間違いを認めて
2015年02月10日22時15分16秒0002_R
姿勢こそ、
勝ち続けるための必要条件なのだ。



「間違いは誰にでもある。」

そんな使い古された言葉だけれど、
目新しく感じる。

というより、
間違いは、もともと「なくてはならないもの」

間違いの対処というのは、
「姿勢」の問題です。

間違いに対して、
素直になれなかったり、逃げたり、
そもそも間違いを恐れて行動しなかったりと
間違いに対して、ネガティブに働くことが
大間違いです。

  「働かざる者食うべからず」ならなぬ2015年02月10日22時15分16秒0001_R
者、生きるべからず」ということになる。


「変わらざる者、生きるべからず」とは
どういう意味でしょうか?

それは、「無常」です。

「無常」とは、
この世のすべては、永遠に変わり続ける。
始まりも終わりもない。常は無いということ。

無常に反した生き方では、
人間は生きられないということ。

常に変化に対応できなければ
人間は生きられないということ。

  挑戦者にとって自らやってみることは、
2015年01月24日21時55分43秒0007_R
なのだから。



頭では理解できている人と、
実際やってみて理解できている人では、
「理解の本質」が違います。

「理解の本質」とは、挑戦した勇気が
付加したもの。

やってみたという「勇気」と「実績」が
付加価値となって、本質になる。

良いと思ったことを、即実践できる人が勝者となる。

敗者は、寂しい自己満足で終わる。

  物事の本質を理解するのは、
理屈ではなく、いつも
2015年01月24日21時55分43秒0006_R
なのだ。



どんなに理路整然とした理屈を並べられても、
心に響かない事がある。

腑に落ちる時は、ちょっとした一言でも、
「ストン!」と落ちる。

ドアの鍵がカチャッと開く、あの感覚。

理由がなくてもいい、根拠がなくてもいい、
自分の中のもう一人の自分が納得してくれる。

それが本質を理解できたということ。

  「お金儲けの神様」とは「人間観察の2015年01月24日21時55分43秒0005_R
」と
言い換えてもよさそうだ。




お金儲けするには前提があります。

それは「チャンスの流れを掴めるか」どうかです。

この「チャンスの流れ」とは、
「人間の興味の流れ」のことです。

「人間の興味の流れ」を読める人が
お金儲けできる人となります。

つまり、「お金」と「人間」は
同一人物。

  これが揺るぎない
2015年01月24日21時55分43秒0004_R
なのだ。



打算的に生きていると、
自分ではバレていないと思っていても、
周囲にはバレバレ。

その上、打算が自分にも返ってくるという寸法。

これが「人生の方程式」だと、千田琢哉曰く。

小手先のテクニックや、口先だけの行動は
必ず相手に見抜かれる。

見抜かれた上に、今度は自分がターゲットになる。

  この大変革期に小粒同士が
傷を舐め合って‘悟り2015年01月24日21時55分43秒0003_R
`
している場合ではない。



「小粒同士の悟りごっこ」とは
「年収なんて上がらない」「毎月固定収入があるだけでありがたい」
とのたまっている人のこと。

感謝するのはいいけれど、悟るのは早計。

千田琢哉曰く、
「悟るのは、大粒になって
 世の中に影響を与える存在になってからでも遅くない。」

頂点に登り詰めた人でなければ、
諭されたとしても、心に響かない。

実績を残した人の言葉の言葉は
一発が重い。

                                                                 行動力
稼ぐ力=
2015年01月24日21時55分43秒0002_R



「稼ぐ力」というのは、
「気づく力」に「行動力」を累乗したものです。

今、「気づく力」が「2」とする。

1回行動すると、次の計算式になる。

       1
      2

つまり稼ぐ力は「2」となる。

2回行動すると、次の計算式になる。

       2
      2

つまり稼ぐ力は「4」となる。

仮に、行動力が「100」あったとしても
「気づく力」がなければ、

       100
      1

稼ぐ力は「1」のまま。

仮に、気づく力が「100」あったとしても
行動しなければ、

        0
     100

稼ぐ力は「1」のまま。

  人生は
2015年01月24日21時55分43秒0001_R

カッコいい深呼吸できたもの勝ち。



「呼吸」ではなく、「深呼吸」。

「呼吸」は意識しなくても、自然にできる。

けれど、「深呼吸」は意識しないとできない。

意識して深く吸わないと、深く吐けない。

人生も一緒。

  だが、曲りなりにも一人前として
扱われるようになったら、
2015年01月24日21時54分14秒0009_R
清書してしまうことだ。



いきなり清書することで、
早く実力をつけることができる。

「下書きがまだなのに、
 清書なんて以ての外!」

こうして、世の大半の人々は、
清書することなく、人生を終える。

確かにいきなり清書すると、失敗し
ボロクソに批判される。

けれど、これがいち早く
清書に近づける。

清書するために生まれてきたこの世。

  弱者の
2015年01月24日21時54分14秒0008_R
「世のため、人のため」と唱えるのは、
単なる戯言だ。



「自分はいいから、お前が幸せになりなさい。」
という人がいる。

「この人は、なんて素晴らしい人間だ。」
と思ったりする。

けれど、そこに幸せはありません。

幸せは、「分け与えるもの」ではないからです。

自分が幸せで、やっと人を幸せにできる。

  成功の方法は、
人の数だけ存在するために
万人に共通する2015年01月24日21時54分14秒0007_R
は、この世に存在しないのだ。



十人十色。

人の生き方は千差万別。

成功の方程式は確かに存在するが、
絶対方程式はない。

成功の方程式もまた、十人十色。

成功の方程式は、
自分が成功したときに成り立つ。

  応援者を見つけて、
2015年01月24日21時54分14秒0006_R
お礼を言うことだ。



応援者は2種類存在します。

目に「見える応援者」と、「目に見えない応援者」。

目に見えない応援者とは、
「縁の下の力持ち的存在」の人達。

そんな縁の下の力持ち的存在の人々にも
お礼を言うことで、虜にできる。

見つけられた縁の下の応援者は、
サプライズ級に喜んでくれる。

  だがあなたが手放した瞬間が、
2015年01月24日21時54分14秒0005_R
生まれ変わる
ベストタイミングなのだ。



執着を手放すとしたら、
一体いつがいいのか?

死ぬ間際or今?

ベストタイミングは「手放した時」だと、
今日の名言。

つまり、いつでもいいのです。

あなたが手放したいときが、
ベストタイミング。

  すべてを失った人は、
すべてを獲得する準備が
2015年01月24日21時54分14秒0004_R
ということだ。



すべてを失っても、
終わりではない。

必死にしがみついていたその手を放したら、
そこは…「大地」。

スタートラインに立った。

どこへでも行ける。

無にはならない、「0」になるだけ。

  2015年01月24日21時54分14秒0003_R
なことをしなければ、
最短で成功できる。



何が余計で、何が必要かわからない。

基準は、
ワクワクするか否か。

味をつけ過ぎると、
本来の素材のうまみが消えてしまう。

まったく味をつけないと、
本来の素材のうまみを引き出せない。

シンプルに塩で。

  もしあなたがカメなら、
ウサギには
2015年01月24日21時54分14秒0002_R
勝負に挑めばいい。



偏り。

「アウェーで勝負しなければいけない」という考え方が
そもそもの間違い。

ホームで勝てばいいだけの話。

弱みとされる部分は、誰かにやってもらう。

その代わりに自分の強味を提供する。

持ちつ、持たれつで勝利する。

  冷たい言い方だが、
与えられた地獄からは、
2015年01月24日21時54分14秒0001_R
で這い上がってくるべきだ。



その地獄は、与えられたもの。

自分でつくった原因が、
自分で這い上がって来れるかの
結果となっている。

神様からのプレゼント。

必然的遭遇。

何も経験しない人は、
地獄的です。

  美女とお金は、
知恵と勇気に
2015年01月13日07時03分16秒0015_R
がる。



「美女→お金→知恵→勇気」

知恵は勇気を求め、お金は知恵を求め、
知恵は勇気を求めます。

この先を勝手に考えると、
「勇気→美女」

勇気は美女を求めるのだと思います。

こうやって、一つのサイクルが完成する。

  子供を腑抜けにしたければ
あなたはできる限りたくさんお金を
残せばいい。
子供を幸せにしたければ、
あなたは生き様を
2015年01月13日07時03分16秒0014_R
知恵を残せばいい。



親心としたら、お金を残せば安心だと思う。

けれど、降って沸いたようなお金は身につかない。

貧乏人が宝くじを当てて、
その後、悲惨な運命を辿っているというのは
言わずと知れたこと。

お金は無くなってしまうが、
生き様や、知恵は永遠に無くなることはない。

自分の血や肉になるから、
裸一貫あればいい。

  お金持ちは、ポイントカードを
持たされる側
2015年01月13日07時03分16秒0013_R
、発行する側なのだ。


「水曜日はポイント2倍!!」

「あと○○ポイントでお得なクーポン券・・・」

ポイントカードを持っていると、
いかにも「お得感」があります。

けれど本当は、お得でもなんでもない。

「お得」を餌に店の奴隷になっているのです。

 
2015年01月13日07時03分16秒0012_R
を知る」というのは、
成功を維持するために
とても必要なことだ。



成功して落ちぶれてしまうのは、
「分をわきまえていない」からだと。

人生には、必ず浮き沈みがある。

ピークを生活の基準すると、
後が続かないのです。


成功しただけでは意味がない。

継続して、初めて成功と言う。

 
詐欺の被害者は、
運が悪かっただけではなく、
性格の問題であり、
2015年01月13日07時03分16秒0011_R
だったのだ。



詐欺に遭いやすい人の性格で
共通点がある。

「人当たりがよく、責任感が強い人。」

つまり、「いい人」のこと。

いい人は、断らないし、お金をきちんと払ってくれる。

いい人は詐欺師にとって、優等生なのです。
 

  100倍楽しんで、100倍働けば、
2015年01月13日07時03分16秒0010_R
の生活ができる。



2分の1楽しんで、2倍働くよりも、
100倍楽しんで、100倍働く方が
健康的で現実的です。

つらいのは、楽しめていないのです。

楽しむと2倍。

つらいと2分の1。

少しの勇気と逆現実逃避。

  お金は
2015年01月13日07時03分16秒0009_R
稼ぎ、稼いだお金を
大好きなことに、投資するのが幸せだ。



お金を稼ぐことは、単にお金を得るためだけではない。

大好きなことに投資するために
大好きなことでお金を稼ぐ。

これが一番理に適っていて、
一番贅沢なお金の稼ぎ方。

生きたお金の使い方と
死んだお金の使い方。

お金の稼ぎ方は、人それぞれの好み。

  人は成功することよって初めて
嫌いな人の存在を
2015年01月13日07時03分16秒0008_R
められるのだ。



成功すると、その避けていた嫌いな人の
言うことも聞けるようになるとあります。

ちょうど、神様が人間の願い事を
黙々と聴いてあげているような感じです。

自分が成功したときにわかる。

自分が成功しなければわからない。

するべきことは一つ。

  楽しい仕事があるのではなく、
2015年01月13日07時03分16秒0007_R
仕事をしている人が
いるだけなのだ。



楽しそうに仕事をしている人は、
「仕事が楽しい」人ではなく、
「仕事を楽しんでいる」人なのです。

楽しそうに、仕事を演じていると
実際楽しくなってくる。

ゲーム感覚のように、楽しむと楽しくなってくる。

楽しい仕事があるのではなく、
人が仕事を楽しくする。

楽しいから笑うのではなく、
笑うから楽しいのです。

 
仕事を与えられた瞬間、
相手の予想の
2015年01月13日07時03分16秒0006_R
スピードで仕上げて驚かせるのだ。



量を求めると、質が低下する。

質を求めると、量が低下する。

スピードを求めたら、
「質、量」どちらかを捨てなければならない。

けれど、どんな時も「幸せは逆にある」

逆とは、「質、量」共に求めるのです。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ