2016年10月13日22時06分27秒0004_R
ことを知ろう。


一流の下限=二流の上限にはならない。

一流は、一流の世界。
二流は、二流の世界。

五流以下は、五流以下の世界。

種目別のオリンピック競技に似ている。

もはや、生きている世界が違う。

  2016年10月13日22時06分27秒0003_R
とでは時間を把握できるスピードが断然違う。


アナログは、針の角度で瞬時に理解できる。

デジタルは、数字の形がすべて同じなので
瞬時には理解できない。

コンマ何秒の差に過ぎないかもしれないが、
僕らの生きているこの人生は、
「コンマ何秒」からできている。

その差が積もり積もって、
時間を構築している。

微差は、大差。

  2016年10月13日22時06分27秒0002_R
今までの自分なら選ばなかった選択肢を
採用してみることだ。



過去の選択肢の結果が、今。

今を変えたければ
今までを変える。

今までしてきた選択肢を変える。

変化は、今がない状態。

  2016年10月13日22時06分27秒0001_R
ということであり、自分に自信のない証拠だ。


満たされていないと、満たしたくなる。

何もないと、何かを生み出したいのが人間。

自分に自信がないと、何かで埋め合わせしたくなるのが人間。

それは、モノだったり、人だったり。

しかし、モノや人は移ろいやすい。


  2016年08月31日21時03分06秒0017_R
善悪の問題はたいしたことではない。


善悪は人間が創り出したもの。

誰かにとっては善であっても、
誰かにとっては悪である。

善悪は、
善でもないし、悪でもない。

善とする人間がいて、
悪とする人間がいるだけ。

となると善悪は絶対的ではなく、
相対的である。

  2016年08月31日21時03分06秒0016_R
努力をしながらも、
それでも失敗してしまうようなことに
挑戦し続けようとすることだ。



「失敗しないように努力」していても、
失敗してしまうことは、
自分に無い部分。

自分が想定できないことが、
失敗という形になる。

「自分に無い部分は、目には見えないので、
それが視覚化する」
という話。

そこで終わらないのは、
あきらめが悪いのではなく、
潔い。

全力を尽くした失敗に、
本当の自分が潜んでいる。





  2016年08月31日21時03分06秒0015_R
思い込みのことだ。


信念とは、信じて疑わないこと。

自分の思い込みを信じて疑わないこと。

疑うこともない、それが現実だと思っているから。

疑うことはない、それが自分だと思っているから。

信念とは、自分の有りのままの姿。

  2016年08月31日21時03分06秒0014_R
人の事だ。


突破口とは、
誰にも気がつかない出口のこと。

出口はあるけれど、
見えていない。

その出口を見つけられるのが、
リーダー。

人と視点が違うから、
突破口が見える。

むしろ普段から、
突破口しか見えていない。


  2016年08月31日21時03分06秒0013_R
我慢しなくていいことを
淡々と継続しているだけの話なのだ。



我慢して継続するのではなく、
我慢しないで継続できること。

継続=我慢ではないというところ。

「継続する」から入るのではなく、
「継続してしまった」ことから入る。

我慢すると寿命を縮めるので
体は必死で拒絶しようとする。

三日かけて止めさせようとする。

  2016年08月31日21時03分06秒0012_R
だが、時間は予め自然界に備わっていたものであり、
絶対なのだ。



お金が絶対なら、お金だけあれば、
幸せになれるはず・・・
だが、現実は違う。

時間は資源であり、有限であり、お金であり、
人生であり、命である。

つまるところ、
意味づけは人間がしているだけのよう。

時間そのものの概念も人間が創り出した。

自然の流れであり、淡々としている。

無いとも感じるし、あるとも感じる。

  2016年08月31日21時03分06秒0010_R
逃げ回っていたことからは
一生追いかけられる。



問題は、道端に転がっているのではなく、
自らが転んでいる状態。

問題に直面した時、
その問題は自分にとっての問題であって
誰かに取ったら、取るに足らないことかもしれない。

問題と思うのは、誰でもない自分。

だから、場所が変わっても
時間が経ってもそれは起こる。

問題と向き合った時、
それは問題ではなくなる。


  2016年08月31日21時03分06秒0011_R
バカだからこそ、成功できるのだ。


バカとは、少数派の事を指す。

少数でもなく、もはや希少で天然記念物級に
扱われたバカの事を指す。

そのバカは本当はバカではなく、
誰も気づいていない部分に気づいている
天才。

有り得ないものを、有り得るものに変えていく
第一人者が成功者。

優秀と呼ばれるものはない。

  2016年08月31日21時03分06秒0009_R
良いと思ったことは即実行し、
悪いと思ったことはすぐやめることだ。



良いと思ったことは、即実行できないのが
人間。

悪いと思ったことは、即やめられないのが
人間。

「苦労はいつか実を結ぶのではないか。」
「石の上にも三年。」

とかを理由に、現状維持しようとする。

現状維持こそ一番やりたくて、やめられないこと。

人間の本能である現状維持こそ、
一番の大敵なのではないか。



  2016年08月31日21時03分06秒0008_R
挑戦しないことだ。


何もしなければ、失敗しない。

失敗しないけど、楽しくはない。

悔しさと、恥ずかしさを乗り越えて、
成功した時の感動を味わえない。

恥はかくけど、楽しい人生を選ぶか、
失敗はしないけど、つまらない人生を選ぶかは、
自分の好み。

仮に失敗したとしても、恥をかく程度。

命までは早々取られない。

  2016年08月31日21時03分06秒0007_R
にする力。


思い込むことで、本命以外、目に入らない。

思いこむことで、その他大勢に影響されない。

思いこむことで、浮気しない。

思いこむことで、いい勘違いができる。

思いこむことで、強くいられる。

  2016年08月31日21時03分06秒0006_R
とても会えない人に会えることもあるし、
自分の財力ではとても出せないような経費を使って、
大きなことにも挑戦できる。



会社のブランドのおかげで、
自分が成長できる。

会社の為に貢献しておいて、
自分にもちゃんとリターンがある。

ズルい言い方だと、
会社という環境を借りて、自分自身を成長させることができる。

会社は、毒にもなるし薬にもなる。

それは、自分の捉え方次第で。

  2016年08月31日21時03分06秒0005_R
で回っているのではなく、
大衆の好き嫌いや気分で回っているという事実に
気づかされるはずだ。



人は、理論を理解したくない。

感情を理解したい生き物。

社会は理論で成り立たなければならないが、
その社会を創っている人間は感情の塊。

どんなものの根底は、
感情によって成り立っている。

感情で回る理論を理解する。

  2016年08月31日21時03分06秒0004_R
評価の対象になるのだ。


締め切りを守ったところから、スタート。

締め切りを守ったところから、相手にされる。

どんなに優秀な作品でも、相手にされなければ、
無いのと同じ。

どんなに凡作でも、相手にされれば、
一応存在を与えられる。

締め切りを死守するのは、
至って普通なこと。

  2016年08月31日21時03分06秒0003_R
バカが好き。


自分より優秀だと、近寄りがたい。

かと言って、とんでもなくバカだと、
ついていけない。

ちょっとバカだと自分の存在意義が
確かとなる。

何かしてあげたくなってしまう。

だから、ちょっとバカのフリをする。


  2016年08月31日21時03分06秒0002_R
ただそれだけで魅力なのだ。


仕事のスピードが速いのは、
熟練が必要。

けれど、仕事に取り掛かるスピードが速いのは、
誰にだってできる。

モタモタも考える必要もない。

すぐに取り掛かればいい。

成功するか失敗するかは、
結果が出してくれる。

  2016年08月31日21時03分06秒0001_R
よく考える人なのだ。


「考える前に、行動」と言われる。

この人は、行動が先だから
考えていないと思われる。

しかし、行動が先だと結論がすぐ出るので、
また行動し、考え、行動し・・・と
サイクルが早くなる。

結果、考える数が増える。

失敗しても、成功しても、実はどちらでもいい。

目の前の結論に対して、
どう感じ取ったかが重要。

  2016年08月13日22時22分24秒0024_R
の結果として、
ダメになったのだ。



ダメな決断をして、ダメになったのなら、
単純に反対の解答をすればいい。

少なからず今より、ダメではなくなる。

決断とは、自分のセンスであり、
何かの答えではない。

ダメな結果とは、
自分の理想と自分のセンス(感覚)に
食い違いがあったということ。

お手軽に自分のセンスを磨くには、
読書がある。

  2016年08月13日22時22分24秒0023_R
不幸になっていったものだ。


いい人は、いい人ではなく、
いい人のフリをしている。

フリである以上、長くは続かない。

フリは世間であって、自分ではないから。

周りも、いい人のイメージがあるから、
いい人が自分を出そうものなら、
総叩きに遭う。

誰かにとっていい人ではなく、
自分にとっていい人になる。

  2016年08月13日22時22分24秒0022_R
あげまんのおかげ。


男は、女を喜ばせたい本能の塊。

女は、自分を喜ばせたい本能の塊。

女は愛を与えることで、自分を喜ばせる。

男はひたすらに愛に値する男となる。

女はひたすらに愛を与える女になる。

シナジー効果で成功する。

  2016年08月13日22時22分24秒0021_R
ということだ。
モテない人とは、本命にモテないことだ。



1番手から100番手にモテる状態を「モテモテ」
ではなく、1番手にだけモテる状態を「モテモテ」と
呼ぶ。

2番手から100番手に「モテモテ」はない。

1番手だけにモテていれば、「モテモテ」

本命はいつだって一人。

人生は選べることより、選ぶことのほうが尊い。

  2016年08月13日22時22分24秒0020_R
本当に清々しいものだ。


年齢とは、ただの記号に過ぎない。

あなたは、20でわたしは50。

ただの記号を世間の指標に置き換えるのは、
ナンセンス。

20でも濃く生きていれば、50と同様の実力。

50でも薄く生きていれば、20と同様の実力。

皆、同じ世界には生きていない。

  2016年08月13日22時22分24秒0019_R
それ自体が幸せなことなのだ。


平凡は非凡を味わった者にしかわからない。

非凡は平凡を味わった者にしかわからない。

ずっと平凡ならそれは、平凡とも思わない。

ずっと非凡ならそれは、非凡とも思わない。

平凡でも幸せを感じることができる。

非凡でも幸せを感じることができる。

  2016年08月13日22時22分24秒0018_R
あなたの鼓膜から、脳に深く浸透して、
人生を操縦していく存在だ。



言葉の力が、人に及ぼす影響は大きい。

他人に発した言葉は、他人に届く前に、
自分を通過する。

他人に発しているようで、自分に発している。

「どうして、こんなこともできないんだ!」
と上司が部下に説教している。

できないのは、部下ではなく、
上司。

「上司がバカでやってられない・・・」

バカなのは、上司ではなく、
部下。

  2016年08月13日22時22分24秒0017_R
反する行為だからである。


つまらない相手とは、
「その人にとってつまらない人」

誰かにとっては、居心地はいいが、
誰かにとっては、居心地が悪い。

人のウワサではなく、
自分の事実。

自分の事実は自然の摂理に則ている

相手に事実はない。

  2016年08月13日22時22分24秒0016_R
める。


「将来、本を書く」と決めるのは、
夢の印税生活を送るためではない。

「将来、本を書く」と決めると、
今を生き抜く力になる。

起こったことすべてが、本のネタとなる。

嫌なことでも、ネタになる、
嫌なことほど、ネタになる。

どんでもないことも、ネタになる、
とんでもないことほど、ネタになる。

人生をゲーム感覚で、プレイできる。



本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ