FC2ブログ

Q.企画の為に、アンケートを取ります。何か注意点はありますか?

  千田琢哉名言その2264

A.
2017年10月26日19時41分50秒0006_R
注目すべきなのだ。

ゆうそ考察)
企画をする上で、アンケートは非常に参考になるツールです。
アンケートの答えは100%の市場だと考えるからです。

しかし、そこに大きな落とし穴があります。
空白の解答にこそ、市場があるといいます。

千田本曰く、
「自由記入欄に何を書いてもらえるかが勝負」

「特になし=あなたの企画に興味がない」ということです。
いかに自由記入欄に回答をもらえるかが、企画力の見せ所です。

自由こそ、高度の教養が芽生えてくる土壌である。
―フィヒテ


自由であるがゆえに、責任がない。

責任がないから、好き嫌いで決められる。

好きと言わせる自由は、尊い。

Q.画期的な企画を発想したいです。何かコツはありませんか?

  千田琢哉名言その2263

A.
2017年10月26日19時41分50秒0005_R
いつまでたってもいい企画は生まれないのだ。

ゆうそ考察)
売れるものを生み出すには、
「お客様の声」をダイレクトに反映させるのが鉄則とされています。

しかし、これは半分正解で半分不正解です。

ワンランク上の企画力を求めるなら、
「自分自身がお客様の立場になる」ということです。

実際に自社商品を購入し、使用してみる。

購入者目線で感じることが大事だといいます。

千田本曰く、
「お客様の声を鵜呑みにしてはいけない」

対極であるお客様だけの意見ではなく、
商品を取り扱っている側の意見も踏まえた上で、発想するのです。

それでお客様は喜びますか?
―松下幸之助


人は自分の立場を贔屓してしまう生き物。

自分を過小評価でもなく、適正評価でもなく、過大評価してしまう。

その対極にあるものと、融合させる。

Q.企画力とは、具体的に何ですか?

  千田琢哉名言その2262

A.
2017年10月26日19時41分50秒0004_R

ゆうそ考察)
「日々の地道な観察力」とは、
「相手がどうしたら喜ぶか」という相手の感動を先回りして、
サプライズするということです。

それは普段から意識して考えることで、磨かれていくといいます。

千田本曰く、
「この人はこういうことを言ったら喜ぶな」「この人にこうすると機嫌が良くなるな」
といったポイントを、日々どれだけストックし、それを日常で試すのかが企画力なのだ。
相手の喜ぶポイントを常に考えることが、企画力そのものとなります。

人は手に入れているものよりも期待するものを喜ぶ。
―ルソー


サプライズは期待を裏切っているから、嬉しい。

期待を超えるために考えることはすべて、企画です。
企てることの一線を画す。

Q.雑用をクリエイティブに仕上げるヒントはありますか?

  千田琢哉名言その2262

A.
2017年10月26日19時41分50秒0003_R

ゆうそ考察)
雑用は「ストップウォッチで計ってやる」と、クリエイティブに行えるといいます。
それはなぜか?

ストップウォッチで計るということは、スピードアップを目的とします。
スピードアップするには、どうしたらいいか考えます。

スピードには限界があるから、根本的な手順を変えたり、
画期的な方法を考えたりと、試行錯誤します。

この試行錯誤がクリエイティブなのです。

千田本曰く、
「これが企画力そのものである。」

嫌々やる雑用は、正真正銘の雑用でしかなく、それ以下です。
しかし雑用に魂を吹き込むことで、クリエイティブな仕事へ変化します。

雑用だろうと仕事だろうと事業だろうと、
とにかくそれを粘りぬいてやりとおすことは、
怠け者の知力(たとえそれが天才的な知力だろうと)よりも
はるかに多くのことを成し遂げるだろう。
なぜならば、物事をやりとおす能力こそは、
能力の95パーセントを占めるからである。
―ダビッド・J・シュワルツ


根性や、気合で乗り越えることができなくなったら、発想を転換し、
それ自体をゲームとして考える。

ゲーム感覚でプレイする。

Q.企画力を磨くために気を付けるべき点は、どんなものでしょうか?

  千田琢哉名言その2261

A.
2017年10月26日19時41分50秒0002_R
というような知的怠惰から卒業すべきなのだ。


ゆうそ考察)
会議などで多数決の意見に賛同しておしまい。
では、永遠に企画力が磨かれません。

企画力とは、ゼロから生み出す癖がついている状態です。

千田本曰く、
「どんなにしょぼい付加でもいいから、
その積み重ねがあなたの企画力を磨くのだ。」

模倣+0.1%でもいいから、自分の頭を使う。
自分の頭を使うことから逃げた瞬間、自分の人生から逃げることになる。

現場を知らない企画屋ほどやっかいなものはない。
―千代賢治


企画部だけが、企画力を磨けばいいわけではありません。

むしろそれ以外の人ほど、企画力を磨かなければならない。
企画とは、自分の人生企画そのもの。

Q.企画で行き詰った時、挽回するコツを教えてください。

  千田琢哉名言その2260

A.
2017年10月26日19時41分50秒0001_R

ゆうそ考察)
企画で行き詰った時、この「問い」さえ憶えておけば間違いないといいます。

それが、今日の名言です。

自分の本心と良心が愛を感じればやるべきで、
自分の本心と良心が愛を感じなければやるべきではないといいます。

千田本曰く、
「愛のある場所には、幸運が舞い降りてくるのは自然の摂理だ。」

何かの判断の際も「そこに愛はあるか?」を自問すれば、
後悔はありません。

愛の実体を追求しすぎることは、
ラッキョウの皮をむくようなもので、
ムキすぎると無くなってしまいます。
―伊藤整


「そこに愛はあるか?」は「自分に素直になれるか?」ということでもあります。
この答え(自分にとっての正論)を出したとしても結果はどうあれ、正解です。
愛とは「自分」と置き換えられる。

Q.簡単に熟睡できる方法を教えてください。

  千田琢哉名言その2259

A.
本当に熟睡したければ、
2017年09月30日07時39分51秒0019_R
だ。

ゆうそ考察)
熟睡する方法は簡単です。
起きている間に、限界まで燃焼すればいいだけです。

熟睡できないのは、出し切っていない証拠。

子供のように、体力限界まで動き回り、パタンと眠る。

千田本曰く、
「あなたが眠れない夜は、あなたがまだ、
その日やり残したことがあるという合図なのだ。」

完全燃焼していないから、眠れない。
不完全燃焼だから、人生がスッキリしない。

瞬間、瞬間を完全燃焼すること。
その点の連続が未来につながる。
―稲盛和夫


逆に言えば、人生の充実度は
熟睡できているかどうかです。

熟睡を死とすると、目覚めは生。

存分に生きれば、存分に死ねる。

Q.今の職業で成功するためのコツを教えてください。

  千田琢哉名言その2258

A.
2017年09月30日07時39分51秒0018_R
幸せになる。


ゆうそ考察)
これはどういうことでしょうか?

単純に考えても、睡眠パターンが合っていれば健康になり、
パフォーマンスが向上して、いい結果を残せるということです。

自分の睡眠パターンを知るには、どんな睡眠をした時に、
目覚めがよかったかを検証することです。

千田本曰く、
「長期的な成功者たちは、
自分の仕事と睡眠パターンを完全に一致させているものだ。」

一致するものを探すのではなく、一致させること。
睡眠パターンから、仕事を構成する。


仕事で失敗する人は、失敗のパターンを心の中に持っているものです。
そのイメージを変えなくては、失敗から抜け出すことはできません。
―ジョセフ・マーフィー


パターンとは、自分だけが知っていて、
自分だけが変えられるもの。

パターンをパターンとするのではなく、
自分で改善してパターンを創っていく。

Q.自由人の定義は、お金も時間もある人のことですか?

  千田琢哉名言その2257

A.
自由人の目安は、

2017年09月30日07時39分51秒0015_R

ゆうそ考察)
自由人の定義は、「睡眠時間を支配されないこと」とあります。
睡眠時間を支配されないとは、どういうことでしょうか?

まず、時間を支配されないことが前提です。
労働時間、プライベートの時間、すべての時間を自分以外の誰かに
支配されないことです。

時間を支配されないとは、経済的にも支配されない状態です。

時間があってもお金の制約がある人は、自由人ではありません。
お金があっても時間の制約がある人は、自由人ではありません。

時間もお金も支配されないと、
自然と睡眠時間が支配されていないことに気がつきます。

天は万物を生みて所有せず、
育ててこれを支配せず。
―老子


睡眠時間とは、自由以上の自由。
これ以上の自由はない自由。

眠りたいときに眠り、起きたくない時に起きない。

最高の贅沢。

Q.時給の上げ方を教えてください。

  千田琢哉名言その2256

A.
2017年09月30日07時39分51秒0017_R
減らせばいいのだ。


ゆうそ考察)
「労働時間を減らす」とはどういうことでしょうか?

これは、労働時間を減らして周囲と同じ成果を出せば
有能だと評価され出世できるということです。

半分の時間で同じ成果なら、倍の成果を出したことと変わりありません。
そのパフォーマンスとノウハウは、評価に値するものです。

千田本曰く、
「労働時間を減らすための第一歩は、睡眠時間を確保することだ」

まずは睡眠時間を確保する。
残りの時間でどう成果を出せるか戦略を練る。

仕事から考えるのではなく、睡眠から考える。

すべてが自分に向かってくる場合は、
反対車線を運転している。
―マーフィーの法則


うまくいかないということは、理論が間違っている。

理論が間違っているということは、今が間違っているということ。

今、行っていることが、最高の方法だと思えてしまうのが人間。

Q.自分の価値観ややってきたことを強要する上司がいます。この考え方は正解なのでしょうか?

  千田琢哉名言その2255

A.
21世紀の発想は、
2017年09月30日07時39分51秒0016_R
という原点回帰なのだ。

ゆうそ考察)
自分もやってきたのだから、あなたもやるべきという発想は、
20世紀の発想だといいます。

自分も我慢したのだから、相手にもさせようとする古い思想です。
不幸を伝染させようというのです。

本来は逆のはずです。
自分が苦労したのだから、相手には苦労してほしくないという
親心のような発想です。

つまり、自分がされて嫌なことは、人にしないという
根本的な発想です。

己の欲せざる所は人に施す勿れ
―孔子


なぜ人に自分の不幸を強要してしまうでしょうか?
それは自分をわかって欲しいから、自分を理解してほしいからです。

自分のことをわかってくれないだろうという不安を、
相手に解消してもらおうとする欲求の顕れです。

自分を信じていれば、何をしていても納得できる。

Q.努力しているのに、睡眠不足に陥ります。何が原因でしょうか?

  千田琢哉名言その2254

A.
2017年09月30日07時39分51秒0013_R

ゆうそ考察)
この理由は2つあるといいます。

1つは、睡眠不足だと準備がすべて無駄に終わるということです。
「眠れなかった」のは、事前に対策を練って置かなかっただけです。

それは怠惰に過ぎません。
「よく眠れた」というのは、準備ができていたということです。

もう1つの理由は、睡眠時間を削ってまで努力しなればならないことは、
もともと才能不足の分野だということです。

これは戦略が間違っていることに他なりません。

千田本曰く、
「あなたは睡眠時間を削らなければならない分野で
勝負してはいけない」

この考えを前提に人生を計画していけば、
道は拓ける。

未来の準備を確保する最上の方法は
今日できうるかぎり、幸福であろうとすることだ。
―チャールズ・W・エリオット


睡眠不足がもたらす影響は、理解した通りです。

睡眠不足にならないような人生設計が必要なのです。
はじめに睡眠ありきで、物事を展開していく。

誰かのモデルで展開するのではなく、
自分のモデルを構築し展開していく。

Q.頑張ってはいけないと言いますが、なぜですが?

  千田琢哉名言その2253

A.
2017年09月30日07時39分51秒0014_R
傍から見たら頑張っているように見えてしまうのが、
正しい頑張り方だ。


ゆうそ考察)
頑張って成果を上げるという考え方ではなく、
いかに頑張らないで成果を上げるという考え方に転換する。

意識して頑張ることではなく、無意識にやっていたことを意識する。

千田本曰く、
「絶対に頑張ってはいけません。頑張らなくてもいいように、
頑張りましょう。」

頑張ってはいけないというのは、怠けるとはむしろ対極にあります。

効率を考えて、戦略的に結果を出すことを
頑張るということです。

戦略とは、何をやらないかを決めることである。
―マイケル・ポーター


何をやるのかを決める以前に、
何をやらないかを決める。

何をやらないかを前提で話を進めると、
自分のやりたいことが人生そのものになっていく。

Q.何かを成し遂げるには、寝る間も惜しんでやらなければならないですか?

  千田琢哉名言その2252

A.
2017年09月30日07時39分51秒0011_R

ゆうそ考察)
よく「寝る間も惜しんでやる」といいますが、
そもそも寝る間も惜しんでまで、やらなければならないことは、
自分には向いていないと言います。

千田本曰く、
「睡眠時間より、頑張ることを優先してしまうのがいけないのだ。」

更に言えば、普段から意識して頑張っている時点で、
自分には向いていないのです。

自分には向いていないのに、更に睡眠時間を削るという自殺行為は
愚の骨頂なのです。

人はしばしば、いちばん大切なこと(問題の核心)にまっすぐに向かわずに、
それを不適切なかたちでというのである。
―西研


頑張らずにできることをやれば、睡眠時間はたっぷり確保できて、
更にパフォーマンスの高い仕事ができる。

「時間」という観点から物事を見ていくと、論理的な結果を導き出せる。

Q.集中力が持続する方法を教えて下さい。

  千田琢哉名言その2251

A.
2017年09月30日07時39分51秒0012_R

ゆうそ考察)
人間の集中できる時間は40分から50分と言われています。

休憩時間は一気に取るのではなく、こまめに取ることで、
集中力が持続できます。

千田本曰く、
「休み方を工夫することで、パフォーマンスは大きく変わる」

疲れてから休むのではなく、疲れる前に少し休む。
これは、人生全般にも言えることです。

休息とは回復であり、何もしないことではない。
―ダニエル・W・ジョセリン


何もしないではなく、体を休ませることをする。

脳は、何もしないでも処理を続けているので、
「休ませる」ことを目的としなければなりません。

Q.熟睡したいのですができません。何かいい方法はありませんか?

  千田琢哉名言その2250

A.
2017年09月30日07時39分51秒0010_R
人間も含まれる。


ゆうそ考察)
これはどういうことかというと、
「なんとなく嫌い」という人がいて、その人のことを考えたりすると、
イライラして寝つきが悪くなります。

つまり間接的に睡眠を妨げていることになります。

千田本曰く、
「勇気を持って睡眠を妨げるものを一掃することだ。」

一掃とは、自分の人生から消すということ、
つまり、ストレスの感じない人間環境を構築することだと言います。

ストレスは重圧に耐えることじゃありません。
耐えて、それに応えようとするからストレスになるんです。
―永六輔


耐えるのではなく、一掃する。

一掃とは、ストレスを感じない場に身を置くこと。
又は創ること。

その勇気がある人は、ストレスがなくなり熟睡できる人生を送れる。

Q.熟睡の基準は何ですか?

  千田琢哉名言その2249

A.
2017年09月30日07時39分51秒0009_R

ゆうそ考察)
どんなに長く眠っても、目覚まし時計をセットするだけで、
プレッシャーを感じ、熟睡を妨げます。

熟睡するには、目覚まし時計なしで起きることですが、
目覚まし時計なしで起きるには、
とにかく早く寝ることだといいます。

千田本曰く、
「目覚まし時計が鳴る前に、起きることができる環境に整えよう」

起きるのが苦だから、起きられない。

自分のやりたいことが人生そのものであれば、
起きるのは苦でなくなる。

寝床につくとき、翌朝起きることを楽しみにしている人は幸福である。
―ヒルティ


だから早く寝られるし、早く起きることができる。

早く起きたいから、早く寝たい。

寝るための人生なのか、起きるための人生なのか
境が無い状態が、幸福な人生。

どちらにも逃げない、否、逃げる必要のない人生は
幸福である。

Q.理想の睡眠とは、どんなものですか?

  千田琢哉名言その2248

A.
2017年09月30日07時39分51秒0008_R

ゆうそ考察)
これはどういうことでしょうか?

学術的な理論(寝る時間は○時間が最適、○時に起きるのがいい)ではなく、
自分が快適に目覚めることができる時間が正解です。

千田本曰く、
「睡眠は長さではなく、目覚めが大切」

自分が短時間睡眠で、目覚めばっちりなら、それが正解。
長時間睡眠で、目覚めばっちりなら、それが正解。

理論は自分の中にある。

理論は現実に従う。
―ピーター・ドラッカー


理論と事実が食い違うなら、理論が間違っている。

事実から理論が成り立つ。

Q.充実した人生を送るためのコツを教えてください。

  千田琢哉名言その2247

A.
2017年09月30日07時39分51秒0007_R
「はじめに、睡眠ありき」なのだ。


ゆうそ考察)
普通は、睡眠は余った時間にするものだと考えます。

しかし逆で、充実した人生を送りたいなら、
睡眠をまず人生の中心に持ってくるのだといいます。

自分の最適な睡眠時間を確保した上で、
その他、仕事や趣味などを設定していくという考え方です。

千田本曰く、
「睡眠は人生の礎であり、人生の中心なのだ。」

睡眠を削って、鈍い判断と、能率の悪い仕事をするのは
人生を惰性で生きていることになります。

睡眠が中心とした人生であれば、全てが好循環となります。

人は「変わらざる中心」がなければ、変化に耐えることができない。
―スティーブン・R・コヴィー


どんな一日でも、最後に自分の最適な睡眠をとることで、
すべてリセットされる。

人生がリセットされたのと同様に、ゼロになる。

Q.早く寝つける方法を教えてください。

  千田琢哉名言その2246

A.
2017年09月30日07時39分51秒0006_R

ゆうそ考察)
なぜ宿題を頭に放り込むと、早く寝つけるのでしょうか?

それは、解決方法を具体的に考えると、
頭の回転が鈍くなって意識が飛び、眠りについてしまうのです。

悩むと眠れなくなってしまいますが、解決方法という目的を持つと、
途端に眠りついてしまうのです。

千田本曰く、
「寝る前位に宿題を放り込んでおくと、
常に脳にその宿題を解決しようという微電流が走っている状態になるから
ふとした瞬間にアイデアにつながるのだろう。」

意識から潜在意識に切り替わる時に、
宿題が潜在意識に刷り込まれる。

潜在意識は顕在意識の2万倍のパワーがあると言われています。

思いつつ 寝ればや人の 見えつらん 夢と知りせば 覚めざらましを
―小野小町


眠りながら考えることは、夢の前触れ。

その夢は現実となる夢。

現実となる夢は、ほぼ現実。

ほぼ現実と現実は差は大きい。

Q.人間の本質が垣間見える瞬間とは、どんな時ですか?

  千田琢哉名言その2245

A.
2017年09月30日07時39分51秒0005_R

ゆうそ考察)
これはどういうことでしょうか?

寝方がせこい寝方の人は、やはりせこく、
上品な寝方をする人は、やはり上品だといいます。

これは、無防備な睡眠中だからこそ、
本質が顕在化しているのです。

千田本曰く、
「せめて寝る時くらい、
王様のように堂々とした方がいいということだ。」

王様のように寝ることで、王様のような人生が遅れるかもしれない。
しかしそれは、本質に王様意識を植え付ける最大の方法です。

男なんだから堂々とね、
堂々と生きるべきです。
―前田日明


態度が本質を変えていく。
本質が条件を変えていく。
条件が態度を変えていく。

Q.早寝早起きのコツを教えてください。

  千田琢哉名言その2244

A.
2017年09月30日07時39分51秒0004_R

ゆうそ考察)
早寝早起きのコツは、「早起き」ではなく、「早寝」にあるといいます。

なぜ早寝なのでしょうか?

それは、睡眠時間を削っての早起きは続かないからです。

それよりも夜更かしせず、早寝することで楽に起きられる。
楽に起きられるから続けることができます。

千田本曰く、
「早寝の秘訣は、とにかくあなたの何となくやっている常識を
完全削除することだ。」

なんとなく携帯をいじる。
なんとなくテレビをみる。
なんとなく人と過ごす。

なんとなくな時間は、命の無駄使い。

人は自らの弱さを抱きしめるとき強くなる。
―ローリー・リン・ドラモント


我慢して早起きするのは、弱さを抱きしめていない。

自分というものを知り、受け入れることから
すべてがはじまる。

Q.負のサイクルに突入した時の対処法を教えてください。

  千田琢哉名言その2243

A.
2017年09月30日07時39分51秒0003_R
明らかに変わったのだ。

ゆうそ考察)
悪いことが立て続けに起こった時や、失敗に失敗を重ねた時、
ジタバタせずに、潔く眠ることだと言います。

なぜ眠ることで、負のスパイラルから抜け出すことができるのでしょうか?

それは、眠ることで「運気をリセットする」ことができるからです。

運気とは「気分」とも言えます。
眠ることで気分がリセットされ、脳もリフレッシュされれば
いいアイデアを授かることができるのです。

千田本曰く、
「これまで自分が生きてきた世界とは別の時間が流れ、
 空間で生きているイメージだ。」

自分の見ている世界は、自分が創り出した世界。
自分の脳が創り出した世界。

その脳がリセット=ゼロになったということは、
世界がゼロになったも同然。

あとは過去の記憶しかない。

真の幸福とは、その人が一生の間に心の中で
楽しくて愉快で快適な気持ちをどれだけ多く持つことができるかにある。
―植西聰


負の状態だと判断したら、それを断ち切る。

自分の力でゴリ押しするのではなく、
自然に身を任せてみる。

Q.戦争の勝敗は何で決まりますか?

  千田琢哉名言その2242

A.
2017年09月30日07時39分51秒0001_R

ゆうそ考察)
なぜ睡眠の確保なのでしょうか?
それは高性能な武器でも兵器でも部隊でも、それを操るのは人間だからです。

その場その場の最適な判断をし、陣頭指揮を執らなくてはならない。

的確な判断をするために「睡眠」が必要となります。

千田本曰く、
「リーダーたちが慢性の睡眠不足となれば、論理的に判断して相手に勝とうとするではなく、
『当たって砕けろ』的な発想に陥るのも無理はない。」

睡眠はすべての始まりで、すべてのベースとなるもの。

睡眠を疎かにすることは、人生を疎かにすること。

私は睡眠を大切にしなきゃいかんと思う。
よく寝るので、80歳を過ぎても生きておられるんです。
睡眠は大切です。皆さんもよく寝るようにしてください。
―水木しげる

いい人生は、いい目覚めから始まる。

いい目覚めは、いい睡眠から始まる。

いい睡眠は、いい人生から始まる。

Q.行き詰まりを感じた時の対処法を教えてください。

  千田琢哉名言その2241

A.
2017年09月30日07時39分51秒0002_R

ゆうそ考察)
この「勇気を持って眠る」というのが簡単なようで難しいです。

眠い目をこすりながら仕事や勉強をするのは、能率が悪く、時間ばかりが消費されます。
ならば勇気を持って中断し、さっさと眠りにつく。

翌朝早く起きて再開する方が、クオリティも高く時間も短縮できます。
やる時間は同じでも、成果は歴然です。

千田本曰く、
「行き詰ったままで人生を終えるのは、
あなたがさっさと寝ないからだ。」

さっさと眠る勇気は、現状を変えようとする勇気と似ています。
眠いのに寝ないのは、現状維持を望んでいるのと似ています。

スランプになったら、よく食って、よく眠って、ただ待つんだ。
―小林秀雄

よく食って、よく眠ると脳がリセットされ、
クリエイティブな発想がプレゼントされる。

クリエイティブな発想は、ゼロからしか生まれない。

Q.お金の対価とは、所有感だけでしょうか?

  千田琢哉名言その2240

A.
2017年09月17日18時47分00秒0011_R
運をよくするためだ。

ゆうそ考察)
お金を使って何かを得たとする。

自分のモチベーションが上がり、
気分が良くなれば、運も良くなる。

人生がいいサイクルになります。

千田本曰く、
「車や家などの高額商品もすべて運を中心に判断していくと、
そんなに間違った方向には、進まないだろう。」

それは自分のモチベーションを上げてくれるか?
それは自分の気分を上げてくれるか?

これは、モノだけでなく人間にも当てはまる。

モチベーションは精神の食物のようなもの。
一度に多くは食べられない。
絶えず補充してやる必要があるのだ。
―ピーター・デイビス


得た瞬間から飽きが来るのが人間。

また得るための動機づけが必要になる。

Q.グリーン車は、なぜあんなに高いのですか?

  千田琢哉名言その2239

A.
2017年09月17日18時47分00秒0010_R

ゆうそ考察)
確率とは、下品な人々の比率のことを指します。

下品な人々の比率を下げるのが
グリーン車の料金だといいます。

騒ぐ人もいなければ、人口密度も低い居心地のいい環境。
まさにグリーン(緑)のある環境です。

千田本曰く、
「グリーン車に限らず、お金持ちが電車やバスをではなく、
ハイヤーを使ったり、高級ホテルに宿泊したりするのは、
確率にお金を払っているのだ。」

この比率の低い空間への投資は、
自分の成功する確率でもある。

筆記中に鉛筆の芯が折れる確率は、
筆記内容の重要性に比例する。
―マーフィーの法則


不当な輩に出遭う確率は、
その空間の重要性に比例する。

Q.「景気が悪い」といいますが、景気とは何ですか?

  千田琢哉名言その2238

A.
2017年09月17日18時47分00秒0009_R

ゆうそ考察)
「テストの平均点」とは、どういうことでしょうか?

テストの平均点が上がると、誰もが良い点数を獲得しやすいが、
テストの平均点が下がると、誰もが悪い点数を獲得しやすくなる。

平均点の高い時が、好況期。
平均点が低い時が、不況期。

一流は、景気に関係なくいつも点数が高い。
優等生は、平均点に関係なくいつも点数が高い。

千田本曰く、
「あなたが一流の優等生でなければ
あなたでも一流の優等生になれる土俵で勝負すればいい。」

景気に関係なく、自分が高得点を叩きだせる場所で勝負する。

自分の青き海で戦う。

自分のやっている仕事に、
自分の最も得意な分野を引き込む。
―堀場雅夫


自分が移動するのではなく、
自分の場所に引きずり込んでいく。

自分が場所を創り、そこに参加してもらう。

既存を少し変えた、自分の場所。

Q.どうすれば自分を変えることができますか?

  千田琢哉名言その2237

A.
自分に都合よく解釈しないように、
2017年09月17日18時47分00秒0008_R

ゆうそ考察)
自分を変えたいのに、変えられない。
それは何が原因でしょうか?

原因は「自分の都合」です。

出た結果や過程に対して、事実ではなく
自分に都合よく解釈してしまうことが、
変わらない原因です。

なぜ自分に都合よく解釈してしまうのか?
それは「潔さ」がないからです。

潔さとは、捨てること。

一度すべてを捨て、フラットになることで、
新たな自分と出逢える。

いざとなったら、一人でもいいのだと思える潔さは、
安心感になる。
―斎藤孝


弱いから潔さがない。
潔さとは、強くて柔軟なこと。

Q.小者とは、どんな人のことでしょうか?

  千田琢哉名言その2236

A.
2017年09月17日18時47分00秒0007_R

ゆうそ考察)
小物とは「ペン」や「名刺入れ」のことです。

ペンや名刺入れは、普段は目に付かないけれど、
いざ使う時に登場するから、逆に人目に付きやすい。

だからこそ、そこにお金をかけれるべきだといいます。

千田本曰く、
「社会人になったらお洒落は自分のためではなく、
相手の為にするものなのだ。」

登場してくるペンや名刺入れが、粗末な物だと
粗末な人に見えてしまう。

自分に粗末ではなく、相手に粗末ということです。

オシャレの極意とは、何気ない瞬間にさらりとその人からこぼれて見えて、
その人の生き方の筋目を語るものらしい。
―加藤剛


何気ない瞬間ほど、目につくものはない。

普段見えない部分を見たがるのが人間の心理。

普段見えない部分は、本性だから。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ