2015年08月19日04時32分58秒0009_R
お互いを認め合い、
お互いを助け合う。



「人のせいにする」ということは、
受け身の人生。

自分が人生の主人公なら、
人のせいにしない。

自分が脚本したから。

人のせいにしてしまう人は、
誰かの人生の脇役でしかない。

今、目の前の現実は、
まぎれもなく自分の人生。

  2015年08月19日04時32分58秒0007_R
時代が全力で
応援してくれているのだ。



インターネットの普及に伴って、
手元の端末でいくらでも情報が得られるようになった。

自分の欲しい情報が、一瞬にして
得られる時代。

才能磨きには、好都合な時代。

素人が才能を、世に広めることができる時代。

差が無くなってきた。

  2015年08月19日04時32分58秒0006_R
優先する覚悟でメモするべきだ。


ひらめきとは、頭の中の化学反応。

ふとした時に、頭の中の細胞が繋がる。

繋がる瞬間は一瞬なので、
すぐに記録しておかなければ消えてしまう。

降臨と言っても過言ではない。

自分の頭の中が人生なのだから。

  2015年08月19日04時32分58秒0005_R
本音を言うべきではない。


愛のある本音は、愛でしかない。

愛のない本音は、ただの暴力に過ぎない。

本音トークしたいなら、
まず相手を選ぶところから始まる。

愛のない相手に、本音を言ったところで
なんの生産性もない。

ただの時間キラー。

  2015年08月19日04時32分58秒0004_R
スピードがあるということなのだ。


才能とはスピード。

やる気があるから、取り掛かりも早い。

そして、仕上げるスピードも人一倍。

才能がない人と比べて、何倍のサイクルで
追い越していく。

これが才能。

  2015年08月19日04時32分58秒0003_R
ということは、例外なく
死を意味することだ



僕らは、常に活動している。

寝ていても、ぼーっとしていても
常に新陳代謝を繰り返している。

何もしないということは
できない。

何もしないとしたら、
それは死んでいる。

息を止めたら死んでしまう。

  2015年08月19日04時32分58秒0002_R
努力しよう。


自然な努力とは何か?

何十時間やっていても
苦痛に感じないこと。

「努力しなければ・・・」
と思わないこと。

義務感にかられない努力。

呼吸のように、
気がついたらやってしまったこと。

  2015年08月19日04時32分58秒0001_R
いくら努力しても無駄なのだ。


誰もが一流のプロになれるわけではない。

それは、周りを見ればすぐ理解できる。

一流になるには、努力ではなく
「才能」だと言い切りました。

ここでショックを受けるのではなく、
ここからスタートする。

自分が一流になれる場所を探す。

  2015年08月03日04時38分49秒0018_R
ご臨終。


生きていて、
頭を使っているから
悩める。

悩めるくらいの、生活ができている証拠。

悩んで、解決した時のうれしさ。

モヤモヤのスカッとが
人生。

  2015年08月03日04時38分49秒0017_R
笑える後悔と、笑えない後悔がある。


笑える後悔とは、
好きなことをして、失敗した時の後悔。

笑えない後悔とは、
やりたいのに、やらなかった時の後悔。

傍から見れば、同じ後悔。

本人からすれば、死ぬまで引きずる後悔。

もう、わかった・・・
迷ったら、やってしまえ!

  2015年08月03日04時38分49秒0016_R
動きながら、語ることだ。


こういう言葉が、人を突き動かす。

普通に生きていると、
こういう言葉には出逢えない。

周りには、
ネガティブな言葉が溢れているから。

出逢えないということは、
その人に、この言葉が存在しないということ。

少しの千田本と少しの時間があれば、
前に進める。

  2015年08月03日04時38分49秒0015_R
であり、あなたの好きなことなのだ。


親や学校の先生から言われた。

「そんなことやってないで、もっと勉強しなさい!」
「また、そんなことやってる!」

その「そんなこと」が、本当に自分がやりたいこと。

自分の「やりたいレベル」が、
「やってみたい」ではなく、
「やりたい!」でもなく
「・・・」なら本物。

「・・・」はすでにやっているから。

  2015年08月03日04時38分49秒0014_R
自由から遠ざかっている証拠。


群れとは、安心はできるが
自由がない。

安心の代わりに、自由を提供する。

群れにいて、批判される時というのは、
自由を求めている時。

批判されないということは、
自由ではない時。

自由を求めるのか?

安心を求めるのか?

安心と言っても、そのサークルの中の常識。

  2015年08月03日04時38分49秒0013_R
個性が爆発するのだ。


制約があると、個性が無くなるような
気がする。

学校の制服を、学生服ではなく、
普段着にした方が、個性が出そうな気がする。

けれど、本当の個性とは、
同じ制約の中で生まれる。

その他大勢並の個性では、
目立たないから。

制約があればあるほど
個性は発揮される。

  2015年08月03日04時38分49秒0012_R
と思っていると、その通りになる。


「・・・」のようには、なりたくない。
とイメージしました。

人の脳は、イメージしたことを
現実化させる性質がある。

脳には、善悪の判断ができないため、
悪いことでもイメージしたら、
素直に現実化させる。

「あの人のようには、絶対なりたくない!」
と思っていても、すでにそうなっている。

朱に交われば、赤くなるのは
当然のこと。

  2015年08月03日04時38分49秒0011_R
愛し合っている証拠なのだ。


一見、相手のことを何でも知っていて、
秘密がないほうが、愛し合っているように
思える。

しかし、相手が好きだから
言いたくないこともある。

それを知りたがるのは、
愛を盾にした、自己満足に過ぎない。

白黒はっきりしても、
誰も幸せにはならない。

グレーゾーンが、関係を保っていることもある。


  2015年08月03日04時38分49秒0010_R
彼自身の言葉だった。
人の心を勘ぐっていたのではなく、
自分の心を勘ぐっていたのである。



人は目的の為なら、手段を選ばない。

否、選んでしまう生き物。

相手の心を勘ぐるために、
善人ぶったりする。

どこまで行っても、不安から
逃れられない。

不安は自分の中にあるものだから。

  2015年08月03日04時38分49秒0009_R
「安者」の人脈が構築されていく。


安ければ何でもいい。
と言う人は多い。

けれど安さに価値を求めると、
本来の目的を見失う。

買うはずでは無かったものを
買ってしまう。

行き着くところは
「安物買いの銭・・・」で終わる。

自分自身を買い叩いていることとなる。

  2015年08月03日04時38分49秒0008_R
優越感を抱いてなければ、
友達にはなれない。



優越感があるから、一緒にいられるのが
友達。

その優越感によって、
バランスが取れている。

優越感を持っていないと、
一緒いるのが苦痛になってくる。

すべて打ち負かされた相手と
誰が一緒にいたいか。

対等の中に、すこしの優越感があることで、
自分のアイデンティティーが保たれる。

  2015年08月03日04時38分49秒0007_R
なのに幸せ」で結ぶ。


愚痴はゴミみたいなもの。

捨てなければ、どんどん溜まっていく。

ただ、ゴミ捨て同様、出し方に
ルールがある。

愚痴を言ったら、
「なのに幸せ」とつけることで
前の意味を打ち消すことができる。

愚痴を言って、スッキリして、
それを帳消しできる魔法の言葉。

  2015年08月03日04時38分49秒0006_R
打ち明けたくなるもの。


「ここから、本音トーク」
ほど、本音は出てこない。

情報には、誰かの「心」が入っている。

誰かの意図したことが、含まれている。

誰も自分が不利になることは、言わない。

つまり、「本音トークね。」と言った時点で
本音では無くなっている。

本音とは、溶けだす感じ。

  2015年08月03日04時38分49秒0005_R
自分でも想像しないような、
「自分らしくない」と思うことを
やってみることで、気づかされることも
多いのだ。



自分の知らない自分を知ることは、
他人の知らない他人を知ること以上に
面白い。

「俺ってこんな一面があったのか!?」
が人生を面白くする。

だか、人は恥をかきたくないから
新しい自分と直面するのはこわい。

悩みなんて、精精その程度だ。

死ぬほどの悩みなんて、早々ない。

  2015年08月03日04時38分49秒0004_R
生きているふりして、
死んでいる。



信念とは、心がここにある
ということ。

「人生こんなもん。」的だと
心は誰かの奴隷になっている。

息してはいるけど、
活きていない。

そんな、魂が抜けた亡霊でも
生きられるこの世はすごい。

石器時代なら、即、餌食だ。

  2015年08月03日04時38分49秒0003_R
生の中には、常に
死が含まれているのだ。



生と死を別にして考えている人は多い。

だから、軋轢を生む。

だから、怖くて現実逃避してしまう。

けれど、生と死は2つで1つのものと
考える。

終わりがなければ、始まりはないから。


  2015年08月03日04時38分49秒0002_R
究極のコミュニケーションなのだ。


コミュニケーションとは、何も人を介する必要がない。

悩みの答えは、自分自身が一番よく
わかっている。

ただ、自分が向きたくない方向に正解があるだけ。

自分で、自問して自答する。

これほど、深くて、楽しい会話はない。

  2015年08月03日04時38分49秒0001_R
すでに正解が塗りつぶしてある迷路を
わざわざなぞるようなものだ。



人は答えを知りたがる。

けれど、正解の知っている問題ほど
つまらないものはない。

ゲームの裏技で、全クリしても
つまらない。

クリアしにくいから、面白い。

問題が難しいから、面白い。

  2015年07月22日06時06分09秒0014_R
終わりなき成長である。


ナンバー1がゴールに見えるこの世界。

しかし、ナンバー1は、始まりに過ぎないこの世界。

ナンバー1は、流れの一つに過ぎないから。

だからこそ、目指す必要がある。

終わりがないから、面白い。

  2015年07月22日06時06分09秒0013_R
運や、熱意ではなく、
才能だ。



一番のタブーにこそ、本質がある。

夢は、才能によってしか
叶わない。

突きつけられた現実。

死の宣告ならぬ、生の宣告。

限りある時間だから、
早く気づくしかない。

  2015年07月22日06時06分09秒0012_R
わからない」と悩んでいる人は
多い。



自分は本当は何がしたいのか
わからないことがある。

自分の使命は、天命は、天職は
どこにあるのかわからない。

結局、シンプルな「やりたいこと」
に行き着く。

その「やりたいこと」ができるように
なるには、今何をしたらいいのか?

足元に答えはある。

  2015年07月22日06時06分09秒0011_R
相手を威嚇するような、
姑息な手段は使わない。



丁度、ヘナチョコヤンキーが
ケツ持ちされて粋がっている、あの感じ。

あくまでも、その人の威光で
独りよがりになっているだけ。

わかる人には、わかってしまう。

わかった瞬間、ヘナチョコ決定。

皆、生きるのに必死だ。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ