Q.自分のアイデアをパクられるのが腹立たしいです。どうにかなりませんか?

  千田琢哉名言その2312

A.
2017年12月14日09時42分02秒0002_R
進化のために、
神が我々人類に授けてくれた本能なのだ。

ゆうそ考察)
なぜパクる行為が、神様からのギフトなのでしょうか?

それは「世の中すべてパクりでできている」からです。

パクリをパクリ、少しオリジナルを加え披露する。

その披露されたパクリを他の誰かが、パクる。

パクリは進化であり、正常な本能と言えます。

千田本曰く、
「悪い頭で考えるより、
頭のいい人の考えをどんどんパクる」

自分の考えですら、誰かのパクリ。

であれば優秀な人のやり方をパクった方が
効率がいい。

アプローチを真似しても、
全部をまるまるコピーしたいとは
とても思わない。
―マイルス・デイヴィス


完全コピーしたいと思わないのは、
自分のアイデンティティーを失いたくないから。

それこそがオリジナルで
生きる意味である。

Q.人生に行き詰まりを感じています。打開するための方法を教えてください。

  千田琢哉名言その2311

A.
2017年12月14日09時42分02秒0001_R

ゆうそ考察)
壁にぶつかったら
どうすればいいのでしょうか。

それは壁にぶつかっている状態とは
どんなものかを考えれば解決します。

壁にぶつかっている状態とは、
「何かを抱え込んでいる状態」です。

自分で処理できないものを、
たくさん抱え込んでいるから壁にぶつかるのです。

つまり、これを手放せば問題は解決するのです。

手放したら終わるのではなく、
手放すから始まるのです。

捨てる神あれば拾う神あり
―ことわざ


捨てても、捨てられても、
また手に入る。

常に手に入ってくるものだから、
捨てることが、運気の循環となる。

Q.幸運を創り出す方法を教えてください。

  千田琢哉名言その2310

A.
2017年12月05日07時01分05秒0010_R

ゆうそ考察)
幸運を人工的に創り出す方法とは、
「いつもちょっとだけ自分が損するように生きる」
です。

なぜ損をするように生きると、幸運になるのか?

それは、相手にちょっとだけ得をさせると、
ピンチの時に救われたり、思いがけないチャンスをもらえたりするのです。

これは直接的、間接的に関係なく、貸し借りのバランスと言えます。

千田本曰く、
「この先スーパーコンピューターがより進化すれば、
この世の仕組みの超複雑方程式が解けるようになるかもしれない。」

人生が最終的にプラスマイナスゼロになるなら、
貸した分は戻ってきて、借りた分は返すこととなる。

生きているということは、誰かに借りをつくること。
生きてゆくということは、その借りを返してゆくこと。
―永六輔


この世は、借り物でできている。

家も、車も、仕事も、お金も、体も
死んであの世に持っていくことはできない。

目の前に存在するものは、すべて借り物。

生きることは、借りることであり、
その借りを果たす役割である。


Q.ここ一番で決める人の特徴を教えてください。

  千田琢哉名言その2309

A.
2017年12月05日07時01分05秒0009_R

ゆうそ考察)
「サボりが卓越している」とは、
決めなければならないところで決め、
その他は力を抜いているということです。

80対20の法則でもあるように、
重要なのは全体の2割なのだから、そこに注力する。

残りの8割は、力を抜いて観察します。

こうすることで、決めるところで決められる人間になるのです。

千田本曰く、
「決められない人達が本番で頑張るのに対して、
決められる人は本番以外でこそ周到に準備しているのだ。」

仕事で決めなければならない部分を見極めて、
そこに全力投球する。

つまり「準備こそ頑張る」ということです。

成功の方法は、必ずしも知る必要はない。
なすべきことを1つ見つけて、これに全力を傾ければいい。
―ジョン・ワナメーカー


全部に全力を傾けられない以上、的を絞る必要がある。

的を絞ることに8割費やし、的を得ることに2割費やす。

Q.本音を言っても嫌われない人がうらやましいです。どうしたら本音を言っても嫌われませんか?

  千田琢哉名言その2308

A.
2017年12月05日07時01分05秒0008_R
覚悟が決まっているのだ。

ゆうそ考察)
本音を言っても嫌われないのは
「そこに愛があるか否か」に収束します。

部下のミスを叱り飛ばした時、そこに
「お前を育てる」という愛が少しでもあれば、思いが伝わります。

なければ、ただのパワハラだと感じるだけです。

千田本曰く、
「もし愛がなければ、自己満足で本音を伝えてはいけない」

大義名分があれば、本音は伝わる。

大義名分なき本音は、自己満足で終わる。

叱ると褒めるというのは、同義語だ。
情熱や愛情がないと、叱ってもただ怒られているという
捉え方をする。
―野村克也


自分の為に褒め、自分の為に叱るのは、自分へのベクトル。

相手の為に褒め、相手の為に叱るのは、相手へのベクトル。

褒めることも、叱ることも
ベクトルの違いで、結果が異なる。

Q.人に嫌われやすい人の特徴を教えてください。

  千田琢哉名言その2307

A.
2017年12月05日07時01分05秒0002_R

ゆうそ考察)
嫌われないように頑張る=いい人。

いい人は、自分にウソをついていい人を演じ続けなければならないので、
最終的にいい人ではない自分をさらけ出してしまうことになる。

周囲はその瞬間を見逃さない。

最終的に、いい人は最も嫌われる。

千田本曰く、
「いい人に昇格した瞬間、周囲は全員敵になり、
あなたの粗探しが始まるのだ。」

嫌われる勇気を持つことで、
自他共に、幸せになる。

金を貸すと嫌われる。
―格言


恩を貸すと返ってこない。

返ってこないから嫌いになる。

嫌いになるから嫌われる。

いい人を通して、恩を売っている。

Q.人生は、人間性を高めることに力を入れた方がいいですか?

  千田琢哉名言その2306

A.
2017年12月05日07時01分05秒0007_R

ゆうそ考察)
なぜ実力のない人が人間性を持つのは、
卑怯なのでしょうか。

それは、実力磨きから逃げて、
お手軽な人間性磨きを目指しているからです。

千田本曰く、
「人間性より実力。
実力磨きを通して、人間性を磨く」

実力磨きをすることで、
本物の人間性が磨かれるといいます。

実力も人間性も兼ね備えているから
尊い。

市に帰するが如し
―ことわざ


いい人に逃げてしまうと、いい人を演じなくてはならない。

いい人は長く続かないから、いい人でいられなくなる。

いい人でいられなくなったら、いい人の存在価値はない。

Q.自分の実力を知るためには、どうすればいいですか?

  千田琢哉名言その2305

A.
2017年12月05日07時01分05秒0006_R

ゆうそ考察)
今いる土俵の日本一を知ると、射程距離が測れます。

今いる土俵の世界一を知ると、謙虚になれます。

千田本曰く、
「自分の業界の日本一と世界一を把握しておくだけで、
志が変わってくるはずだ。」

日本一、世界一を知ることで、自分の志が変わる。

踏ん反り返っている場合ではないと気づかされる。

永遠に謙虚でいられる。

実るほど頭が下がる稲穂かな
―ことわざ


上に行くにつれ、頭を下げる機会が増えるのではなく、
上を知るからこそ、頭が上がらなくなるのです。

謙虚さは、常に挑戦者である証。

Q.会議の本質は何ですか?

  千田琢哉名言その2304

A.
2017年12月05日07時01分05秒0005_R
取り入れましょう」
ということになっているが、本音では
「決定権者の思い込みをいかに実現させるか」
が目的なのだ。


ゆうそ考察)
「皆平等で、組織一体となって会社の業績を上げていく」
というのは、おもて面の答えです。

裏面の答えは、「決定権者の思い通りに事を進める」というのが
組織です。

千田本曰く、
「会議とは決定権者が予め答えを決めていて、
それがいかにバレないように
自然に賛成するかを演技する儀式なのだ。」

この本質を見抜けないと、出世コースから外される。

人間はその本質によってではなく、
本質と思われるものによって評価される。
―リットン


正しさより、大切さを。

正義より、大儀を。

正論より、曲論を。

Q.お金があれば仕事をする必要はないのでしょうか?

  千田琢哉名言その2303

A.
2017年12月05日07時01分05秒0004_R
するためにするものなのだ。


ゆうそ考察)
実際、ニートや浮浪者は仕事をしていません。

仕事をしなくても、生きていけるのです。

では、なぜ仕事をするのでしょうか?

それは人間らしい生活をするために必要だからです。

つまり仕事とは、
人間らしく生きるための手段ということになります。

只より高い物はない
―ことわざ


タダで手に入るものは、別の何かで代償を払う必要がある。

give&takeではなく、ただ傾いた針が戻るだけの話。

それは、良くも悪くも、ただ正常に戻るだけ。



Q.人の価値はどんなところで決まりますか?

  千田琢哉名言その2302

A.
2017年12月05日07時01分05秒0003_R
ではなく、
人の見ていない場所で何をやってきたかで決まる。


ゆうそ考察)
人の見てる場所とは、
人の目を気にしているか本音ではありません。

人の見ていない場所とは、
人の目が気にならないから本音です。

人の見ていない場所でこそ、
人の本質が浮き彫りになる。

千田本曰く、
「人の見ていない場所で善行を積んできた人は、
どんなに冴えない服装をしていても、
どんなにスッピンのままでも、
やっぱり誠実な表情が溢れ出ているものだ。」

行いは、態度に滲み出るもの。
隠そうとしても、隠せない。

良くも悪くも。

善因善果
―ことわざ


つまり心で思ったことが、態度に表れ、
それが表情に表れる。

その表情が相手に伝わり、
相手が自分にも同じことをしてくる。



Q.苦手なことを、うまく回避する方法はありませんか?

  千田琢哉名言その2301

A.
2017年12月05日07時01分05秒0001_R

ゆうそ考察)
巷にあふれる自己啓発書は、
「長所を伸ばせ」と煽りますが、
そこでなぜ、短所を減らす必要があるのでしょうか。

長所を伸ばすのは、
プロとして一人前になってからの話であって、
半人前のうちは、できるだけ短所をなくしておく必要があるといいます。

千田本曰く、
「短所が多すぎては、
スタートラインに立つことすら許してもらえないのだ」

半人前だと、夢とのギャップがありすぎて、
夢を叶える前に、萎えてしまう。

理想主義のない現実主義は無意味である。
現実主義のない理想主義は無血液である。
―ロマン・ロラン


現実と理想のギャップを埋められるのは、
その差が手に取れるようになっていないと埋められない。

プロになるのは、最低ライン。

Q.私は人から利用されてばかりで損をしている気がします。どうしたらこの気持ちが晴れますか?

  千田琢哉名言その2300

A.
2017年12月03日21時10分21秒0003_R

ゆうそ考察)
まず利用されることは「悪」なのかを考えます。

働くの語源は「傍を楽にする」ことです。

傍を楽にする行為は、「誰かに利用されている」こと同じです。

利用されて、世の中は回っているという答えになります。
 
千田本曰く、
「利用された人間から出世していくのだ。」

利用されまくった集大成が出世で、
利用されない人間は窓際へ追いやられる。

漁夫の利
―ことわざ


他人に利用され手柄を持っていかれても、
最終的には、利用された側が出世する。

世に利用される材料と価値がある者が生き残る。

Q.人を露骨に見下す人がいます。どういう心理なのでしょうか?

  千田琢哉名言その2299

A.
もしあなたのことを露骨に見下してくる相手がいたら、
2017年12月03日21時10分21秒0002_R

ゆうそ考察)
「焦っているな」と同情することで、
自分の怒りが消えていきます。

しかし、なぜ「焦っている」のでしょうか?

それは、もうすぐ落ちぶれたり、不幸な死が訪れたりする人は、
本能的に自分の運命を察知しているから、
焦っているといいます。

逆に言えば、人を見下す行為とは、
運気を下げる行為なのです。

千田本曰く、
「見下されたら、相手の焦りを読み取り、
大きな心で許す。」

理解することで、相手を許せる。

許すことが先ではなく、理解してあげることが先。

朝(あした)に道を聞かば、
夕(ゆう)べに死すとも可なり
―孔子


人生に行き詰ったり、人生が苦しいのは、
理解できないから。

理解できれば、気にならない。

理解できないことは、恐いから。




Q.人から評価されるコツを教えて下さい。

  千田琢哉名言その2298

A.
2017年12月03日21時10分21秒0001_R

ゆうそ考察)
これは挙手してから、当てられるまでの2秒間で自分の意見をまとめるといいます。

「挙手しながら考えるなんて、私にはできません」

そんな声が聞こえてくるかもしれません。

しかしここで重要なのは、素晴らしい解答ではなく、
「突破口を見出す」ことなのです。

突破口を見出すキャラが定着すると、次第に評価されるといいます。

千田本曰く、
「これだけであなたの頭の回転はムチャクチャ速くなる」

「たった2秒間で考える」という、設定に自分が合っていく。

20分考えたアイデアより、10倍質は高い。

リーダーは、他の人があとから同じことが出来るように先に行って、
結果を生み出す。
―アンソニー・ロビンス


先に答えを用意し、後から決断するのではなく、
先に決断し、後から答えを用意する。



Q.成功に必要な能力とは何ですか?

  千田琢哉名言その2297

A.
2017年11月15日19時26分18秒0008_R

ゆうそ考察)
想像力とは、相手がどんな状態にあるかを想像する力です。

自分にとってはベストタイミングでも、
相手にとってはバットタイミングなことがあります。

それを想像する力が成功には必要です。

淡泊さとは、いいさじ加減を持っていることです。

これくらいなら、相手のストレスも最小限で
自分の意思も告げられるという、さじ加減。

このさじ加減が成功には必要です。

千田本曰く、
「私は成功のエスカレーターに乗るための運は、
努力で獲得できると確信している。」

運は努力で手に入る。

努力の方向性と、粘りによって運が良くなる。

不運は人物を作り、幸運は怪物を作る。
―ユーゴー


想像する力は、相手がどんな状況でどんな心境かを分析する
理論。

淡泊さは、相手にどんな影響を与えるかという
理論。

理論によって運を導き出す。

Q.どんなところに、お金が集まりますか?

  千田琢哉名言その2296

A.
2017年11月15日19時26分18秒0009_R
集まってくるのだ。

ゆうそ考察)
お金はなぜ労働時間の少ない場所に集まってくるのでしょうか?

労働時間が少ないと、いつもゆとりがあるから信頼されます。

信頼されると、次々とチャンスが舞い込んでくるという仕組みです。

両手が塞がっていては、チャンスはつかめないのです。

千田本曰く、
「自分の特性を活かし、超短時間でプロとしての合格ラインを超えた仕事をすれば、
お金は自然とついてくるのだ」

圧倒的な結果を出すのではなく、合格ラインを超えていればいいのです。

あとは、仕事をこなすスピード、いかに手を開けることができるかです。

チャンスを生かせ!
人生にはチャンスが満ちあふれている。
普通、成功する人は
チャンスを生かそうとする人だ。
―デール・カーネギー 


チャンスを生かす、「活かす」ではなく「生かす」。

自分でものにするではなく、自然の流れで生かしていく。

掴むというより、救い上げる。

Q.年収を2倍にするには、どうしたらいいですか?

  千田琢哉名言その2295

A.
2017年11月15日19時26分18秒0007_R
減らさなければならない。


ゆうそ考察)
末端社員と社長の労働時間は同じではありません。

その対価はどうでしょうか?

数倍です。

労働時間は数分の1なのに、報酬は数倍。
これが現実で、ここから何を学べるかがカギとなります。

千田本曰く、
「労働時間を半減させても会社に文句を言わせない程度の実力は
不可欠だ。」

労働時間を減らすと、年収は2倍になるという事実。

労働時間を減らせるということは、労働時間を圧縮するということ。

まったく必要のないことを効率的に行うことほど
無駄なことはない。
―ドラッカー


必要がないかを判断できるのは、才能。

必要性があると判断できるのも、才能。

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ