を置き換えるとは、人生を置き換えるに匹敵する。

言葉を前向きにすれば、人生も前向きになる。

一度きりの人生、楽しまにゃ損損。


【ヒトコトメイゲン】



千田琢哉名言 423 (2)

「平和」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 422




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

某アイドルグループの歌に
「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」
という歌詞がありました。

そう、「ナンバーワン」じゃなくて、「オンリーワン」でいいよ。
という、やさしさに包まれた言葉です。

「オンリーワン」とは唯一無二の存在。

けれど、すでにここで唯一無二の存在だと思うと
その後の伸びしろがありません。

本当の「オンリーワン」とは、その分野で「ナンバーワン」になった人に
与えられる「オンリーワン」なのです。

千田琢哉曰く、
『まずはつべこべ言わず、「ナンバーワン」を目指してみよう。』

自分の得意な分野の土俵で「ナンバーワン」を目指す。

「ナンバーワン」になったと同時に「オンリーワン」になれます。

「ナンバーワン」と「オンリーワン」は対極ではなく
もともと一体なのです。












僕はナンバーワンになりたい人。
この競争の世界に生きている者として「オンリーワン」がいいなんて
言っている甘い奴が大嫌いなんで。

               byイチロー












スポーツの世界に限らず、あらゆる分野は、競争の世界。

否、人間はもともと生まれる前から、熾烈な競争を強いられている。

自分が精子の時代から、その熾烈な争いは始まっている。

オンリーワンでいいなんて、悠長過ぎやしませんか?

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 422 (2)

「人間の営み」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 421




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

カッコいい名言です。

「常識は常識を変えるために存在する」

使ってみたい名言です。

常識とは、何をもって常識というのでしょう?

「みんなが常だと思っていること。」

「世の中がそう思っていること。」

「世間が認めるもの。」

「模範解答。」

Ans.常識とは、それを超えるもの。

千田琢哉曰く、
「常識を超越してより優れた常識を創造する」

人間の常識とは、模範解答の上をいくか、
模範解答を新たに創るかなのです。

常識とは実体もなければ、認識もない。

何に怯え、何にとらわれるのか?














この海では疑うものはむしろ頭の中にある「常識」のほう。

                     byワンピース











この世界も同じかもしれません。

今、常識と考えられていることは、数秒後には
非常識と考えられるかもしれません。

今、目の前の現実も、自分という常識の中で見ている。

常識をはずれることが危険か?

常識を鵜呑みにすることが危険か?



千田琢哉名言 421 (2)

「かわるために」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 420




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

最後の1%とは何か?

それは、「変化できる自分」のことです。

目標を達成する目前の自分ではなく、
踏み出すことのできた自分。

「最後」とは、「最初」という意味を含んでいる。

だから、最初変化できた人は、最後も変化できる。

つまり、常に「変化できる人」のことだと思います。

千田琢哉曰く、
「最初の一歩を踏み出すことが、人生を変えるコツなのだ」

最初の一歩が踏み出せれば、最後の一歩まで踏み出せる。

最初の一歩も、最後の一歩も難易度は同じということです。














一歩を踏み出した人間にはすでに過去は消え、
目の前には洋々たる道が開けてくるのです。

                by宇野千代













はじめの一歩を踏み出すことは、
自分に対して、心を開くこと。

その一歩を開けたことで、自分とも向き合える。

変わるためには、変わるしかないのです。



千田琢哉名言 420 (2)

「変化を楽しむ」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 419




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

力んでいるから、変化できない。

力んでしまうから、いつもの自分嫌がって、
元に戻そうとする。

「作用反作用の法則」が働いて、元に戻そうとする。

だから、変化するためには淡々としていなければならない。

作用反作用の法則が働かないくらい、肩の力を抜く。

そして、徐々に変化していく。

千田琢哉曰く、
「一気に100%を目指すと、いきなり壁にぶち当たって
 再起不能になってしまう。」

一気に100%目指すのが変化だと人は言いますが、
変化とは、0.1%でも変化。

0.000000001%でも、変化です。














雨の日には、雨の中を
風の日には、風の中を
 
        by相田みつを















変われない理由として、もう一つあります。

それは「変化を楽しむ」ことを忘れているからです。

変化が、どこかぎこちないと戻ってしまう。

楽しむことができれば、変化は恐くない。






千田琢哉名言 419 (2)

「革命言」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 418




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

自分を変えたいと思うのは、誰しも自然な欲求です。

けれど、一念発起して100%一気に変えようとすると、
体が急な変化に着いていけずに挫折する。

人間には、体が一定を保とうとする機能が備わっているので、
急な変化には耐えられないようになっている。

では、どうすればよいのか?

千田琢哉曰く、
「1%ずつ、100回変えよう。」

!!?

なるほど!

目から鱗、否、
目から雷魚くらいの衝撃です。

そう、いつも100%変えようとするから挫折してしまうのです。

1%ずつ、100回なら誰でもできる。

時間はかかりますが、こっちの方が確実に変えられる。

徐々に変化していくから体も抵抗しない。

困難な現実も、別の角度から見ればまったく困難ではなくなる。

違う視点、別の角度というのがポイントです。















友人が盲目の際には、私は横顔の方から彼を見る。
 
                   byジョセフ・ジューベル















「友人」とは、「自分自身の考え」を例えているのだと思います。

「盲目」とは「固定観念」のこと。

「固定観念」を別の角度から見れば、また違う世界が見つかる。










【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 418 (2)

「運命忘れて」

  千田琢哉曰く、



千田琢哉名言 415



千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

持って生まれた素質というのは、現実を表します。

「努力をすれば何とかなる」「苦手は克服するもの」といいますが、
それは、持って生まれた素質に反すること。

自分の本質に反するのだから、うまくいくはずもありません。

千田琢哉曰く、
「学校には勉強しにいくのではなく、
 負けることによって自分の才能を発見するために行く。」

つまり、持って生まれた素質を開花するために
学校に行くのです。

苦手なものを平均点にしても、それは遺伝子に反すること。

得意なものを、より伸ばすのが学校の役目です。














教育なんて人からされるものじゃないんだ。
 
               by司馬遼太郎














人からされて、苦手を克服するのでは単なる「奴隷」。

自分の遺伝子がやりたいことをさせてあげるのが、
本当の教育です。

人からされる努力も然りです。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 415 (2)

「極」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 417




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

オモシロ名言です。

童話は子供のためにあるものではなく、
大人のためにあるもの。

一つの教訓を、子供が理解できるくらいまで簡素化されるのだから、
極みの世界です。

シンプルイズベストの世界です。

現実に、童話はベストセラー。

ロングセラーです。

なぜ、ロングセラー、ベストセラーなのか?

千田琢哉曰く、
「それは人間社会の本質を捉えているからだ。」

童話は言わば、人類のバイブルです。














ただの童話でも、
ある人はそこに自分の人生を変える宝物を見つけるんだよ。

                  by「奇跡を呼ぶ天使の贈り物」より











童話は気づきを得やすい本。

わかりやすいから気づきやすい。

「わかりやすい」というのは、すでにそこにあるだけで
ブランドです。

     









【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 417 (2)

「君をのせて」

  千田琢哉曰く、



千田琢哉名言 416



千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「伝える」と「伝わる」
一見、同じように見えますが、価値は180°違います。

「伝える」というのは、あくまでも発信したに過ぎない。

「伝わる」というの、発信したものが、
受信されたことをいいます。

発信しても、受信しなければ、意味がない。

言葉は伝わってはじめて、命が宿ります。

「言った、言わない論」では、明らかに言った側の責任で
論ずる以前の話です。

千田琢哉曰く、
「愛していると単に口に出して言うことと、
 愛していることが相手にちゃんと伝わることはまったく違う。」

どんなに純粋な気持ちがあろうとも、
思っているだけでは意味がない。

伝えただけでも意味がない。

伝わってからがスタートです。











深いコミュニケーションとは
相手と話していると、話ながら自分について
気づいていくプロセスだ。

            by神田昌典













伝わってないのは、自分に向き合おうとしていない証拠。

伝えようとする準備ができていないから、伝わらない。

原因は自分にあったのです。
【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 416 (2)

「本という字の中に人が隠れている」

  千田琢哉曰く、



千田琢哉名言 414



千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「一人でも一冊でも・・・」とあります。

「一人」とは人のことです。

「一冊」とは本のことです。

運命の人との出逢いは、どんなにどん底にいても、
希望の灯りになります。

「あの人のおかげで乗り切れた」

これは、普通にありそうです。

けれど、運命の一冊との出逢いも、運命の人と同じくらい
希望の灯りになります。

むしろ、自分から機会を持てば、人と出逢うより容易に
運命の本に出逢えると思います。

「あの本のおかげで乗り切れた」というように。

千田琢哉曰く、
「希望の淵に立たされている人がいたら、何でもいい
 手近にある本を開いて読んでみてほしい。」

特に書店に赴くと、自分の悩みがピンポイントで
目に飛び込んできます。

本のタイトルの方から、こちらへ来る感じです。

悩みがあったら、友達に相談ではなく、
書店に駆け込むのです。












読書は、一人のようで一人ではない。
本を書いている人との二人の時間である。

              by斎藤孝














本との出逢いは、すべてを変える。

むしろ、人間は本によって変えられ、本によって安定する。

一冊の出逢いは、無限の出逢いに繋がります。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 414 (2)

「天地」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 413




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

あの世に行ったら「天国と地獄」があるではなく、
今この生きている世界に「天国と地獄」がある。

「死んだら楽になれる」

「地獄に行きたくない」

一体、何が根拠で言っているのわかりません。

死んだらどうなるか?はあくまでも、
「想像」であって、誰かが経験したものではありません。

何に対して畏れ、何を求めているのか?

気づきたいのは、今生きているこの世がすでに「天国と地獄」

正確には、天国にすることも、地獄にすることも
自分次第だということです。

千田琢哉曰く、
「大切なことは、
 生きているうちに何かをしてあげるということなのだ。」

「死ぬしかない」という選択肢は、本当は選択肢にならないのです。

選択肢でも最終手段でもありません。













人生で出会う出来事は、すべて何かを教えてくれている。
生きている限り、学ぶべきことがある。

                      by井深大

        





     


人間の致死率は100%。

どのみち、人は死ぬ。

だったら、その時まで生きようというだけの話です。





【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 413 (2)

「見かけ兄弟中別人」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 412





千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

確かにこれは、外見は同じに見えて
中身は全くの別人です。

「努力を感じない」というのは
本人が努力だと思っていないということ。

本人はあくまで楽しんでやっていることが、
周りから見たら、「あの人、努力しているね」と思われているだけ。

「努力しない」というのは、本音を言えばやりたくない。

けれど、やらなければならないという理由があり、
渋々、義務的にやっているだけ。

せっかく生まれたこの世に、後者では勿体ない。

千田琢哉曰く、
「没頭する仕事があれば無敵だ」

ついやってしまったことが、その人の天職。

努力と感じず、つい結果を出してしまったことが
その人の天職。













人生の成功とは、自分の天職を知って
之を実行することである。

             by内村鑑三










まずは自分の天職を知らなければならない。

つまりは、己を知るということ。

己を知ると言うことは、一番難しく、一番興味がある。

深くもあって、浅いもの。

人生の意味を知るような感覚になります。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 412 (2)

「つよくてよわい」

  千田琢哉曰く、



千田琢哉名言 411



千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「弱み」とは本当に「弱み」でしかないのか?

「弱み」を「弱み」としか思えない心が、そもそもの「弱み」ではないのか?

少し角度を変えるだけで、実は「弱み」は「強み」だったりする。

その逆も然り。

「強み」の上で胡坐を掻いたら、それは最大の「弱み」に変化する。

千田琢哉曰く、
「声が出ない相手が必死で伝えようと思うから、
 相手は一生懸命に耳を傾けてくれる」

人魚姫の声が出ないのは、「弱み」と思いきや「強み」だったのです。

人魚姫に、ほんの少しの勇気があればハッピーエンドだったのかもしれない。









危険や弱みが機会の存在を教える。
それらを機会に転嫁するとき、異常な成果が得られる。

                 byP・F・ドラッガー










「弱み」は機会の存在を教えてくれる。

「強み」は強いから機会の存在に気づかせてもらえない。

全部が全部悪いことなんてないし、完璧は存在しない。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 411 (2)

「無情」

  千田琢哉曰く、



千田琢哉名言 410



千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「履水盆(ふくすいぼん)に返らず」とは
一度やってしまったことは、元には戻らないということ。

本音を伝えるのが怖くて、覆水盆に返らなくなった人は多い。

「好きだ」という一言がいえなくて人生を終える。

「ごめんさない」という一言がいえなくて人生を終える。

「ありがとう」という一言がいえなくて人生を終える。

遠回しな言い方で、煙に巻いていても、
人生の最後に後悔するだけ。

千田琢哉曰く、
「自分の言動を遠回しな表現に変えた瞬間、
 成功率は絶望的に下がる」

遠回しにするということは自分に嘘をつくということ。

好きなものは好き。

嫌なものは嫌。

それ以上でも、それ以下でもありません。

















無常な風は時を選ばず。

         byことわざ














「好きだ」という前に、人生が終わってしまう。

「ごめん」という前に、人生が終わってしまう。

「ありがとう」という前に、人生が終わってしまう。

数十年後、数年後、数月後、数日後、数時間後、数分後、数秒後に
生きている保証はどこにもない。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 410 (2)

「じらし」

  千田琢哉曰く、

千田琢哉名言 409





千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

童話「シンデレラ」

せっかく出逢えた王子様。

けれど、零時の鐘の前に帰らなければならない。

結果的に王子様は、シンデレラがもっと気になってしまった。

この時間厳守が逆に恋を燃え上がらせた。

千田琢哉曰く、
「もしあの時、シンデレラが朝までだらだらと王子様と一緒に
 過ごしていたら、王子様にとってその他大勢の愛人の一人で
 終わっていたに違いない。」

確かにそうです。

人と違う魅力に人は魅了される。

限定というところに人は魅了される。

「期間限定」

「数量限定」

「お得意様限定」

「限定、限定、限定」












世間で言うような魅力だけを魅力あるものと考えるから
あなたからあなたの魅力が失われていくのです。

                 by斉藤一人













みんながみんな同じことをすると、価値が下がる。

希少価値というくらいだから、
少ないものは価値があると考えられる。

無難な考えは、無難な結果に。

群れている限り、価値がないということです。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 409 (2)

「ただそこに咲いている花」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 408




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

自立心のある子供に育てたかったら、
男は突き放しながら育て、
女はギュッと抱きしめながら育てる。

父親にしても、母親にしても、何かしてあげればいいものではなく
「存在感」が重要だといいます。

いくら父親が毎日家にいたとしても、
母親がいつもバカにしていたら、いないほうがまし。

いるか、いないかが重要ではなく、
存在感があるか否かが重要なのだと。

父親と母親の存在感がという安定があって、
子供は変化できる、つまり自立できるのです。

千田琢哉曰く、
「たとえこの世にいなくても、母親が父親を
 父親が母親を敬い愛していることが、子供に伝われば
 それでいい」

敬っているその姿で、子供は安心できるのです。
















愛とは与えるものでもなくて、もらうものでもないの
愛とはただそこにあるものなんです。

               by斉藤一人












ただそこにあるものだから、余計に伝えなければならない。

そこに、存在しているという安心感を気づかせなくてはいけない。

当たり前のようにあるものほど、価値があります。



【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 408 (2)

「優しさだけでは愛ではない」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 407




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

よく「降って沸いたようなお金は、人をダメにする」
なんて言います。

これは、僻みや嫉妬から来るものではありません。

現に、莫大な遺産を築いた人が亡くなり、
遺族による、遺産の争いはどこにでもある話。

身内とはいえ、最後には泥仕合となる。

千田琢哉曰く、
「最高の教育というのは、知恵や生き様を残していくことだ」

そう、お金を与えるより、知恵や技術という「術」を残していく。

お金は無くなってしまうが、知恵や技術は無くなることはない。













知識は幸せをもたらす、強力な武器。

           by漫画「ドラゴン桜」より。














やさしいだけでは、愛ではない。

自己満足。

その人が一人でも生きていけるようにするのが「愛」です。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 407 (2)

「折れた側が勝ち」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 406




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

戦争に負けた国はともかく、
戦争に勝った国ですら、ダメージは大きい。

戦争というのは、まさに負の遺産しか生まない。

復讐の概念しか生まない。

負のスパイラルだから、勝っていても、全然勝っていない。

負けていても、全然負けていない。

勝ち負けは関係ない、終わりがないから。

千田琢哉曰く、
「やられたらやり返す、目には目をいう考え方では
 どちらも幸せになれない」

憎しみには、憎しみが生まれ。

恨みには、恨みが生まれる。

永遠に、終わることのないスパイラルに陥る。














恨みに報いる徳を以てす。
 
            by老子











国同士の戦争にしても、個人の痴話喧嘩にしても、
恨みのスパイラルから抜け出すには、
どちらかが、どこかで断ち切らなければならない。

恨みとは逆の、「感謝」の心をもつ。

恨みと感謝を併せ持つことで、勝者になれる。


【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 406 (2)

「正義とは」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 405




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

「復讐のスパイラル」

どんなにこちらが正当な理由で「復讐」しようとも、
された側は、必ず恨みをもつ。

復讐された側は報復する・・・
と、まさに「復讐のスパイラル」。

どちらかが、滅亡するまで終わらないスパイラル。

千田琢哉曰く、
「逆恨みだろうが、逆恨みじゃなかろうが、
 復讐に対しては、復讐が返ってくる。」

童話「さるかに合戦」

最後は、蟹たちの復讐により
いじわるな猿は殺されてハッピーエンド。

けれど、正当な理由があろうと、
殺された猿の身内は恨みをもつ。

復讐の先にはハッピーエンドはありえない。

復讐の先は、復讐しかない。















自らを正しいとする者は、是非を明らかにできない。

                  by老子












自分が絶対の正義ではない。

法律が絶対の正義ではない。

人間が絶対の正義ではない。

正義とは立ち位置によって変わるからです。

こちらから見れば正義。

けれど、反対側から見れば、それもまた正義なのです。

絶対的な正義は存在しないのかもしれません。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 405 (2)

「実力の上でのchance」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 404




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

童話「浦島太郎」

亀を助けた浦島太郎は、亀から恩返しを受ける、けれど最後は
玉手箱を開け、おじいちゃんになってしまうバットエンド。

浦島太郎がハッピーエンドで終わる方法があったと
千田琢哉曰く、
「竜宮城にずっといればよかったのだ」

そう、浦島太郎は
「僕は、ここにいるような人間ではない」
「こんな生活をしてはいけない」と
今の自分より、過去の自分を取ってしまった。

過去にこだわったため、寿命を取られてしまった。

これは童話の世界の話ではなく、現実にあります。

せっかくチャンスを掴んでも、過去にしがみついていては成功はない
という教え。

仕事も過去の栄光にこだわっていると、足下をすくわれる。

与えられたチャンスを活かせることができるかが問題。












チャンスに出会わない人間は一人もいない。
それをチャンスにできなかっただけである。

            byアンドリュー・カーネギー











「それをチャンスにできなかった」

「ものにできなかった」ではなく「チャンスにできなかった」
と言っています。

つまり、チャンスですらない。

そのチャンスを、実力がないために、
チャンスにすらできないということ。

実力があれば、チャンスになっていた。

ものにできるかは、それからの話。

【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 404 (2)

「必要な反対」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 403




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

童話「わらしべ長者」

一本の藁から始まり、最後には大きな屋敷が
手に入るという物語。

この話には千田琢哉曰く、2つの教えがあるそうです。

1つは、
「人に教えを乞うときの姿勢を教えてくれている。」

2つ目は、
「その教えをあっさり、手放す」

よくよく見ると、
この2つ教えは、完全に矛盾しています。

人の教えは聞くけれど、手放すときはあっさり。

1の教えを言いかえると、
「人から教わったことはとりあえずやってみる」ということ。

2の教えを言いかえると、
「好機だと思ったら、あっさり手放す」ということ。

まっすぐな気持ちと、臨機応変さを兼ね備えることが
成功への道。

相反するものの融合に、イノベーションがあります。












今を維持しようとする力と、変えようとする力。
その矛盾するふたつの性質を共有しているのが、生き物よ。

                      by赤木リツコ











「矛盾するふたつを共有する」

男と女、自分と他人、親と子、先生と生徒、
強者と弱者、光と陰、過去と未来、心と体。

矛盾するが、お互いを必要としている。

否、お互いなくてはならない存在。

ふたつでひとつ。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 403 (2)

「人生の目標が見えているか」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 402




千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

なるほど!

そういうことだったのですね。

童話「うさぎとかめ」。

周知の通り、うさぎは最後、かめに追い抜かれてしまうという
「傲慢さは身を滅ぼす」という教えの物語。

けれど、着眼点を変えると、
「かめはゴールを見ていて」、「うさぎはかめを見ていた」ということ。

最初から、見ている場所が違ったのです。

かめは自分を見ていたから勝った。

うさぎは相手ばかり見ていたから負けた。

まさに、人生のレースそのものです。















競争を甘く見てはいけない。
その傲慢さがめぐり巡って自分を傷つけることになりうるから。 

                     byトム・ステンバーグ














勝っていると傲慢になる。

気持ちに余裕ができるから。

人はどこかで、他人より余裕でいたい欲求がある。

だから、すぐに傲慢になりたがる。

どこまでいっても、余裕などありはしないのに。






【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 402 (2)

「これ」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 401



千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

男女問わず、惚れさせるということに性別は関係ない。

根本は一緒だと千田琢哉曰く、
「一人で挑戦する覚悟のある人間は、
 同姓からも異性からも愛される」

群がって、身を寄せ合っている人間に魅力はない。

独り、孤高に自分を磨いてる人に、人は惹かれます。

童話「ももたろう」の主人公、桃太郎は、
一人でも十分、鬼に勝てる実力は持っていた。

どう考えても、きび団子一つで、
犬や猿が、命を懸けるのはおかしい。

そこには桃太郎に惹かれるものがあったからついていったに違いない。

「この人ならやれる」という根拠のない根拠があったから
ついていったのです。

ももたろうは一人で行く覚悟があったから、
勝手に仲間ができた。











私が孤独であるとき、私は最も孤独ではない。
 
             byキケロ














孤独でいると、結果的に孤独にはならない。

魅了されてしまうから。

その後ろ姿がセクシーだから。

つべこべ言わずに、実力をつける。

これです。




【ヒトコトメイゲン】

千田琢哉名言 401 (2)

「複雑怪奇」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 400



千田琢哉著
『仕事の答えはすべて「童話」が教えてくれる。』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

複雑なものは、未完成。

ということは、シンプルなものは、完成。

確かに、物事の本質は、実にシンプル。

物事は追求していくと、シンプルになっていく。

追求していくと、複雑になるものは偽物。

追求していくと、研ぎ澄まされていくものが本物。

分厚い本が、すべて本質だとは限らない。

数ページの絵本のほうが本質に近いこともある。

それは、研ぎ澄まされているから。

好きな人に告白するときも、
「ああだ、こうだ」と長い説明よりも、
シンプルに「好きだ」と一言の方が、心に響く。

研ぎ澄ましていくことで、動きに無駄がなくなるのです。













シンプルであることは複雑であることより難しい。
 
                   byスティーブ・ジョブス












シンプルになるまで、試行錯誤し、考え抜かねばならないから
難しい。

研ぎ澄ましていくから、そこに価値が生まれる。

Simple is best.






【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 400 (2)

「もう」

  千田琢哉曰く、


千田琢哉名言 399



千田琢哉著
『「特別な人」と出逢うために
―たましいをぶつけ合う相手はいるか?』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】

準備体操で、一日が終わる人がいる。

準備体操で、一年が終わる人がいる。

準備体操で、一生が終わる人がいる。

いったい何のために生まれ、何のために生きたのか?

人生は、準備体操をするためにあるのではない。

ひたすら、本番のための人生です。

取り繕って、我慢に我慢を重ねて、上っ面のつき合いをしに、
この世に生まれたのではない。

本音が言えて、たましいをぶつけ合い、
心の底から笑える人と出逢うために生まれてきた。

そんな、特別な人と出逢うために生まれてきた。

成功した人が特別なのではない。

自分が特別な人生にするのです。

特別な人生には特別な人が集まる。














そのときの出会いが人生を根底から変えることがある。

                  by相田みつを











「そのとき」とは準備体操を終えたとき。

準備体操が終え、本番を向かえたとき。

本番に生きてこそ、本気の人に出逢える。

本気の人と一緒なら、いつ死んでも悔いはない。



【ヒトコトメイゲン】


千田琢哉名言 399 (2)

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ