FC2ブログ

与えた与えて与える

  千田琢哉名言その2659

2018年11月16日20時06分40秒0008_R

一蓮托生…
結果の良し悪しに関係なく、
運命を共にしよう

「この人だ!」と思った相手に、
最後まで運命を共にする。

損得勘定抜きに、
最後まで運命を共にするという心意気に
相手は応える。

本来、人付き合いとは、
「この人だ!」と思った相手に尽くすこと。

ギブアンドテイクではなく、
ギブアンドギブが、最後に勝つ。

持ちつ持たれつ

  千田琢哉名言その2658

2018年11月16日20時06分40秒0007_R
どうすればよろしいでしょうか?

不倶戴天…
同じ天の下に、一緒にはいられないくらい
とても深い恨みや憎しみがあること。

みんながみんな成功できない。

みんながみんなお金持ちになれない。

みんながみんな貴族にはなれない。

成功者が出現すれば、敗北者が出現する。

お金持ちが出現すれば、貧乏人が出現する。

貴族が出現すれば、奴隷が出現する。

お互いバランスを取りながら、
存在する。 

大勝負の結果は運が決める

  千田琢哉名言その2657

2018年11月16日20時06分40秒0006_R
大勝負ができない人間は、
絶対に成功できないと。


乾坤一擲…
運を天に任せて、大勝負すること。

運を天に任せるとは、
何もせずに、大勝負するギャンブルとは違う。

やるべきことをやり、
もう何もできないくらいやり抜いたら、
あとは「運を天に任せる」

人事を尽くすことで、
運が結果を決めてくれる。

運任せではなく、
あくまで自分任せが前提。

粘りとは諦めない強さ

  千田琢哉名言その2656

2018年11月16日20時06分40秒0005_R
決して諦めない性格の持ち主が多い。


「粘り強く」
何度も挑戦する

「諦めない」
何度も挑戦する

何か大きなことを成し遂げるための方法
それは、
「何度も挑戦する」

同じ方法でやみくもに挑戦するのではなく、
手を変え、品を変え戦略的に挑戦する。

出た結果を検証し、修正し、仮説を立て、
挑戦し、出た成果を検証し、修正し・・・

と粘り強く、諦めずに挑戦することで
成功する。

有限

  千田琢哉名言その2655

2018年11月16日20時06分40秒0004_R
全員に満足させるわけではない。

全員がお金持ちにはなれない。

お金のない人がいるから、
お金を持つことができる。

全員が成功者にはなれない。

成功してない人がいるから、
成功できる人がいる。

全員が貴族にはなれない。

奴隷がいるから、
貴族ができる。

自然界に総花が存在しないように、
人間界も総花が存在できない。

伝えた人の責任

  千田琢哉名言その2654

2018年11月16日20時06分40秒0003_R
ことだ。

「伝えたこと」が情報ではなく、
「伝わったこと」が情報。

なぜ伝わったことが情報なのか?

人が何かを認識するとき、
視覚から情報を得て、その情報を脳が分析し、
「こうである」と認識する。

つまり、その情報は
人によって解釈が変わることになる。

そして、人はその解釈を「情報」だと思う。

解釈は伝えたことではなく、
「伝わったこと」なので
伝わったことが情報となる。



素直に成長できる

  千田琢哉名言その2653

2018年11月16日20時06分40秒0001_R
されると、
心の底から成長しようと思えるものだ。


マクロである世の中が生成発展していくものだとすると、
ミクロである人も生成発展していく。

生成発展とは、成長のこと。

成長していない自分=今の自分。

今の自分と過去の自分は、ニアリーイコールなので、
過去の自分と比較された今の自分に、
ギャップを感じる。

そのギャップを埋めるために、
人は成長しようと思うのである。

観念から生まれる

  千田琢哉名言その2652
ちょっと観念的だから、
2018年11月16日20時06分40秒0002_R

観念的からイノベーションが生まれる。

「観念的だから、現実を見ろ」ではなく、
観念的だから、「現実化させるにはどうするか?」
を考える。

すべてのモノは、「観念的」から生まれている。

観念的抜きの人生は、つまらない。

観念的無視の人間は、杓子定規。

観念的なしの時間は、殺風景。

命を吹き込む

  千田琢哉名言その2651

2018年11月15日19時42分09秒0005_R
を持ち、
連続性を生む工夫をする。


「仕事が生命体」というのは、
仕事が仕事に繋がる仕事のこと。

1つ1つに命が宿り、
仕事が独りでに歩き出す。

コンテンツがコンテンツにつながり、
有機的に動き出す。

発信するものと、受信するものが
繋がり始める。

有機的に繋がりだす仕組みを
仕事に植え付けることで、
仕事は増えていく。




正義より大事なもの

  千田琢哉名言その2650

2018年11月15日19時42分09秒0006_R
たとえばこういうのはいかがでしょうか?

伝えたことより、
伝わったことが事実として残る。

たとえそれがどんなに正しいことでも。

正しければ、正しいほど
伝わったことが顕在化される。

相手のことを想う「言い方」は、
不正解でも相手に感謝される。

たとえそれがどんなに事実から遠のいていても。

間違いであればあるほど、
伝わったことが顕在化される。

感情や思考を現実化する

  千田琢哉名言その2649

2018年11月15日19時42分09秒0004_R
とした思いを形象化することで、
人とお金が集まるのだ。


不明瞭、不明確なものを形にすること。

言葉にできない気持ちを形にすること。

モヤモヤをはっきりさせた人が、
人類に貢献する。

形にできないものを現実化することが、
頭脳を持った人間の役目。

本能寺の変

  千田琢哉名言その2648

2018年11月15日19時42分09秒0003_R
要因ではなく、
内部環境が要因であることが多い。


外部要因は、事前に防ぐ手立てがある。

内部要因は、気づかないまま進行してしまう。

外傷は、すぐに発見できて治療しやすいが、
内部の変化は気づかない。

つまり、「気づく」か否かで、
運命が決まってしまう。

向けるべきは、中。

「本能寺の変」が起こる前に気づく。

限定は弱い。

  千田琢哉名言その2647

2018年11月15日19時42分09秒0002_R
のと、
「やさしい言葉も使える」のとでは、
まるで意味が違う。


やさしい言葉とは、
相手の気持ちを変化させずに、
相手へ気づかせる言葉。

気持ちを変化させないとは、
相手のプライドを傷つけないこと。

相手のプライドを傷つけなければ傷つけないほど
相手に伝わりやすくなる。

公衆の面前で「そんな仕事ではダメだ!」というより、
「こういうやり方もあるから参考にして。」というほうが、
相手には伝わりやすい。

相手もそのやさしさに感謝する。

言葉とは、「やさしさ」と「気づきやすさ」が必要不可欠。

勝手に売れる

  千田琢哉名言その2646

2018年11月15日19時42分09秒0001_R
はしない。

自ら売り込む必要があるということは、
偽物を売っているから。

偽物とは、「お客様をどこかで裏切っている」物のこと。

自ら売り込む必要がないということは、
本物を売っている。

本物とは、「水準を1%以上でも超えている」物のこと。

膨大な宣伝費と広告費が必要なモノには、
「お客様をどこかで裏切っている」要素がある。

売れているモノにマーケティングは必要ない。

本物分の本物

  千田琢哉名言その2645

2018年10月30日07時22分50秒0017_R
というわけではなく、
すべておいて偽物なのだ。


全体を構成しているのは、一部。

一部が全体を構成しているということは、
その一部が全体を表すことになる。

一部が偽物であれば、
全体も偽物になる。

一部が本物であれば、
全体も本物になる。

何かを変えたければ、
一部を変えればいい。

一部を変えるだけで、
全体を変えたことになるから。

相手の本質を知る、物事の本質を知るには、
一部だけとらえればいい。

証明しなくていい

  千田琢哉名言その2644

2018年10月30日07時22分50秒0016_R
こそ、
本物


自分が最大の証明。

自分の会社の経営がうまくいっていれば、
最高の経営コンサルタント。

自分の治療によって患者が元気になっていれば、
最高の医者。

自分の作った料理が、万人受けする味であれば、
最高の料理人。

自分の書いた記事が、人々を元気づけられれば、
最高の作家。

自分がやっていることが最大の証明になる。

逆に言えば、自分のやっていることで成果がでていなければ、
それが自分の実力。

イメージでOUT

  千田琢哉名言その2643

2018年10月30日07時22分50秒0014_R
陰口が頭を過っただけで
本当はもうアウトなのだ。


脳は、いいこともわるいことも
強くイメージしたこと、現実化させようとする。

つまり、陰口が頭をよぎった時点で、
それを現実化させようと、動き出す。

陰口を言うことをいくら注意しても、
陰口をイメージすることを注意しなければ、
意味がない。

陰口を言わない人ではなく、
「陰口をイメージしない」人が、
運を掴むことができる。

正解はない

  千田琢哉名言その2642

2018年10月30日07時22分50秒0015_R
なくなったのが、
現代という時代なのだ。



「結婚することが幸せ?」

「家族がいることが幸せ?」

「マイホームを持つことが幸せ」

幸せの基準がなくなった現代。

生活、価値、基準が多様化し、
「基準のない時代」となった。

つまり、「自分で価値を決める時代」に
突入したことになる。

逆に言えば、
誰のせいにもできない時代がやってきたのである。

オリジナリティとの融合

  千田琢哉名言その2641

2018年10月30日07時22分50秒0013_R
きたのだと気づかされる。


人からのアドバイスは、
自分で変化させる必要がある。

自分で変化させるとは、
仮説し、検証すること。

人からのアドバイスを鵜呑みのするのではなく、
1つの仮説として受け入れ、その後を検証する。

それが当たっていれば、その仮説は正しく、
外れていれば、仮説は正しくなかったという話。

100%鵜呑みでは、他人の人生を歩んでいることになる。
結果として、不幸になる。

どんなものでも、自分のオリジナリティを加えてこそ、
味が出てくる。

良さは悪さの中に潜んでいる

  千田琢哉名言その2640

2018年10月30日07時22分50秒0012_R
わからないが、
調子の悪い時に浮き彫りになるということだ。


当たり前が、当たり前でない時に、
当たり前の良さがわかる。

健康は、健康ではなくなった時に、
健康の良さがわかる。

大事な人は、いなくなった時に、
大事な人の良さがわかる。

幸せの時に、幸せの良さはわかない。

不遇の時に、気づく人間の儚さ。


勝手に主導権

  千田琢哉名言その2639

2018年10月30日07時22分50秒0011_R
あなたに転がり込んでいる。

相手に気持ちよく話させる→

相手が心を許す→

こちらの意見が通る→

主導権がこちらにくる。

こちらが気持ちよく話す→

相手が心を閉ざす→

こちらの意見が通らない→

主導権は相手が持ったまま。

話すとは、心を放つこと。

話した方が、先手を取られる。

運命を拓くのは、偽悪者

  千田琢哉名言その2638

2018年10月30日07時22分50秒0010_R

勝つべき勝負とは、
「自分の存在意義を証明する」勝負のこと。

自分の遺伝子、才能、本能の存在理由を脅かす場面では、
勝つ必要がある。

ここぞという場面で勝つからこそ、
人間性が高まる。

ここぞという場面で「平和主義」を唱えるのは、
偽善者。

偽悪者こそ、人間性を高める権利が与えられる。

運命は変えられる。

  千田琢哉名言その2637

2018年10月30日07時22分50秒0009_R
できる。

運命は後天的なものだから、
占いを活用して変えることができる。

活用といっても、100%の答えではないので、
占いに調節してもらうという感覚。

占ってもらった答えを
検証しながら、自分の運命と照らし合わせていく。

仮説(占い)→検証のサイクルを繰り返していくことで、
より正確な宿命が手に入る。

正確な宿命を手に入れれば、
正確な運命をプロデュースできる。

占いのメリット

  千田琢哉名言その2636

2018年10月30日07時22分50秒0008_R

占いのメリット

宿命は、先天的なもの。

運命は、後天的なもの。

宿命は、先天的なものだから
変えられない。

運命は、後天的なものだから
変えることができる。

先天的なものを知り、
後天的なものをプロデュースする。

先天的なものを知るために必要なのが、
占い。

効率化しないと成功できない

  千田琢哉名言その2635

2018年10月30日07時22分50秒0007_R
努力をすることなのだ。

「正しい宿命」とは、
自分の才能のこと。

「正しい努力」とは、
才能を活かせる分野で努力すること。

自分の才能を変えることはできないので、
宿命に従う必要がある。

自分の才能が活かせない分野で努力しても、
その努力が実ることはない。

正しい宿命と正しい努力で、
成功のベクトルに向くことができる。

変えられないものを変えてはいけない

  千田琢哉名言その2634

2018年10月30日07時22分50秒0006_R
に反する行為だから
絶対に幸せになることはできない。


宿命は変えられない。

人の性格や才能は、いわば宿命のようなもの。

人の性格や才能は変えることはできないので、
宿命は変えられないことになる。

宿命を変えようとすればするほど、
不幸になっていく。

自分の性格や才能を変えようとすればするほど、
不幸になっていく。

宿命を受け入れ、
宿命に従うことで、幸せになっていく。

表裏一体

  千田琢哉名言その2633

2018年10月30日07時22分50秒0005_R

日々の想いや行動によって、
その人の表情や外見が顕在化してくる。

いつも物事を難しく考えている人は、
眉間に皺が定着してくる。

いつもふんぞり返っている人は、
口元が「への字」になってくる。

いつも楽観的で、笑顔が絶えない人は、
笑い皺が定着してくる。

普段、考えていることが
外見となって顕れる。

内面が外面をつくることの証明。

占いの使い方

  千田琢哉名言その2632

2018年10月30日07時22分50秒0004_R
迷った際に占い師に相談をするというのが、
正しい活用の仕方なのだ。


占いの結果は、決断の材料ではなく、
「判断」の材料。

どんな占いの結果でも、最後の決断は自分でするもの。

決断まで占い師の意見では、
占い師以下の人生になってしまう。

占いをうまく活用するには、
占いを踏み台にして、占い以上の結果にすること。

「占いから応援してもらう」感覚。

決まっていること。

  千田琢哉名言その2631
2018年10月30日07時22分50秒0002_R
もう決まっていることになる。

決まったレールの上で、
決まった作業をこなす。

決まった量を
決まった時間を
決まった内容を。

これは人生ではない。

機械が機械を動かしているようなもの。

決まったことは、おもしろくない。

哲学と人

  千田琢哉名言その2630

丹念に占いの淵源を辿っていけば、

2018年10月30日07時22分50秒0001_R
がわかってくる。

なぜ占いは、哲学なのか?

それは、「占い」と「占う人」は、
まったく別物だから。

占う人がいて、占いが成立するのではなく、
占いがあって、それを占う人がいるだけ。

つまり、占う人が違えば、
占う哲学もまた変わってくるということ。

意識の高い占い師の占いと、
意識の低い占い師の占いは、
埋められない溝がある。

意識の高いコンサルタントの提案と、
意識の低いコンサルタントの提案では、
埋められない溝がある。

つまり、その人の哲学で
180度変わってしまう。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ